<!--{{{-->
<link rel='alternate' type='application/rss+xml' title='RSS' href='index.xml' />
<!--}}}-->
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #8cf
PrimaryLight: #18f
PrimaryMid: #04b
PrimaryDark: #014
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
/*{{{*/
body {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}

a {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
a:hover {background-color:[[ColorPalette::PrimaryMid]]; color:[[ColorPalette::Background]];}
a img {border:0;}

h1,h2,h3,h4,h5,h6 {color:[[ColorPalette::SecondaryDark]]; background:transparent;}
h1 {border-bottom:2px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];}
h2,h3 {border-bottom:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];}

.button {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; border:1px solid [[ColorPalette::Background]];}
.button:hover {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; border-color:[[ColorPalette::SecondaryMid]];}
.button:active {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::SecondaryMid]]; border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryDark]];}

.header {background:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.headerShadow {color:[[ColorPalette::Foreground]];}
.headerShadow a {font-weight:normal; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
.headerForeground {color:[[ColorPalette::Background]];}
.headerForeground a {font-weight:normal; color:[[ColorPalette::PrimaryPale]];}

.tabSelected {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]];
	background:[[ColorPalette::TertiaryPale]];
	border-left:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];
	border-top:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];
	border-right:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];
}
.tabUnselected {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.tabContents {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.tabContents .button {border:0;}

#sidebar {}
#sidebarOptions input {border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
#sidebarOptions .sliderPanel {background:[[ColorPalette::PrimaryPale]];}
#sidebarOptions .sliderPanel a {border:none;color:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
#sidebarOptions .sliderPanel a:hover {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
#sidebarOptions .sliderPanel a:active {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]]; background:[[ColorPalette::Background]];}

.wizard {background:[[ColorPalette::PrimaryPale]]; border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.wizard h1 {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; border:none;}
.wizard h2 {color:[[ColorPalette::Foreground]]; border:none;}
.wizardStep {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];
	border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.wizardStep.wizardStepDone {background:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.wizardFooter {background:[[ColorPalette::PrimaryPale]];}
.wizardFooter .status {background:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; color:[[ColorPalette::Background]];}
.wizard .button {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; border: 1px solid;
	border-color:[[ColorPalette::SecondaryPale]] [[ColorPalette::SecondaryDark]] [[ColorPalette::SecondaryDark]] [[ColorPalette::SecondaryPale]];}
.wizard .button:hover {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::Background]];}
.wizard .button:active {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::Foreground]]; border: 1px solid;
	border-color:[[ColorPalette::PrimaryDark]] [[ColorPalette::PrimaryPale]] [[ColorPalette::PrimaryPale]] [[ColorPalette::PrimaryDark]];}

.wizard .notChanged {background:transparent;}
.wizard .changedLocally {background:#80ff80;}
.wizard .changedServer {background:#8080ff;}
.wizard .changedBoth {background:#ff8080;}
.wizard .notFound {background:#ffff80;}
.wizard .putToServer {background:#ff80ff;}
.wizard .gotFromServer {background:#80ffff;}

#messageArea {border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryMid]]; background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
#messageArea .button {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]]; background:[[ColorPalette::SecondaryPale]]; border:none;}

.popupTiddler {background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; border:2px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]];}

.popup {background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; color:[[ColorPalette::TertiaryDark]]; border-left:1px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]]; border-top:1px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]]; border-right:2px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]]; border-bottom:2px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}
.popup hr {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; background:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; border-bottom:1px;}
.popup li.disabled {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.popup li a, .popup li a:visited {color:[[ColorPalette::Foreground]]; border: none;}
.popup li a:hover {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; border: none;}
.popup li a:active {background:[[ColorPalette::SecondaryPale]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; border: none;}
.popupHighlight {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
.listBreak div {border-bottom:1px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.tiddler .defaultCommand {font-weight:bold;}

.shadow .title {color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.title {color:[[ColorPalette::SecondaryDark]];}
.subtitle {color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.toolbar {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.toolbar a {color:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.selected .toolbar a {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.selected .toolbar a:hover {color:[[ColorPalette::Foreground]];}

.tagging, .tagged {border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryPale]]; background-color:[[ColorPalette::TertiaryPale]];}
.selected .tagging, .selected .tagged {background-color:[[ColorPalette::TertiaryLight]]; border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.tagging .listTitle, .tagged .listTitle {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]];}
.tagging .button, .tagged .button {border:none;}

.footer {color:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.selected .footer {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}

.error, .errorButton {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::Error]];}
.warning {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::SecondaryPale]];}
.lowlight {background:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}

.zoomer {background:none; color:[[ColorPalette::TertiaryMid]]; border:3px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]];}

.imageLink, #displayArea .imageLink {background:transparent;}

.annotation {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; border:2px solid [[ColorPalette::SecondaryMid]];}

.viewer .listTitle {list-style-type:none; margin-left:-2em;}
.viewer .button {border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryMid]];}
.viewer blockquote {border-left:3px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.viewer table, table.twtable {border:2px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}
.viewer th, .viewer thead td, .twtable th, .twtable thead td {background:[[ColorPalette::SecondaryMid]]; border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]]; color:[[ColorPalette::Background]];}
.viewer td, .viewer tr, .twtable td, .twtable tr {border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.viewer pre {border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryLight]]; background:[[ColorPalette::SecondaryPale]];}
.viewer code {color:[[ColorPalette::SecondaryDark]];}
.viewer hr {border:0; border-top:dashed 1px [[ColorPalette::TertiaryDark]]; color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.highlight, .marked {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]];}

.editor input {border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.editor textarea {border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]]; width:100%;}
.editorFooter {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.readOnly {background:[[ColorPalette::TertiaryPale]];}

#backstageArea {background:[[ColorPalette::Foreground]]; color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
#backstageArea a {background:[[ColorPalette::Foreground]]; color:[[ColorPalette::Background]]; border:none;}
#backstageArea a:hover {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; }
#backstageArea a.backstageSelTab {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
#backstageButton a {background:none; color:[[ColorPalette::Background]]; border:none;}
#backstageButton a:hover {background:[[ColorPalette::Foreground]]; color:[[ColorPalette::Background]]; border:none;}
#backstagePanel {background:[[ColorPalette::Background]]; border-color: [[ColorPalette::Background]] [[ColorPalette::TertiaryDark]] [[ColorPalette::TertiaryDark]] [[ColorPalette::TertiaryDark]];}
.backstagePanelFooter .button {border:none; color:[[ColorPalette::Background]];}
.backstagePanelFooter .button:hover {color:[[ColorPalette::Foreground]];}
#backstageCloak {background:[[ColorPalette::Foreground]]; opacity:0.6; filter:alpha(opacity=60);}
/*}}}*/
/*{{{*/
* html .tiddler {height:1%;}

body {font-size:.75em; font-family:arial,helvetica; margin:0; padding:0;}

h1,h2,h3,h4,h5,h6 {font-weight:bold; text-decoration:none;}
h1,h2,h3 {padding-bottom:1px; margin-top:1.2em;margin-bottom:0.3em;}
h4,h5,h6 {margin-top:1em;}
h1 {font-size:1.35em;}
h2 {font-size:1.25em;}
h3 {font-size:1.1em;}
h4 {font-size:1em;}
h5 {font-size:.9em;}

hr {height:1px;}

a {text-decoration:none;}

dt {font-weight:bold;}

ol {list-style-type:decimal;}
ol ol {list-style-type:lower-alpha;}
ol ol ol {list-style-type:lower-roman;}
ol ol ol ol {list-style-type:decimal;}
ol ol ol ol ol {list-style-type:lower-alpha;}
ol ol ol ol ol ol {list-style-type:lower-roman;}
ol ol ol ol ol ol ol {list-style-type:decimal;}

.txtOptionInput {width:11em;}

#contentWrapper .chkOptionInput {border:0;}

.externalLink {text-decoration:underline;}

.indent {margin-left:3em;}
.outdent {margin-left:3em; text-indent:-3em;}
code.escaped {white-space:nowrap;}

.tiddlyLinkExisting {font-weight:bold;}
.tiddlyLinkNonExisting {font-style:italic;}

/* the 'a' is required for IE, otherwise it renders the whole tiddler in bold */
a.tiddlyLinkNonExisting.shadow {font-weight:bold;}

#mainMenu .tiddlyLinkExisting,
	#mainMenu .tiddlyLinkNonExisting,
	#sidebarTabs .tiddlyLinkNonExisting {font-weight:normal; font-style:normal;}
#sidebarTabs .tiddlyLinkExisting {font-weight:bold; font-style:normal;}

.header {position:relative;}
.header a:hover {background:transparent;}
.headerShadow {position:relative; padding:4.5em 0 1em 1em; left:-1px; top:-1px;}
.headerForeground {position:absolute; padding:4.5em 0 1em 1em; left:0; top:0;}

.siteTitle {font-size:3em;}
.siteSubtitle {font-size:1.2em;}

#mainMenu {position:absolute; left:0; width:10em; text-align:right; line-height:1.6em; padding:1.5em 0.5em 0.5em 0.5em; font-size:1.1em;}

#sidebar {position:absolute; right:3px; width:16em; font-size:.9em;}
#sidebarOptions {padding-top:0.3em;}
#sidebarOptions a {margin:0 0.2em; padding:0.2em 0.3em; display:block;}
#sidebarOptions input {margin:0.4em 0.5em;}
#sidebarOptions .sliderPanel {margin-left:1em; padding:0.5em; font-size:.85em;}
#sidebarOptions .sliderPanel a {font-weight:bold; display:inline; padding:0;}
#sidebarOptions .sliderPanel input {margin:0 0 0.3em 0;}
#sidebarTabs .tabContents {width:15em; overflow:hidden;}

.wizard {padding:0.1em 1em 0 2em;}
.wizard h1 {font-size:2em; font-weight:bold; background:none; padding:0; margin:0.4em 0 0.2em;}
.wizard h2 {font-size:1.2em; font-weight:bold; background:none; padding:0; margin:0.4em 0 0.2em;}
.wizardStep {padding:1em 1em 1em 1em;}
.wizard .button {margin:0.5em 0 0; font-size:1.2em;}
.wizardFooter {padding:0.8em 0.4em 0.8em 0;}
.wizardFooter .status {padding:0 0.4em; margin-left:1em;}
.wizard .button {padding:0.1em 0.2em;}

#messageArea {position:fixed; top:2em; right:0; margin:0.5em; padding:0.5em; z-index:2000; _position:absolute;}
.messageToolbar {display:block; text-align:right; padding:0.2em;}
#messageArea a {text-decoration:underline;}

.tiddlerPopupButton {padding:0.2em;}
.popupTiddler {position: absolute; z-index:300; padding:1em; margin:0;}

.popup {position:absolute; z-index:300; font-size:.9em; padding:0; list-style:none; margin:0;}
.popup .popupMessage {padding:0.4em;}
.popup hr {display:block; height:1px; width:auto; padding:0; margin:0.2em 0;}
.popup li.disabled {padding:0.4em;}
.popup li a {display:block; padding:0.4em; font-weight:normal; cursor:pointer;}
.listBreak {font-size:1px; line-height:1px;}
.listBreak div {margin:2px 0;}

.tabset {padding:1em 0 0 0.5em;}
.tab {margin:0 0 0 0.25em; padding:2px;}
.tabContents {padding:0.5em;}
.tabContents ul, .tabContents ol {margin:0; padding:0;}
.txtMainTab .tabContents li {list-style:none;}
.tabContents li.listLink { margin-left:.75em;}

#contentWrapper {display:block;}
#splashScreen {display:none;}

#displayArea {margin:1em 17em 0 14em;}

.toolbar {text-align:right; font-size:.9em;}

.tiddler {padding:1em 1em 0;}

.missing .viewer,.missing .title {font-style:italic;}

.title {font-size:1.6em; font-weight:bold;}

.missing .subtitle {display:none;}
.subtitle {font-size:1.1em;}

.tiddler .button {padding:0.2em 0.4em;}

.tagging {margin:0.5em 0.5em 0.5em 0; float:left; display:none;}
.isTag .tagging {display:block;}
.tagged {margin:0.5em; float:right;}
.tagging, .tagged {font-size:0.9em; padding:0.25em;}
.tagging ul, .tagged ul {list-style:none; margin:0.25em; padding:0;}
.tagClear {clear:both;}

.footer {font-size:.9em;}
.footer li {display:inline;}

.annotation {padding:0.5em; margin:0.5em;}

* html .viewer pre {width:99%; padding:0 0 1em 0;}
.viewer {line-height:1.4em; padding-top:0.5em;}
.viewer .button {margin:0 0.25em; padding:0 0.25em;}
.viewer blockquote {line-height:1.5em; padding-left:0.8em;margin-left:2.5em;}
.viewer ul, .viewer ol {margin-left:0.5em; padding-left:1.5em;}

.viewer table, table.twtable {border-collapse:collapse; margin:0.8em 1.0em;}
.viewer th, .viewer td, .viewer tr,.viewer caption,.twtable th, .twtable td, .twtable tr,.twtable caption {padding:3px;}
table.listView {font-size:0.85em; margin:0.8em 1.0em;}
table.listView th, table.listView td, table.listView tr {padding:0 3px 0 3px;}

.viewer pre {padding:0.5em; margin-left:0.5em; font-size:1.2em; line-height:1.4em; overflow:auto;}
.viewer code {font-size:1.2em; line-height:1.4em;}

.editor {font-size:1.1em;}
.editor input, .editor textarea {display:block; width:100%; font:inherit;}
.editorFooter {padding:0.25em 0; font-size:.9em;}
.editorFooter .button {padding-top:0; padding-bottom:0;}

.fieldsetFix {border:0; padding:0; margin:1px 0px;}

.zoomer {font-size:1.1em; position:absolute; overflow:hidden;}
.zoomer div {padding:1em;}

* html #backstage {width:99%;}
* html #backstageArea {width:99%;}
#backstageArea {display:none; position:relative; overflow: hidden; z-index:150; padding:0.3em 0.5em;}
#backstageToolbar {position:relative;}
#backstageArea a {font-weight:bold; margin-left:0.5em; padding:0.3em 0.5em;}
#backstageButton {display:none; position:absolute; z-index:175; top:0; right:0;}
#backstageButton a {padding:0.1em 0.4em; margin:0.1em;}
#backstage {position:relative; width:100%; z-index:50;}
#backstagePanel {display:none; z-index:100; position:absolute; width:90%; margin-left:3em; padding:1em;}
.backstagePanelFooter {padding-top:0.2em; float:right;}
.backstagePanelFooter a {padding:0.2em 0.4em;}
#backstageCloak {display:none; z-index:20; position:absolute; width:100%; height:100px;}

.whenBackstage {display:none;}
.backstageVisible .whenBackstage {display:block;}
/*}}}*/
/***
StyleSheet for use when a translation requires any css style changes.
This StyleSheet can be used directly by languages such as Chinese, Japanese and Korean which need larger font sizes.
***/
/*{{{*/
body {font-size:0.8em;}
#sidebarOptions {font-size:1.05em;}
#sidebarOptions a {font-style:normal;}
#sidebarOptions .sliderPanel {font-size:0.95em;}
.subtitle {font-size:0.8em;}
.viewer table.listView {font-size:0.95em;}
/*}}}*/
/*{{{*/
@media print {
#mainMenu, #sidebar, #messageArea, .toolbar, #backstageButton, #backstageArea {display: none !important;}
#displayArea {margin: 1em 1em 0em;}
noscript {display:none;} /* Fixes a feature in Firefox 1.5.0.2 where print preview displays the noscript content */
}
/*}}}*/
<!--{{{-->
<div class='header' macro='gradient vert [[ColorPalette::PrimaryLight]] [[ColorPalette::PrimaryMid]]'>
<div class='headerShadow'>
<span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp;
<span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span>
</div>
<div class='headerForeground'>
<span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp;
<span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span>
</div>
</div>
<div id='mainMenu' refresh='content' tiddler='MainMenu'></div>
<div id='sidebar'>
<div id='sidebarOptions' refresh='content' tiddler='SideBarOptions'></div>
<div id='sidebarTabs' refresh='content' force='true' tiddler='SideBarTabs'></div>
</div>
<div id='displayArea'>
<div id='messageArea'></div>
<div id='tiddlerDisplay'></div>
</div>
<!--}}}-->
<!--{{{-->
<div class='toolbar' macro='toolbar [[ToolbarCommands::ViewToolbar]]'></div>
<div class='title' macro='view title'></div>
<div class='subtitle'><span macro='view modifier link'></span>, <span macro='view modified date'></span> (<span macro='message views.wikified.createdPrompt'></span> <span macro='view created date'></span>)</div>
<div class='tagging' macro='tagging'></div>
<div class='tagged' macro='tags'></div>
<div class='viewer' macro='view text wikified'></div>
<div class='tagClear'></div>
<!--}}}-->
<!--{{{-->
<div class='toolbar' macro='toolbar [[ToolbarCommands::EditToolbar]]'></div>
<div class='title' macro='view title'></div>
<div class='editor' macro='edit title'></div>
<div macro='annotations'></div>
<div class='editor' macro='edit text'></div>
<div class='editor' macro='edit tags'></div><div class='editorFooter'><span macro='message views.editor.tagPrompt'></span><span macro='tagChooser excludeLists'></span></div>
<!--}}}-->
To get started with this blank [[TiddlyWiki]], you'll need to modify the following tiddlers:
* [[SiteTitle]] & [[SiteSubtitle]]: The title and subtitle of the site, as shown above (after saving, they will also appear in the browser title bar)
* [[MainMenu]]: The menu (usually on the left)
* [[DefaultTiddlers]]: Contains the names of the tiddlers that you want to appear when the TiddlyWiki is opened
You'll also need to enter your username for signing your edits: <<option txtUserName>>
These [[InterfaceOptions]] for customising [[TiddlyWiki]] are saved in your browser

Your username for signing your edits. Write it as a [[WikiWord]] (eg [[JoeBloggs]])

<<option txtUserName>>
<<option chkSaveBackups>> [[SaveBackups]]
<<option chkAutoSave>> [[AutoSave]]
<<option chkRegExpSearch>> [[RegExpSearch]]
<<option chkCaseSensitiveSearch>> [[CaseSensitiveSearch]]
<<option chkAnimate>> [[EnableAnimations]]

----
Also see [[AdvancedOptions]]
<<importTiddlers>>
対ユーロ、一時96円台後半 東京市場でも11年半ぶり

2012年6月1日 09時43分

 1日の東京外国為替市場の円相場は、欧州債務問題への懸念を背景にユーロ売りが膨らんだことから一時、1ユーロ=96円台後半まで上昇。東京市場でも2000年12月以来、約11年半ぶりの円高ユーロ安水準をつけた。

 米景気への先行き懸念から対ドルでも円は買い優勢で、1ドル=78円台半ば付近で推移している。

 午前9時現在は、前日比65銭円高ユーロ安の97円09~10銭。ドルは25銭円高ドル安の78円55~60銭。
(共同)
藤巻健史 フジマキ・ジャパン代表取締役

私は、自他ともに認めるマーケットパーソン(市場人間)である。したがって、今から語る内容は、理論家としてではなく、実務家として培った知識や経験に基づく見解であると理解していただきたい。

<世界はまだ真の変動相場制に移行していない>

まず私の率直な問題意識を伝えれば、現在の世界の為替市場は根本的な問題を抱えており、極めて危うい状態にある。

なぜ危ういかと言えば、変動相場制が採用されていないか、もしくは機能していない国や地域が多く、為替レベルと実体経済との乖離(かいり)が発生しがちだからだ。乖離すればするほど、そのギャップというか、「おでき」は膨らみ、それが破裂したとき、マーケットや世界経済に走る衝撃のスケールも増大する。

目下の最大の懸念は「地域固定相場制」のユーロだろう。固定相場制の最大の弱点は、各国の中央銀行に独立した金利政策の放棄を強いる点にある。

経済格差のある多くの国々の間で金利政策を放棄すれば、経済運営がうまくいくはずがないのは自明の理なのに、欧州諸国は「壮大な実験」という名のもとに、失敗のリスクが高い大冒険に乗り出してしまった。詳しくは後述するが、ギリシャ問題を導火線として、ユーロは崩壊への道をたどる可能性が高いと考えている。

次に、安い通貨を武器に輸出主導で急成長を遂げた中国も、その為替制度は変動相場制に程遠い。円の高騰に伴い国力を低下させていった日本を反面教師として、実態に合わない通貨高の不利益を学習したのか、米国や国際社会がいくら切り上げを要求しても、お茶を濁す程度しか切り上げない。
人民元の水準は、今や実体経済に対してあまりに安すぎる。固定相場制維持のための資本移動規制にも限界がある。仮に中国のおできが破裂して、大きな調整が一気に進むようなことになれば、世界経済混乱の火種となるのは必定だ。

また、変動相場制を採用しているようで、実はそれが機能していない国もある。日本はその典型例だ。

為替とはそもそも国力の通信簿であり、国の力が強くなれば通貨も強くなり、弱くなれば通貨も弱くなるはずなのに、円は1985年の「プラザ合意」以降、多少のブレはあるものの、経済ファンダメンタルズに関係なく一貫して強くなっている。1981年と比べると、人民元がほぼ4分の1になったのに対して、円は2.7倍になった。まるで「円高という固定相場制」だ。企業が海外に工場を移し、日本人が職を失うのも当然だ。

このように多くの国や地域で、為替レベルが経済実態に合っておらず、おできが膨れ上がっている。ユーロ危機を見ると、それがついに破裂する瞬間が近づいている気がする。

<ユーロはあと10年持たないだろう>

では、ここでまず現在最大の火種となっているユーロについて、持論を述べておきたい。

実は私はかねてよりユーロ懐疑論者だった。1999年にユーロが導入されるまでは独マルクや仏フランなど欧州各国の通貨や国債をそれなりに取引していたが、発足後はいっさい止めた。理由は、純粋に上述したようなユーロという地域固定通貨制度が持つ構造問題に対する懸念からである。

もちろん、私は評論家ではなく、ディーラーだったので、欧州統合への過信というある種のユーフォリズムを背景に通貨ユーロがかなり強くなる前に買っておいて、いいところで売るべきだった。その点では、ディーラー失格だ。しかし、ギリシャ危機を経て、私の懸念が正しかったことは証明されたと思う。
話は脱線するが、北海道夕張市の財政問題が世間で大きくクローズアップされた頃(同市は2007年3月に財政再建団体に指定され、事実上財政破綻)、当時大学生だった息子からこう聞かれたことがある。

「東京都と夕張市には経済格差があり、同じ円という通貨を使っている。しかし、ユーロ圏とは違い、夕張市の財政問題が円の崩壊懸念につながることはない。円とユーロでは何が違うのか」と。私は、こう答えた。「夕張市が破綻しても、東京人の税金で助けることができる。財政が一つだからだ。しかし、国が違う(=財政が一緒ではない)ユーロ圏ではそれは無理だ」。

今まさにこの問題がユーロを直撃している。ドイツとギリシャが一つの国ならば、ギリシャの財政問題がユーロの崩壊懸念にまではつながらない。しかし、そうではないから問題なのだ。

私の予測に反して、ユーロ圏が財政まで一つに統合すれば、ユーロ崩壊はないだろうが、本当にそんなことが可能だとは思えない。となれば、率直に言って、現在の体制のままであと10年ユーロが持続することは難しいだろう。むろん、その過程では、ユーロ中核国からなる「ティア1」と、出たり入ったりするトレーディングパートナー的な位置づけの「ティア2」からなる二層構造への移行が図られるなど弥縫(びほう)策も模索されるかもしれないが、最終的には持ちこたえられないだろう。

当然、ユーロ崩壊は、とてつもない衝撃とストレスをマーケットや世界経済に与えることになると予想される。1971年のニクソン・ショック(金ドル交換停止など)をも凌ぐ混乱をもたらすのでないか。

ただ、長い目で見れば、ユーロ圏各国とも自国通貨の復活によって、景気が弱くなれば通貨が安くなり景気を押し上げる、逆に景気が過熱すれば通貨が高くなり景気を押し下げるといった自国経済の自動安定化装置を取り戻すことができるわけで、得策であるはずだ。

むろん、観光業以外にたいした産業のないギリシャの場合、ユーロから自国通貨ドラクマに切り替えたときの打撃は甚大だろう。ドラクマの価値が急落し、ハイパーインフレに陥り、欧州の最貧国へと転げ落ちるのは必定だ。しかし、歳月を経て、やがては通貨安を武器に頼みの綱の観光業などが牽引し経済が復活していくはずだ。その結果、ドラクマの価値も上がっていく。市場原理とは、そういうものである。

<円高という固定相場制の終焉>
さて、おできの問題は、日本も無縁ではない。一見、変動相場制を採用しているように見えて、実は機能していない国の典型が日本であると先ほど述べた。実際、多くの外国人が指摘するように、日本こそ世界最大の社会主義国家であり、実質的には固定相場制の国なのである。そうでなければ、経済ファンダメンタルズと乖離した長期円高トレンドの持続は説明がつかない。

普通、経済が下降して魅力的な投資案件が国内から失われれば、資金はより魅力ある海外に流れるはずだ。変動相場制が機能していれば、そこで円安に切り替わったはずである。ところが、それが起きなかった。

為替が国力を反映して動かないのは、この国が真の資本主義国家ではないからだ。資本主義が徹底されていたら、超低金利の日本国債にこれほど投資が集まり続けるわけがない。預かったお金の8割を国債で運用している実質国営のゆうちょ銀行の存在に象徴されるように、市場原理が無視され国内に資金が滞留したことが、実体経済から乖離した円高の原因なのである。

しかし、このおできも、もはやこれ以上の膨張は許されまい。どこかのタイミングで、事の深刻さが強く認識され、国債が暴落し、急激な円安に転じる可能性が高いと思う。

しかし、繰り返すが、長い目で見れば、それは悪い話ではない。円安が進めば工場も戻ってくるし、観光などサービス業の国際競争力も回復する。魅力的な投資物件も生まれ、ハードランディング後に逃げ出した資金も再び日本に戻ってくるだろう。そしてその結果、今度は円高にシフトする。市場原理が偉大であるゆえんだ。

なお、最後に補足すれば、私は20年後もドルは世界の基軸通貨であり続けると考えている。輪転機を回すだけで世界の富を買えるという特別の立場を米国が手放すはずがない。

ドル凋落の根拠として、貿易赤字(経常赤字)と財政赤字の「双子の赤字」問題に言及する人が多いが、それは実は多くの先進諸国に当てはまる論理だ。日本もすぐにではないにせよ、やがては慢性的な経常赤字に転落する可能性がある。ドルだけが弱くなる特別の理由はないのだ。ドル基軸通貨体制の崩壊論を説くよりも、むしろ多くの通貨が弱くなる、つまり世界的なインフレの足音が近づいていると捉えるべきなのではないだろうか。

いずれにせよ、20年後の為替市場は、各地でおできの破裂を経て、真の意味での変動相場制に移行していると思う。そうなると、世界経済が不安定化するとの見方も出てくるかもしれないが、私の見解はその逆だ。先物、オプションなど、為替のデリバティブが大いに発達し、個人や企業がヘッジ手段としてデリバティブを多用するようになり、より効率的な変動相場制が確立するとみている。そうした仕組みは、必ずや世界経済の安定化に資するはずだ。

(6月1日 ロイター)

*藤巻健史氏は、フジマキ・ジャパン代表取締役。米モルガン銀行在籍時、世界トップクラスのディーラーとして名をはせ、1995年に当時外銀では日本人唯一となる東京支店長に抜擢された。2000年に退社。ジョージ・ソロス氏のアドバイザーを務めた経験もある。

*本稿は、ロイター日本語ニュースサイトの外国為替フォーラムに掲載されたものです。
「政治闘争の場」、小沢一郎元表は、「怯まず代表選」に出馬せよ

◆小沢一郎元代表の「暗黒人民裁判」は、検察官役の指定弁護士3人が東京高裁に控訴した結果、「裁判法廷を政治闘争の場」と化した。つまり、指定弁護士3人の政治的背後関係から見て、この裁判が、決して純粋な「刑事裁判」とは程遠く、文字通り「政治裁判」となっているのだ。
 東京高裁の法廷が、「政治闘争の場」と化しているのなら、小沢一郎元代表は9月の代表選挙に何のためらいもなく、立候補すべきである。そして、党員・サポーターを含めて堂々
と選挙戦を行えばよい。そうでなければ、指定弁護士を背後で操っている仙谷由人政調会長代行と役職上、その上にいる前原誠司政調会長、あるいは、江田五月元法相(元参院議長)らの策士の陰謀に嵌められたままとなってしまう。歴史をよく振り返ってみればよい。明治維新の英傑、薩摩の西郷隆盛は、奄美に島流しの刑を受けており、長州の吉田松陰は、
野山の獄につながれ、しかも幕府の老中暗殺を企てたという罪で、幕府によって斬首の刑を受けている。現代の刑法に照らし合わせば、立派な犯罪者である。なのに、維新後は、日本の夜明けに大きな功労があったとして、尊敬されている。


政治家というのは、古今東西を問わず、政敵が仕掛ける陰謀、策謀により、「重大な犯罪」の犯人に仕立てられて、投獄されることがある。これは、世の常である。小沢一郎元代表が、刑事事件の犯人、被告の座に座らせられているのは、政治資金規正法に抵触、違反したからという罪だが、誤解してはならないのは、この犯罪の罰は、「禁固刑と罰金刑」しかない。「禁固刑」は、別名、名誉刑と言われる政治犯に課せられる刑罰である。ところが、マスメディアも一般国民も、いかにも人殺しでもしでかした極悪人でもあるかのように大袈裟な扱いを続けている。政治資金規正法違反は、形式犯、行政犯と言われるように、軽微な交通違反罪などと変わりはないのである。その意味で大変な錯覚、間違いを犯している。
◆指定弁護士を背後で操っている仙谷由人政調会長代行、前原誠司政調会長、あるいは、江田五月元法相らの薄汚い策士は、小沢一郎元代表の「暗黒人民裁判」を高裁に控訴して、あわよくば、政治犯として名誉ある「禁固3年」くらいの有罪判決を得たいところであろうが。そこまではできなくても、「高裁の審理」に1年、さらにここで無罪判決になっても,最高裁に上告して1年、合計最低2年くらいは,小沢一郎元代表に「手枷足枷」を嵌めて政治活動の自由を奪い、ひいては、政治生命を奪ってしまおうという姑息な算段なのだ。左翼政治家というのは、保守政治家と違い、味方でさえ、一旦「敵」と見做せば、殺してしまうまで徹底的に叩きのめそうとする。それが新左翼ともなれば、革マル派や中核派、赤軍派などのように、殺人集団に成り下がったのが、典型である。孔子の言葉にあるように「過ぎたるは、猶お及ばざるが如し」(論語先進篇)である。あまりやり過ぎるのは、かえって、自らに禍を招く。本来、被告人の無罪を求めるのが当たり前の弁護士が、「有罪」を求めるという矛盾が起きているのは、政治家の陰謀、策謀に加担させられているからに他ならない。
◆日本人は古来、「判官贔屓(ひいき)」の民族である。「判官贔屓」とは、弱者に対して「弱いから」と言う理由で、えこひいきしてしまうことを意味する。「判官」とは、九郎判官義経のことである。武勇に優れた源義経が、兄の頼朝に妬まれて滅んだことに、後世の人々が同情を寄せたことが由来だ。小沢一郎元代表は、「剛腕政治家」と言われながら、その政治力を恐れる平凡な政治家に敬遠されているばかりか、いまやその恐怖心がすぎているのか、「抹殺」してしまおうとする政治家が暗躍している。その度合いが過度になり、バランスを欠く事態を招いている。そこに判官贔屓の国民有権者が増える現象が生まれてくるのである。
◆いままさに、小沢一郎元代表が、判官贔屓の対象、言い換えれば、ヒーローになっている。すなわち、小沢一郎元代表は、「人気絶頂」なのだ。小沢一郎元代表の側近のなかには、
「東京高裁への控訴」に過剰反応して、「もうダメだ。代表選挙に出れない」と悲観論に陥っている者もあるけれど、事態はまったく逆なのである。「代表選挙に是非とも出て欲しい」という声が、「控訴」報道にもかかわらず、増え続けているのである。小沢一郎元代表と側近たちに、ただ一言、是非とも言いたい。「怯むな」と。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
FC2スペースにこのメモをだうんろーどしたものをあっぷろーどする。
そこで編集後にsave to webするも....motoji3 tiddlywikiが更新される。
Fc2のこのウィキは更新されず。
なんともおかしなことになった。
問題は.....Fc2にUploadしたWikiは数日まええにDownloadしたものにつき
その間のデータが消失するという結果となる。
このWikiはどこの場所で編集しようがsave to webすればもとのサーバーを
更新するようになっているということでした。
Fc2スペースで立ち上げようとしのは見事に失敗となる。
[img[https://encrypted-tbn1.google.com/images?q=tbn:ANd9GcRZcyy6M596WEdZ4UyCoRla6vfxYVq5BEUzHR7_yYkh2EdTP4p8]]
◆東京電力は、すっかり信用も信頼も失っている。それは、一言で言えば、「隠蔽体質」が禍している。何でもかんでも隠そうとするからだ。これに輪をかけているのが、菅直人首相以来、野田佳彦首相の下での枝野幸男経済産業相の隠蔽体質はひどい。
 最近では、福島第1原発の吉田昌郎前所長の「自殺」情報が流れているのに、何の説明もしようとしていない。「万死に値する」という遺書を残しているという。東大病院に食道がんで入院していたと言われてきた。福島第1原発1号機〜4号機にかかわる「核兵器疑惑」などの国家機密のすべてを自らの腹に飲み込んでこの世を去ったのか?この情報は、東電関係の工事現場では、口から口へと伝えられている。
◆福島第1原発大事故について、原子力安全・保安院の中村幸一郎審議官が、福島第1原発大事故の翌日、3月12日記者会見のときから、「1号機で核燃料の一部が溶け出したとみている」と炉心溶融について発言していた。
 だが、経産省幹部によると、「菅首相と枝野官房長官は、中村幸一郎審議官 が国民に不安を与えたと問題視し、『もう会見させるな』と指示し、さらに、菅直人首相は、審議官の更迭を命じた」という。このため、保安院の会見に中村幸一郎審議官は登場しなくなった。 松永和夫事務次官は、中村幸一郎審議官を西山英彦審議官と交代させた。以後、広報を担当した西山英彦審議官は「炉心溶融」という言葉を使わず、「炉心の毀損」と曖昧模糊とした表現に変わった。事故の2か月後の5月になって東京電力は、ようやく「メルトダウンしたとみられる」という解析結果を正式に認め、発表の遅れが問題視された。 
 事故のレベルについても、当時の枝野幸男官房長官は、約1か月にもわたって「レベル5」とウソ発表していた。その後、旧ソ連のチェルノブイリ級の最悪「レベル7」と修正していた。
 朝日新聞デジタルが5月17日午前0時38分、「経産前事務次官、責任逃れ発言繰り返す 原発国会事故調」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「東京電力福島第一原発事故を検証する『国会事故調査委員会』(黒川清委員長)は16日、経済産業省の松永和夫前事務次官を参考人招致した。松永氏は『多くの方が苦しい環境で暮らし続けていることに申し訳ない気持ちでいっぱいだ』と陳謝したが、自らの責任を避ける発言が目立った。松永氏は原子力安全・保安院長などを経て、2010年から11年8月まで経産次官を務めた。事故後は経産省の事務方トップとして対応にあたった。 
この日の事故調での質疑に対し、事故直後に設定した避難区域について『保安院に任せて、という気持ちだった』と説明。昨年夏の計画停電で混乱を招いたことを追及されると『内閣に計画停電のための組織を作った。私は一員ではなかった』と自らの関与を否定。昨年6月、当時の海江田万里経産相が原発の『安全宣言』をした判断についても、『私が中心的な役割を果たしたわけではない』と言い切った。責任逃れの答弁が続いたことに、黒川委員長は終了後の記者会見で『責任者として適切だったか、判断が正しかったかという疑問がぬぐえない』と批判した」
◆福島原発4号機のむき出しになっている「燃料プール」の崩壊が、危ぶまれているという。しかるに、東電は、詳しい情報、説明をしようとしないのである。これでは、国民は安心して暮すことはできず、不信感は高まるばかりである。
 Jcastが5月16 日午前10時3分、「「いま一番怖い福島原発4号機―むき出し燃料プール崩壊なら首都壊滅」とい見出しをつけて、以下のように報じている。
「なにやら東京電力福島第一原発の事故原子炉はこのところ落ち着いているようなことになっているが、実態は4号機の危険はむしろ高まっているのだという。米国の著名な原子力技術者アーニー・ガンダーセン氏はこう警告しているのだ。『私は大変危険な状態にあると考えています。地震と津波、さらに隣の3号機の爆発で4号機建屋の外壁は吹き飛び、鉄筋が剥き出しになっています。日本政府と東京電力はこのことを正しく認識していない。放射能が飛散すれば、その範囲は首都圏まで及び、4000万人以上の人が避難しなければならない。人類史上、最悪の事態になる』」
◆鳩山由紀夫元首相が5月15日、沖縄県宜野湾市内で講演し、普天間飛行場移設について、在任中、実現できなかったことを謝罪し、「『最低でも県外』という気持ちを果たさなければ、皆さんの気持ちを十分理解したとは言えない」(読売新聞5月15日付朝刊「総合面=3面」と述べ、「海外、最低でも県外」という持論に変りはないことを改めて明らかにした。
 しかし、物事は、「ダメ元」という言葉があるように、思い切って口に出して言ってみるものだ。鳩山由紀夫元首相は、2009年8月の総選挙中、「海外、最低でも県外」と公約してきた。これに沖縄県民の多くが、夢を抱き、大きな期待を寄せた。しかし、夢を実現するのは、簡単ではない。@@徳之島への移設案をもってきた牧野聖修衆議院議員(現在、経済産業副大臣)に騙されて、「腹案がある」と言ったものの、ガセネタと分かり立場をなくした。@@このため、「空想的理想主義だ」などと批判され、罵倒もされる。それが、元の「名護市辺野古への移設」に押し戻されると、「それ見たことか」「日米関係をグチャグチャにした」などと非難轟々だった。散々こき下ろされた鳩山由紀夫元首相は、退陣に追い込まれた後、「海外、最低でも県外」論を封印してしまった。外務省、防衛省、首相官邸の官僚たちや民主党議員が協力しなかったのが致命的だった。本人もそう恨み節を述べている。
◆政府与党内で、「海外、最低でも県外」論を堅持しているのは、鳩山由紀夫元首相のほかには、小沢一郎元代表や川内博史衆院議員くらいで、そのほかは、おおむね「米国の言いなり」になっている。自民党は、米国の植民地民のような国会議員ばかりなので「米国の信頼を損なった」などと鳩山由紀夫元首相を徹底的に小馬鹿にし続けてきた。
 このため、沖縄県民は、政府与党内から出てきた折角の「海外、最低でも県外」論者を失うことになってしまった。そのなかで、普天間飛行場の永久固定化を覚悟しなければならなくなってきていたのである。
 ところが、米国の方で先に変化が起きたのである。軍事予算削減による影響で米軍再編が進み、普天間飛行場の海兵隊が、オーストラリアやグアム、さらには日本国内米軍岩国基地などへの分散展開が発表された。もちろん、普天間飛行場からの全面移設にはほど遠いのであるけれど、鳩山由紀夫元首相が提唱する「海外、最低でも県外」論に沿うような動きが現実に出てきたのだ。
◆はっきり言うと、米軍のなかでは、「自分の国を自分の手で守ろうとしない日本人のために、どうして我々が死ななければならないのか」という不満を抱く将兵が増えてきているという。日本の立場で言えば、「吉田茂元首相が、米軍は日本を守る番犬だ」と言った言葉の意味を、米軍はようやく分かってきたのか、「バレたか」という気分である。戦争を永久放棄した憲法を押し付け、日米安保条約まで締結して、太平洋に覇権を築いた米国のこれが代償というものである。
 それが、いまごろになってやっと気づいてきたとも言える。日本のために戦死してくれるのは、米軍将兵であり、それにカネを払うのは日本という図式だ。
 そこで、最近は、米海兵隊も陸上自衛隊と共同訓練に力を入れて、訓練現場に自衛隊を連れて行き、戦闘技術を懇切丁寧に教えて、継授しようと懸命になっている。つまり、自衛隊は、しっかりと自分の国を守ってくれということだ。
◆自分の国は自分の手で守る、すなわち、自主防衛は当たり前である。沖縄も周辺の尖閣諸島にも陸海空3自衛隊の精鋭部隊を派遣して、しっかり国土(領土、領海、領空)を守らなくてはならない時代が到来しているのである。米軍よサヨウナラ、自衛隊よコンニチワ、というわけだ。この新しい道を鳩山由紀夫元首相が開いたと言えよう。
 ただし、ロシアは、「日本列島から米軍基地を全面撤去してくれたら北方領土4島を全面返還してもよい」と言っているので、要警戒である。要所要所に米軍基地を確保しておくことは絶対に必要である。
Q: もしギリシャがユーロから離脱したらどうなりますか?

A: 現時点ではギリシャはユーロに残る可能性の方が高いと見られますが、万が一、離脱した場合、ギリシャのゆくえと、ユーロ圏のゆくえを別々に考える必要があるでしょう。


Q: ギリシャはどうなりますか?

A: 通貨が現在使用中の共同通貨ユーロから、ギリシャ独自の通貨に切り替えられます。ユーロに参加する前のギリシャの通貨はドラクマ(GRD)でした。ユーロから新ドラクマに移行するシナリオが考えられます。


Q: 新ドラクマはどんな動きをするでしょうか?

A: おそらく暴落します。ユーロから離脱したギリシャは完全に見捨てられることはありませんが、ユーロに残る場合ほど手厚く救済されませんから、国家財政は実質的に破綻しますし、歴史を振り返れば、破綻状態に陥った国の通貨は暴落します。


Q: 新ドラクマが暴落して、ギリシャはどうなりますか?

A: 通貨が暴落すると、ダメージも大きい一方、工業国なら輸出産業が有利になったり、ギリシャなら観光客増加が期待できるなど、メリットも必ずあります。歴史上の破綻国家と同じく、徐々に回復していくものと思われます。


Q: ギリシャが離脱した後のユーロはどうなりますか?

A: 現在、ギリシャは経済共同体の一部で、ユーロ圏内各国との経済的な結びつき(商取引、資金の貸し借りなど)が深いですから、@@離脱の前後の時期にユーロが急落するとか、ユーロ圏各国の株価が急落するとか、それが世界に波及するとか、@@それなりのショックは想定されます。


Q: ユーロもひどい状況になるのですか?

A: 「腐ったミカン」が取り除かれれば、すぐに回復・安定するだろうとの比較的楽観的な見方もあります。


Q: ギリシャが離脱した方がユーロにとって良いのですか?

A: @@問題は、ユーロ圏内には他に「腐りそうなミカン」もあります。ギリシャ離脱後に“第二、第三のギリシャ”が出てくる懸念もあり、そうなると最終的にユーロが完全に崩壊・分離するシナリオも浮上し、その場合、さらに混迷を極める可能性も否定できません。@@
Q: ギリシャでいま何が起きているのですか?

A: ギリシャは事実上破綻しました。仲間のEU(欧州連合)や国際機関のIMF(国際通貨基金)らに救済してもらっています。その条件として「ぜいたくをやめて生活を切り詰めなさい」と言われてきましたが、ギリシャ国民がもう耐えられないと不満が爆発している状態です。

Q: じゃあもう、ほっといて破綻させればよいのでは?

A: ややこしいのは、ギリシャの通貨はユーロ。ドイツ、フランス、イタリアなどと同じ共通通貨を使用しており、経済交流も深く、一心同体といってよい状況です。ギリシャをユーロから離脱・破綻させれば、欧州諸国、ひいては世界中の国々が無傷ではいられません。

Q: じゃあ、全面的に救済してあげればよいのでは?

A: いま日本でも生活保護が問題視されていますが、税金を使って助けてあげている相手がぜいたくしていたら納得できないでしょう? 昨年も救済策がまとまる直前まで、ドイツなど周辺諸国では自分たちの税金がギリシャ救済に使われることに反対する意見も多かったです。

Q: で、いまどんな状況ですか?

A: ひと言でいえばチキンレース。ギリシャ国民は見捨てられた場合の最悪のシナリオをあまり考えずに、とにかく緊縮財政(生活切り詰め)に強く反発している状態です。一方、ドイツなど周辺諸国は、ギリシャをなんとかしないといけないと思いつつ「反発するなら救済しない」と牽制しています。

Q: 今後どうなりますか?

A: ギリシャが安易に国民の雰囲気に流されて強気な姿勢を取り続けるなら、本当にユーロから離脱・破綻して、国民が塗炭の苦しみを味わうリスクもあるでしょう。その場合、ユーロ圏経済も大きなダメージを受けますから、その不安から現在為替市場ではユーロが売られています。ギリシャ国民には冷静な対応を期待したいです。
■変化率から見た前日の通貨の強弱
!ドル>豪ドル>ユーロ>円>ポンド>NZドル
※ ">" の左側の通貨が右側の通貨より強いことを示しています。

■本日の見通し
朝方に発表された本邦1-3月のGDPは前期比年率4.1%と市場予想の3.5%よりは良い内容となりました。既に今週前半にはシンクタンクから最大5.0%の成長との予想も出ていたことで、市場の反応は限定的となっています。ユーロ圏への懸念が続いていることもあり、主要通貨に対してドルが買われている状況が続いていますが、昨日のFOMC議事録では米国の失業率の低下は段階的になると見ていること、半数のメンバーが2014年末までの低金利が適切であるとの見解を示していること、複数のメンバーが条件付きながら追加緩和が必要であるとの見解を示したことなどで、リスクが後退した場合にはドルが売られやすくなると思います。ドル/円はチャート上ではMACDがゴールデンクロスしていて、一目均衡表(日足)でも遅行線が雲にサポートされ、実勢レートも雲の中に入ってきたことで、81.70円近辺までの戻りにつながる可能性が出てきました。 

ギリシャは6月17日(日)に選挙を実施することのなりました。これにより、次回選挙まではギリシャ内の世論調査などに一喜一憂することになりそうです。@@ギリシャ国民がユーロ離脱を望む、望まないにかかわらず、急進左派政権が第1党となった場合には、市場はユーロ離脱を想定した行動を取ると思われますので、ユーロが売られると思いますが、これまででも相当ユーロのショートポジションが溜まっていると見られるため、選挙が近づく6月中旬まではユーロが下げ渋る可能性があります。@@一方のポンドは失業率が4.9%、失業保険申請件数が13,700人の減少と改善しています。ただ、インフレレポートでは、インフレ率が2年で2%を下回ると予想、景気見通しは2月と比べ弱くなったとの内容だったことから、追加緩和の余地が生まれたと見られます。このため、足元ではリスク回避からポンドが買われやすい状況と思いますが、中長期ではポンドが下落するものと見ています。 

昨日もNZドルが主要通貨に対して一番弱い通貨になりました。これで3日連続となりました。また、移動平均線乖離率もクローズベースでNZDJPYで-4.652%、NZDUSDで-4.512%となっています。@@豪ドルも下落が続いていますので、繰り返しになりますが、ユーロ圏への懸念が継続している限りは、多少の戻りがあると思いますが、反転するまでには至らないと思います。@@チャート上では21日移動平均線を上抜けたときになるのではないかと思います。 
[17日 ロイター] 17日の米株式市場で、投資家の不安心理を映すシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー(VIX)指数が昨年12月以来の高水準に上昇した。

欧州債務危機や世界経済に対する不安を背景に、先行き不透明感が強まっている。

この日の <<slider tocSlider VIX指数 VIX指数(恐怖指数) "VIX指数・非表示切替">> は9.97%高の24.49。昨年12月19日以来の高水準となった。

!!!5月初めは15─16で推移していた。

ワッツトレーディング・ドット・コムのオプション・ストラテジスト、フレデリック・ラフィー氏は「この2週間のボラティリティーの高まりで、再びリスク意識が強まった。昨年8─10月と同じような状況になっている」と述べた。

この日のオプション市場は、5月物の期日を翌日に控え、出来高が膨らんだ。

シェーファーズ・インベストメント・リサーチのシニアアナリスト、ジョー・ベル氏は「主要株価指数のプットに大量の買いが入っており、不安感や不透明感が強いことがわかる」と指摘。「米国企業の決算発表が終わってからは、市場の関心が欧州債務危機に向かっている」と述べた。

!!VIX指数は昨年48まで上昇。
!!!2008年のリーマン・ブラザーズ破綻後には89.53まで上昇した。
!ただ、この日の終値は過去の平均である@@20.50を上回る水準。@@
5月1日終値からの上昇率は47.5%に達している。

オプション分析会社トレード・アラートによると、この日、米国の全オプション取引所で取引されたプットは1470万枚、コールは1050万枚。プットコールレシオは1.40と、2011年8月8日以来の高水準となった。
[img[http://i.imm.io/pEmz.png]]
リアルタイム恐怖指数はhttp://index1.blog113.fc2.com/blog-entry-116.html
有機物を吸収し、石油系の炭化水素を作る「オーランチオキトリウム」に代表される藻類バイオマスを活用し、仙台市と筑波大、東北大が取り組む次世代エネルギーの共同研究が具体的に動きだす。本年度内に、研究施設を下水処理施設「南蒲生浄化センター」(宮城野区)に整備。有機物が豊富な下水をサンプルにした培養実験も筑波大で始める。
 東日本大震災の復興プロジェクトとして7月、文科省と復興庁の補助事業に採択された。2016年度までの5年間、年間約1億8000万円の補助金を得られる見通し。
 津波で被災し、復旧工事中の南蒲生浄化センターに集まる下水を活用。オーランチオキトリウムと、光合成で炭化水素を生成する藻類「ボトリオコッカス」を使い、効率的な生産方法を探る。
 藻類バイオマスの生産は筑波大、炭化水素の抽出精製は東北大が担う。藻類の増殖により、低コストで下水を浄化することも可能になる。
 計画では本年度、南蒲生浄化センターの汚泥処理棟に、実験室や会議室などを備えた約200平方メートルの研究施設を設置する。筑波大は11月までに、センターの下水を使い、基礎的な培養実験に着手する。
 15年度までに、研究・培養設備での実験結果を検証するための大規模パイロットプラントをセンター敷地内に整備する方針。

◎筑波大・渡辺信教授に聞く-基盤技術5年で確立

 藻から石油を作る夢のような研究が、東日本大震災の被災地で加速する。実用化にこぎ着ければ、エネルギー資源の乏しい日本の国家戦略を転換させるほど大きな可能性を秘める。オーランチオキトリウム研究の第一人者で、プロジェクトのキーマンである筑波大の渡辺信教授(64)=宮城県丸森町出身=に展望と課題を聞いた。
 -@@数ある再生可能エネルギーの中で、藻類バイオマスの優位性は。@@
 「太陽電池や風力発電は電気という形だが、藻類の場合は液体燃料が作れる。藻類は食料と競合しない。オイルを作れる陸上植物より生産能力が10倍以上高く、面積も少なくて済む」
 「計算上は深さ1.5メートル、1ヘクタールの培養プールで年間1000トンのオイル生産が可能で、培養プール20万ヘクタールで日本の原油輸入量を賄える。生産効率を上げれば、不可能な数字ではない。生産コストは1リットル100円を切ることが目標だ」
 -実用化への課題は。
 「オーランチオキトリウムの増殖には、下水に含まれる有機物だけでは不十分。有機物の塊である下水処理で生じる活性汚泥の活用を考えているが、可溶化技術が難しい。生産時の通気やかき混ぜ、藻類の脱水と濃縮でのコスト圧縮も課題だ」
 -実現に向けた意気込みを。
 「下水浄化と藻類生産を統合した基盤技術を5年で確立したい。その後3~5年でスケールアップして検証し、10年以内に国が認めるようなシステムを完成させたい」
 「ハードルは低くはないが、仙台でのプロジェクトが実現すれば、世界的な波及効果は大きい。日本が産油国になれば、人類をエネルギーの制約から解放できる」
 -被災地復興への思いが強いと聞いた。
 「被災地では下水処理場も水産加工場も農地も壊滅的な被害を受けた。藻類バイオマスの生産をうまく組み込み、エネルギーの生産という新たな機能を付加し、産業を興すことは可能と思う」

2012年10月20日土曜日
こちらから、http://java.com/ja/download/linux_manual.jsp?locale=ja
Linux 版の Java のアーカイブ(Linux ファイルサイズ: 32.8 MB) をダウンロードし、適当なアーカイバとかでホームディレクトリへ展開しておく。
(今現在は jre-7u4-linux-i586.tar.gz)

・OpenJDK をインストールしてるなら、それ関係をすべて削除。
$ sudo apt-get purge openjdk*

・Java のインストール先フォルダを作って、インストール。
$ sudo mkdir -p /usr/lib/jvm/jre1.7.0
$ sudo mv jre1.7.0_04/* /usr/lib/jvm/jre1.7.0/

・Firefoxのプラグインフォルダが無いなら作って、リンクを張る。
$ mkdir ~/.mozilla/plugins
$ ln -s /usr/lib/jvm/jre1.7.0/lib/i386/libnpjp2.so ~/.mozilla/plugins/

Firefox を起動させてこちらで Java プラグインの確認。
KonaLinux
Google ドキュメント

HDD へインストールできるのが有ったらいいなの思っていた WindOS の派生物である。
WindOS をデスクトップ用途用に結構いじって、Remastersys でまとめたものらしい。
Crunchbangの次に軽いです。
同じく日本人開発の Linux Bean のように個人の思い入れが匂ってこなくていい感じなので、しばらく使ってみよう。

KonaLinux_desktop001.jpg
壁紙はシステム内にあったものを使い、右にあったWbarは左に移動してます。
!lupu linuxで楽しく   http://www.cyclingway365.org/lucid_puppy/index.html
詳しくは上記サイトを参考に!

Puppy Linux(パピーリナックス)は2003年にオーストラリアのBarry Kaulerさんによって公開されました。

#LucidPuppy ([[lupu-528.005.iso|http://distro.ibiblio.org/puppylinux/puppy-5.2.8/lupu-528.005.iso]])は、Ubuntu 10.04(Lucid Lynx)ベースで[[lang_pack_ja-lupq-0.5.pet|http://distro.ibiblio.org/puppylinux/pet_packages-lucid/lang_pack_ja-lupq-0.5.pet]] をインストールすることで日本語版と同等に使えるようです。 
#日本語化などは、[[パピーリナックス日本語フォーラム|http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/index.php?sid=b7e514b24fbc54ac34979f25e5477456]]サイトの[[Lucid Puppy 5.2.x の日本語化|http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=23&t=1963]]を参照して下さい。
#他のサイトで、お手本になるサイトが多数あるので、このサイトでは、少し見方を変えた記事を書いていますのでご了承下さい。
#ここは lupu-5.2.8 の記事です。

!特長

1.サイズがコンパクトでRAMへロードして実行できる。

2.CDから起動して使えるし、USBに簡単にインストールもできる。

3.非力のパソコンでも利用できる。

4.ソフトの管理・インストールが簡単である。

5.パソコン初心者にとてもやさしいOSである。

!起動画面

[img[起動画面|http://www.cyclingway365.org/lucid_puppy/img/lupu5.jpg]]

!動作条件

@@bgcolor(#ff0):color(#f00):CPU: Pentium 166MMX, RAM: 128MB, CDROM: 20倍速以上@@

//ただし、RAMへOS領域・作業領域・データ保管領域をロードすると実際は、RAM: 512MBは必要。//
//RAMへロードしない選択なら RAM: 128MBでも大丈夫だが俊敏な動作は望めない。//

!利用目的
#インターネット・メール利用
#DVD動画観賞
#表計算ソフト利用
#文章作成など
#セキュアなOS環境でのPC作業
#OS・PCに依存しない環境でネットを楽しむ
#グローバルな思考・発想で自己の向上目的
*注意:@@何でも出来ると思ってはいけませんが、通常利用なら以上に記載内容しか利用してないと思います。@@
*注意:@@ハードディスクへインストールして、デュアルブートで活用するのはおやめ下さい、痛い目に遭います。@@

!![[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
<<<
!!!1:日本語入力の方法
半角/全角キーで切り替わります。
!!!2:ROXファイラの使い方とメニューを日本語にする方法
詳細は、----[[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
!!!3:Gaimのメニューを日本語にする方法
詳細は、----[[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
!!!4:デスクトップにショートカットアイコンを作る方法
詳細は、----[[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
!!!5:個人保存ファイルのサイズの変更
詳細は、----[[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
!!!6:PET(Puppy's Extra Treats)パッケージのインストール、アンインストール方法
詳細は、----[[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
!!!7:GUIによるドライブのマウントとアンマウント
詳細は、----[[Puppy Linux 子犬の飼い方|http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/howto1.html]]参照。
<<<

:つつきを読む&nbsp;&gt;&gt;&nbsp;__[[導入ソフト]]__

<html><a href="#top">↑TOP</a></html>
幽霊船が物語る大震災の記憶

あの日から1年以上も太平洋をさまよい続けたイカ釣り漁船の悲しい末路
2012年05月16日(水)14時23分


旅の終わり 海底に沈めるため蜂の巣にされたイカ釣り漁船(今年4月、アラスカ沖) Reuters

[2012年4月18日号掲載]

「幽霊船」の船体一面に浮き出た不気味な赤さびが物語るのは、発生から1年という時間の経過だけではない。死者・行方不明者約2万人を記録した東日本大震災の被害の甚大さを、あらためて世界に思い起こさせた。

昨年3月の大震災後の津波で青森県の漁港からアラスカ沖の太平洋にまで流された日本のイカ釣り漁船が先週、アメリカ沿岸警備隊によって撃沈された。

漁船は沈むことなく太平洋を数千キロにわたり漂流したが、日本への曳航費用が高額なことから所有者が権利を放棄した。全長が61メートルあり、無人で明かりもなく夜間はほかの船の航行に危険なため、沿岸警備隊が機関砲で砲撃して沈めることになった。

 巡視船による集中砲火で漁船は炎上して傾き、砲撃開始から約4時間後に沈没が確認された。沿岸警備隊は船に残された燃料は少量で、環境汚染の恐れは少ないと説明している。

 日本政府によれば、津波で被災地から流出した瓦礫のうち、約150万トンが今も太平洋上を漂流しているという。今後は瓦礫だけでなく、犠牲者の遺骨や遺品が北米の西海岸に流れ着く可能性もある。

 そのたびに世界は、時とともに忘れかけた悲劇の記憶を思い出すのかもしれない。
[img[http://www.newsweekjapan.jp/stories/2012/05/16/reuters/magworld040512.jpg]]
原発事故に伴う電力不足が懸念される中、神戸大学大学院海事科学研究科の西岡俊久教授(63)が「海洋エネルギーを活用した大規模発電装置の仕組みを発明した」と発表した。海を巨大ダムに見立て、海中で水力発電を行うという独創的なアイデア。理論的には原子力をはるかに上回る発電が可能といい、国際特許を申請している。(今泉欣也)

 西岡教授は、破壊動力学の第一人者。物体に亀裂ができるメカニズムを解明するなどし、文部科学大臣科学技術賞、兵庫県科学賞などを受賞している。

 海洋発電を考えたきっかけは、英スコットランド行政府が2008年に創設した「サルタイヤ賞」。海洋エネルギーだけを利用した革新的発電技術の開発者に賞金1000万ポンド(約12億円)を贈る賞で、西岡教授は地球の端が滝になっている「地球平面説」の絵からヒントを得たという。

 海洋発電装置は、大型船のような海上浮遊物と海中の発電機2基、海中の配管で構成される。

 まず、海水が海上浮遊物に付設した配管に入り、水の勢いでタービンを回して発電。海水はその後、潜水艦のような耐圧容器に入った海中に向けて配管内を落下し、発電機のタービンを回す。電気は海底ケーブルなどから陸上に送電し、海水はモーターを使って容器外に排出する。

 配管の素材として用いる「スペクトラ繊維」は、鉄の10倍の強度。「金属疲労が生じず、かつ軟らかいので巻いて収納できる」と西岡教授。発電量は水の流量と落下の高低差で決まり、「例えば、海中の発電機が深さ千メートルであれば原発千基分(1基分の発電量約100万キロワット)の電気を作り出すことも可能だ」と強調する。

 西岡教授は「ばかげた話と思うかもしれないが、実現すればクリーンな自然エネルギーで国全体の必要量を賄える。兵庫県内の企業など日本の英知を結集し、可能性を探りたい」と話している。
[img[http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2012060399021111.jpg]]

(2012/02/28 15:30

現在、クリーンで再生可能な電気生成装置の開発が求められています。
 極最近、何か月にも及ぶ熟考により神戸大学大学院海事科学研究科西岡俊久大学院教授は、海洋の持つ各種エネルギーから、超大規模海洋発電装置を新発明しました。※ここでは発電規模が大きいため、発電量は原子炉何基分の発電量かで表します。すなわち、原子力発電は一般に一基で百万KW【1G(ギガ:10の9乗)W(ワット)】の発電量が得られます。この新発明装置は《NATURAL ELECTRIC POWER TRANSFORMATION UNIT from NATURAL ENERGIES》からNEPTUNE【和名:海神】と名付けられました。
NEPTUNE-海神-システム概念図

 新発明装置【海神】は、主として上部大規模浮体構造物と下部潜水発電部から構成されます。上部浮体構造物では、海流の運動エネルギーを利用し、原子炉200基分(200GW)を発電できます。上部浮体構造物で取り込まれた大量の海水は発電機を回した後、後部からスペクトラ配管を通じて、下部潜水発電部に落とされます。因みに、スベクトラ管は鉄より約十倍の強度があるが、柔軟性も備えている。このため、金属のように金属疲労が生じません。これは、海流があるところに敷設する管としては、極めて重要なポイントです。金属管では流体による振動による疲労ですぐ切れ耐久性が殆どありません。スペクトラ繊維は、強度と柔軟性から、防弾チョッキ等に使われているものです。
 下部潜水発電部では上部―下部の落差H=1000mの場合で一テラワット【1T(テラ:10の12乗)W】すなわち、上部、下部でそれぞれ、原子炉200基、1000基分の発電量を得ることができます。海底ケーブル等により陸上に送電できる仕組みになります。
 下部潜水発電部はそれより上にある海水の位置エネルギーを利用します。この点が世界で初めての極めて革新的なアイデアです。すなわち、海洋に巨大な水力発電ダムを構築することになります。この視点で見ると、海洋は巨大なダム湖で水量は膨大にあるということになり、下部潜水部は発電所を丸ごと耐圧容器に入れたものと考えることもできます。
NEPTUNEはローマ神話で海神の意味があり、海から原子炉千基分以上の電気量を生み出し、送ってくるものにふさわしい名です。この装置の発明者である西岡教授は水力ダムの発電量評価式を用いて上記の発電量を何度も確認し、新産業創造研究機構 (NIRO)の支援を受け国内及び国際特許に申請済みです。ー般に水力ダムの発電量は次式で評価されています。
 
 P=9.8хQхH(kW)
 ここに9.8は重力加速度、Qは落水量(m3※立法メートル/s)、Hは落差(m)
 
 なお上部浮体構造物には、4台の巨大クレーンが設置してあり、下部潜水部は所望発電量に応じて、下部潜水部を任意の深さまで沈下させることができます。これにより、陸上のいかなる大型ダムでも海洋で再現できます。特許出願は、黒部ダム(約原子炉3分の1基分発電量程度)仕様で出しました。太平洋の平均水深は4千メートルであり、下部潜水発電量を4テラワットにすることも可能です。ちなみに上記一テラW発電 (原子炉千基分発電)は落差1000mで評価しています。

 海神発電はCO2、煤塵及び放射能を一切出さないクリーンな再生可能エネルギーです。従って地球温暖化を経済活動を保持しながら軽減できます。
 原子炉一基の製造費用は3000億円から5000億円であり、千基分の費用は300兆円から500兆円になります。従って、これが海神の金額的価値です。一方、海神の建造費は原子炉一基の三分の一から五分の一程度と見積もられています。海洋は広大なため、現在頻発しているエネルギー資源に起因する国際紛争を軽減できます。
 日本は四方を海洋に囲まれており、47都道府県殆ど全てに海神の設置が可能であり、我が国の必要電力以上のものが得られます。中国、ロシア、韓国、北朝鮮、台湾等へ電気を輸出できます。すなわち、エネルギー輸出大国となることができます。また、今回の津波被害を受けた福島県、岩手県沖遠方に海神を多めに設置して、復興に役立てることができます。海神には多くの素材や部品が用いられるので、我が国の経済活動を活性化でき大きな国益となります。一方、世界には437基の原子力発電所があるとされていますが、多くの国が海洋に多少なりとも面しており、電力的にはこれらを海神の発電で置き換えることが可能と思われます。従って、核燃料の国連による管理を行い、研究用を除いて基本的に輸出入禁止と出来ます。また、一部の独裁国家が、電力のためと称して行っている核燃料濃縮作業を全面的に禁止すれば、地球上から核兵器開発を排除できます。海神発明者の西岡教授は『まだ、海神の実用化にはいろいろ課題もあり、関連企業を集めたコンソーシアムの設立を急ぎたい』と話しています。
 この装置は、海洋の持つ各種のエネルギーのみを使うため、二酸化炭素を出さず、地球温暖化問題を軽減し、放射性物質を一切使わないため、放射能問題も生じません。
我が国は、四方を海洋に囲まれているため、この発電装置で、エネルギー関連諸問題の解決が可能となります。また、多くの国が海洋に面しているため、本装置を輸出し、我が国の景気浮揚に役立つものと思われます。
楠クリーン村
自給自足の実験村です。motoji3
[img[data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAAqUAAAGnCAYAAACO+C6kAAAgAElEQVR4nOydd1wU1/r/95fce1NuvtcYk9xoojcxxS4qIghGjWJDsMWGJvZC1KgxCRpjiUlsUbGLvRKjBmMkIkYsWJEmNlB6Z3sDtrEsn98fMMvusg1Y2GV5zuv1frl7zpwzz8ycefvszjDLAhUqVKhQoUKFChUqdi4sewdAhQoVKlSoUKFChQolpVSoUKFChQoVKlTsXigppUKFChUqVKhQoWL3YjQpjY+PJwiCIMxA7iQIgqg55txpMinVLWq1GkqlEnK5nCAIokmhVCqhVqvNOpLcSRAEoU9t3Gk2KdVoNJDL5ZBIJBAKheDz+QRBEE0KoVAIiUQCuVwOjUZjlVjJnQRBNHVq406zSalCoYBEIkHrdhv1KCgo0HtNEAThrLDZbPB4PEgkEigUCqvESu4kCKKpUxt3mkxKNRoNZDIZxGIxiZUgiCYLI1axWAyZTAaNRmNWrOROgiCI2rnTZFJaVlYGuVwOqVRaTaw8Hk/vNUEQhLPC5/MhEokglUohl8tRVlZmVqzkToIgiNq502xSqlQqIZPJqolV97KURCIhCIJwWqRSKYqKiiCTyaBUKq0SK7mTIIimTm3caTIpLS8vh1qtRmlpaTWxKhQKvdcEQRDOjFKpRGlpKdRqNcrLy82KldxJEARRQU3daTYpLS8vh0ajqSbWsrIyvdcEQRDOjkaj0XrRkljJnQRBEBXUxJ1WPafUUKy6ddaUzMxM7euwsDC996aWDwsLq1YfFRWFxMREq9ZJhQoVKvVVrH1OKbmTChUqVKpKnR4JxZS6iDUqKgrNmjXDrl27KlbIYmlfG5bExEQEBgbC398fLBYLgYGBCAsLQ1hYGAIDA9GmTRt4eXlp682VxMRE7Nq1C4GBgRZjrGuJioqCl5cXoqKi6n1dVKg0ldK63YZaYVjatNtQK8yVhkhKyZ1UqFCpTWnM7rSYlJaXl1cTq24d85WsMRhRdunSBc2aNdMK09/fH4GBgVrCwsL0lrdWrOXl5Vp5BgYGwsfHB15eXmCxWFq6dOmiXba+CAsLA4vFqvf1EERTorZiNRyntmI1FpO1YiV3Wge5kyBsT2N2p9mktGoD9cWqe6+URqMxCSNKhi5duqBNmzZ6dYyQNBqNVqC6Yt21a5dWnrpiDQwMhEajwa5du+Dl5QUvLy/4+/tr+65duxaZmZlG42LGNRd7TdAVq63GJBov0THpiI5Jh0ajQcipOCxbFY4ps0+bXD4pORfzl5zDslXhCDkVV+f1h5yKszhOUnIu1m26gqTkXJNjLFsVrn3NxB9yKg6jJx7XWzY3l6v99/LVJKtiXLfpisVlayvW+hpHV66WxErutA5yJ6ELudNyjM7uzgb9Q6c2bdogICBAr44RUllZmVaszZo1A4vFgo+Pj1asPj4+2k/wAQEBCAwMNLoOXcmZiiMwMBBeXl4oKysDcw8Ws57a3MTLrNPHxwcnTpyw+03FhH0ZPfE4Rk88jrKyMuwMvglv34Po4LoV0THpCDkVhw6uWzF/yTlEx6SjrKwMublctG63EaMnHseU2adtun5DQk7FYd2mK5i/5Bxat9uIZavCsW7TFS3Mcus2XcHoiccRcioO3r4HtfF1cN2KDq5bsWxVuHa81u02IjeXi3WbrqB1u41ISs7VW2d0TDouX03So3W7jZi/5Jz2vbFYaytEc+N0dtuKOQvOVuszZ8FZdHbbanYcXbk29B86kTuJpgC5k9xpNinVaDSVgemLVfdRJ6WlpVbByMcUzHIBAQFo1qyZVrCMbJn7qXx8fNClSxdkZmZq70fSpUuXLtpLT7r1UVFROHHihN4lMWbdzZo1Q7NmzRAQEIDS0lK9y1qW0N22Nm3aaMcLDAxEZmam1fuHaNxcvpqklZN7v93w9j2oFZi370HsDL6J0tJSRMekY/6Sc+jguhXu/XZX65+by63Reo0tz4jV2PLLVoXrCZJZVrfP5atJGD3xONz77db+y0hz/pJzmL/knHbZ6Jh0raCnzD6t54kps09r4zF0iDGnGFJbsZob52pUChQKBb5ZfkFb983yC1AoFIhLyDE5jlqt1pOrJbGSO8mdhHWQO8mdVielZWVllYHp7wSlUqn32hq6dOkCf3//avWMlJRKJdauXYtmzZohKioKSqUSAQEBiIqKQkBAAMLCwqBUKpGZmam9/8nwEpfu5SvDe6+YZZlLVSwWCydOnEBmZiYyMzO14lYqldXurTKH7jaEhYUhMTFRO76uYK3dT0TjhLk0w0iEkRLznrncM2X2aYScikNSci6SknO1/XcG39R+UtYdS5dlq8KhVCoxeuJxRMek69UtWxUO9367te263ygYxpqUnKuN0dv3oHYZ5tIVI1EGRsCt222Et+9BePse1MbAfGugOx6zva3bbUTIqTjteqNj0jFl9mmtgNdtumJ2n9ZWrObGmbPgrPb5ed8sv6CVqqFsDcdRqVQoLS1FWVmZVWIld5I7Cesgd5I7rUpKNRoN1Go1VCpVNbHK5XK915ZgPq0byo65wZ75C1O5XI5du3ZZlBkjVWPrOnHiBFgslsl2uVyuFSnziBV/f3906dLFqm0xhq5YmTpGsM2aNUNmZmatxyYaF4y0Qk7FaesYiUTHpGvF08F1q14/RsTMGLqXanYG38Tlq0mIjknXLrtsVTh2Bt+Ee7/dkMvl8PY9iPlLzkEul+t9mmdkqBsPIzZmnUw8zGUmuVyuvQS1btMVk2INORWnlSmzPUnJucjN5Wovq63bdEVvG5lvAQzbjFFbsVoaR1empqRqOI5CoYBKpYJarYZGY/n3m8md1kHuJBjIneROjUZjPiktLS2FQlH1CyQMxcXFeq/NwYiSuZfJ8JN5QECA9jJRcXGxnqSM4e/vr13WGD4+PmjTpo3FuJo1a4a1a9fixIkT2ktalvqYQjdmw7a6jEs0PnTvE2LqGIkw75nLTcx75pPx5atJ1cYzVs9cRoqOSceyVeF6Mi8uLtZ+O8DEwwht3aYr2viYy2WMUJlvBnRjGj3xuPZylCE7g29W2+bomHTsDL6p7WsYu+56DPeJMWorVmvGORoSp5Xq0ZA4s+OUlJRAJpNBoVCgtLTUKrGSO62D3EkwkDvJnWaT0rKyuv9+MyPVXbt2ISAgQPtJfNeuXejSpQsCAgKwdu1aBAQEICAgABKJRCspw/udGJi/IjVcV2JiovaG/hMnTlj8TVYvLy/tOuuKrljt/VuzhP3IzeXCvd9uTJl9WlunKz1jfRipLlsVbrSdkZO59TL3Lum+Hz3xuF5czCUw5lsBZr2MAHcG36wWl+79ULo39DP1uuMzY0yZfVr7DYDhNut+08GMaW67aitWS+NY+2mf6V+b328md1oHuZOQSMid5M4qd5pNShUKhTZL10UoFOq9NgXzEOaoqCjtZSFGQMy/a9euhZeXF9auXQuhUKhtM3VzPCNYZh3Mp3Xd5+qZi4mB+ZbBmmUtobs9thiPaJww9whFx6Rr65j7nS5fTYJQKNT+NSUjKOYTsO44un9xqXsJihmDISk5V3u5SXedjFiNxchcHmL6MfdB6Y69bFW49vzWve9Jl3WbruiN6+17EFNmnza7fxjBM5egdgbfNLt8bcVqbhzD+6DM3RfF9BeJRJBIJCguLoZCobBKrORO6yB3EkIhuZPcaUVSqlarIZfLIZVKq+1UHo+n99oSzCd7Ho+nvXE+KipKe9N9s2bNkJiYCB6PZ7VYmbGjoqIQGBiIqKgoq2JhYL6BqEkfU+j+KoktxiMaH8wn2ZBTceDxeHo3vHdw3YrcXC54PJ7eX1NOmX0al68mVRvL3F9c8ng8vfurmEtRhv1HTzxuNl7mshETHzPe5atJ2pv2mWfnmfq0rzve/CXn4N5vt9l1Mt9KMPdXMfvEFLqSs1R0lzU3DnPpyfAvSDlcSbVLUUx/Pp8PoVAIqVQKuVwOtVptVqzkTushdxLkTnKnrjvNJqUlJSUQiUTVDm5hYaHea4Jo6jAPfWbeJyXnau8Runw1Sa9e931tYW7+N9a2bFU4lq0KtypmJkaGpOTcasswN+0zMH8Fq7sc8w2GufUx6zLsa4raftq3NM6EKSer1Q0bfdjkOGw2GzweDyKRCCUlJVaJldxJENZB7iR3WpWUlpaWoqioCAKBoJpY8/Ly9F4TBEHYmtqK1dbjFBQUgMPhQCAQoKioCKWlpWbFSu4kCMKeNGZ3mk1KpVJp5Ve4+mLNzs7We00QTR1Tl4wI6zC+T2snRFuPk5ubi4KCAvB4PEilUqvESu4kCOuwt3saO8b3aeN1p8mkVKVSQSKRgMPhVNsJGRkZeq8JgiCclaysLOTl5YHD4UAikUClUpkVK7mTIAiidu40m5SKRKLK+wr0xZqamqr3miAIwllJT09HdnY2CgsLIRKJrBIruZMgiKZObdxp9vK9WCw2KtaUlBS91wRBEM5KWlqaVqxisdiqS1DkToIgmjq1cafZ55RKpVKjl6DS0tL0XhMEQTgrGRkZyM3NBYfDgVQqtepZe+ROgiCaOrVxp8mkFADkcnnlA1T1xZqTk6P3miAIwlnJy8sDm82GUCiEXC7XcyS5kyAIwji1cafZpFSj0UAmk0EsFoPP59v9IbsEQRANDZ/Ph1gshkwmg0ajsUqs5E6CIJo6tXGn2aSUKWq1GkqlstpvnhIEQTg7SqUSarXarCPJnQRBEPrUxp0mk1KCIAjCNOROgiCImmPOnUaTUipUqFChQoUKFSpUGrJQUkqFChUqVKhQoULF7oWSUipUqFChQoUKFSp2LybvKS3MzycIgiCMYO6+KHvHRhAE4ahYcmedk9KCyn/Z+flgFxD1ib0nE0EQFdgiKSV3kjsJoqlRr0lpQX7FCR8fG4PjRw5he9Bmwsbs2LoFRw8fREz0XRSSXAnCIahrUkruJHcSRFOk3r8pjYu5h/3Bu5GWmgK1Wo3y8nLChqiUSiQnPcH+4D2IuXsHhfl5dp9UBNHUscU3peROcidBNDVqn5QWFFiEXZCPY0cOIj01xe4CcnaeJifh2JFDyMvJturYEARRf5gVqxX9yZ3kToJoilhyZ52T0h1bt6C0tBQajYYwwu2b11FWVlbncZRyOXZuC0JmRprdJxVBNHVskZSSO8mdBNHUqPekdHvQZpSXl9tdYI6KNWIVCoVWjbU9aDMy01MtHpfopT9h/erfwOoShK2dhmJrp6FgdQnCtx9/gYiv1oP13OwqWGMwbMYRsFhjwGL1AIvVw+L4iYmJ1UhISEBCQgJiY2P1uHPnDu7cuYObN2/i5s2buHrtmt1PCoKoK7ZISsmdjudOn7F7qzFw5LYKhq/X0m/w93r0+ngBen28wOL45E6iqVPrpJRdUGAF1ohVDVHMfmw89hjFuvUqNm4cP4zLuUqD5VUouHYMx64VQKXRQFMmxoPTu7Ft2zZs27YDe4+fw5V7yWDLzcuqOD4Iay5xodaNI+E37D+XCpnhuNt3Yt+xUFyKzYWsTAONqhDXj+zC0ajCihi0lIJz+zh2H76GfJVtxHrx4kW8+uqruHjxotVitXRchvttAe9uDAoyCpER+hfSQ84g41Y8hM/SEXrxMQI3ReKrtZcQsDIMt+OyEPMgF7+GPcCkJaFgsXpYHD8xMdHoZTImzrKyMpSVlUGtVqO0tBQqlUr7+99Xr12zcm4RhONiTqzWjWHGnXrO02HPWTwtrq07t2PPoZP4KzobJWWO7Ux7utNn7F7M+u6uUT5fHInPF0diQkAYJgSEYfT0sxg9/Sx8J/8Kn7F70evjBRbHJ3cSTR1L7rRJUqp7MlVDlYV9nv8A6xU/nOWoq+qL7uKLt1tgfKTEoI8UN2e0RMsZNyEtK0OZMhVbOj+HZp4TMG36FIz37Y8e7/0bz73eBwtPPEGR2th6RYicOxybkhU6dQokr+uAl71+A1fNjPs8Xh86H98Gfo0FM0aj11v/RPN+63FfKkNykCde+o8PjueotGOoCs7g09deQu8tyZCb2l4DGLEaIzw8HH5+foiOjoafnx/Cw8PNjmWtWBNeegk5W7Yhf9Vq5H0RgLwvAsD+ahGyFy1G8px5mLQkFH7zz8Bn5nEErAxD6MXHcBsdjE/nnax1UqrRaKCKjIRqxQqoVqxA6enTekKVy+VQKBS4fPmy3U8KgqgrtkpKjbpTz3nTMZ3hi424K1LX0J2M477BwtkT0Pfdl/DagF+QIFEb9HUcZ9rTnUxSOm72ZS2fzvwLo6efxcofDiA3YRFW/nCg2reovpN/rXVSSu4kmhJ2T0oVyevRve1oLHD/L/ofzoWqVknpy3A/WoBSZhm1FEkn5+CDF97DwigR1AbrVHP/xJSRwchQ6tYbE6z+uKW8C/js9ZfwyWkO1IpU7O7/Cl4bfRr5qjKUlbLxp/+b+M+AYKQp6i7WO3fuYOTIkSgpKUFZWRlKSkowcuRI3Llzp85i3dppKDh/X4P0ZAjyV61G/qrVkJ4MQc6Wbfjrx734dN5JHDgdB5+Zx9HX/wDcRgcj9OJjfLnmr1olpRqNBqWnT6PUzw+lfn5Q9e0LVd++UOzepZWqTCaDXC4nsRJOQf0npQbO06UO7lSLovDFO//GwNMcPW86kjPt6U5TSWluwiLtt6K+k39FbsIimySl5E6iqVHrpJRTWGgRXbGq1WojFCP+2w/QesY1JB/qg1d7BCFVUdkmvYOAt1tg/GWxQR8JbkxviZbTb0CiVkOtqBThkXyo9JYT4/aXrfEv111IV+rWq5AXMh7jjucaLC9H8rr2eNnrJDilJsZVpGJLlxfQZWsaFGo1FBkHMbjZm5j4Rz4Kw6fi7Ra+OJqlMLGtxmHEalhfXFyM4uJii3W6MGK1dFxWb4wAJ/4hjh2/iZiNexCzcQ+O/J2GzEvXELItFAdOx+HyrVRcvpUKt9HB2HroJi5cfYILV5+AxephcXxdsWo0GshEompSVbq5QenmBplIBJlMhpKSEshkMoSHh1s1twjCkTEnVmv6m3WnSefZwJ2KNAR1fRlu+7KgdFBn2tOdA0duq5aUrvzhgF5CylyuD/xuc7Wk1NL45E6iqWPJnfWblIqvY8Y7/8O8O1Ko8k5gYLOPsOqhzEZJqRqii6Pwn+b+iBTr1CszsH/UZzjLLjUY14JgVRI8/W0m3vvn/7A4pqiyjwJZx3zRokUPuP23JcadztMRed3EWhusFev8Qd8ieGsYAlaGYVPgIWwKPAS/+Wfw1dpLCN4ahkFTD2vvIe3mtws+M49j66GblX/wZDkpTUhI0Eq1rKxMK1Zdqco7dYK8UyeoIiNRUlKC4uJiEivhNNR/UvoPvDN5LXbs3ImdO3di5849CLnLqfBPjdz5Etz2p0NaJAY38z7O/zwM77w3Bb/nKh3WmfZ0J5OUfjrzLy2G35Iyl+5zExbVOCkldxJNnQZJSlUqJWSyEgOKkR86Eq+//w3uiUogK8nD737N0XpeFPiyEsj41zGn1WsYe5Fr0I+LK1PfwltTr4AnK4FM+hgbO72MXgczUWywDv7V6XjjX14Iyauqkzz8BT4zwsCuFo8YD35qh5c9jyOvhBmXBdYrb+Ct/7bAK/96Di+28sTsvXHglej0K0rB3j4v4N9DTyCr2HBMyzBiNawXCgUQCgUW63SxVqys52YjcFMkJi0J1d4/+um8k/CZeRyffHYIn3x2CJ7j98FtdDC6+e3C7pC76Oa3C4OmHgaL9ZrF8WNjY/UuO+qKVVeq8k6dIBOJUFxcjKKiIpSUlCAsLMzuJwVB1BVbJaVG3Sl9jI2dnsOrfT/DnLlzMHfuHMydOw+rfk+FtMbuZIH1yut47QUWWCwWPgz4DY94RXr9HM2Z9nTnwOHrMeu7u9o/YmLuJTVMSAeO3Fb1Tenw9VYnpeROoqlTh6SUbRFGrEqlAsXFRfpIU3Gw37/A+tfb+KhDB3To0B7vv84Cq/lE/FVYhGLedcx9+1WMOF9o0JeDS5PeRMtpkeAWF6FY/AgbOlV+2tdbToK0vW74xxvTcIXL1PERs3Iw5kdyqsdTLETij+3wcu+jyCmqGrf7lhhkZOeCK5Ia6VOE4mI2wse2QKuZVyviqSGMWA3rr127Cl9fX/D5PBQXF4HP58HX1xfXrl01OVaVWM0fF92k9NewB4h5kAufmccxaOrhagnp+5/8ouWTzw5VJqXmx4+NjdX7BqO0tBSK3buqSVW1YoVWqkVFRSguLq4Uq+W5RRCOjHmxWu5v1p0mnVdJbdwpZePJn9/B/fWPMC3kKcTaPo7nTHu6c+Dw9fh8cSR8J/9q9B5SY9+S6iel5scndxJNHUvutElSqlDIUSSV6CF69Au6v9weyy7E4H5CfAV3j2Lcm80w7NcMSIWJWN/pBXRa/wAi3b6iJ9ja7UW0XxMPoVSCIuGDCrHuS4VEZzlp/iV80eb/4e05l8Fh6jnX8NWgb3CLK6kWT5GUh5jv3sdLfU4g18y41SnAhU9boNWMSHDNLmccRqzG2v44Gwofn2GIvPw3fHyG4Y+zoWbHsjopZY3BV2svYdKSUGTm8MHmSnDgdBz6+h+olpAOmnoYu0Pu4v1PfkFf/wM1SkpLS0u1jy1RKBR6N+wrdu/SClWXc+fO2f2kIIi6Yquk1Jg7Lbqp1u4U4tnBYXj1/7xx4KnQYZ1pT3fqJqWGBH63GbkJi/TuJWWeW1rTpJTcSTRVap2UctlsizBilctlkEjEOnBxb9mHeKlnEJ4IdevZiJr3Dl722oNnQh4ebHLHi//3Mb4PewquWAwJPwURP3yCZi+6YWMir6KPIBHrO76Azj9fQeKDONyNPIeQbYsw+J3n8YLLYkRkC7Xj54fPxpAf7oGnG4swGwn3klFYEI313f+Ft2ZFgqMd9yW47U2BSC92Q/Lx16ct0HJGJNhmlzMOI1ZT7aGhoWjWrBlCQ0MtjsWI1dJxYZLSgJVh2B1yF7fjsrSX8j+dd1LvUv6Fq0+QmcPH1kM34Tl+H1is1yyOHxsbq/2Ur1Kpqj2+hPmLUeZ+KEOxWjO3CMKRMSdWa/qbdqeh8xLxgOFhErJ4IkgkNXGngeN4MVjR/nm8NTMC+Q7qTHu6s9/g7zF6+ln4z7ughXkuKfNoKN3nkzIMHLkNvT5eYHF8cifR1LHkTpskpTJZCcQiYRXsO1jl/gH8Dj+FULdeJAT33mp4vD8MB5J5EAuycWPzOHR67XmwnvsXnmM9j+YdxmDTtayqfryH2DmgJV599VU0b94Cb73bHj36jsHi7WF4whZUjS3MwO+Th2LTfa7e+gRPj2NK19fxLxYLz//vUwQ/4OiM+yGGH0uByCBGffJxeU5X9Pz6OjhmlzMOI1Zzy2RnZVo1Vk2S0ip6GOE1Pd7/5Be995bGN/ZLI1evXcPly5dx+fJlhIeHawkLC8O5c+f0sPdJQRB1xVZJaTV3GjhPjze6I/BGYcUyVrvT0HF8ZJz2x0fvj8Lh5FSHdKY93Wn4S02mfrnJFJbGJ3cSTZ0GSUpLSoohFPDrAA/szBRkFfJqPQb/2RGM9duJx1wT7Ww2BHWKsXYwYrXFWNaKlSCI+sVWSak93emoziR3EoTzUu9J6Y6tW8DlsMHn8+xK3vW1+O73Z+DaOQ5DGLHWdRwuh42d24JIrAThANgiKbW3Ox3VmeROgnBeap+UcjgWYRfk4+jhg3iQeB88LocwAiPWuo7zMPE+jh89hOzMdKuODUEQ9YdZsVrRn9xJ7iSIpogld9YpKeWwCxETfRf7g/fgQeJ9FBYUgMMuJGxIYUEBHiTex4G9wYiJvouC3By7TyqCaOrUNSkld5I7CaIpUq9JKZfDAaewANF3buPYkYPYuS0I24M2EzZk57YgnDh6GLHRd5CTmWH3CUUQRN2TUi6H3EnuJIimR70npVxOhVzzcrKRmZGGzPRUwsZkZ6bTp3yCcCBskZRyOeROcidBNC1qnZTyuFyCIAjCCObEau/YCIIgHBVL7qSklCAIooZQUkoQBFFz6j0p5XI44LDZYBcUgF2QTxQWgMsurNFBcpp9WIttJxrZfKBjDB7XNkmpQx/nRjK3nGYf0nllExx6PtAxBo9bz0kpl1NxT1RCXCyOHzlk9xvb7c2OrVtw7PBBxEbfBbuwoEntw9psO9G45gMd4yrqmpQ68nFuLHPLWfYhnVe2wZHnAx3jKmqdlAr4fItwORzEx8Zgf/BupKWmQK1Wo7y8vMmiUqnw7Gky9gfvQczdO+By2E1mH9Zm24nGNR/oGFdhTqyN/Tg3lrnlLPuQzivb4MjzgY5xFZbcWaeklFOQj2NHDiI9NcXuB92RSH32FMeOHEJ+bk6T24c12Xaicc4HOsZ1T0obw3F29LnlbPuQzqu60RjmAx3jek5K2QUVP5VXWloKjUbT6GF+QaSu4ygVioqftctIazT70B7bTjTsfKBjbDvqmpQ6ynnfmOeWo+xDOq8cA3Jn46Dek9LtQZtRXl5es4MjvYZ5o37CfZlhmwKc5ATExsZqiXuQBalShJSEWL36hGQuFHaYeEKh0KqxtgdtRmZ6av3tQyfYdqKu86EMwlubsHx3NIRqOsYNiS2SUnInuZPOK9tB7mwc1D4pFQgsYnYSyB5hZ8Ak+Pv7w9/fH9N/vA5BWWWb6By8P5yFW8UGfVRpCOrxOnpOmo+FCxdiYcAofNRmMq5mnkH/N7th4ryFWLhwIeb5d8frPXciU8X0lSDy84/Q8p02aNPGCO+0Qqc5UZDWceJdvHgRr776Ki5evGj9xKvLPiwT48Hp3di2bRu2bd+BPQd/xV93MiDVPYnKipEcuh+nEsVQG/bZtgN7j5/DlXvJYMvNn1D22Hbz8MHOywObX5cxzMDJxrPUfPC4uUhJyQXXVuPyeeDXoX/NxCrG3+PeQNuv4yCzwX+eDX+MGy9mxVrX40zuJHfWaX6SO8mdjosld5pMSoUCgUWYSaDRaFBWVqaPOAKffjQCwdfu4sZvc9HRczuu7RqD7h07optU5I8AACAASURBVGP7Vnie9TLadOiIjh07wm36eXDUZShTpmJLt9fRfcJczJs3D/Nm+eGD1pNxJeM0+r/ZBePmzMO8efMwZ1xXtHDdgQwlsz4h/hz4JgaHCavHUVYG4bkBaOl3ESIjbbowE88Y4eHh8PPzQ3R0NPz8/BAeHm52LGbi1WkfKlOxpfPzeNNnAQIDv8aCmZ/C851/4pVeK3FbpK5YpjQPB91eQqdNKVBo+zyHZp4TMG36FIz37Y8e7/0bz73eBwtPPEGR2nG2vQo+8m7vxZbTj8ERCCDk5+D2wSCsn+qDhWdTwbN6HMvr4VX+qkRh3Cb4jD+NjKR9GDX6IJ7xuMiJv4DQq6ngMssX3MHGWVMwfeYszJ6lw8zpmDJnC6ILDcbnPsUxfw9MDI7E3bt3EX03Fsl5vBrFaHY+lJWhTJaMffMmYOzYsRg7ZjDav8BCy49HVbyvZOKCQ3gmd7Rj7FyYEyu5k9xJ7iR3kjtr5856TUrHdpmDW0VlkCf9jJ59gpGtqmwT/lHxab/IiEh6dsTiyynIyspC1pOTGN3xM1zJOA3vjvNw8VkWsrKy8CxiPjq4N5xY79y5g5EjR6KkpARlZWUoKSnByJEjcefOnQYQ68vw/JUDdWWdmhuG8c1fxIAz3Io6o2J9Ge5HC1DKjKOWIunkHHzwwntYGCXSjmXvbdfCeYg9Ph0w8Kc/ce36dURdv4aI4DkYE7gPJyKSwRHwkHZmNvq5uaGXHr3h98NNFAoE4GfF4OLvp3Dq5K/4NeQEjh87iqNHDuPwwQM4ei4WeXwBhPm3sDFgGqZNm4ap4z9G59EVYh3W1RuTps1AQOB67DsbjWxeZVw5YZjqMQJf/7QeG9br8NMSjPCciYs5+tLOClsAzwFz8P0PP+CH1cswxb0LJhxJqtF/DBbFKo3ClLc/xPzjEfj777+rcfHwTLRtbeTcsvcxdjLqOykld5I7yZ3kTmekwZJStVqtj+gixnaZjZtSNWRJP6Onx2oc2rISy5cvx/IlY/DOK53w+TfLK94v/xFHk0ugVqRii8vLaOnSG15eXvDydEdP7xWIybuMOb1d4eHlBS8vL/Tu+l+83GMH0hXM+gQ4N/D/8O7nq7Bu3bpqrJr8P7zmFw6hYYwGMBPPsL64uBjFxcUW63SpjVirjaOoFGsIG6VMnfAyprz5H/iFCSreq3K1YpXr9HE/kg+V3nhi3P6yNf7lugvpSsfYdobcvxehV3c/zJg7F3PnzsWciR/jo4/XIoZt/UTnJp3FhmWBWLrsO6xYsQqrf/gRP/28FutXTYNrpykIyxZAwM7Ag5vhOLV3PZZO6Vsh1uR9GOG7C4+5AggFebj0pS++v1GgFev0vlOw6cgJnDihw5GNmNxvlp5Y2Q+OYGafEfgl6inS0lLx+MJ38PXfiTtP05CWlo4cNr/u55RaDbXkOqa0ccOuDKXRdvmzjXD530zclDrWMXY2bJmUkjvJneROcmdTodZJqUgotIglsY5q/gratO+IDu81x0s9NuDCX2fw22+/aTm0pCNe77saR0+dxY08RYUU3Fyw+pEMagUHD2/fwI0bOtx+CLZcjZLE79DFQ1+s54e9gU7ztiI4OBjBQQH48OX2+CIoGMHBwQj6oiNajomAqJZirQ3MxKvTPlSkYkvnf6LNlPXYsWMrNq5eiHG93ofL5P1ILlbXUKxqiC6Own+a+yNS7BjbLhIKwXv6G+b2HogfbuRDKBRCJOTh2aGR+PjrKLArl+HEH8X6H37AGmP8GITQB2yT4+dfmgv3UUeRyheCExuMwK/XYMeJS4i5uQtTvwhDTmE0Nk8ehhFjxmLMqBHwmfAjbuRV9uc8w6Wj+7Bv717s2/U9/NxGYuWuvdi3dy8OHLuEFG5lfA8OYWqv9mj7vgcmzp2P+fNmwqdTZ4ycPR/z53+BKd49MPFcdt3PqXoSa30fY2fEnFjJneROcie5k9xZO3faJClVqZSQyUr04Z7HmM4zcZVfAvGDH+DqFYTYx/eRkBCvJWqLO94ZcRC3E58gX1ICmfQxNvbsihUJIpTkHEafN7pi/Nx5mD9/HuYHTED3NzywP7MIothAdHYPwlNp1fqKc/7Ed18fRpKkBDL27xj41lCc45RUj8sMzMQzrBcKBRAKBRbrdKmpWI3uQ+ljbOz0PN4cvgCB3y7GXH8f9OnWDZ/M2ok77KKKZYrTsbfnS+i4/jEk2j4vo9fBTBQbjMe/Oh1v/MsLIXmOse38tDB887ELxu6I1UpUxH2I3b5eWHItX7scNzkCvx49iqOGHNmGALeOmHgqDQJj6xBk4+IX7hi++yF4TB3nIU6u+QZfL1lSjcCfTuExp2K5ghvrMefzzzFFy2f4bNJkfK5XNwfrb+SDl3oNYdf+xGK/QNwoEELEf4ZDn07E6UwhREIOHm4bgak1FKvR+SArgYx3GZNbsPDP/3sVr75qhFeeB+vN6bjKd4xj7KzYKikld5I7yZ3kzqZEgySlSqUCxcVF+rD/xOjOM3CFWwTh/dVw9ViFPV+NxdCBAzDU1w9+fn4Y2vM1PP+GO4aN/QqhGWIUix9hg2tXfB8nQFHWIfRp7Y3lO/YgOHgPgnd8j6FtPLE3XQLBvW/RuddmJImZ9UmRe2owXnfdhqeSIhQXnMGAl17Ch2690bt3JR+PRdB9fvU4dWAmnmH9tWtX4evrCz6fh+LiIvD5PPj6+uLatasmx6qpWI3uQ/EjbOj0EjyOZKGIqeMn4BfXF/Df6ZHgFhehWJqKYNeX0HHdQ4h0+rjtT4dUbzwJ0va64R9vTMMVrmNsOz/tEg79GoMCAVPHw7Njk+Ax4Sie8izPP27cBgx0X4TIPGPtAuRfX46PPb/F1VxBVX3+ZXz5ySRsDz2PsPM6/B6EiQMW41qBzhic+9gzYwz8p1bcS6Vlqj/GzNqHhxydZQuuYpGHJ8bNnouAOVMxpGNn+M6Yi4C5c/H5wO41/rRvdD4UF6GYewmTW7tia7LYaLvo4c/o2sZxjrGzYquklNxJ7iR3kjubErVOSsUikUWYSaBQyFEklehT8AdGd5qOSI4EgvhV6OG5DU+597Ghd3tM+z0dEqkEBWd98P64v8Bm+ggfYINrFyyP4UGacQB93vHGd9t3Y8/u3dizfTmGtu6Nvaki8O9+g869NiFJyKyvABcmNMc/uq5BHE+CorxTGPDmx9gbk4TkZIZnyOOLq8epAzPxjLX9cTYUPj7DEHn5b/j4DMMfZ0PNjsVMvDrtQ+GDCrEezoBUW8/BjXmt8E+3vUgXS1AkfoY9ri+i49pECHX6uO1LhURnLGn+JXzR5v/h7TmXwXGQbddHiPxbmzDKbTR2JnItLi/Ku4GfBvfC9JCn4BsZix1/EDPdPbEwLANC3baCSHzpNQSLf96AjRt0+OlLDOmzCNcLdZbl3MGqwaOxLuR3hP6uQ8jPGDl4DWI4OssWXsOSYV/iz4cpSE3R5SliT29A8D123c8pqQRF7AhMescVQUlCo+3CxJ/Qtc1URHIc8Rg7D+bESu4kd5I7yZ3kztq50yZJqVwug0Qi1if/LHxffQkt3/8QH7RtjbbDDyFFJAYn+gd4fDgJ53JEyAv1wfvjwlDA9BEkYr1rF3x3jwtx+gF4veWO2ctWYMWKFVixbDY83/JAcIoQ3Ltfo1OvTXgsqOgnSA7GoDc/xAifDugwaQ/uPAnBgLcG4/c8cfW4zMBMPFPtoaGhaNasGUJDQy2OVVOxGt2HgkSs7/gSeu5MQFZ2JtKT43D54EL0evlF9N6UCL5EDInoGXa7vogOa+9XvBckYn3HF9D55ytIfBCHu5HnELJtEQa/8zxecFmMiGyhw2x7FRw8C1uNYd2G4qdrOfoiNCbNB6exbFh3DFp5BblCA+FynuLKvkUY0KkvvgpNAc+wf0EkFvTywKfTZ2P2bB2mj4G7u4FYBbmIPb0eXwVuQ8hv2zHd7ROsOnoYP86ehdUhMcgTGIjVbyluFBrfvpgNU7HqRmHd5oNEDEnhRfi/44otTwRG2/n3f0SXNlPxN9vRjrFzYauklNxJ7iR3kjubEg2SlMpkJRCLhPrkhWF6/0W4VmhQL+Kj4OkDJKXmIOXYQLw79jzymTZeAtb16ILvotkQpe5Dn3f9sOHYSZz6jeF3XLodj/hTn6Ftz014zBdCzH+KI74t8N9JZ5HFeYLTX/VFy5dfAovVCsO/+AqB363Emh/XYM3qlVi+dDWOJbKrx1oJM/FMtYtFQmRnZZptZ6ipWI3uQ95D7BzQsuJ+l+bN0eLNd/BRLz8s3H0d2YLKZQQpOOLzAQZsfwC+QZ/mzVvgrXfbo0ffMVi8PQxP2AKH2vYKIcVg5+ce6Dp4EQ5H55qVKjv+KJZ/NhAuXYdgSUgi2AZSFWaGYUGvDug7bS1+j88zPlZBJBb5BFYJUMhB+oNEPH34O2YNXoIopp7zFBHb5mLowEn46Y+HYLNj8IP3BJzN4SD5wmbMHPwJxi87irs5gsrlb+N7r96Yu/UIfj15CqdOVXAy5DiO7v0Zn7t745cEy99imJ0PIiHE+Rfgb+m+qDem4O8CBzrGToitklJyJ7mT3EnubEo0SFJaUlIMoYBvNYV3VqHPO83xnxbtMfHwY/CYNs59BHn3xU8xBRDy2SjMLwRft29eJJb0aY+277aD95pbKBTwIci+gC8Hz8P5dG7lcjwUPruJPw5sxo/ffYUFAbMwc9pUTJ8+E7MXrMcl7XLVYSZeTbbFFDUVa033oa2xx7ZXwEHyrVhk8y0vK8y+iZOnbyCNa2oZAbh5HPPfFnCisWXxdsQzl4+E2biyYT5mTp2GhVtvaL89EGZGYve2UDwoFIJzdwM+HzkC4748jEfMunkZuPn7n7hfINSuOzcmDCEH9mDHtiBs2bwZW7YEYev2HQg+cBS/X3lc7T+CWs2Hgpv4cfxsnHxmfB7znhzBzAlrcbfQkY6x82GrpJTcSe4kd5I7mxK1T0rFYouwC/KxY+sWcDls8Pm8Rg8z8eo6DpfDxs5tQRUTr5HsQ3tsO9Gw86HhjzEfyUcmwd3FBS4uLnBx6YrO77VC18VRYPOScCpwNAYOGoqhgwdg6Jw9iCkU6ffnp+Ds8tHwcveAR+9PMGXbTeQKxRCLhci59gsm9fOAm0tX9J19EPe5ZtZVD8fJrFjJnQ3iD0fZh+ROx8C53FkB71kYVg3/EG0G78MzQWW9KA93d8/EAA8PeLj3wdgfwpEuMFOvOyb3IU4s9kHPrt3g5tYLA2ftrvBuXca0sTtNJqUSsdginMICHD18EI8eJILH5TR6mIlX13GePHqIE8cOIzszvdHsQ3tsO9Gw88Hux5ibgCDfIVhzh43Cv2fBZdBOPOaLIRGm49T4rvA7lgaRzvJ5f01DN+9fEMsWQZx/Az8O7I81MVxI8v/Ggl7eWHe3EGLeYxyeMR4/3Sw0ua76OE7mxGrv49xU/OEo+9Du5xVR7/PBLseYfQPL/Sbjx18mo8fQfUgRVNTz7/8Cb8+vcClHCAknDpuHeGBRZL7J+qoxRciLWIjBE/YgkSuGhPcE+307YdTJDPBqPabt3VmnpFTA4yL2XjT2B+/B40cPUVhQAA67sMlSWFCAx48e4uC+vYiJvgt2fl6T2Ye12Xaicc2Huh1jAZ4dmYC+X15EnkgM7p3v8XHf1biZL4KE9wj7RrphelgOxNrleXgUNBAe39wAVyyGRMxFzOq+GPDLfeT8PQc9/Y4gTWjduurjONU1KXXk49xY5paz7ENyp21w5PlQq2Ms5CCPLQT76ny4aZNSAZKDh6L314wX+XiyYwg8A2/gvtH6m5XvqyPMvo41/dyw4HKuzca0hTtNJqVSidQqeBw2ou/cxrEjB7FzWxC2B21usuzcFoSQY0cQG30HOZkZkIglTWYf1nbbicYzH+p0jDm3sLyvL3Y+FlS8F+fj6vL+aPuRK3p1eg/dpx3HU75+n8LLX6BH31W4nieGpPAetgxtC5dF15F0fCRc/ddi1ZzxGP7JAIz55jgecCWm11UPmBNrYz/OjWluOcM+JHfaDkedD3U5xpxrC+A27ABShVJIJTxEL++DQdseQ1DZnnd2DFz8QxFptP4vFBiOKUjBsUnd0aZVWwxcFoFskQ3GrAGW3FnnpFQqkULA4yE/NweZGWnITE9t0mRnpoNdkF9jsTjDPqztthONZz7U7hhLkHtuKtwnhyJHXFFXeGUxPAf+jFv5Ekj5STg6qRfGHkmBSLefMAuRG6diaP+BGDZuAVYv6gvPpbfwcP8gtOm2GBcyhJDwnuDIxO4YuvNJpTirr6s+sEVS6sjHufHMLefYh+RO2+Go86G2x9gwKb33/ccYtFUnUfx9NFwmhSLSaL3pBFKYdR3rh3XH+GOPccdGY1pDgySlBEEQJhHn4fwUN0w4nQWJRAqpRID4tf3guTwaPIkUUokYaYd90G3G32CbHIeNK/PdMGzfM+SFTUK38eeQz/Q9NhzdZ16u6FttXfWDrZJSgiAIc+gnpSI82zcMHktugiuRQioR4FGQN7yW3cIDo/V3Kt9X9M2L/hN/xuRDLJFCKhEiedcguMy4iIRaj1lzKCklCMK+cG/hG/cB2PKAuZwuRtbpiXDx3YsnfCmk4lxcCHDDoKCHEAjz8TjuEfIEUvDjt2Dk8B9xlyOF8NlxfNZzBA48FUKc+Ts+95qK31KFkAozEDqjZ9U3pdXWVT9QUkoQREOgn5RKIXi4DUM8F+NithgSdjR+/sQTgTc4JuulWqeKkHb8U3Qdug3xXAkknAc4NNEFg7c/BremY9Zhe2qdlBYVFTkhAiRu+gT/a9kSLVu2RMu3XsM//+mGPSkSSDnR2DzWDd1ce6K7Sx/MPpIMYbX+QiQfn4le77dBy1bdMOtkKkQ67ZLss/B/4xUM/aMARUVF4EYF4J1//gf/rVzf+yOPIk1i731AEA1MwTmM7TgSp3OkVXXCpxWPhPIegqFDvDFsbjDusaUoKjiHUR8NxfEMCYpEaTj79WC4dO6BXp6++PbMs8pzUoi0P7/DqH5e8PLwwKC5+xDPlZpeVz1gTqx2398NBTceOya4oO17bfGByzjsjOear7embyWGLi0qkqLwzhaMaPkium9Nhtje204Q9Yzw0R5M6O2KHp3aoFWrD9HNtReGr7kLnpSDuP1z4N3bA71798fkX64hV1KEIlP1uk4VPsWpb/3Q260nXNp3Qf/ZexHHlZrua6q+DttlyZ1NLCnVh3t7KTyGBeOpWIrsEG+0HX8e+dIiiJ/uQO8PZuEqV395ScZRDG0/EacyxBDc34xR44KRJKpslxbg0vzu6PRha/hVipQdPgmdJ1wA2wG2lSAI20FJqQRphwai7acnkSGRIv/SfLgM3IcUsal6a/pWthtxqTQ3FJP6T8V3k9rBnZJSgmi0UFJqCvEz7Bvqhm9vVXxCL7wwGe2HHkSKuAj8+J/Qs/sKxAr0++SdGoYOM6+Aa2Q87q1l6Dt6B36d44IRlSItCB2OjrOML08QROOFklI+7n7TBZ67nkFSVIQizkVM+tAHoQWm6q3pW9FuzKVFYi4K+FzcW9oVHpSUEkSjxeGT0vj4eLtw9/QcdPFYifDYyrqYi/h54Ot4+fVWaP7y/zB+zzXE6vWJQdg3XdHu05kY2ac7Onbui1k7/0ZMfDzi74Zice+++C7sBo77t8OAHTcQHx+HK+tc0fw9V3T7qA3e/qAPZu++bDAmQTgX9haeo4jVmd1ZQSwif+mLdz5egwv3YnHjyAy8+2InrLwYY6I+1oq+sSZcyvS7i9OzPoLLd+HkUcLpsLfTHMWdJpPSkpLiBsEwQKlUajRg27bLcHeeC0adE6AcAKAB//wEdB77G54KpVA824FPui5EtEy3ZylSNnTGK90C8UxRDmXKDvT9YAquFamRtW8khmx+CiXkuP5FV4yJkAIoR/GT37Dn1H2IyjSQxvwIt3c/Q1h+/W6fqQNuq/EpPorPVGlIb9gbc2J1bnfqFFUWziz0RvduHhg64yv4fdAXJ3nl1epHfzQAJ3nl+vEaWeZQhkDPpbGLule6lFk/D49XdoNXcC7K6mH7HPncAig+Z46P3Fm1D5wiKY2Li8Nzzz0HFoul5bnnnkNcXJzx/ooEfOPijeOFmspaOeIWdUC/ExxIpFJA9QQ/dPfAjiy1Ts9y8E5648Mpv0IBAKpk/OTaGzvTMnBwcBv8r10ndOrUAa3/zcK/2vTD93Fy/RWrkrCmey+seyCs8fbVpN2RTzyA4nPm+Eisjc+dhu3mXGquf7nwT/h8NAlRJdXrR7SfiqgS03OXWSY8L0nPpf97Rd+llJRSfHVpd+T4yJ1OlpQCwJw5c/REOmfOHJP9y/L2o0/nQCQqmNoy5O7vh3azriBXIkVZ4a/w+WA8LkkAqPhIfVoAeTmgztoF1y5zcF9WDnXOYQz+6HNcLdIdXfeb0lJk7PHFoLX3UVKOim9W3/8cfxU03RMPoPicOT4Sa+N0p2G7KZca9i+JXoKPx59CYVkpsg4MQbtJYZAaqe8w9QqkAOKjr2hdamyZfL3x6ZtSw0LxOW985E4nTEoFAgFatGgBFouFFi1aQCAQmOyvSFyKzr13I1vHbOUlj7Db3x1de7iiZ49++OK3LKgAqDO3wa3dIsTJAZSX4FSgN3q0b4cPPvLE/N9zUao3um5SCmgE17FycHu0/eAjfNCuP5acL4CwCZ94AMXnzPGRWBunOw3bTbm0Wn95EnaN+gBvvv0e2vf/Fn+ki4zWX+JWiDYm7OsqlxpZRn98/aRUnrACHu++jf++yALr/1qiTfuxOFWon5o687kFUHzOHB+504qkVFZS0iDYUqz79u0Di8XCvn37atXfmnZHntgAxUfx2VesDeUNe2NOrI3RnYbtxlzqzHMXoPgoPnKnI7jTqZJSjUaDGTNmQKPRmFzGmSc2QPFRfCRWRxBrY3OnYbtGo0FAQICeS5157gIUH8VH7nQEd5pOSmWyBsHuf0Faw3ZHntgAxUfx2VmsDeQNe2NWrOROo8WR5y5A8VF85E5HcCclpTVsd+SJDVB8FB+J1RHESu6sXhx57gIUH8VH7nQEdzpdUqpcvLhO/RvzxAYoPoqPxOoIYm2M7jRsX/pHik3Hd+S5C1B8FB+50xHcaTIplcvlDYKtxQqW0U2y2fiOPLEBio/is69YG8ob9sacWBurO3Xbl/6RAlZAhF5ieiO5sE7jO/LcBSg+io/c6QjudOqkdMOlDC22Gt+RJzZA8VF8JFZHEGujcyeLVQUAVkAEhu2IAysgomoRndc1Hh+OPXcBio/iI3c6gjvNJKWKBqHOYhWJql4bESvzib/W4xvZN3Xp35RPPIDic+b4GtIb9sa8WBuJO3WLEXfq/mv4usbjw7HnLkDxUXzkTkdwp8mkVKFQNAh1Fqvu5XorxGrziT1uXI36N+UTD6D4nDm+hvSGvTEn1kbjTt1ixJ1fhT7VuvNMAhusgAicSWDXbnwAXx66Wfv4GqDdkc8tgOJz5vjInVX7oMklpdMO36/Z+Eb2jcn1W9G/KZ94AMXnzPGRWBuZO3WLgTvH7U8EKyAC4/YnVjQHRODtpVf1vy01+Cnn8wm5Ztdf7ZvWjAy9t3RuUXz12e7I8ZE7nSUpdXUFXnqp4t+KwFFy4wZQOWaDXIKipLRG7RSf88ZX3RvFyAj5HB7duqFbt27o1s0Fndu2gsvXdyEqSscfyz+F9+Bh8BkyED5f7EeiUF7ND0VZEfjR7yO0GXIYWSVMvQzc20H4/JPe6NXNBf0DjiFJooCipBDXN32G/h4e8OjljiFfhuCp1D5idXh3RkYCe/ZU/AsA3t5Q9+8PeHtrF2m74ob2NSsgAlKpVN+fBu4zdKvrujtm28mdNWun+Jw3PqPeKM5G2MpP0cejN3p7DsS03THgyszUG/NEST7C5nRA68GV/pTzkLBvNgb27o3eHn0x/udI5JeYc60DJaVKpbJBqJFYDT7NV3tv0J8VEKHF2HtjxdLESj5xonpMNejflE88gOJz5vgseqPoCXaMGIa18WIIowLQbchepJYooZQX4Ky/C0b+lge57vLiGKwaOQXrgqbA1ecIsmWV9YIoLHIfjF8SRFAUp+HEbH+sjxFBdHsxXD1X4S5fAWXxM+wd1hWT/uJA0QDesnof2Mud48ahdNSoqtuNLLjTsLACIrA/KsNkUrrhUgZYcyO0f1Rq7HI/JaUUnz3bHTk+Y97g/T0T3QcH4YFYAYXgHtYNGoC1D4pM1ld3hAz5f87DJ4P6w6XSn8VJQRjs9S2uceVQSh5h27DeWHJTYNq1dnBn405KmToz/Q2/Ja32ad+gWJpYeuvbsKHi/YYN2vHrmvQ684kHUHzOHJ95b8iQ9esk9F98FTyFEtL41ejb/2fcEyigLE7F4dG9MOsSVz+BlEvAE8shur0QvXREKYyaB7eRvyJXrr8OuZSD3AJJ5Rg8REzpiuEhufqJrhMnpWaf0WzozjNnKl6fOWPVsXVddwesgIiqbz+N3Cpl+AVAs8WR2veGSat2jMqSwZfhYRYXGXyZyRia8rkFUHzOHF91bxQjZecg9F52DxKlEkplERJ/7g/voId4bLQ+GcUGfpDl/oGAoYtw7u/l6Ot7BNkyGTIODoPn0pjKviVICx4Gr+UxkJhwLSWllg6ssaTUwh8a6UrQ5kmpETHXdfxq7Qb3beVwhGb7O/KJB1B8zhyfWW+I72Flfz8EpxZXvFfwcGvVJ3i/XU+4d3oP3Wf+hoxi4331RalA/qlR6Dl5I378YiJ8B3pj7NLfkCxR6PRRQPxgK3zdZ+CPPJldxGoPd+q5KSMDCAysum+zbVto3n0XaNvW+PJWHHs9r0VGAq+8or38b+weVNZc/SS188orVWPMmQP85z9av7ECIvDu8uv0gd5MoficNz5j3hBEzYdrvx9xhyeHQpiAbcPawmXJXeSbqBfr9pflInT2UCy+FirXzgAAIABJREFUxIYobkVlUipF/KqPMWRXijaB5YaNhcvkS+Abda2DJaUqlapBqPZpf80a00fVWFJagwNvNGnUuYcKALZHpppePxODiXjqJSm1cN+WYXHkEw+g+Jw5PtPeUIIbPh0eU8LAUVbUCW9+A69BGxAjUEJVko5fP3PH+JBsyI30F99ehF7DjyBHroJKJUf2kSFo0/0bXC6UQVmchpBJ3eGzNw0lKhVUKgV40UH41H0ENtzhQ9FA3rK8D+o5hubNgRdeqPgXsO7yvO7j9Kw49pbcs+Z8sva14cP3WQEReG9Z1TenDeLOGrY78rkFUHzOHJ9Rb8gLcSNoBnwGDMLwCYvw09f94PV9HKSm6rV95cg9MxNDv74MjkIFafwK9PU7ghx5Ee6v7oshu1IrXakC7/yncPn8bwiMutY+7nS4pLTap30GwPin/RoceEs36xveBxWfI9ViND5KSmvcTvE5b3wmvaHkIWJ6L/ifK4RSpYJKVYLHv/SH16oEFFUmknknfNFt9nWILCalKgj+/gzdJoaDz/Q96Yfuc6IgUinAvbEaQzyn49AjceW6mkhSapiEikRAt256iWdDz43IpwLt6323csEKiMC+Wzp/oa/jNkpKKb6mHJ9lb4hwc1EvDD+cZfDB3Ui9PBe/+buih2c/9O/fH317fYhWrbqg/6zjuHlgOHoH3oOk0sMpOwejz4qqhJaSUsMADe7RrOnN+Jbaq4nP1bXiElLlX+8buy+KuZeqapD6S0r33crF9sjUKnEvXQq8+GLFvwCaL6m4/NV8yRVtH93XgGOfeADF58zxmfSGNAZLPbyx/VlJZZ0ChecmwWXEQaSVqKBScnF5fi8M2fkMJXI+Uh+lgCcznZQqCv/E1D4zEJorg0pegLDZbvDZm4aigj8xy2sCDqUUN6y3rNkHDRFDPf/Ecl3bO6yI1K+gpLRG7RSf88ZnzBvFT7ZjtN86xEtUkGX/hiluo3AkS2ayXmXEnSqV7jelKpSk7MYwr29whaOAUpyADQO98N09sUnXOlRSWlpa2iCY/bS/dGnF68qkrK4Hvpr4DNZneDN/tUdKubqi7N//rnoEVWRkRd/K+6pqLNa2bauo7N9iic59V97eVVS2P8rmmn3EVbWnA5hbvx3aHVkMAMVXV7EaPc8F4ZjQaTTOcVRVdbLMqkdCDRuE4fMOIFGkQqkgHGPa+eC3fCVkKfsxybMnenRug1atPkK3nu7wWxuPolIZ8i6uxJj+fdCnd28MmXcYjyUyZOwbiFatOqB7z57o2bMnevZ0x8iNiSiqb29Zsw8aIAZ1//71dmxt0W4uia6XpDRSPwnuv/luzeKr6/pt3E7xOW98Rr0hz8NfgUPRrUsPuHuNwLI/syAzV6/jTt1xihJWoq/fUeQqSlGqEuPRkS8w2LM3PD0/wedBt8FVlppxbcO707GTUsCmv5hkKSllltF93Vw3SVy6FOUvvKCXJNdJrBb+gtVY/P+Yd0nb3nbFDbACIvSeJ2j4bYne5TLD9VuKrx7aHVkMAMVXL0mpE+KISam952aN566OR+nWp8Z97gMUH7nTNu50/KTUhge+WtK3YUMVOsswRSQr1aIXo96gtktK43Mq+urdw6pTMvgysAIitI9NYQVEICpVUKMHWpMYKL76aiexUlJqrpibu/WdlBq6s6bx1Wr9Nm6n+Jw3PnKngyWlDCJvby269baEFRBhtv3EpXtm2x+fP6/3HixWtbEtrUO3L4O18em2G1uf7lhT91R8kzp1z416258EoYu9hecoYm1odzZ2aupOQ/hjxmhh3oPF0r7XvcrE9PHeeM3u200QDPZ2mqO402RSqlarGwTDAOv708qrX0WabW/Q+6Is3D5grDzM4lZb1txjVobtiNMbkz6tUnz11d6Q3rA35sTqrO506G9KDV1q5IdNLN2P78jnFkDxOXN85M6qfdDkklKbT2yd9xbF2rw5yl99tepZgiJRhTh1HttyI7nQ6viYh1Vr19e2LZRvv633h1O6/wLA+QT9e0zNjV8f7Y4sBoDiI7HaRqzkzuqlQZNSpq6yGD65xNj9+4bxMc9YtWr9DdDuyOc+QPGRO23jTkpKa9heJ7HW4mdSzcV3JoGtxVh8xpJSS9/ENmUxABQfidU2YiV3Vi82TUqbN68CMPoB3/CPZI150FxSSvfj16yd4iN32sKdJpPSsrKyBsHZxGr4nFO9T+PGktKMDL0xbBkfJaU1b6f46ibWhvKGvTEnVnKn8WLTpNSKD/iGZdrh+3rr0/0X8fEVj9OrjNF7WyxYARHw3hZrfP2W4quHdkc+9wGKj9xpG3dSUlrDdksT2zAB1EtKz5ypEOeZMw0SH/O4KLOPkLLx+huzGACKj8RqG7GSO6sXS0npRyujtK6aE/JES8UCViShNfjxAGvux994OVPP50U5OVaPXx/tjnzuAxQfudM27qSktIbtNUlKDR/GX7FA/f7qim58GXyZFia28MRc+tUUM4XiI7HaQqzkzurF3Nw1/BlSxpu6P1xS/uqrVT9cAlRduq8sxQ8fWh1fbe7Ht7m7a3jrliOf+wDFR+60jTspKa1he02SUmPvGzIpNRZbjS6RNXB8DbF+io/E2hBiJXdWL3W6ygTY1J01vh9/376K9e/bB6DiqhODtet/d/l1/Qqd7TmTwMax25l68RgWRz73AYqP3Gkbd5pOSjWaBsGZxWrsvfzYsTqt395Jqe59WQC0P4Fqi/is6W/v40vxWRBrA3nD3pgVK7nTaKmJO88ksMEKiNBL0sq6dWuw+FgBEVj6R0pVTM2bAy+8oP12lnkQv7WP26v2wyiurhVjVX7zywqIwKjdsWbd7MjnPkDxkTtt405KSmvYXtek1J7xsQIi8P++qPr2ofmSK1qsGT/yacWvR0U+FegMSpegGrLdkeMjsZI7zZXG5M4NlzK0VAWk/zzpd5Zd18Y4bn8iRu2Oxbj9iRULeHtXUbn8y1/+XbVN3t7Aa6/ptVv6wsCRz32A4iN32sadlJTWsN3SxF5zPlnvvSMlpSJZKVgBEdqfTWVem/zrfFfXKirbXph/qWqZyMgKUUdW/CCB67o76PbTTf17aGsQnzXbZ+/jS/GRWK0RK7mzerE0dw2foexI7gQA1bRp2teG3+SyAiJw7LbOH0YZ+cOp/pvvmrwdgZLSph0fuZOS0lq313RiO5pYDRNQjw3R2jrmcpX2odFGxKp3n1fz5hVtOpe0biQXkljrsd2R4yOxkjvNlcbuTsP+2m9FYSTpNPimNPKpAOcTcvWvMun8oRYlpU07PnInJaW1bq/pxGb+8t1W67dlUrrhUgZYcyO0l6hYAREYFBRt8tO+4V/IapfRGZvE2nTjI7GSO80VZ0tKdYvRpLMG/cmdTTs+cqcVSammvLxBcHaxNnR7Xe7bqnazvcHle6Prr7x0z/QnsTbd+BrSG/bGnFjJncZLTeeu3v2cNli/I59b5M6mHR+5s2ofUFJaw3ZHntiA5fiO3c7Ue699ODWseywJiZXiM1VIrOROc8WR5y7geEmp3hUpO8dnTTvFR+60hTspKa1huyNPbMDxxOpI8VnTTvHZUqylyD01Fb27d0f37t3RvXs3dGnbCt0Co5FitD4OJbr9FZkIXToCvVx6wN3dA4PnHcKTEg2UaTvQv/W76Nytsn+vEfjlcbGJdRmM2UBiJXdWL448dwH7u3N/VIbWndUeIWXn+Kxpp/hsnJSWFiJizTh83NsTnl7emLH3PsRl5dCochG2chwGDx0O32GD4LvgMJ6UaPT6GnekAhqNFA8PBWCQpyc8e/fDhA1R4KrLoVELcDtoCj7p3Ru93T0wbPEppCsdLCktLy9vEEistm23t1gpKW268Vn0hjIFu0f5YMNDmRX1GkhufoNhnx1GmqIc5aocHB/VGWP/5EP+8Ef089mPrNJarKuevGX1PiB32m39jhyf4a//sQIi8PLCv/VcSvvPeeMz5g3J1dnoMWQ7kmQaaIoSsHHwQGxIUqL49jx0H3qgwn9lPJyf3A2jz3BQptNXYcKRqtTtGNJnGW6Ky1Auf4qdPp749m4RSu59jZ5eaxAr1aBclYEDPi74LEIEjR3cSUlpDdv/P3tnHh5Fla7xvg5XR+fewWXuvTOtBkRHYCCSBAOBgBFkDWEXlUVAWUzEDZSICCgqS0RZA8giyiISFhmCEMyCYTcQCGvYkpB0ls6edJZO0tt7/+icSnX13ul0VZLve573SVedOqe+OnXOL1+dU4uUGzZAQWlzrj9H0qXsn21uaJGzZxL6fXgC5XpH1ptKW3oey/v3xJwzFag6NxsBo/YiX+fsvigoFTNdym0XEN8/S6/mo6DUfelS9s+cG3XI2DAIvT+9CLXBAIOhFteX9cPANXehuvIFgvotw8UKPQx197B9bE/MjC8zCSAtM1ILxQ/DEDiflalB5uZg9Fl4CVU1JVAWquvLKEfc1G4Y/rPSJNCloLQJTrw70qXcsAHxg9Lnl5w2ecUUkxT8cySd/GuioLT6Ij7vNxKb79U5tp5Jk4OoyX7wknfAoM8SUawzQHV8Kjp1G4uJowej3wsDMfHzQ7hX40SZFJSKki7ltguI758wKGVT+IBxOn/nsT9MpvM97Z/U6685+2eJGxWn38PzLy5BUrkO+sqrWDesA3zmnke1vhznFvfH0x39EdD1KfjN2AtFnWley4yswZXFL2DIxgzU1W9XdvQV+LweDxWXV4/qG2sxImA6ovO1orCTglIn06XcsAFx/bP0iqnlx9KdutrXvvhik/nnSDqd36YISvUoPTYNvaYeQYnekfXm0hQn4dsQP0yIyoU68yi2/3wKCrUe+qpUbB7bDcGbGGgdL5OCUs+mS7ntAuL7x+dk96VnOLG0zgvibM5CNfVnWKVef83ZP4vc0Bbh9OrpGPbSIISMn42lc19En0UpKDwbjj6DVuCiSg9DXSb2TA7Aaz/nQMvLW2eRkam4+EUQhmzgBaW/joPPFBaU6lB2YTXGBYzEiqTyJhklbVRQCoPBIyKwujddbP8aOwUl/Gypu/2Tev01Z/+sckNfhrhpPTExuggGR9YbDIBBi/KrvyH2ejn0BgNg0ECxdQh83jqJKpPtdMj/eTh8piei0m6ZTcctu3VA7JR02wXE9+/h2XFW02ShMUhOTrYZlBI7m69/9rlRiXOzeyJkewZSv+mHPouvoJbxb/dw+Jpx0RIjE3Brewh6z0uG2mAADHXIWD8YfT9LQY1Bh7LTX2BI4DRsT60SlZ0UlDqZLuWGDYjvHwWlrdc/q9xQX8T8XgMRmVZnf722HPdS01Gu0SJ/36voNmwjbqn1MFTfxe5JPhj63V0o9k1H8OwjyNcYgDoF9r3uh2GbMqCxtS8KSkVPl3LbBaTtHwWlLds/S9you7UOY0dE4Eq1AdqcvZjaYzR2ZtehOHoSfEb+gMw6A6AvxfF3e2LI+jRoeOxUWmGkOn0jgvuEI7FEB0PVFawY0AcLkqugKziMmX3GY3t6rce5JawDCkqdTJdywwbE908YlHZYcIJb12HBCTw+NxYdFpywUQCB1ZZJ2T+r3CiPwWtdxiC6WG9/fXkMxnYchr35OqAuC4c+HYXAnj3g0/k59H/7B6RW6WGouIKtYYMQEBCIPr16Y9iHP+Ou2s6+KCgVPV3KbReQtn8UlLZs/yxyQ5OHo/OGwse7OwL6jMT8aIXxwrsuC4cWvIyBg4MxLHgQQt75Htcq9CbstMpIfSVSt8/C4MDeCAzsjymrz6FUp0HWlgGQyzvDz98f/v7+8PcPwKgVV1EjqaDUQ0ZgdW+62P75fHmS+51eVM0JMIL10O9JToGV/31pd/gn9fprzv55khtim02wiuSD2G2zObddQNr+UVDasv0jdjasp6DUyXQpN2xA2v45C1ZLL5BuzfUHSNs/Aiux05ZJue0C0vaPgtKW7R+xU2JBKal1iA9Wtu7Q70nc76IxY6D7y19QNGYMt92f34kx2Z4kbbUWs3asnqwDsc81yXOShcbg/z78jWNhjy/iOXF9Tybjfi/fd4aT2L6THFNrMWvHytZLIijlm9hXU835aguQtn+WrvZNrvxlsgbB8oNSrbn+AGn7R2AldtoyKbddQNr+7b2ohCw0BnsvKgEYmRh3s7iBjd27w/Dww0D37lw6k6XlpvBfyvUHSNs/YicFpS6nS7lhA9L2jz/yCQADVp+HLDQGA1afr9+AgtLm7B+Bldhpy6TcdgHp+2fzzSYW2CkMSlUq21/ba+n1J2X/iJ0UlLqcLuWGDUjbP+E9orLQGETEZtgEa+fPT3HpM3ddx9RtlzBz1/Um81/K9QdI2z8CK7HTlkm57QLS98+ZoNTS9hSUStc/YicFpS6nS7lhA9L3zxmwbjqlgCw0BptOKbjt1sTdIbCKuH8Cq9EoKHU+XcptF5C+fxSUtlz/iJ0UlLqcLuWGDUjfPwJry/WPwErstGVSbruA9P0jdrZc/4idFJS6nC7lhg1I3z8hKNkN/MYVBNbm7B+Bldhpy6TcdgHp+ydk4cxd1xvWPfKI8UGnRx7htuG/So/YKW3/iJ0UlLqcLuWGDUjfPz4Ux21O4QQASE5G1YkTAO8Y+F9/IrBK2z8CK7HTlkm57QLS9+/Q70nc702nFJwcyU/slLZ/xE4KSl1Ol3LDBqTv34bocy7nJ7BK2z8CK7HTlkm57QIt2z9ip7T9I3ZSUOpyupQbNtCy/SOwSts/Aiux05ZJue0CLds/Yqe0/SN2UlDqcrqUGzbQsv0jsErbPwIrsdOWSbntAi3bP1loDGbtvkLsFHH/xE6jUVDq5nQpN2ygZftHQWnj/atdvLhR+QmsRqOg1Pn0lt63pOzfuM0pkIXGcPfvd196hpMU/PNEupT9I3ZSUOpyupQbNtCy/XMkKK0+dEg0/zyR7rR/y5ebLsssdnmH909gNRoFpc6nt7i+5eH0xvonfHqffcxEKv5Jvf7U27c3Kj+x02gUlLo5vaV3PCn7JwuNwZEUBQfS0moNp4aNrAddy4+lY/GhVCw/lm6yjm93Nmxw2T9PpDtdf8L6ECwLA3wCq2NGQanz6S2ZTZ5Id3dQKlxns29nqXAiNc/kNVPu9k9y9cd7vRYAuqB3k1FQ6ub0FtfxPJzeGP86LDgBWWgM95ooWWgMHpkTbxpY8cHxyCMNqt9+0Ko/uO3Ti6ohC41BelG15fyAGYQrsrJMlvmvZLHnvzvS3RmULj+WDtlbMSaBOYHVMaOg1Pn0lswmT6Q3aVC6d69xJHDvXuPyuHHAX/5i/Fu/nc+XJ23OUrW4+rNzQe9O9hM7KSh1Ob3FdTwPpzcpWOPijOCIizMuDxgA/PWvxr+wHNT+56zfrAa1jgSt7hxpdCS9UWB95BHggQdMgvSA5efcNoVn7psWOVFT0MvXF76+vvD19YF3Bzl8wpOhhh7l59diSv/e6Onrg36zdiOt1jS3Jm0dXnyyPbr61OfvMQIrrtdaXQ8AmrwELB35LLyG7kSezuahNMooKHU+vaWzSer+OfVFqHHjjL95QalKpbI+AOAG/yRXfzaCUnbrA3/Qwu1BqVaJY4vHoW+v3ugdOADTNqVApbfFVL5Z4auhAte2hWJg797o3SsIry0/gSIdAF0JzqyajH69eqFXzwAM/SAKGXU2D8dlo6DUzektruN5ON2jYGXrbOSfvf9mw7px46C//34TEJsErcnJxvLqj2HA6vOQhcZgwOrzDvvv0fr7+GPgz382/mXLMhm3LAuNQUZxtcntEFn5Jaa3Qzjhn11u1N3BhlHBWH5VDVSewZyAwVh5rRoGTRZ+fmsivk6pNtm89uoXCAregkwtHFoP9SUsHj0VEWun4vkQCkqFJnZ6S2eT1P1bfCiV++0sO+0FpZtOKTB/1ymz0UNb/j0yJ95kOSu/xKb/TV1/Jg+BCgc4xo0D2rQx+d/w0Hu/NeEFPaA6PgN+g9ciVW2AofISIga9hOWpgkiRz1S+WeGr5u5aDO4zD6fK9UDNLUQG98bcc5WoTvoQzwcuxoUKA6DJwNbgbph0rAwGm0fkmlFQ6ub0lg4uqfsnDCpNwDBunPFTe/XgMG5kPSgVPpEqBLM9cMtCYxARm2FS5pq4O406vsbWn2bUqIYFO/9o2K0P7J+DLDQGD8+Oc/ntBrZ90yE3ahL6fXgSKgNQdeYd9BgdhXy99RzVf8xGwKh9KNA7th76GqjUelQnzUZPCkrNTOz0ls6m5uSfK0EpEwCgQwfgP/7D+Lc+fczqRIfZwT4vvfei0swndxyfJbPbN4XHzq+PAQOMv+tn3Szdk7v9dIbL/pn7psG9jYPQ+9NLqAEA1OHGsn4YuDYNDUMGpkzlm2W+6pD94zAEzmdlapG1JRh9FqagurYU+UU19UGoCvFTu2H4nnzYwLPLRkGpm9NbE7iaIt2dQamlKRRnH+wxWRaMhDoSlArLkDRYYf52AqHvZqMhTvhn0zf1JXzebyS2ZGoAGFC4fwz8X/8GS2ZNwIgBA/HK/H1IqzEla8XvU9Gp21hMHD0Y/V4YiImfRyOz1vp67hgpKLVoYqe3dDY1J//Mgszly42c4L+tg82w8PKYpAlmXf78TkN5Zq+ceuQR44AB79ahJ+b93qzYyb/gdzf7LflWeeY9PP/iEpxX6WGouobIYR3gM/dCwzS9CVP5Zo2vNbi6+AUM+e4eF9iWx7wCn9cTUMHLq05dhxEB03G4oGkASkGpm9NbE7iaIt2dQamlZbPXdgj2d+Vegc38wtEBNpoKwCJYhWV4Gqwm97sK/LcEVmH5nglKDSj7bRp6TT2KUgMA6JC7cwi8/MJxvEgLQ10m9kzyw7AtmeDjVZMVgx17TiO7xgBD9U1sGdsNwZvvodrKepaXglLLJnZ6S2dTc/PPFvssmdn2bGob5gMEjrBz06mGN6mw385M/zubblZ/wmUn2CkLjUHnz09x/s/cdR2y0BjM3HXdJf8snltdMc6smY5hLw1CyPjZWDr3RfRZdLl+lFPIVJOMVvh6C5e+CMKQjbyg9Mg4+ExhQake5clrMC5gJFacVzXJKKnVYwUFpS6ntzZwuTu9sf4J7ztq7INGwqfr+a+E2ntRyclSflloDD7+5TbnA/v98S+3Hd6/s+nC+rP5j8WFoLT9/IbRC2dfsG313BrKETetJyYeLubuUapImAzfCb/BWJoe+XtHwC/0NKqslq5H/p7h8Jl+ApV21lNQatnETm/pbGpu/gnZUfvBBzbz8+9JtWSPz43lfn/8y21OlvY/c9d1TsyXZxc6Pv3vSrpZ/dmaVbPDTmEQLQuNwaubk5vo1icAqMK52T0RsiMHOsAiU/lmma8ncHtHCHrPu1g/2qpBxobB6PvZZdRAj7IzX2BI4DRsv1ndJPeSMqOg1M3prQ1c7k53t3/8gNGV/EJzxr/lx9I5AUYwDVx5zqNgbWxQyt1PC+Oo65V7BdzoKxv5cPRmfqt1V3MJ83sNRGR6wziovvhXvNF3Ov6t1AK6Qhx9q4dxpFSnwr2bGSjX6qDcPx3Bs48iXwtAk419r/th2OY0KCyup5FSsfs2sal5+Rd3s7hR+YXWGP9koTF48ZuzHGsGrD7Pqcn8E76Z5P77G95NWlraICvlCy/oG+O/pbqrux2JsSMicEUNaHP3YWqP0diZU/90pwWmgmOndb6qM75DcJ9wJJbqYai+ihUD+mDBxWroCn/FzD7jsb2pHrm3c6z89RSUOpne2sDl7vSW7J8sNAaLD6WajJzaGi1orH9mr6xy4O0Dzuzf0u0JLgWlqmN4rcsYRJfwr781UP72Gcb264u+vXtjyDvbcbPaAKiOYWzHYdhboIeh8iq2hg1CQEAg+vTqjWEf7sHdGlhdr0n/HhMD/dG9qxfk8mfh6x+AEcvYdJd7jYJS59Nbct/3RHpL9i/uZjEOXVRwgbIsNAZxN4vd9nS7Rf/sXMDbK5/vW2P9t/ZKqKPzhsLHuzsC+ozE/MPZDbc3WWIqj51W+WqoQuqOWRgc2BuBgf0xZc0fKNVrkbV1AOTyzvDz94e/vz/8/QMwasU1UdhJQamT6S0ZDJ5Ib8n+ffzLbXzw81UuCJWFGl9M7zawzpyJojFjgJkzufJNXlllCayChxUaG5Qeumj9ni9PckNso6DU+fSW3Pc9kd6a/HP2gthp/9LTjZxMr/9wyIABMDzyCPd0vSPlC2/TapIL+hZoFJS6Ob01gaEp0luTf5bA1KjvJ1t4+p//sABKS41fnOJNOTXW/8Q7DVf7Fj8mwDMCK7HTlrWmvt8U6a3JP7cHpcuXI+fddxveLuDArJJT5aNx/hM7JRaUkkgtUbLQGJO/ycnGV065Wh4fpMnJyRizOpFTU/j/+NxYyEJj8PjcWO442rx9zOR4zHxsJWbtWD1ZB2K3bxKpqWSJnaoePVwuT8jOnHff5cS24f9uCv/t+thKzNqxsvWSCEr5JvbVHl2tkn/uKt/sarm01AjG+pFM4ROoAODz5Unrhbtw31Nj0515ZRSBldhpy1pT32+K9Nbkn6WRRqdGMmfObBAAbNqEzPnzgU2b3OKfvXQaKbVuFJS6Ob01gaEp0luTf468fN9k+h0CCG/a1CAA+PhjKKdMMbtP1FX/HEmnoNSyUVDqfHpr6vtNkd6a/JOFxuDR+i/OATB7ub/Zy/8BVJ040VCYhQt4T9afLNT0E9Z7Lyqx/XSG2dtiHPWtJRkFpW5Ob01gaIr01uSfI0GpSTosjAyICFZLvlFQajQKSp1Pb019vynSW5N/7Ml17rVVDnzm097T9J6sP+EnrGWhMRi1/jyxExSUuj29NYGhKdJbk38UlLZco6DU+fTW1PebIr21+Sd8j6rwa3v8v8J0Yqd0jYJSN6e3NjC4O701+ScLjcF/hB1rANHHHwMPPGDyvWibn6prBmDlP4lPYCV22rLW1PebIr21+ycMSk1ehzdgAAz//d8Nr3SKi2uQh/yjoNQxo6AEazarAAAgAElEQVTUzemtHQzkn+Pll1ZrIAuNQWk176sbPLDa/VRd9+4NagL/HEnnf/HJElj5vwmsxE5b1pr6flOkt3b/KrKyuN9mr6ebORN1U6c2PNgkgn8UlDpmFJS6Ob21g4H8cx1MxhUyq+nCT9V5wj9n0ikobTAKSp1Pb219393p5J9penKWyma60KQWlNIsk+X1FJQ6mU5gIP+cSeePNAIwC0r5T2MKP1XnCf+cSZeFxuDxjxM4sHZYcAKy0Bh0WHDCId9aklFQ6nx6a+v77k4n/5qXf92XnuF+0wV9g1FQ6uZ06njkX2PSG/vVEDHrb+9FJWShMVwgLfziE4GV2GnLWnvfJ/9ar38UlDYYBaVuTqeOR/41Jr1u6tRG5Tf6V4c7awfiKbkccrkc8n88hv/8zwBsy9VDpSqGYl8oev2zPeSPd0fYwTxoheXr8nHs437o9PQzeMZ7FL5NVsEAANAgdceb5nnVN7F5kh+eefoZyP7WD1tuqgGYPwFLYCV22rLW3vfJP4n4x+PZs34T6nlWh0tf97PIVJPynWSnoTIFa8Z1heyhR/Cnv3aGbOB2aGD+yihiJwWlLqc3m44n0v7JP8/7p05ZiMDhPyBbB5Sl/YiQf72OQwU61N1eh5cn/IBMXlSqUqlQ/ccHeK7fBqRrDKhK/hR+fdYgXQvoC6IwpNNrgrx6KH8ajGdePYgCvQGykaPhO3g7cnUUlDqz3hM+iN02W2Lf8uT+yT9P+GfKs/KTszme8fPzmcov31l2Fhx4DYFvx2LlCQVkL4/HPx6fiiS1+cv1iZ0UlLqc3jw6nnj7J/887J8uB9tDAvDpJePopeLnoegSehbVFvIayy/CjcXd0XdzNnQAUHMJc597CT8XGlB2aDg6vxknyFuLK/O7oe/WHOgB+CxciykdR+CIygjWv34QS2B1YL0nfBC7bba4vuXh/ZN/nvDPlGeoSuR4xuUXMLWhfGfZyTctZCEj0CXgG9zR0AW9rfUUlDqZ3jw6nnj7J/8861/ttc8RMGgrFDoA0OJqRA/4hi7AtGF98XzPEVh4TCmYvlfi1LROCPm1fj/ae1jX2x/LbqmRsaYXnntzriCvHoX7R+DpkO3I0uiRE/8hOj3UA1tz9EjOMt4jxZ6CJbASO21Zc+tbnt4/+eeZkVI+z1Tn5nM8Y/lNmcov31l21lvlCcx49kHI7u+Kry5WwQDzz6gSOykodTm9eXQ88fZP/nnSv2qcfbsbRh0s5u5rurj4X2jbZx1u1RhQe3stXnhmMo5X8MtX4vR0U7Cu7eWPZbeqcXt5V/y11wrzvHX3sPe9AfD1CcCA12dh9LP9sbvQuEe6Wd+x9Z7wQey22bL6luf3T/55yD8ez4a8OZvjmTG/kKn88l1gJ2dayEa+At+us5FUbf4ZVWInBaUupzebjifS/sk/D/pXcxEfdRuAHXnsZnwD0r9/Ec/NvYQaAKhLxZfde2HdvYaxUpWqCKlfdkef7xTGKSh1MmZ3HYA9RXoU7h6ALu+fspoXAMozd2NEpylIrDIuLz+Wbtk3AIAWOVFT0MvXF76+vvD19YF3Bzl8wpOhSluHF59sj64+9Wk9RmDF9VqH8nKTaroixIT9C08O2Yk8nQPbu9EoKHU+vVn1LRH2T/553j9Dyb85nqlUKgtM5ZfvLDtrUfjHIcRl1QEArtxKQHiXnlhbz1Tb7ASgVeLY4nHo26s3egcOwLRNKVDpAUCP8vNrMaV/b/T09UG/WbuRVmuS0ToLDRW4ti0UA3v3Ru9eQXht+QkU6QDU3sOBj0egRzc/9OwZgEFvb0NqtTAsd49RUOrm9ObY8Ty5f/LPc/7psjejT9dwpNQ0pJdc+wYvBnyOS9UGaLO2YdCzryOhAkBdEe7czEV+uQrq5I/QLWgd0jQGVJz9CN1e3IhMLaC9F4k+/p+Y5a06Nwd9X9mDPJ0G19a+hM5T4mHJS7vcqLuDDaOCsfyqGrVXv0BQ8BaTh7AczVt/9Cg88i76D+oHn5CdyNPZ2969RkGp8+nNqW+JsX/yzzP+8Xl2b8tgjmcqlcoiU11npxbpawLQYVI0CvUGKM8tQ5/24xFnwU1Ldac6PgN+g9ciVW2AofISIga9hOWpdUDlGcwJGIyV16ph0GTh57cm4usU63ez8lmoubsWg/vMw6lyPVBzC5HBvTH3XAVUpz7C0Ek/GINbjQI7R3XFy4fMR4vdYRSUujm9uXQ8sfZP/nnOv5qUj9G113pk8p8QLVfiauQ4+HXqiGee7Y1Z+xTQANBmrIZ/x/eRmK8CdIWI/3QAOj/zDJ71fRUbrhrvc4KhCme/GWWWF+obiBz1DP738afwbJ/3caxAGAGa+2ZuOuRGTUK/D09CZQCq/5iNgFH7UGA+IGE3LwDo8g/j7aFz8OvxhQgaIQxKzbd3t1FQ6nx6c+pbYuyf/POQfzyedXpxLsczlUplkamNYaeh8jLWveqDDu3kePTvfgjbmwWN0DFYqjsN7m0chN6f1s96oQ43lvXDwLVpKDvzDnqMjkK+0+zUIfvHYQicz8rUImtLMPosTAE/BteVXcDy/j0x52ylIztw2igodXN6s+l4Iu2f/Gs9/un1eoSGhkKv19v3TX0Jn/cbiS2ZRiRX/D4VnbqNxcTRg9HvhYGY+Hk0MmsdywtdPg69NRQfJpSg+spn5kGpcPsmMApKnU+XUtu1ZOQf+eepdEfYWXnmPTz/4hKcV+lhqLqGyGEd4DP3PLL2j4H/699gyawJGDFgIF6Zvw9pNVauvk1YWIuri1/AkO/ucYFxecwr8Hk9ARUAoM3F3sl+8JJ3wKDPTqDEoaDXeaOg1M3pUmrYloz8I/88lb5p0ybIZDJs2rTJjm8GlP02Db2mHkVpPTs1WTHYsec0smsMMFTfxJax3RC8+Z6FUQRhXh2Uv8zA0LnHUaoHasyCUvN9NYVRUOp8upTariUj/8g/T6U7xE5dMc6smY5hLw1CyPjZWDr3RfRZdAnpO4fAyy8cx4u0MNRlYs8kPwzbkukAO2tx7YsgDNnIC0qPjIPPlPqgtN60JeexMsQPE/bmwfKcWOOMglI3p0upYVsy8o/880R6cXExHnvsMchkMjz22GMoLi627puhHHHTemLiYWv3KOmRv2c4fKafgNmEkTCvTol9E59H98AX0a9fPwT1/Cfkcm/0mxkFhdaRfbnHKCh1Pl0qbdeakX/knyfSnWInZ1U4N7snQnbkoDxhMnwn/FZ/X78e+XtHwC/0NKqEWcxYqEPOjhD0nnex/uFPDTI2DEbfzy4h/1osYm+ojO9uhRaK74fA561T5mW6wSgodXO6VBq2NSP/yD9PpM+cORMymYzTzJkzrftWcwnzew1EZDq7PtdBuX86gmcfRb4WgCYb+173w7DN96DRqXDvZgbKtdbyCooWjpTa2d5dRkGp8+lSabvWjPwj/zyR7ig7625HYuyICFxRA9rcfZjaYzR25mihL/4Vb/Sdjn8rtYCuEEff6mEcKXWAnZqM7xDcJxyJpXoYqq9ixYA+WHCxAvn7X0W3Yd/hVo0BBnUadk/ywdBNlmauGm8UlLo5XSoN25qRf+RfU6dfuHAB9913nwlY77vvPuzYscNKpmN4rcsYRJc0jF0aKq9ia9ggBAQEok+v3hj24R7crTFuO7bjMOxlT0BZyMs3s6DUzvbuMgpKnU+XQtu1ZeQf+dfU6U6xU6vE0XlD4ePdHQF9RmL+4ez6IFED5W+fYWy/vujbuzeGvLMdN6sNjrHTUIXUHbMwOLA3AgP7Y8qaP1CqB6BR4NCnoxDYswd8Oj+H/m//SK+EYiZ2w20ODduWkX/kn1jpnuSG2EZBqfPpUm67APlH/hE7PWHNIiglkUgtQ63FrB2rJ+tA7HNNIpHcp9Zi1o6VrRc9KCUjIyNrbmYPrGRkZGRk5iaJoFSTl4ClI5+F11DevV+6EpxZNRn9evVCr54BGPpBFDLqBBmtfRLL2npXzJofUvHPWlmabBxeOA6DhgxDyNCBCHnnB/N7QDzhH6ycX6n4Z68sk09VOpjXE/UnFf8asw8P1Z8Y5qmglNhJ7CR2WjdiZ8tjZ9MHpepLWDx6KiLWTsXzvM8BVid9iOcDF+NChQHQZGBrcDdMOlZm8hoXy5/EqrS63hWz5keVRPyzVlbVmbfhO2Sr8TON+iJET/TB6H0F0DuQ153+WTu/UvHPdlm2P1UpZv1Jxb/G7MMj9SeSeSQoJXYSO4md1o3Y2SLZ2fRBqb4GKrUe1Umz0ZPXOPS1pcgvqqkHlQrxU7th+J586LknyDRWPol1EXcd+FSWw+5Z8UMrCf+sfxas/OoXCOq3DJcqDYAmEzvG9sTMhHIYPFx/1s5vrST8s/1ZNYufqpRI/UES/lmrPxv78HT9iWQeCUqJncROYqfT9QdJ+EfstGbiB6X1ZqnhGM0Adeo6jAiYjsMFOkCvRkFOPqp11j6JdRRnbH0qy2UT+CEJ/2x8Fsygwh+L++Ppjv4I6PoU/GbsQ7YGotWf2fmVhH826s/apyqlUn+S8M+FfYjWfz1rnrynlNhJ7CR2WjdiZ8tip8hBqR7lyWswLmAkVpxXmUxPWP8k1lGcdeBTWc6ZNT/E9s/6Z8GU58LRZ9AKXKowAJosRE0OwGt7cnmfBfNk/Zmf30pJ+GdtH3G4Y/NTlZ7yr8FM68/epzQ95V9j9uHZ+vO0iR+Uis0me36I7R+xs3H+ETsb5x+x05pJOCjVo+zMFxgSOA3bb1Zb+CSg9U9ipVlcf9nFIWxrfkjBP2v7uIDL3/ZDn8VXUVvva/7Pw+Fr8lkwT9Wf0UzPrwa3JOGflX0sOIYdtj5V6TH/Gsyk/ux9StNj/jVmH56tP0+buEGpFNhkyw8p+EfsJHYSO6Vokg1KdYW/Ymaf8dgufCyTG8KGlU9iVVtd74pZ80Mq/lkuqxLFhyfBZ+SPyNQAMJTh+Ls9MWRDOjQe9o+Z6fnVS8Y/R8qqsTjFI2b9mZqY/jm9D5Hqz9MmZlAqFTYRO4mdxE7rRuy0bKIHpZr07zEx0B/du3pBLn8Wvv4BGLHsIm5vHQC5vDP8/P3h7+8Pf/8AjFpxjXezr976J7GsrXfatMiy6EeKRPyzUZZGgUMLXsbAwcEYFjwIIe9sw7VKwafGPOCf5fN7GTUS8c+RskzAJZX6k4h/Tu/D0/6JZJ4ISomdxE5ipwv1JxH/iJ2WTfSglIyMjKylGb08n4yMjMx5o6CUjIyMzM1GQSkZGRmZ80ZBKRkZGZmbjYJSMjIyMueNglIyMjIyNxsFpWRkZGTOGwWlZGRkZG42CkrJyMjInDcKSsnIyMjcbBSUkpGRkTlvLgelJBKJRLIuYieJRCI5L1vstBiUkpGRkZGRkZGRkXnSKCglIyMjIyMjIyMT3SgoJSMjIyMjIyMjE90oKCUjIyMjIyMjIxPdKCglIyMjIyMjIyMT3ejpexKJRHJBxE4SiURyXrbY6dB7SrVaLWpra6FWq0kkEqlVqba2Flqt1iYjiZ0kEolkKlfYaTMo1ev1UKvVKC8vR0lJCYqKikgkEqlVqaSkBOXl5VCr1dDr9Q6BldhJIpFau1xhp82gtKamBuXl5XiyY4SJcnNzTX6TSCRSS5VSqURhYSHKy8tRU1PjEFiJnSQSqbXLFXZaDUr1ej2qq6tRVlZGYCWRSK1WDKxlZWWorq6GXq+3CVZiJ4lEIrnGTqtBqU6ng1qthkqlMgNrYWGhyW8SiURqqSoqKkJpaSlUKhXUajV0Op1NsBI7SSQSyTV22gxKa2trUV1dbQZW/rRUeXk5iUQitVipVCpUVFSguroatbW1DoGV2EkikVq7XGGn1aDUYDBAq9VCo9GYgbWmpsbkN4lEIrVk1dbWQqPRQKvVwmAw2AQrsZNEIpGMcpadNoNSg8EAvV5vBladTmfym0QikVq69Ho9x0V7YCV2kkgkklHOsNOh95QKwcpf52mLjo5GRkaG28vll5mYmIiUlBSXfElJSUFiYqLb/SMjI5OOOfqeUmKn474QO8nIWr416pVQzMQCa0pKCsLDw7nl0NBQhIaGIjAw0OEyIiMj7W6fkZEBLy8vhIaGAgACAwMxfvx4q9uHh4cjPDwcMpkM48ePR2RkJOdrYGAgvLy8EB4ejsjISJPjcATWzpojx0dG1hztyY7LXZLQvDoud0m2TOpBKbHTvhE7yVqqNWd22g1KDQaDGVj569iQrDUxAFlTZGSk1bzR0dGQyWTcMh+s9vYr3L+9bYKDgyGTyRAaGgqZTIbAwEAOoAyS/O0dBSv/OKKjox32253HRyI1R7kKVmE5roLVkk+OgpXYSewkkcRSc2anzaC04QBNwcq/V0qv19tUSkoKoqOjzTR+/HjIZDJkZGRw27IrVyZvb28OckzCPPbEwGNvGyYGWP46Bkp2PEKwhoeHIzo62gys7AqfD1ZH/Xbn8ZE8q3NJaTiXlAa9Xo9dey5g3qIjmDwjyur2N1IVmDXnIOYtOoJdey40ev+79lywW86NVAWWrojHjVSF1TLmLTrC/Wb+79pzAaNf22GyrUJRwP2NTbjhkI9LV8Tb3dZVsDZVOXy42gMrsZPYSXJexE77PrZ0dor2oJOXlxfGjx9vso7BiYnBl78uPDwcOp0OGRkZ3O+dO3ciMDCQK4e/HQNPaGgoEhMT7fo1fvx4eHt7m6xjV/46nY4DK4O+t7c3B1Y2UiCTyRAcHGwRrJb2yfK6Uo/OHh+p6TX6tR0Y/doO6HQ6rNt4EgNCtqJz91U4l5SGXXsuoHP3VZg15yDOJaVBp9NBoSjAkx0jMPq1HZg8I8qt+xdq154LWLoiHrPmHMSTHSMwb9ERLF0Rz4ltt3RFPEa/tgO79lzAgJCtnH+du69C5+6rMG/REa68JztGQKEowNIV8XiyYwRupCpM9nkuKQ2xCTdM9GTHCMyac5BbtuSrq0C0VU5X/1WY+c4Bszwz3zmArv6rbJbDh6uYDzoRO02Pm9jZckTsJHbaDEr1en29Y6Zg5b/qRKPROK0lS5agbdu2SElJsZqekZHBAUmj0SAxMRGRkZEm27Vt25ab/pHJZFx53t7eWLJkCTQaDQceLy8v7q+wHKaMjAy0bdvW6nRZdHQ0NBoNdu7cCZlMhiVLlnDTaJGRkWjbti3Gjx/PHV9iYiI0Go0JWC3tl8Gc+euI2DE4c3ykplNswg0OTj2D1mNAyFYOYANCtmLdxpPQaDQ4l5SGWXMOonP3VegZtN4sv0JR4NR+LW3PwGpp+3mLjpgAkm3LzxObcAOjX9uBnkHrub8MmrPmHMSsOQe5bc8lpXGAnjwjyoQTk2dEcf4IGWKJKUK5ClZb5SQk3kZNTQ0+mv8rt+6j+b+ipqYGFy5mWS1Hq9WawNUeWImdxE6SYyJ2EjsdDkp1Ol29Y6aVUFtba/LbGSUmJqJt27YIDw+3mJ6RkcFBiAGptrYWS5YsgZeXl8m248ePR3BwMGpra9G2bVtER0dzkE1MTERtbS0HntraWkRHR3PTWAxA/PJCQ0PN9sHEfEpMTORgWltby0E1MjISS5Ys4bYPDw9H27ZtTf5BREdHm5XL/GXl2bqHjK/AwECnj4/UdGJTMwwiDEpsmU33TJ4RhV17LuBGqgI3UhVc/nUbT3JXyvyy+Jq36Ahqa2sx+rUdOJeUZrJu3qIj6Bm0nkvnjygIfb2RquB8HBCylduGTV0xiDIxAD/ZMQIDQrZiQMhWzgc2asAvjx3vkx0jsGvPBW6/55LSMHlGFAfgpSvibdapq2C1Vc7Mdw5w78/7aP6vHFSFsBWWU1dXB41GA51O5xBYiZ0NInaSbInYSex0KCjV6/XQarWoq6szA6tarTb57ajYk5ps6iYjI8NsG3YlzZ+6UavVHNBSUlK4baOjo7Fz506T/AyObJmBh78NA1BgYKDJOks36YeHh3NTS6GhoVCr1RwM7Yn5ygersD68vb3h7e3tVD3y5ejxkTwjBq1dey5w6xhEziWlceDp3H2VST4GYlYGf6pm3caTiE24gXNJady28xYdwbqNJ9EzaD3UajUGhGzFrDkHoVarTa7mGQz5/jCwsX0yf9g0k1qt5qaglq6ItwrWXXsucDBlx3MjVQGFooCbVlu6It7kGNkogDDNklwFq71y+DC1BlVhOTU1Nairq4NWq4Veb//7zcROYifJORE7iZ16vd52UKrRaFBT0/AFEqbKykqT344oMTERXl5e8Pb2RnR0NAeUxMREk+3Gjx8PLy8vVFZWckBiaWyKx9Y+GMDYOgYeS9tnZGRw+dq2bcvdyySE6vjx47l7tFheNgVl6UEENjXFtuWDla1LSUmBt7c3N1XlaD0K5cjxkTwn/n1CbB2DCFtm001smV0ZxybcMCvP0no2jXQuKQ3zFh0xgXllZSU3OsD8YUBbuiKe849NlzGgspEBvk+jX9vBTUcJtW7jSbNjPpeUhnUbT3J5hb7z9yOsE0tyFayOlPPjrgscVH/cdcFmOVVVVaiurkZNTQ00Go1DYCV2EjtJzonYSey0GZTqdO77fjO7T4hd4ZeXl3NXugws5eXlHIDCw8NNllk5DCLR0dFm+2D3JbG8wjzWfGNQZa8nYU+BRkZGclNDwcHB2LlzJ7y9vbl8bMSC/3Sr8MlXti07jp07d3I35rP6YMfuquwdH8lzUigK0DNoPSbPiOLW8aFnKQ+D6rxFRyymMzjZ2i+7d4m/PPq1HSZ+sSkwNirA9ssAuG7jSTO/+PdD8W/oZ+v55bMyJs+I4kYAhMfMH+lgZdo6LlfBaq8cR6/2WX5Xvt9M7CR2khwXsZPYydhpMyitqanhonS+SkpKTH5bE3/KKTw83GK6t7c3vLy8kJGRwT0JmpGRgZKSEg5IwvJ27tyJkpISpKSkcFNO/PV8MfDY8jM8PJwrm71ahQF2586d3KtLgoODuTwyWcMrTYRiIwNsW3YcTN7e3oiMjLTpk6Ny5PhInhG7R+hcUhq3jt3vFJtwAyUlJdzTlAxQ7AqYXw7/iUv+FBQrg+lGqoKbbuLvk4HVko9seojlY/dB8cuet+gI17/59z3xtXRFvEm5A0K2YvKMKJv1wwDPpqDWbTxpc3tXwWqrHOF9ULbui2L5S0tLUV5ejsrKStTU1DgEVmInsZPkuIidxE67QalWq4VarYZKpTKr1MLCQpPftrRz506kpKRYTWc3s1tKY68QsVV+aGgoIiMjraYzUNrzMzQ0FN7e3lwedmM+A2zbtm2xc+dObntHwCo8Dnt14YocPT5S04pdye7acwGFhYUmN7x37r4KCkUBCgsLTZ6mnDwjCrEJN8zKsvXEZWFhocn9VWwqSph/9Gs7bPrLpo2Yf6y82IQb3E377N151q72+eXNmnMQPYPW29wnG5Vg91exOrEmPuTsGX9bW+WwqSfhE6T5BeVmU1Esf1FREUpKSqBSqaBWq6HVam2CldhJ7CQ5LmInsZPPTptBaVVVFUpLS81Obl5enslvEqm1i730mS3fSFVw9wjFJtwwWc9fdlXs5n9LafMWHcG8RUcc8pn5yHQjVWG2Dbtpn4k9Bcvfjo1g2Nof25cwrzW5erVvr5xXJ+82Wzd09Dar5SiVShQWFqK0tBRVVVUOgZXYSSI5JmInsdOhoFSj0aCiogLFxcVmYM3Ozjb5TSKRSO6Wq2B1dzm5ubnIz89HcXExKioqoNFobIKV2EkikcRUc2anzaBUpVLVD+GagjUzM9PkN4nU2mVtyojkmCzXqWtAdHc5CoUCubm5KCwshEqlcgisxE4SyTGJzZ7mLst12nzZaTUoraurQ3l5OfLz880qIT093eQ3iUQitVTdu3cP2dnZyM/PR3l5Oerq6myCldhJIpFIrrHTZlBaWlpaf1+BKVjv3Llj8ptEIpFaqtLS0pCZmYm8vDyUlpY6BFZiJ4lEau1yhZ02p+/LysosgvX27dsmv0kkEqml6u7duxxYy8rKHJqCInaSSKTWLlfYafM9pSqVyuIU1N27d01+k0gkUktVeno6FAoF8vPzoVKpHHrXHrGTRCK1drnCTqtBKQCo1er6F6iagjUrK8vkN4lEIrVUZWdnQ6lUoqSkBGq12oSRxE4SiUSyLFfYaTMo1ev1qK6uRllZGYqKikR/yS6JRCJ5WkVFRSgrK0N1dTX0er1DYCV2kkik1i5X2GkzKGWm1WpRW1tr9s1TEolEaumqra2FVqu1yUhiJ4lEIpnKFXZaDUpJJBKJZF3EThKJRHJetthpMSglIyMjIyMjIyMj86RRUEpGRkZGRkZGRia6UVBKRkZGRkZGRkYmulm9pzQ3J9czys6RrnLElofOAclFidw+xO4fku47TStb90V5rP2JfY4lff7FZgPJtkRuH2L3D0n3naaVPXZaDUrzcnIcUm79X2VODpS5pKaUo+eERCI1rWyB1dEyiJ3EThKptckeO60Hpbm5dpWbmwtlbg6Szydhxw/fY83Kb0hu1tpV3+LHbVuRdO4s8loxXMW+urMlUerEgf4pqiTQZppSNsFK7JSEiJ1Gic1HYiexky977Gz0SOmFpD+weeN63L1zG1qtFgaDgeRG1dXWIjX1BjZv3ICks2eMcKUOI57EBpaUz4nY9eDB+nHHSCmxk9jZqiQ2B6R8TsSuBwmx08ZIaY5dKXNzsP2HrUi7c1t0ALV03Uy9ge0/fI/srEzxGyqJZCL7rBBPTXPMtq/2iZ1SErGTJF2JzUfpsdPGg072h96VuTlYu+pbaDQa6PV6kgWdPvk7dDpdo8upVauxbvVKZKTf9ViHkdSN6QKJ32HFltgwbS6Q9TxYiZ3ETmKnlCU2I4mdttjZqHtKlbk5WLPyGxgMBtEBJlU5AtaSkhKHylqz8htkpN1xqEGd+/hLLPvsZ8i8V2JVlyFY1WUIZN4rMbdvGGJmL4PsvhkNko3B0Dd/gEw2BjKZH2QyP4f2kZKSYqaLFy/i4sWLOH/+vInOnDmDM0mXaTQAACAASURBVGfO4OTJkzh58iQSjh+XVEdplmqCqZXmPh2Vm3UTl88n4XwSTxcuI11hoS0pruLw+rX4+dRt5DjZDht7TymxU7rsDH75OzO9NHK1UcOWcQoa9KmJevR9Bz36vuPQPoidxE5ip2V2Wg1Klbl5DsgRsGpRmrQZEduvoZK/vk6JEzu2IVZRK9i+DrnHt2P78VzU6fXQ68pwOWo9Vq9ejdWr1+K7HQcR/0cqlGrbsKpMXonFxwqg5ftx8WdsPngH1cJy16zDpu37cey8AtU6PfR1efj9h0j8mJhn9IGTBvmnd2D9tuPIqXMPWI8ePYqHH34YR48edRisjpybYcO/ReHZJOSm5yF9/2Gk7dqL9FPJKLmVhv1HryF8RRxmLzmG0IXROH3hHpIuK/BT9GVMmLMfMpmfWXmWGnFKSorF6TLmr06ng06ng1arhUajQV1dHfcdcCNYHessyjy+8iQn94HyHpJ/WYcv5y/Ask0Hcf5uNi9dgVux32P1t99iJdPKSOy/lNVQT0zpx7F81pc4eivbuJyVitMHNmHZ/E/wxao9OHsnu2HbeiluJGL31+GYu+okMgVpZsq5h5ToDfhq/lx8+tV6RF/KRB6/TrJu4vQv9ftbHYWzd3Ns1F82bsdtw5qVK7GSadV6HEjJcqi89NhFmDRuHMbVa+zQ7nhCLofcRAOx+Uq2WX3nXvsRI72ewiu7byLXyXNlC6yNZqcJ83jacAA3K11l5xps+H43Dp/LRJVO2swUm53BL3+H6Z+ctajXP4jD6x/E4dXQaLwaGo3RbxzA6DcOIGTiTwh++Tv06PsOsZPYSexsBDutB6WONKp6sPI7kZnq7mFT7zaQ/ddwHMjXNqyvOIuwxx/DK3HlgjwqnHzzH/jHmyeh0umgq72Db7veh7a9X8XUNybjlZAX4ffUX3Df3/rgvZ3XUaG1tN9SxL01DCtSa3jrapC6tDMeCvwZBVpW7p/wtyGzMDf8Q7zz5mj0+Pt/4pGgZbikqkbqyt548K/B2JFVx5VRl7sXYx99EL2+TYXa2vEKxMBqSUeOHMHw4cNx7tw5DB8+HEeOHLFZFgdWB87NxQcfRNa3q5Gz6DNkh4UiOywUytnvI/P9D5A6821MmLMfw2ftRfC0HQhdGI39R6/Bf/RGjH17tzEotXrOGzqYJbDq9XrUxcWhbsEC1C1YAE1UlAlQ1Wo1ampqEBsba7vzSl1uB7QCSd8OgZdcjie9n4OXXI52Q5ciMY3tKx1HZ3aCXP4UOnfpiq5du6Krdx/M+jXNrKy7h6ajW+9FOJWVB2X2Ffw0zRtyeSf0HToQz7eTQ+4/G4fv1JeruIxtU/zhxSA0/Cfctdnn05H41UB4yeVo79cb3bzkkHsNwTdn60GosLK/27lWgoB0HJ1h4bgOpxnT7ZSX9cd2fL1wJno94YWgsM+w+N3B6PBEL7z79RqsXbMGqxa+gk5eg7DlSo6xvJs/YczTQvCa67mZvyLDRuBiE6yNZacJ897AG0xhEThbqnWSnYxxH+G9Ga/ihfYP4tH+X+NiuVaQVzrMFJudLCgdNyOW09hphzH6jQNY+PkWKC6+j4WfbzEbRQ2Z+JMxKCV2EjuJnS6z08ZIqSMNzH5QWpO6DL4dRuOdnv+HF7cpUOdSUPoQev6YCw3bRqvCjd0z8cwDT+G9xFJoBfvUFvwbk0duRHotf70lwJqWqyn8FZP+9iD6ReVDW3MH61/8Lzw6Ogo5dTroNEr8e/z/4q/9N+JuTePBeubMGYwcORJVVVXQ6XSoqqrCyJEjcebMGftgdeBqf1WXIcj/7ThUu3chZ9FnyFn0GVS7dyHr29U4/MV3GPv2bmyJuoDgaTvwwvgt8B+9EfuPXsO7iw9bHCm1JCFY9Xo9NFFR0AwfDs3w4ah74QXUvfACatZHclCtrq6GWq2uB6v9fdgabRBDpiMPTI0Ha86VbRj7lBzPhf6Mq4os3PhlDp6XP4mQTVeQk5cHZW4qtg97Au1f3WcOPn5d5dxC1MTn0C8iCYrcPGRf2Y0PR4zEwqO3kZebh8yEeegufxbTo+vBlZuFC7s2YNveffiybz1YbZyH3GvbMaadHD4fHMXdnDzkXtuJVzrI0X1eIrLy8pB9dTc+HDkSC2NuIy8vD5nH6/d3mP0DyEV2ViayFNnGEQJbx+VQeXlQ3j2EyR27IvRoOjJjP0A3+dPoGxyC4cNDEDLQF48/PhBbrtSPcChu4/zv8Yg7/APe7S5Hlzc341h8LKIWDMcL4yJwMDYex+MTcCr5bv1rmyzL9tV+I9lpiXl8NYKd2tJEhD3xF7wUlW/CTSkxU2x2WgtKFRff50ZFQyb+BMXF9y0HpcROYiex02V2um2kVKvVWlAlkuc+gyffPI7U7/vgYb+VuFNTn6Y6g9DHH8MrsWWCPOU48cY/8I83TqBcq4W2ph6EP+SgzmS7Mpx+90nc3z0SabX89XXI3vUKxu1QCLZXI3VpJzwUuBv5Givl1tzBt94PwHvVXdRotahJ34pBbf8Xr/2Sg7wjU/D4YyH48V6NlWO1LAZW4frKykpUVlbaXceXM1f7n0XEID/5CrbvOImkiA1IitiAH367i4xjx7Fr9X5sibqA2FN3EHvqDvxHb8Sq70/i14Tr+DXhOm+k1BpIjOKDVa/Xo7q01Ayqtf7+qPX3R3VpKaqrq1FVVYXq6mocOXLEbvm21XiYSUkZh6ejo9wX4cczjesUp/FlgBxeY6KMwFGcwZcBT8D33e2I+m4pvlqxFceuKMzKyb32A8Z0HYL1l7JN12dlIu36Wez79CV4PdEf3yRlmebNvoz1LzlwtZ+nwN0/EvDHbeM00L0Ti9FbLkfgkrPIdmR/mb/jYz855L2+wjmFE8dlpbzs81swe+Jg/Esux3PBk/DOR6+ii/xZ9BtVPyUV7I8nHx+ELVf502D3cHyuH+ReQxGZrIAyT4GzXwSg3UuRuJLt2Ply50ipWV+3yjw3sLPmLlY+9xD8N91DrUSZKTY7Xxq52iwoXfj5FpOAlE3Xh3/yjZWRUmInsZPY6Qo7bQSlDjRue0Fp2e9484l2ePuMCnXZO/FS22ex6Eq1m4JSLUqPjsJfHxmPuDLe+tp0bB41CQeUGkG5dgBbV46bP0/DU//ZDh8kVdTnqcG97SF47DE/+P/fPzAuKpsH8saB1RU5A9ZZA+di46pohC6Mxorw77Ei/HsMn7UXs5ccw8ZV0Rg4ZRt3D6nP8EgET9uBVd+frH/gyXT6Pt+KLl68yEFVp9NxYOVDVd2lC9RduqAuLg5VVVWorKzkwGqtXMvKRX6jQOwe5SvzmkA5uL5lEOTy/ohMyTauy7uObUPlkL+4Gik5echPP4wZz8ohlz8N/wEvGadinh6JdecVvHKycWX9UHQd/QOu5/Dr7jb2jnyifnrlSfT/7DgyhfUrAKv985GJS7vnYmAHOR7vOxeHb+Y4tr+sFPz0aShmfb4P17PzkJ9m47gcKC/n6gGsnP8Gej7uhb7TFyBi6evo6hWAWcuM91h98+k4dPQyBaviwncY90855ANXYtcXoZj25hSMC/SCvEN/TJj6Jqa99TkOpdq6l8seWBvJzpo7+LZrGzwxcQnWrluHdevWYd26Ddh1Nt/IH6fY+SD8N6dBVVGGgoxLOPTVUDzx1GTsU9RKlplis5MFpWOnHeYkHCVlU/eKi+/bnL4ndhI7iZ3OsdNqUOpIY2dgraurRXV1lUCVyNk/En97+iP8UVqF6qps7Bv+CJ58OxFF1VWoLvodM+WP4uWjBYJ8BYif8nf8fUo8CqurUK26hoguD6HH1gxUCvZRlPAG/uf+QOzKblhXfuVrBL8ZDaWZP2W4/GVHPNR7B7KrWLkyyP7rf/D3/3sM/3X/ffizvDdmfHcBhVW8fBW38V2fB/CXITtxr1JYpn0xsArXl5QUo6Sk2O46vhhYHTk3svtmIHxFHCbM2c/dPzr27d0InrYD/SZ9j36TvkfvVzbBf/RG+AyPxPpdZ+EzPBIDp2yDTPao+bm2oPPnz5tMP/LByoequksXVJeWorKyEhUVFaiqqkJ0dLRD/yCsyTkoS1+3dw7H4/K++Pp8lnGd4iyW9JJDPngrbuTmIV+RjD3ffIW1h68jNy8PyjvReMdbji6zjiGTgVVxHt/0fw6Tom5BKQB32oXfEXtoO5ZN6Q65vAfmHb9nCvccHljt/SPIvYWYL4bhGXl79H/3e5zLEP7DycHd87/jt0PbsZTtL+Ge5XOpSMbP33yFNYevIycvD3m3ozGr/rjucdvZKU8wBfWcXI4n2j+Fp556Cu295JDLG8CadX4L3uxWf//T4HX4JfIzzP/kY7w9+GnIO43Ce/M+wfxFaxF323WwNpqdqmuI6HIfHn5hEma+NRNvvTUTb731NhbtuwOV0+yUQfZff8OjD8ggk8nwz9CfcbWwwiSf1JgpNjtfGrYM0z85yz3ExO4lFQakL41c3TBSOmwZF5QSO4mdxE7X2Wk9KFUq7YqBtba2BpWVFaZS3cHWoPshu/9xPNu5Mzp37oSn/yaD7JHXcDivApWFv+Otxx/GiEN5grz5ODbhf/GPqXEoqKxAZdlVLO9Sf7Vvsl057n7njzb/MxXxBWxdEZIWDsKsuHxzfypLkPJFRzzU60dkVTSU6/ttEtIzFSgoVVnIU4HKSiWOvPwY5NMSjP44KQZW4frjxxMQEhKCoqJCVFZWoKioECEhITh+PMFqWRxYHTg3/KD0p+jLSLqsQPC0HRg4ZZtZQPp0v6859Zv0vTEoNSvT2GmEYOWPZGg0GtSsjzSDat2CBRxUKyoqUFlZ2Wiwiq38PKVbpTj+MfzkT+HVn29BmaeE8nYUXntKjufei0Vm/TY5N6/gTlZ9nuwL+PYFOdq9uh9p9eco+/Tn6NNtOg7f5Z237KuIP3gCd3Lql+9G4WUvOYJWJiOHf35zrtSDdTfu2mxbWTiztD+82vVHeNRl0zL4+8uu9/MOb39Wjt3kuBS848pTIl9hv7ycq9sxrsMT8AseisAXQvHdukno1K4/Zo3rhCdfXI5Dv0bj3N1cKPMUuLz1dfQd8znWhXWD1+DvcSM3D+6egmo0O60yr16usFOlxPV/f4Kef3sWU3fdRBmXR3rMFJudLw1bhtc/iEPIxJ8s3kNqaZTUJCgldhI7iZ0us9MtQWlNjRoVqnITlV79Gr4PdcK8X5Nw6WKyUWd/xLj/bYuhP6VDVZKCZV0eQJdll1HKz1t6Hat8/oxOi5NRoipHRcllI1g33UE5bztVzjGEef0HHp8Zi3y2Pv84Zg/8CKcKys38qVAVIumTp/Fgn51Q2CjXXLn4dexjkL8ZhwKb21kWA6ultF8O7Edw8FDExf6G4OCh+OXAfptlOTMFJZONwewlxzBhzn5kZBVBWVCOLVEX8ML4LWYB6cAp27B+11k83e9rvDB+C2SyR20ApUEMrBqNhnttSU1NjckN+zXrIzmg8nXw4EHHr4YdaItiyi2wVpzB0n6PQ/7sYMxZ9wO+fdMXcnlvLDxhvE8qNzUK0/4lR5dxn+P7fXuw4eOR6Chvj9Fb6m/mz7uH4x/1wPMf/GZylXzrl3fgK2+H/u+txu5D/8a2T4bgKXlnvHVY8OSpg/dFKc6vxpAn5eg0Zh6Wr1iBb+q1avtpZOTm4LZgfz/w9mccxTiP9W8Ow/C3tuGyIg95qVGYbuW4cvPsladAUoTxaVZ5lxcx/oPl2H70OHa99Ry8gr7Ctne7od3w3bj082g8G/g5TjN452UhMdwXXoO3ITVXify8bJz7IgDtXlqPqwzgduSuoNQSO+2yyWV2luDW1qF4+L8HYMvNEskyU2x28oNSocI/+QaKi++b3EvK3ltq7+l7Yiexk9hpn51Wg9ICpdKuGFjV6mqUl5fxVIA/5v0TDz6/EtdL+OuVSHz7CTwUuAG3SgpxeUVP/Pm/++LT6JsoKCtDedFtxHzeD23/7I+IlEJjnuIULPvXA+j6VTxSLl/A2biD2LX6fQx64k94oNsHiMks4crPOTIDgz//A4V8X0oycfGPVOTlnsMy3/vx9+lxyOfKfRD+391GqYnvQuXg8NjH8I8346C0uZ1lMbBaS9+/fz/atm2L/fv32y3LqZHS+qA0dGE01u86i9MX7nFT+WPf3m0ylf9rwnVkZBVh1fcn0fuVTVZGSs11/vx57iq/rq7O7PUl7IlRdj+UGVhdgJgj7bJJlZ/fZMq9FoW5IX5oL5fDy2cI3t91GTlceh7S4r7G1IG+eEouh/xpf4xbHI3UnPr0jBjM8u2FBScUgjpTIPnHD/Fy3y7Gd9A90wuTlsfgdq6gbnOvYtu45+Dz+gGbV/uZcXPRt+M/8c9/muq5cdtwPVeJAqUCFy3s705uff0pTmHJwH+ha8hKJCuUKFDmIi1WeFyHkJrN6tx2eTlXj+FQ/BUo8nJw8/C3eHvovyB/si/m/XoVv3/SHfKOQzEuqD0e77cWKWzEQ2kEq/zpnvDrZPT/qfp7rjqw4xmzGVdzrNeDLbA2jp1C5qXgMtOVG7hXWIrycmfYKWBcYRIWdPoT/j4tBjkSZabY7Awa9ClGv3EA49/+lRN7Lyl7NRT//aRML41cbWWklNhJ7CR2OspOt4yUVldXoay0pEHKM1jU8xkM33YTJfz1pSUo+OMzBDw9FFtSC1FWnIkT34xDl0f/BNl99+M+2Z/wSOcxWHH8XkO+witY1/8fePjhh/HII4/h7+07we+FMfhgTTSuK4sbyi5Jx76JQ7DiUoHJ/opv7sDk5/6G+2Uy/KndWGy8nM8r958Ytv02SgU+mioHsTOfw/Mf/o58m9tZFgOrrW0y72U4VBYDqyMAMH6daYzJV5pM9aiJnu73tcmyI/uw9KWRhOPHERsbi9jYWBw5coRTdHQ0Dh48aCJngOauK/PGqiDfA1LmIt9Wep4wPQ9pv0xFt6ClSFLYqMOc3Cb5Z2OVDzm5ztVvbi6UjShPcXY93p31FXafTUOeUomc5F34/J0ZmPnOAmyKvwMl53M2klZPQsibq7H3lwP45YC5DsVdQXae9WN210ipGTsFzDPR//gi/ESecRuH2SlkXBHSo8bj2adHYVvqHUkyU2x2Cr/UZO3LTdZE7CR2EjtdZ6dbgtKqqkqUFBc1QoVQZtzGvbxCl8souvUDXh6+DtcKrKQrlShulI+uiYHVHWVxYPVE584XH2Kiga2Z1VOBMhfpJ3Zgc/Q15NqBoKckdp00tdwVlIrJTqkyk9jZRJyQACulVk/ETs+ryYPStau+RUG+EkVFhaIq+/cl+GTfLRSI7IdQDKyNLacgX4l1q1fWg7XppkGsSvSOmi9ZiVInYrQBai+c3BGUis1OqTKT2Nm8+gKxk9qLO9lp/Z5SBypPmZuDH7dtxeWUSygsyCdZEANrY8u5knIJO378HpkZaaI22ML8fFK9xIaH1CT2+fCkbN4XlU/sJHa27v5B7KS24So7GxWU5ivzkHTuLDZv3IDLKZeQl9tUL8htvcrLzcXllEvY8t1GJJ07i1xFlvhXciRJqbCggORhNTYoJXYSO0niS2yOtEY1aVBakJ+P/LxcnDtzGtt/2Ip1q1dizcpvSG7UutUrsfPHbTh/7gyyMtKp40pIYgNVKhL7PIhxnhoblBI7iZ2tWWIzSyoS+zxIkZ1Wg1JnHM9X5iE7KxMZ6XeRkXaH5GZlZqTRVT6JJCHZAiuxUzoidpJI0pI9drolKG2U8iUsCVypiCqx67+5nBOx60QqEvs8eFDuCkpbbLuTwDkSVWLXf3M5J2LXiVQk9nnwoFwPSgsLOSUnJ5NIJFKrlNNgJXaSSCSSS+x0KChtKhVJXJ6oA5uSwFUNiUQylz2wEjuJnSQSyVwuB6ViQ83jKuCrQBoSu04s1pME6kUKEvs8SEjFEldTHLMtsIp9PjwuYqeD9SSBepGCxD4PEpLYbJQiOykolaIKpCuxO0lTd5jmfG5Eb7etSBSUSlRi90FiZ7M8N6K321YkSQelJh2lqEgSSk5OxsIFC5CelobioiIc2L8f8fHxXHp8fLzJMj9fcnKyybJwu4ULFuDA/v0O+yJ245GCFi5YgIS4OLN2snDBApP65is9Lc2k7tPT0szqfcvmzYiIiBC9vTV3Hdi/32Y9xsfHc32JLfPPW3pams1zKVWJHZQSO21LbG5JQcROaYvY6WRQ6vGrN57TCxcsQJs2bdCmTRu0b9fO5MTx05jCwsKsprVp0wbFRUUICgpC+3btTE7ywgULEBQUZLLvCRMmcOWxbRYuWMAtjxwxwgS8TEFBQdy2rFw/X1+T/Fs2b0b7du3snzhP170DslRXxUVFaNOmDQ7s348D+/dzdc06UFBQEHcOJkyYwNWZvbLYckREBPx8fVFcVISwsDAEBQVxatOmDfx8fU3WMZguXLAAEyZM4Op+woQJaNOmDbfM/gm2adOm2XVovoR1LhRrb8J+kp6WxtUHv/3yzwnrS/wAY+SIESZ9gp3H9u3amazjn8M2bdogIiKCS2vfrh3Xh1i/DgsLw4QJE0SvT2dkC6zETmInsVPaInZKl53Wg1KRHA4LC+NOxoH9+7kTvGXzZu6k+vn6cp15y+bNXLowjYk1HH7jYmXxGxNrcKwxRUREcA2OwbRNmzaIj483gQB/Pb8B8Ts324efry93LNYk9hW2tatuR8HKoDVyxAguzc/Xl4Oko2Dl11V8fDx3ji3pwP793Hlj+fidn/+Pj7XvsLAwk/bQ3MTVuYV/hKxfsLqJiIhoaP+FhRg5YoTxHNRvzwUh9csjR4wwgrR+OSgoyAi/+m1ZXY4cMcKknbN6Li4ygp31R5bOz8vAKux3zUE2wSqST8ROYqeluiJ2movYKZ7ssdN6UFpc7CEVGcXrXMIh7QkTJnAd0VKn5HcaSx2WbcPgyjqvcPstmzdzVzTFRUVcYxw5YgT8fH0RERGB9u3a4cD+/dzVJ+ugQUFBiIiIQEREBPfPgV2NCkcrbHZmj9W7c3IGrGFhYWajGvypO0fAyjqbECTCK0t+22DnkP2TCwsL485Z+3btEBQUZFL38fHxHOwdFmuvEjgntq72ORDy1rH2LPzN6rV9u3bcPzL+aAALJBg0WH2zc8QFYsXFXB8oLi7mRrvCwsJwPCGB63+sLx5PSOCOZeSIEcZ9N0VdeRqsxE5iJ7GT2EnsdImdVoPSkuJij4s1FFvrWadkaezKkl3dWRoOLyku5uDLOj27H4NfFsvDllnDYfvnw3LChAncvlhj4cOdXQGx9fxj4e+zuYh/nHwJwcqva5b3eEICt40jZVmrJ9Y5hQoLC+O2YeeJ5eefAwZhfpmW2ltzkbX+wo6L1aWl9azfHE9I4KaA2PTr8YQEDpglxcXcPyfhOfDz9bV4HsPCwkyu7IOCgjhf+aNhfP+EfU/qsgVWKbUFYqf4InZKT8RO8WSPnZIMStPT0qw2IHbC+GKdxVKHjYiIQElxQ2dPT0tD+3btuJNvC6wRERHcPRxsyFw49cHyNQVYLY6KeFK8qxtL/7RYfQuv9lmd8a88uSkOB8piV6BBvKt4/nSgNfHbCoHVGGxYWs+Axq7G2UgWAyg7P/x+weqNPfjARgu2bN7M3TPFAHo8IYEDdmsFq1htgdhpFLGT2OlIf7GURuxsWjWroJSdeAZDJn6HYA2BdebjCQkWG4BQfMCxk8waAz//hAkTuGU2ncGuivjA5PvE78T2wMpgLXbDcFbW6tbS1b6lbe2l88sqKTZeVQo794QJEyz+cxMCxlGwsitesevWVdkCK2uD/HUMhmyZTZ2yYIaNbvn5+pqMoAjPV3paGnef25bNm7nRAeHoAr8/2AMr6y9i16mjklpQWlJM7JSqiJ3SE7FTPLkclJaWlIgiWzfrl5aUcCfKUl4hdJlKS0q4ziXcD78s1pn5ZbKnD9kVJSuPdVz+b9ZohE87RkREmJTH98OSSiQoa/UuBGtpSQkHrAkTJnBprL5tnUNWFn+ZtUU+SIWgZNsKy2F1zz8XYWFh3Hbsn5xYbb2x4o9s8JWelmZ2sz5b5h8/W+fn68utY9NKrL/xt+PvOz0tjRsdYGUkJyebtRk+WPnnISjIeF8U27Z9u3Ymy+5SU9W9LbCK1R6IneJzktjZPETslC47RQ9KS4rNxZ9mYjcQ89OMVx628/FVUtwAVrYtu7IRlsVeo1Ja3ABV1oiCgoK4+6LYX9bAWfnspnCh+MBxtH7Fhim/cToDVlYnrJOyemb/YP6/vTP/b6Ja//gv/SuOgJK7AF4XirgrXr25F/cNRekVtSBo3Bdc0OJ2Ea1XruLXjeKGuNOCCrIFUJFCpWFpgdDSFkqhW5o9XbN9vj9kTjqZZJJJmsxMmuf9ej0vJZktc57zzjNzzqRKxcrn6vB1xFeK/Lzyp1R5Ozvsw9uRDkfGdGhRWyfKJb2H0z4sVmnwcyj9WZNEX+jS13kfamlujpEo3y4fguLtwM8h7yslJSVRwYrFKv0JGv4l53A4hudd6SDXlYYeilJyJ7mT3Jl+kDu1jYyLUi06rx6CX9nwBBJLkD+RyOeF8CsnPgeED49Ir77EdxzEV1t6F6rW7cS/iPj5Ft81EQtcel65PMV3G6RXw/zO0EiOT+u2UHPIRTx8x3/KRDrvymKxoKSkBNu3bYPT4Yh5opr3G3Fs37YtKm3x3YV8iKRDUCrngdbngge5Uz/tRO4kd+o1UrlT/k6p06FquJxOCiHUPvepwxkNrc+N1qF1h04aOcwB/td6qA9HIunVPrlTu/6puSulQe6Mto3WfiR36iJSuTNJUerMeWh9cmQ7j6bhioZLh6HtudFPaJ2jFNr24eRiLdz807ZfkjvzIbTOUQpt+3Aqd8oWpVqfGArt5aHH0LpNKChczuRi1frYKLT3lB5D6zahoHA5U7uTilIKijwMt85D6/OT66CilIIiP0NrN5I7My1KXa6ch1unocZnlw93NLQ+VcBL3QAAIABJREFUD/o7NxR6DrfbXTCRVKxqnGudhrY5SO6kyM/Q2md6cqdsUepxu1UNt9uln3BRUMiE1rmp43xV2xmK3ZKDz5pMrOROCooEoXVu6jhftXakntwpW5Rq3Ui5CldnIyy7dqJ6Z2zs2lWLhg6npFF60Fb/G9avWY9dRzrgTNZ4XUdh2V2NXdWSSLhdF7qt27F61Q+wnJK+N7zvE3W/YV3VOlRb2+EYhR0mvXMWaQvl58OJ7sbd2FRViU27G9HpUJYH1dV7cKTdEbtsVwN2bajCms21aOl26k4iuewXic6H22VLmZtxx9jdiN0b12DNFguO2eTOX6r+5kL30RpsXlOFzTVH0eXU7pwnE6vWjsttxPerzPu08nXSdcVod6fy/uCC7egO/LByBSpWVmL7wY7InblUPkjgvLhluo+iZmMlvqvcgOojnQm2m9jBWvsy2+5M9lmj5yoNv+bGnW54eo5j35Y1qFz3Gw61y9Ud2rtTvih1q31b16VKdO9YgHMZA4uLSTBt7RhetucIVj9xGU4TLXPBo1U4ah/Bdl3t2LPiWdw9fTLGMgbGLsWb+22Sbbnh7mnA6icul+x7DY7atbztrl1beHoaUJngfDTZ5RLfhoOflKJYtPxp016AuXW4I3bveFp23w9u7YwuZz/4Ce45V/T+hFlYcaA7VhpaX+1noX2TnQ/T1s7hZVPmZvzx9Rz8GHfHnMM7UXGgO3a5lP2tG/UJ2nRLqyPn5ybdIajR0DcTR+o2UOzXND2gbLuF405l/cEG68o5mMwYGBuDcYyBsYmYsWwPul3yRYMS59n2Lcdd4mXY2Zj1ngXdaTh4tLjT7bbJtIUzuowyv+bKnXa0/PQkLhsr2o7hary6vQ1OHbpTfvje4xmV4Wo/gG0b1mP9eiHW/B/umsDApi7E750eeD0eeD1ONH95O8azv+LOd39B44lGbF86ExdfvQCrjzqEZWLD3X4A2zesx8/rhUi43W7sLLsWxlvm4oGbJoKxy/DfA3bJtpxoXiXad6to340OeNwebUOlttjRyZdzoknSFttEbZFou86mVbjtDAbDjYvx474j+P2zJ3DlOIY/370WJ9xp7NtxBB/fcgbY2Cvw2Kc7UP3NQkwfz8AuW4Jam8btkOU2GXlb2OHxJPiSs1uFczgNj336G6q/fk44h6+h1saXc6ApmvPb0djaMLzdRjs8bjecTV9E2vSGxfhxr3W4TWevxYkEX7BetycSCfpqNiLpEJQOPJeLSNav2tzpeDB9dyrbbuG4U4njPB2bMfevDKff8C7+aHfC1V2PL+6eADbmJnzZ4kq87WTO6xGWsdfj7asY2Pjr8OqaWlhr1+CV6aeDjbsJXza7kh/f7LU44dK4HbLcJiP7vnkOOzrdOXbnt5j9F4YzrluCDQfbcLx2Je47i4FdsQyHevTnTt3MKdUmKZ04unImDGwS5v3UChdPNPt+vHk5AzO+h0N2F3q67cPvKQonjn6RYLvRsOPQsiuiRWnMe+J997jQ02WHS+uOmyOxKjpnovNx2O6CvdsOd4qk7zLPx1/Zn3Dvxg7htU6YH5gIdsad+OFkonWcaBLtm2/feehd/J0xFD+3EzaPB16PHQfKLwNj56Fsl037thAi+xJJfD68abQFb1eH6Bx2C7m//03hHO62Ke5vnUKb3rOxQ3htuE3XnkyQTzk+53qaU6pWnnVuEdpgQ4fwWoo2SOnBTNdJ7YrR7k4l/cHV/AWuZQxnmjah3e2B12ND7asXgrEr8cHhxDdXEjpP1F+9Hg883RZ8+vRs3Pf+ftg9Hng9PbC8cgEYuwCv1vakdnCbDtoii+7M1vdNrtzp8bjReeh31J5wRv7tsOKDfzCwC18dvtDQkTv1U5RmscMqjs5fsWAyAzO+i0N2UWK0r8dd4xnGXnwTjGefFrkdf+7NeHV9E5xKErXzVzydaLvRsOOwqCiNeU9m36+sb4JDi3MUTdQct3/HL1hwbuScHRRfvZ1al/h8rDsKh8y2bLuex3mM4V8fHo4s01OHZVcyMDYNb9f1KN531zYTJrGxmLHmZPS1zi334a9sDG6pbFO/j4jCmyWhppW/afQLnjdd2x4UzuEp0RcqP4cnI68pyHnb7hcibfqRNfKavV5o0yvwdr1d9XzVVVGqkgOStcE79dIRHyUezMSd6efnaHSnIsc5jmL1nL+BsXG4dPYzWPjA1ZjAGM4u/RpHZaY+pe88B9q2v4GbDAzs/Ofwe2eGDs5jd/aI+oXT44HXXo93R9Avsu3OSLjQ9ttHeOX5JzD32rPB2ATM+vgQ7CrlazrulC1Ks/5Flyi8Xg3DhaZVt+J0NgHz1p+ER/Se6+jH+BdjYOzPmP7Y21j16WuYc8kYsDNuxcrGxFeYsVdBt0S2u64NnoTLyBelcfv+jO97BlY2OjU+Z94c5YL8OcuoLWx78c4148DYWbjmnvvw739OEObSXI63EkyXkNt3+5pbMIb9GaWbOqKv2X5/CucyhumfHE15xzY/I7ttoeQcKtpuWm2a+0gmVlWOQYu+37NP1AbzYtugziHxgxIPKs+9jPJzNLtTUX9w4NjPz+PvY8RzGC/Go18fRI/MdtNynuskfl96B85iDOzCB7DqoC3N4xslkaXvm0zaQrmTHWj8vAQXTDIIc1NvwuJNx+DS4HylcmfhFqWOfXjjUgY2ZSF22STvtf+AmeMYxt70NY67hGT49XGczcbh9jUnk38m+97IdosXYle33HJJ7pSeGsG+8zWSnbMMz4f7VA1WvlCKW6+7ESUPv4LX500GG3MzVrcp33f3VhMmMYbrvz4elUf7urtgYKfjznXt2p83vbVFgn7WvU04h9+0Ri/82tcL53B9h9Dffoxs9+ZvcNwdWcb22xOR7a49Fd2Wu70GK1+YI7Tpq0Kb3oLVJ9X3R0EWpYrawBMJRR5MI/dy6Ip8jVSOcx7+CNeNZfjzrf/Db8ftcBzbjnfumADGLsCLNbaE21TsvB4rvnv0YjD2Z1y98Hsc7HanfXyjKUb8fZNjdw6HB/bGdXjmIgZ25sPY3q0/d8oXpRpJT62w7VqIKYzhkiV74ZC+79iL1y9hYMYPccTJk+FuGJgBd2/oyHy70XDg8LtCUcrvMGRh31kPlTq0rZqfMwsc0vftFuF8fIAjDo/C8+FBl3UPjnQLnd1xAG9dwcD+/j/UOZS3l7v5S9w8jsEwa3Wkw3vasemhs8CYEe8fdmouwrjQYb9IeQ4Vb1d5m6qRu0nFqpHTch/Z6VcZ5V6O8jNnkfP+7kbX4T040iUUg/b9QlssRZ0wJNyx/t8Yz8bjrvXtUT90//oo/sYYpn/eDHem/dXbA8ubV+K0MZfj2XXNMm2VIle0dmVW3ZmbfpEtdzqO/YYVryzBj828/WyofmYyGLseXx9P8Nk1dqdsUerzetUNn5phQ/XT54KxC7F4r114zScKN5pX3YYzGMPZNz+NZctfx71TGdik+7H+pAc+nw/upi9w298MOOvOb3Hcw9frEW3XIdmmOJywCkXpW/XO5Pv+6HXcex4DmzQf69vc6rdLzkPUFhZ7gvddabeFq+ET3Dqe4U/XLMC7n63AktLzwdgEzP2pDZ6Yc52ivbzt2PTIZDDGcO7M5/H6czMwiTFMvHc1WtxybZvPkSp/k/SLNg98Xh/cR1dG2uKOyJW7z3Nq+BzevhCvP8vP4fdoccm08UdL4nLedeTj4Tb9tGK4TX88AY8GXkkm1tHqTleDqA0+q8i4X2XuzjTzcxS7U0l/cFk/xPTTGMZcdj/e/LwKP33/Hh67ahwYuwT/sTgSt4UC57mPfoabxjGw82fh4SeewBPRWIj3/7DB50vHwfkfI/q+8Q5HbtzpgW3PO7hxPAObeiee/e9yVJQ/gCvGMrB/LEWdQ32vpHJnkjulPlVD1URy1mHZjefi7H++jN09Mst4OlD97r24fEJkLs5fps3DB9Ud0SRzN3+JWVMm4rzZq9HqSWO7Ph98PhcaPp2J4sm3YrlVWpT64HW3Y2fcvtsTXtmqEr7h0FVb8M7cJGoLtw8+rxutG1/FrGlngjGGcedejcdW1aPHEysBn0PYt/Fl7LZJ3uPRcxirHpmOyaczsDFn46r7PkRtlzd2GR2IUfO2SNYv7AnOYbc3re36fDJtqtH5T361P1rdqbANUuRRxu5UsEzhuFNJW7jQsv5FzDhvzPCc0nOux7PfN8Ap605fSuc5DyzDjedOxMSJ0piKe388FclJpQ7WoO/mVb/Iijs96Kj+Pzx082WYxBgYOx1TbilD5ZFkN85yF6ncKX+nVOUD7dU8emXCC7fLm+T97IcvGl64XF7h/7XrdNq3DQ8P3C5P9N9Kjt3jcsObjfPgdcPlycJ2Rk2bxLaFojZRdA49cLk8WWvTXH3+pFf7BZALXpdbtG/13EjuTNUWicILV1cb2joc8PqUuzNbzsuag/OgTVK3hXyMvC1Su9PnccKl8GJAK3fKFqW9vT5VQusEHY6IzHp79RPan5MEiaqD86KfUKeP5EvfEYf2bZPbdkom1kJtf+3beTi0PyfkTrX7ZD73HXLnsDuTFKVan4zCjUSJqmVofT70fG4i56dPR6F9GxVCJBer9sdXqKG1C8id5E6K5JHKnRoXpcMJ0afL6KXQSWjdkZKF1ueGQv180b4oJXdS6KMvkDtHV2jtTrpTSkFBQZFmaF+UUlBQUORfZFyU9vX1FVRo3VDJQutzQ5F/OUN5mttIJlatj436QWHmZD6F1nmht9C6PdSMVO7UTVHa39dPIYTWSRON/vjo7+/XT2jeVn2ahub5Ec2TfvRpnQtJQguxkju1Cc37QrRPkDvJneTOTNypm6LU6/Wio72dgoKCQlF4vV7Nvkz0VJSSOykoKNIJPbtTtihVuyJ3uVywWq1obW2loKCgSBpWqxV2uz1m6EtNXyUTK7mTgoJCr6F3d+quKCUIgkiF1WrFyZMnYe/pgcftRl9vr67ESu4kCEKP6N2duilKnU4SK0EQyrBarbBarTh2/Dhs3d3wer3o7+/HwMBAXIz2opTcSRCEUvTuTtmidHBgQNVQ+2q/pbkZ5eXlcDqdce+tqKhAS3Oz7Hri91qam+NOcnl5Ocxmc3YPuICx2+1aHwLMZjPKy8szWk/6b3HOWSyWjLZb6FitVuzcuRMWiwWtra1wOhyRhxh0cLVP7iR36gVyJyFF7+6ULUoTVc25DKfTmVSsRUVFMWEwGFBVWQkgIjKj0Rj9f+myJpMpTqAmkwmLysoADHcaHgaDASaTKeY1jtFojHndaDRiSnFxzHJVlZUwGAxKc4RIgVwSS+Ftz9uV43Q6YTKZovlQUlISzQfenhy+nFSI4nwrKiqC0WiEwWCAwWCA0WiMeY1vz2w2w2AwYEVFRTQ/+PGJv3ynFBdjRUVFZienQLFardi6dSt2796NluZm2O129PX1qearZGIld5I79QK5k5Cid3fmVVHKk9FsNkc7ABAv1inFxdHlqioro3LlOJ1OFBUVRTuXUrHy9fgVWqJlOVOKi6MdkRgZSsXKJSf9UltUVhaTE1OKi1FSUgIgVqwrKiqi7SumqrISU4qLo//muWg0GqPri1/j21tUVoZFZWVRsZpMpqh4xWKVbp9IjdVqxcaNG7Fz586EYh0cHMxp5FtRSu4sTMidhBS9u1Pb4fvB4Ug1BCW9AuPCBOLFyv9fuiwXaVVlZbRjibcvF+KOYjQasaKiAisqKrCorAxFRUWYUlwcfZ1TXl4ed9VJZIYSsVosFhQVFaGluTkuV0pKSmLau6W5Ofo+F6GcVAFEr845VZWVMV+60uDDlPw4jEYjLBYLphQXR+8KSHNUnJ9EaqRiddgd6O/rx+DAYGxoIFZyJ7lTL5A7CSl6d6d8UZrjalkaSsTKBcZv+XORpRIrX593JumVufRqP1HwjisegjIajdErfelQBu9QxMhRIlaTyRSVZ0lJSczdHbPZHB22NJlMMV+AfAiRt20ijEZjjKj50JI0R0wmU3QbJSUl0Zzj/xWvw4sCuX0QybFardi8efOwWJ1ODAwMYGhoSJVIKlZyJ7lTJ5A7CSl6d6emRan4QJWIVTzUwzsEkFqsfOhITqxiMUr/K+4E0tdJrOqgRKx8vpHZbI7ehRFfPbc0N8fcoeHiFX9Ji7+sxSQSq/iqnQf/4ufL8PVIrNnHarVi06ZNw2J1ONDf369aIah1UUruJJRA7iSk6N2dskWpWlVzOmKVJh5/LZVYeafh8Csz8fu8Q/FhCPHy0s6iRKwrKirihrmIzEglVt6+0hDfDRJvQzx8KW43Ljzp/kpKSmKEq0SsfNtKxWowGBTP/yLir/adTpdurvbJneROvUDuJKTo3Z15VZSWlw9P1ufJyX+eRG6yPu90YpFaLJaET3iKO5w48cVPmorFyudJ8RB3Pi5cYuSkEo503hN/jd8N4tLjOSF9T9xOfFnxnQLpF7GSISi+LS5Wi8USJ2IOn0NFKEd6te+UudqnopTcWciQOwkpenenfFHq96saSsQqN4leKlbpcol+1oT/3AT/vHw98VW/WMxArFj504qJOgvvKHK/10ekRzKx8jsz0qEj3m78t+34PCU+v45vUypW3nZikUrbs6W5OfoEc1VlZVS04p804duWuzMg/iI2mUwx+yNSE3+1r595UeROcqdeIHcSUvTuTtmi1O/3qxpulX8AWvxUKf+pC/EQF79yE3cAi8US8zMV/OpRHECkQ9HTo9lDD0Mz/M5OS3NzdNK/OF+cTmf0ThOX66KysuhVfqJc4U+y0pdw+kjF6nK5MDg4AL9/SIjc+iqZWMmd5E69QO4kpOjdnfopSt1u+lN5REL0IFZCXyidF1UQRSm5k5CB3ElI0bs7qSgldA+JlZCS+Gp/UDVfUVFK5APkTkKK3t0pW5QGAgFVIjovisRKyEBiJaTEi9UdI9ZceyuZWMmdhF4gdxJS9O5OzYtSHnS1T8hBYiWkcLHyv9/sdrsxNDQU9YmWV/vkTkIvkDsJKXp3Jw3fE7qHxEpISSVWLa/2yZ2EXiB3ElL07k7N75QOi9VDYiUSQmIlpOhZrOROQi+QOwkpenenbFEaDAZVDa/XS2IlEkJiJaRYrVaYzWaRWD0JxZorXyUTK7mT0AvkTkKK3t1JRSmhe0ishBSxWI8dPw6PxwO/36+ar6goJfIBcichRe/u1HT4nsRKKIHESkjRs1jJnYReIHcSUvTuTs3vlAaCIQSCIXg8JFYiMSRWQkoisQ75/VGf8NDqap/cSegBcichRe/ulC1KQ6GQquHz+UisREJIrIQUPV/tkzsJvUDuJKTo3Z26KUq9JFZCBhIrIcVqtcK8deuwWL1eBAIB1Xylp6KU3EnIQe4kpOjdnbopSulqn5CDxEpIsVqt2CoSq1dnYiV3EnqA3ElI0bs7qSglUhJyOfD2ym6cDGizfxKr/lE7R+KHoLy6GoIidxIAuZNIDbkzQsqiNBwKqRp5JdZwGOHsbAj+oSD6hrKzNfndhBHKdF1/P75esgtTS6sxs8qLvhwfaiLyUqx5liPh0AiOV4McUXq1nytfJRNrIbhzRPmSnSPIqF+E0jzowIAfjv4MP2uBuzM/cyRD32bqe3JnFO5O+aI0HFYn1BJrcBDrPqjDzLL9SaNkWTuOJbpiCfmxd0MTHnyxFpeUVuOCx/bDtLwVa48F0i74gn0DsPx+Agtf/gNTS6sx9Q0HvIrXDsPbcByzHtqNS+/fgwV1iS+vwkMD2LGuEXc/sTuyj9LduPrFI3h/Tx96lSZ+OIC9X+8V1q/G1NI9WLR3KPMCN0NUE2s+5shIjtk/iF8rrSh5qkZo3xrMWHoMP54IKj9ejXJE8RBUOJyTSCrW0eZOTjr5MtK+JEP67gzD1dyBl1/biyvnVGPq3D2Y9VYTKvYOYEhmjdBAH7ZUHcHtpurhvJ5vwfxVXaj3KpRnobmTk5c5kuF38kh9T+6MgbtTN8P3vb29uRVroB+fLBRJRi4WtKLBH7tqeKgPa96rTbz8fXX4qElZEoZ8Lrz1Wi0ulG4jjaI05LJj4SPD686zxPfW8IAPn72+W/Yzzlqj5IosjO6aBlwpXX/+QXzTqa5aVRNrPuZIpsc81ItPF8vlyD680xhUcOWvXY7Ei9Wnq3lRo8qdQPr5MoK+lIjM3BlG564G/CPhvmuxaM8QpPYMD/rw4Uu7ostd/Egtpt8vWu/pFtT4UvWMAnQnkJc5kul38sh9T+6UUnhzSsMBNNZ2YfW2zrj4ZvUhTBOSYvamfsTmfwhHqvZFRfb0ZheOOvw41WzD/wR5/ePtLmXzQQY9eEUoKC94fD9ufyDNojQwgNVvxnb6uKI0HET9t5boldfjP9lhdQXh7nSjcjl//QC+6k4u1mBPF+bNi+zjcr4/LucX2tCk4hwp1cSajzmS0TGH0ba5DheUVmNqqQUv/OqDfSiEnuM2/Oc5YX9PHcNhuVtJAlrmCBdrTU0NWltb4fP5EAwGE95RVPtqf9S5M5N8ybgvyZCBO4P2LsybG1nu/LJj2NI6CNspJ5Yv2R314OcdYg+G0fFLnfCeBYv3DmIoDCAcRMfhNtxzX2RbN1b2yt5lBQrUnXmaI5l9J4/c9+TOeFLPKVVrCEoIVa72ExH2Y8dHwi37Z1pxeFDyts+BJ4VkmbUhtnOEvF6YDw6gX/FweBBth1041BNEEEHseDONojQcxJEfDkSWn7MH19wnV5SG0Lb/JJ5/cQ/u/M4bM1Qf9tgwt7QaU0t34/H6YNLdDbYcw9Wl1bj2sx6sWSJ8/nU9WFZWjan3H8HuAYWfOQtoPqc0X3JE6TEHB/D1i5HtGj92Q3zjJ9Ddgdml1Zha+gdePqLfHElHrLkIXQzfq+XOLOULgJR9SX69dPtFCI2r+UV4Hb61DR90yGPH40J/ve5bH4YPIYg9HwjDzovacSrm4wSw423hDuoSGxxJ+nNBujMvcySzdbLhe3JnPCmH79U6QPWu9hMz0NqKm4UO82J9/C13b50Vl5ZWY+rcg/jZFQYQxoDPjz4FfSs56RQcYXgOt+AGoaB8cKsD7zwtU5SK15J0jL6W48I2LHinNfkQwWDLMcxcfBKNgwFsf0PoNOYBDHR34eFnG0anWGXIjxxJ45gH3Sh7MLLde3dK5jAF+rD82ch701d5kez7QMsc0btYR5U7s5QvQOq+pAwF/SI4gC/LhDtgS7rRHYpdf/dHQvH55DFYo3fvQjj8lTAk+1ADtntEAh3qxfvC57z8PRf6khxdQbozH3Mkw3Wy4XtyZzxUlAJAaBA/lgtXv6+0oy0uqUI4WilcbT/ZhM+/teL26HzO3bj+9ePY1pPp/A/lnSbk6sGzD0eW/ccHdvQM9uKdBamL0tDgAOqtLlTvtWH12kaUCFd3F7/WjmMpxkP8Tg/q3WEA4k4ziCDCcB9349SoHIJKQJ7kSFrHPOTF4kcj272pKnYoMtznwkLhy+WipU74kuxGyxxJJVYt50WNOndmKV9S9yWlKOgXAy48IwzFXv+tdLg9jI5twqjT3MPY0T/8zuCJE7iVD6c+ZcWHNW7srW3HKy/zIX8LljYnP/CCdGc+5khG62TH9+TOeHRRlIrRYvh+8Di/c/gHXqgPJHiwI4ja5fwpwuG45IHhifCRicmZ/I6Dwk4TGMB3bwhCfPoYanvDgF9ZUTp0olX4fMNx6WsnsEfpE6SRA5B0GvXRsijNixxJ95jDAez4P+GY7z+Iz5ojdyPCQ/1Yv1w0ef/lTnQpqqfVz5F4sfbGiDXXaF2Uism5O7OUL6n7klIU9IteO+aVDt+Bkuakd/9hYf7jAXzXEzuvtGvvMcyeVx3Xp6c+cBDv18c/HCVPAbkzH3Mko3Wy7Xtyp/j1pEWp2qhelIb92PqOUOw9f1LmJyeCqHlv+MGiS15rwx5hSKfvVBeee0wo9JbaYEv7ZpiCDhAOwrp2f2SZOQew4oSQsgqLUn9XJ555dT9uW7AHl0Q70C7M+sqBHsXZX0BilZIPOZLRMQP+7k6YRE8VX/BgDS6Wfgn/pxs9ihylvVh7e3sRCqn3ZHMysaqNGu4ccb4ozEtlKClKHTDNiSxTsm0wbgjYJypKvxEfdHAIv35VN/zwSWkNrpgz/Bmvfa8DDf1QSGG5M+9yJKN1su17cqf09YItSgPd7ZglJNbcHXK/DRZC4/fDT6x/Y4u9ou6pPojzS6sznJicugP4GlpwvXCMf1/ahrXVNvxcbcPPO9rwsDAccvOXnfi52oad7cl/WzLU34ctX+4XRPwHnq9TehVaWGIVkw85ktkxR+jvtOO9tyxCTlRj6pw9mPXBCbyzSBDuMid6FR0niTXV67lELXeOJF/SycvUKOgXg178RxhWveH7+OF72w7hKfu5h/FbdIJoCA2ip6qf2uBG51DkN593/mTFdOH4r/zAAadOL9akqJ2PeZUjGa2Tbd+TO6WvF2hRGkLTGuFHa+cdxhaP7KUben4X5PVAA/6QJFl/YxOuKq3G1NI6rHOne9s7VQcI48TPXJCp49afJD+bkehwAr14T3hA6pqvfCknnAsrFZxYI+RDjmR6zJJPEAigq8ePwTCAQS9eF672Z24cUDhUSWJN9XouUfuCPv18ySwv5VH2oNMq4UGnC8ttsIdj169dLjzd/cQxHOIV66AHrwqF7LVfeRF7QzSElp+4jw9io0fJcRaqO/MkRzJaJ9u+J3dKXy/MonTIi/LHI4lw+f85kSz//e0ncbtw5fxmkzhlwmjbJAytP9KEAyl+0zGe1EVpd00T5i+uR6k0Xt0f/UHoi56pQ+nig3h5VyShw0MD+H1dI2Y+XoeKY9IfKx5+CvK6b31Jf2tPtFJhijUvciTzY0YogIY/urBLcsvHU9eAv5dWY2rpPnzSkT/zovQmVjVRxZ0jyZd08lIRyoqH1p/51Kd6rBX9hlPIY8ezD0XWv3qVF9G6om94yH/Wlvh5qM49h4RXx5vnAAASX0lEQVQ7gPvxuaI5gwXmzrzLkczWya7vyZ3S1wuyKO0/2ox/lVZjauluPLY3xTB22I8tbwtzSB614svGQfQHgmira8Vs4bdCr14p/l22IPZ/sQ/Gh//AlU9asUF2nGcEv0GZZE5pyG3Hc8KT+lMfPIR3d7hw1B1En6cP276rE+aW1mABDd8nJR9zRPExi/8Iw3PNWNc8iP4hP47VncBcYU7YtGU9UP6jASTWVK/nktz/NbyR5YvyvpTdfhG0d+E+4cfzL3ylFb+cGoL9lBMfv8kfVNmHD9tEBx3ow0f8h94fPYJvjgzAGwSAMLwnuvDCk8J7Dx/FHkXzSgvInXmaIxmtk7bvk0HulL5egEVpCNava6NX0OtcqTPHb7Phhadkhs4XNGFnTPYF8cd7w38xZLVd3aIUCMPTeAL3JHp6VIhpb3ejkx50SkI+5kh6x9zf1g7TA4mP96KXjmNXWrcqSKypXs8largz83xJJy+z3S/C6NnbFPcLJJH4A0/8NhA319RZ14TrYpbbjWnzJOv9PqjbaS1S1MzH/MyRzNZJz/fJIHdKXy+8ojQ4gDXv7MP1CyyYsawL7QqzIORz47MP63ELvwt5fy1mV3TgUNwfkQ+h/ps63LjAguufb8AW2Q4WhOWz/bhhgQUzP3YrfKBEINCPVf/di+sX7MfLhxN/gKEeBz5dUY+r5w53lsufrEPZJjd60nqqsbDECiA/cySDY+4/ZcN7yw9Ff2fvkif24+FVNhxLe5oBiTXV67lEtQedMsmXtPIyF+4Mo2v/Cbzwxj5hrl8Nblp8BG9X92Mg4ebDcDd34b//2yd6Ar8aU0t34YbyJqw6PKTsT14CKER35meOZLaOct8ng9wpfb3witIRE8bQYGiETwaqi38wiP4R/Ajx7uV78a/HLHi8eqRPRGaG1n/RKX3yLUfCGBwaySQu9XNE72JVE/XdOdJ80YhQCIPpeDAcgsc1iFNOf4b+LGR35mmOZMRIfE/ulL5ORSmhe/KvKCVyjd7FqibkTkIOcichRe/upKKU0D0kVkKK3sWqJuROQg5yJyFF7+6kopTQPSRWQorexaom5E5CDnInIUXv7qSilNA9JFZCit7FqibkTkIOcichRe/upKKU0D0kVkKK3sWqJuROQg5yJyFF7+6kopTQPSRWQorexaom5E5CDnInIUXv7qSilNA9JFZCit7FqibkTkIOcichRe/upKKU0D0kVkKK3sWqJuROQg5yJyFF7+6kopTQPSRWQorexaom5E5CDnInIUXv7qSilNA9JFZCit7FqibkTkIOcichRe/upKKU0D0kVkKK3sWqJuROQg5yJyFF7+6kopTQPSRWQorexaom5E5CDnInIUXv7qSilNA9JFZCit7FqibkTkIOcichRe/upKKU0D0kVkKK3sWqJuROQg5yJyFF7+6kopTQPX19fVofAqEz9C5WNSF3EnKQOwkpencnFaUEQeQdehermpA7CYJQit7dSUUpQRB5h97FqibkToIglKJ3d+quKKWgoKBQEnoWq5qQOykoKNIJPbtTN0VpIBCA3W5HS3MzampqsH3bNmzcuJGCgoIiYWzevFm3YlUTcicFBUU6oWd36qYoDYVC6O3tRfupU7BYLNi+bRs2b95MQUFBkTC2b9sGi8WC9lOndCdWNSF3UlBQpBN6dqduitJwOIyBgQHYbDZYrVZYLBbU1NRQUFBQJAyLxQKr1QqbzYaBgQGEw2HVfKWnopTcSUFBkU7o2Z26Kkr9fj98Ph9s3d04efIkWltbKSgoKBLGyZMnYevuhs/ng9/v15VY1YTcSUFBkU7o2Z26KUqByDCU3+/HwMAAent74fP5KCgoKBJGb28vBgYG4Pf7VR1+AvRVlALkTgoKCuWhZ3fqqigFIlf94XAYoVCIgoKCImlwX6iN3opSgNxJQUGhPPTqTt0VpQRBEHpHj0UpQRCE3qGilCAIIstQUUoQBJE+VJQSeUNLczPKy8vhdDoBAGazOSYXLRZLwtx0Op0xrzudTpjNZtl98O2PBOmxVFVWJtwuPw5+TOJwOp2oqqzEioqKER8PoS5UlBJ6gtxJ5AtUlBYQZrMZU4qLUVRUhKKiIiwqK4t29vLychiNxrh1ioqK4iTE1xeLwmw2o6ioCOXl5UnXLy8vj65vMBhQVVkZs740xOuaTCYsKiuL2ZZ4fyUlJTHiFS9nMpmiy5tMpuixlpeXo6W5OennlWKxWKLr8uPncEHyzyn9f77tFRUV0df5MRmNRhQVFWFKcTGMRiMsFgtamptRVFQUc4yE/qGidHRB7iR3EupARWmBwDuoyWSC2WxGVWVl9N+AcrGuqKiAwWCAwWCIuQoVi1FOVIvKylBUVIQVFRUxwqmqrIyun+iKF4gISyzzFRUVMBqNMBqNUZkWFRXBYrHEHfOU4mJUVVZGZSheTypW/jpHLGmn0wmj0Rj9/FyCU4qLo8tZLJbo9qWi5MH3M6W4GCUlJTCZTDAYDCgvL4fBYIDJZIo5t4vKymK+UAj9Q0Xp6IHcSe4k1IOK0gKhvLwcU4qLY14zm83RDqxUrCUlJdGOLl6ei1EsD/H6XHzS4RQ+NMPXl6OqshIlJSXRf6+oqEBRURFKSkowpbg4Knyz2RxzbPwLxGKxYFFZWcwXg9FojBMWX3dFRQVKSkpijslkMkWPQSxgk8kU/YISbyORWPnnN5vN0ePgguVy5Vf+HIvFEtd2hL6honT0QO4kdxLqQUVpgSC9ipXCr7zFV6VcDFys/I4Bn/MjvrLnYuTL8H2Jr+DFkhLPA2ppbo4ZwuIhlrB0uImLWnyXgQuMXz2L3zObzdFzwP8rFZjT6YzekTAYDFhUVhYVv/Rug/huB3+PnyPxZ+BX79LPxK/2uej5FwB/Xfoll+xLh9AfVJSOHsid5E5CPagoLRCUiJVfbYpDLFbp/B4+twpAjDj5clyyfFK9WA5i6ZWXl8fdLZBeiUvFyq/GxcKSHrt4P0rEyqWWaF4UXx9A9LOIh6f4Z+NDY/wqXvpFJd4Glzg/Hr7vRHdeSKz5BRWlowdyJ7mTUA8qSguERWVlccMYVZWVac2L4nOBxGEwGAAg7mreaDRGh3D4+okmwnOppBqC4iIUHzs/Bj4XiV9VS4WpRKwWiwUGg0H26VH+PhAZhpMOh0nPrfQqnwcfjuPnkg9XJRuC4l9QRP5ARenogdxJ7iTUg4rSAkFusj7vwKnEyq9wpT8jIp1sL92fWKb8yU2+fFVlZVQmqSbri8XG4dvjV9F8P+Irc/Fn4POSEt1R4NuX5jYfIgMik/65EC0WC5xOZ8wDBxx+5S59SpR/TvEy/Kle8RCgdAiK39kg8gcqSkcP5E5yJ6EeVJQWEFWVlTE/a2IymRT/rAm/GpXCJ70nulqXDmGJ5x3xOwUmkylmXpQ0xHcHxHORuFSdTmdUllxIUjGJ508lGhLi+cy3KXcMXKTieWFFRUVx87eKiopihsek872A2Icb+Pvip0mNRmNU6NKndQn9Q0Xp6ILcSe4k1IGKUiJv4Hco+ER/8c+R8KdD+VOx4jlVXJ78TofcHQUAUcknek+K3Pwp8W/xJQq+Hy5LfleA3zHgAuf/padH8w8qSgk9Qe4k8gUqSgmCILIMFaUEQRDpQ0UpQRBElqGilCAIIn2oKCUIgsgyVJQSBEGkDxWlBEEQWYaKUoIgiPShopQgCCLLUFFKEASRPlSUEgRBZBkqSgmCINKHilJCM8IDHajfsQmbqhvQMxROuXzI24rD9XWoqxuO+iPt6AsJ2+vvRMPB2Pfr6upQV38Ep3pDsRvzO3C0ehM2bN+LVl8ofmcEMQKoKCVySbrujOCH6/hebN/0C+pO9SKY0TJhDHbuw5bVX2LV6o3440QflO6dIJRARSmhCf7WrzF3MgNjQkycjVUtg0nWCKHrm2uHl+dx9tOo7Y8sMbDvBUyWvs8YGDsTj+3uE7YTRM+2hZg2VvT+n65D+R4PqDQlsgUVpUSuSN+dAPzt+PnZK3CayIsXLdiErkA6y/jRtvp+FDMGxsZgHGNgbBLuWG5FP1WmRJagopRQn8BJfHX7GWBjr8SCb/biwA8v4drxDGzaUhwZkltpEIcWXwB2xm1Y8dse7NkTidq6E+A3QUPeZtT8uh3btwuxaQXuncjALngJe3sjywS7f0LpXxnOuPF/+LXVDfuR1TCdzcCuWo5WvxofnigEqCglckJG7gyiq2oWxrMJuKtiD9qd7ah5vwSXXvc81ncElC/j+x0PTGA4/eYKHPIGEeo/htVzJoKNuRVVNrqkJ7IDFaWE6gRaK3AVY5jy4n4MAAD8aFo2DYydj1fr5a74ffh1jgHs0qVoGAojGEglwSA6V5fAwM7Eg1sdorugYfS27oPVKQxMBdrw6b8Y2MXlSaROEOlBRSmRCzJyp78Jy65gYNM/Rqs/hKF+f/yokIJlQt2rcQNj+NujO+AJA8AgrOUXgzEjPjkRkG6RIDKCilJCdfpqHsOZbCzu2OSJvtZbbcIENga3b3AnXinYgS+vYWATrsOMqyaBMYYJVz6CLw56Ew+799bi+WIGNr0Cx+PugIbgsnyON15+Fg/ccA4Ym4jZX7WCbpQS2YKKUiIXZORO73bcO55h7KUzMP2c08AYw2mTb8Mb27sQSGeZYBfW338WGBuHy+eU4aVHrsNExnDO/B/QSTUpkSWoKCVySAiu6rfwyPz5mD9/PuY/9BLWtvnh2XQ7xrC/YN4OX3TJ/n0LMZkxXPt1Z+Iic7Aer5zPwMb9Ews++BbfL38BM89hYOc8jl9d0glNQXSuvh2ns4kwbXMlmIgfwKnv7sZFZxqEOVkz8OaOHpmJ/wSRPlSUEiMje+4Mdn6FaxgDY3/BtQs+xOpv3sL8y8aAnTET37UHFC8DBGD75WVcNUY8X/9SPLX2OFLMaCUIxVBRSuSQELrXm3DVRRfhoosuwkXTZuHDxiH07X4UZzKGm9baowWjZ9u9MLDTcdc2r8y2gujrbkVLV//wOuZ7YGCT8MiuvthF/Y14+3IGdt5LODCQ7PjCGGrfirJLGNjfnkBNX7JlCUI5VJQSIyOL7vRsQck4hrEz1qJHqFr7a5/BOWwcZm1yK14mcOJz3DiW4S8zP0Ct3Q9/zx/48N8TwdhFWHyQylIiO1BRSqhOqKsSM8YxGGavjwgw7MGOx88GY//Cx61y40ABOOo2YUtjryDjEGxrb8M49jc8LqkmBw68hPMYw2VLG+KG5P22Wqx6/S1siT5SOoD9ZcVg7Cas6aFHSInsQEUpkQsycqe/Af+7jIFN/xRtwiKebXPwJ/YnzPnFq3gZ7/Z7MJ6Nx73bh4vfvj1P4SzGcO23XfTrJURWoKKUUJ+wG789WQzGGCbPeglLF83EmYxh0n3r0CWMoQc7vsMdZxlw9r9/gC0EhD278dKlDMxwNR5f+gkqltyPq8YzsCkLUeMTF5MD2Pf8ZDB2Md6Me3IpjL7DH+KW8QzsgrtQ9u5KrHznEVw5loH98z000aRSIktQUUrkhAzcGZnOdAfOYAznzHgeH32+FPedz8DOfAhbnbyUTL1M4MSnuPY0hjHTHsY7327Alp9WYIFxHBi7DOVWekqUyA5UlBLaMHgcq5+8FsWnM7Ax58D4wKc43DtcXAY7K3HXeZMwtXRddDgp0GXGknunY8rpDIydgSk3luGnVsmwkb8JH90yGedMX4K6hEP3IXj2VeCxGdNwJmNg7HScd9srWH+CpEpkDypKiZyRgTsR8mDf8vtwxcTIXNC//t2ET/ZLfps55TIBdG1djJlTxwzPKT33JpSta6OHRImsQUUpoS3hIFL+ulOCdfzZGCsK+RGgEXsiB1BRSuScTNyJEAIpV0q1TBh+nwN2zxAN2RNZh4pSgiCILENFKUEQRPpQUUoQBJFlqCglCIJIHypKCYIgsgwVpQRBEOlDRSlBEESWoaKUIAgifagoJQiCyDJUlBIEQaQPFaUEQRBZhopSgiCI9KGilCAIIstQUUoQBJE+VJQSBEFkGSpKCYIg0oeKUoIgiCxDRSlBEET6ZFyUUlBQUFDIB7mTgoKCIv1I5s6ERSlBEARBEARBqAkVpQRBEARBEITmUFFKEARBEARBaA4VpQRBEARBEITmUFFKEARBEARBaA49fU9BQUGRQZA7KSgoKNKPZO5U9DulgUAAg4OD6O/vp6CgoCioGBwcRCAQSOpIcicFBQVFbGTizqRFaSgUQn9/P9xuNxwOB3p6eigoKCgKKhwOB9xuN/r7+xEKhRSJldxJQUFR6JGJO/8fSE/F6uarpAsAAAAASUVORK5CYII=]]
30日終盤のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが98円を割り込み、対ドルでは1%下落し約2年ぶり安値となった。欧州の債務危機と銀行セクターをめぐる懸念が高まるなか、ユーロの売りが膨らんだ。
豪ドルが急落して「どこまで下落するのか怖い」という方も多いかもしれません。そんな時に参考になるのは相場の歴史。

豪ドル円の過去20年分の為替チャートをご覧ください。
[img[http://livedoor.blogimg.jp/kawase_oh/imgs/e/f/efd1f6da.gif]]

豪ドル円の為替レートは上がり続けたり、下がり続けるわけではなく、過去20年の間、意外と一定の範囲(60円前後から100円前後の範囲)で上がったり下がったりを繰り返していることがわかります。

そしてその中心水準が緑色のバーで示された部分。過去20年の毎日の豪ドル円NY市場終値の全データから私が独自に算出した平均値は79円の水準に位置しています。このことから次のことがわかります。

●79円を下回れば平均水準より安い。
過去においてはいずれ平均水準を上回るほどの反発が生じている。

●79円を上回れば平均水準より高い。
過去においてはいずれ平均水準を下回るほどの反落が生じている。

トラリピの戦略立案や、長期投資のご参考になるかもしれません。
<<options>>
!usage
{{{<<player flash AnalogClock 400px 400px>>}}}
<<player flash AnalogClock 400px 400px>>
!notes
{{{<<player>>}}} macro requires http://www.TiddlyTools.com/#PlayerPlugin
!type
application/x-shockwave-flash
!file
./clock.swf
!url
http://www.TiddlyTools.com/clock.swf
!data
/***
|Name|CalendarPlugin|
|Source|http://www.TiddlyTools.com/#CalendarPlugin|
|Version|1.5.1|
|Author|Eric Shulman|
|Original Author|SteveRumsby|
|License|unknown|
|~CoreVersion|2.1|
|Type|plugin|
|Description|display monthly and yearly calendars|
NOTE: For //enhanced// date popup display, optionally install:
*[[DatePlugin]]
*[[ReminderMacros|http://remindermacros.tiddlyspot.com/]]
!!!Usage:
<<<
|{{{<<calendar>>}}}|full-year calendar for the current year|
|{{{<<calendar year>>}}}|full-year calendar for the specified year|
|{{{<<calendar year month>>}}}|one month calendar for the specified month and year|
|{{{<<calendar thismonth>>}}}|one month calendar for the current month|
|{{{<<calendar lastmonth>>}}}|one month calendar for last month|
|{{{<<calendar nextmonth>>}}}|one month calendar for next month|
|{{{<<calendar +n>>}}}<br>{{{<<calendar -n>>}}}|one month calendar for a month +/- 'n' months from now|
<<<
!!!Configuration:
<<<
|''First day of week:''<br>{{{config.options.txtCalFirstDay}}}|<<option txtCalFirstDay>>|(Monday = 0, Sunday = 6)|
|''First day of weekend:''<br>{{{config.options.txtCalStartOfWeekend}}}|<<option txtCalStartOfWeekend>>|(Monday = 0, Sunday = 6)|

<<option chkDisplayWeekNumbers>> Display week numbers //(note: Monday will be used as the start of the week)//
|''Week number display format:''<br>{{{config.options.txtWeekNumberDisplayFormat }}}|<<option txtWeekNumberDisplayFormat >>|
|''Week number link format:''<br>{{{config.options.txtWeekNumberLinkFormat }}}|<<option txtWeekNumberLinkFormat >>|
<<<
!!!Revisions
<<<
2011.01.04 1.5.1 corrected parameter handling for {{{<<calendar year>>}}} to show entire year instead of just first month.  In createCalendarMonthHeader(), fixed next/previous month year calculation (use parseInt() to convert to numeric value).  Code reduction (setting options).
2009.04.31 1.5.0 rewrote onClickCalendarDate() (popup handler) and added config.options.txtCalendarReminderTags.  Partial code reduction/cleanup.  Assigned true version number (1.5.0)
2008.09.10 added '+n' (and '-n') param to permit display of relative months (e.g., '+6' means 'six months from now', '-3' means 'three months ago'.  Based on suggestion from Jean.
2008.06.17 added support for config.macros.calendar.todaybg
2008.02.27 in handler(), DON'T set hard-coded default date format, so that *customized* value (pre-defined in config.macros.calendar.journalDateFmt is used.
2008.02.17 in createCalendarYear(), fix next/previous year calculation (use parseInt() to convert to numeric value).  Also, use journalDateFmt for date linking when NOT using [[DatePlugin]].
2008.02.16 in createCalendarDay(), week numbers now created as TiddlyLinks, allowing quick creation/navigation to 'weekly' journals (based on request from Kashgarinn)
2008.01.08 in createCalendarMonthHeader(), 'month year' heading is now created as TiddlyLink, allowing quick creation/navigation to 'month-at-a-time' journals
2007.11.30 added 'return false' to onclick handlers (prevent IE from opening blank pages)
2006.08.23 added handling for weeknumbers (code supplied by Martin Budden (see 'wn**' comment marks).  Also, incorporated updated by Jeremy Sheeley to add caching for reminders (see [[ReminderMacros]], if installed)
2005.10.30 in config.macros.calendar.handler(), use 'tbody' element for IE compatibility.  Also, fix year calculation for IE's getYear() function (which returns '2005' instead of '105'). Also, in createCalendarDays(), use showDate() function (see [[DatePlugin]], if installed) to render autostyled date with linked popup.  Updated calendar stylesheet definition: use .calendar class-specific selectors, add text centering and margin settings
2006.05.29 added journalDateFmt handling
<<<
!!!Code
***/
//{{{
version.extensions.CalendarPlugin= { major: 1, minor: 5, revision: 1, date: new Date(2011,1,4)};

// COOKIE OPTIONS
var opts={
	txtCalFirstDay:				0,
	txtCalStartOfWeekend:		5,
	chkDisplayWeekNumbers:		false,
	txtCalFirstDay:				0,
	txtWeekNumberDisplayFormat:	'w0WW',
	txtWeekNumberLinkFormat:	'YYYY-w0WW',
	txtCalendarReminderTags:		'reminder'
};
for (var id in opts) if (config.options[id]===undefined) config.options[id]=opts[id];

// INTERNAL CONFIGURATION
config.macros.calendar = {
	monthnames:['Jan','Feb','Mar','Apr','May','Jun','Jul','Aug','Sep','Oct','Nov','Dec'],
	daynames:['M','T','W','T','F','S','S'],
	todaybg:'#ccccff',
	weekendbg:'#c0c0c0',
	monthbg:'#e0e0e0',
	holidaybg:'#ffc0c0',
	journalDateFmt:'DD MMM YYYY',
	monthdays:[31,28,31,30,31,30,31,31,30,31,30,31],
	holidays:[ ] // for customization see [[CalendarPluginConfig]]
};
//}}}
//{{{
function calendarIsHoliday(date)
{
	var longHoliday = date.formatString('0DD/0MM/YYYY');
	var shortHoliday = date.formatString('0DD/0MM');
	for(var i = 0; i < config.macros.calendar.holidays.length; i++) {
		if(   config.macros.calendar.holidays[i]==longHoliday
		   || config.macros.calendar.holidays[i]==shortHoliday)
			return true;
	}
	return false;
}
//}}}
//{{{
config.macros.calendar.handler = function(place,macroName,params) {
	var calendar = createTiddlyElement(place, 'table', null, 'calendar', null);
	var tbody = createTiddlyElement(calendar, 'tbody');
	var today = new Date();
	var year = today.getYear();
	if (year<1900) year+=1900;

 	// get journal format from SideBarOptions (ELS 5/29/06 - suggested by MartinBudden)
	var text = store.getTiddlerText('SideBarOptions');
	var re = new RegExp('<<(?:newJournal)([^>]*)>>','mg'); var fm = re.exec(text);
	if (fm && fm[1]!=null) { var pa=fm[1].readMacroParams(); if (pa[0]) this.journalDateFmt = pa[0]; }

	var month=-1;
	if (params[0] == 'thismonth') {
		var month=today.getMonth();
	} else if (params[0] == 'lastmonth') {
		var month = today.getMonth()-1; if (month==-1) { month=11; year--; }
	} else if (params[0] == 'nextmonth') {
		var month = today.getMonth()+1; if (month>11) { month=0; year++; }
	} else if (params[0]&&'+-'.indexOf(params[0].substr(0,1))!=-1) {
		var month = today.getMonth()+parseInt(params[0]);
		if (month>11) { year+=Math.floor(month/12); month%=12; };
		if (month<0)  { year+=Math.floor(month/12); month=12+month%12; }
	} else if (params[0]) {
		year = params[0];
		if(params[1]) {
			month=parseInt(params[1])-1;
			if (month>11) month=11; if (month<0) month=0;
		}
	}

	if (month!=-1) {
		cacheReminders(new Date(year, month, 1, 0, 0), 31);
		createCalendarOneMonth(tbody, year, month);
	} else {
		cacheReminders(new Date(year, 0, 1, 0, 0), 366);
		createCalendarYear(tbody, year);
	}
	window.reminderCacheForCalendar = null;
}
//}}}
//{{{
// cache used to store reminders while the calendar is being rendered
// it will be renulled after the calendar is fully rendered.
window.reminderCacheForCalendar = null;
//}}}
//{{{
function cacheReminders(date, leadtime)
{
	if (window.findTiddlersWithReminders == null) return;
	window.reminderCacheForCalendar = {};
	var leadtimeHash = [];
	leadtimeHash [0] = 0;
	leadtimeHash [1] = leadtime;
	var t = findTiddlersWithReminders(date, leadtimeHash, null, 1);
	for(var i = 0; i < t.length; i++) {
		//just tag it in the cache, so that when we're drawing days, we can bold this one.
		window.reminderCacheForCalendar[t[i]['matchedDate']] = 'reminder:' + t[i]['params']['title']; 
	}
}
//}}}
//{{{
function createCalendarOneMonth(calendar, year, mon)
{
	var row = createTiddlyElement(calendar, 'tr');
	createCalendarMonthHeader(calendar, row, config.macros.calendar.monthnames[mon]+' '+year, true, year, mon);
	row = createTiddlyElement(calendar, 'tr');
	createCalendarDayHeader(row, 1);
	createCalendarDayRowsSingle(calendar, year, mon);
}
//}}}
//{{{
function createCalendarMonth(calendar, year, mon)
{
	var row = createTiddlyElement(calendar, 'tr');
	createCalendarMonthHeader(calendar, row, config.macros.calendar.monthnames[mon]+' '+ year, false, year, mon);
	row = createTiddlyElement(calendar, 'tr');
	createCalendarDayHeader(row, 1);
	createCalendarDayRowsSingle(calendar, year, mon);
}
//}}}
//{{{
function createCalendarYear(calendar, year)
{
	var row;
	row = createTiddlyElement(calendar, 'tr');
	var back = createTiddlyElement(row, 'td');
	var backHandler = function() {
		removeChildren(calendar);
		createCalendarYear(calendar, parseInt(year)-1);
		return false; // consume click
	};
	createTiddlyButton(back, '<', 'Previous year', backHandler);
	back.align = 'center';
	var yearHeader = createTiddlyElement(row, 'td', null, 'calendarYear', year);
	yearHeader.align = 'center';
	yearHeader.setAttribute('colSpan',config.options.chkDisplayWeekNumbers?22:19);//wn**
	var fwd = createTiddlyElement(row, 'td');
	var fwdHandler = function() {
		removeChildren(calendar);
		createCalendarYear(calendar, parseInt(year)+1);
		return false; // consume click
	};
	createTiddlyButton(fwd, '>', 'Next year', fwdHandler);
	fwd.align = 'center';
	createCalendarMonthRow(calendar, year, 0);
	createCalendarMonthRow(calendar, year, 3);
	createCalendarMonthRow(calendar, year, 6);
	createCalendarMonthRow(calendar, year, 9);
}
//}}}
//{{{
function createCalendarMonthRow(cal, year, mon)
{
	var row = createTiddlyElement(cal, 'tr');
	createCalendarMonthHeader(cal, row, config.macros.calendar.monthnames[mon], false, year, mon);
	createCalendarMonthHeader(cal, row, config.macros.calendar.monthnames[mon+1], false, year, mon);
	createCalendarMonthHeader(cal, row, config.macros.calendar.monthnames[mon+2], false, year, mon);
	row = createTiddlyElement(cal, 'tr');
	createCalendarDayHeader(row, 3);
	createCalendarDayRows(cal, year, mon);
}
//}}}
//{{{
function createCalendarMonthHeader(cal, row, name, nav, year, mon)
{
	var month;
	if (nav) {
		var back = createTiddlyElement(row, 'td');
		back.align = 'center';
		back.style.background = config.macros.calendar.monthbg;

		var backMonHandler = function() {
			var newyear = year;
			var newmon = mon-1;
			if(newmon == -1) { newmon = 11; newyear = parseInt(newyear)-1;}
			removeChildren(cal);
			cacheReminders(new Date(newyear, newmon , 1, 0, 0), 31);
			createCalendarOneMonth(cal, newyear, newmon);
			return false; // consume click
		};
		createTiddlyButton(back, '<', 'Previous month', backMonHandler);
		month = createTiddlyElement(row, 'td', null, 'calendarMonthname')
		createTiddlyLink(month,name,true);
		month.setAttribute('colSpan', config.options.chkDisplayWeekNumbers?6:5);//wn**
		var fwd = createTiddlyElement(row, 'td');
		fwd.align = 'center';
		fwd.style.background = config.macros.calendar.monthbg; 

		var fwdMonHandler = function() {
			var newyear = year;
			var newmon = mon+1;
			if(newmon == 12) { newmon = 0; newyear = parseInt(newyear)+1;}
			removeChildren(cal);
			cacheReminders(new Date(newyear, newmon , 1, 0, 0), 31);
			createCalendarOneMonth(cal, newyear, newmon);
			return false; // consume click
		};
		createTiddlyButton(fwd, '>', 'Next month', fwdMonHandler);
	} else {
		month = createTiddlyElement(row, 'td', null, 'calendarMonthname', name)
		month.setAttribute('colSpan',config.options.chkDisplayWeekNumbers?8:7);//wn**
	}
	month.align = 'center';
	month.style.background = config.macros.calendar.monthbg;
}
//}}}
//{{{
function createCalendarDayHeader(row, num)
{
	var cell;
	for(var i = 0; i < num; i++) {
		if (config.options.chkDisplayWeekNumbers) createTiddlyElement(row, 'td');//wn**
		for(var j = 0; j < 7; j++) {
			var d = j + (config.options.txtCalFirstDay - 0);
			if(d > 6) d = d - 7;
			cell = createTiddlyElement(row, 'td', null, null, config.macros.calendar.daynames[d]);
			if(d == (config.options.txtCalStartOfWeekend-0) || d == (config.options.txtCalStartOfWeekend-0+1))
				cell.style.background = config.macros.calendar.weekendbg;
		}
	}
}
//}}}
//{{{
function createCalendarDays(row, col, first, max, year, mon) {
	var i;
	if (config.options.chkDisplayWeekNumbers){
		if (first<=max) {
			var ww = new Date(year,mon,first);
			var td=createTiddlyElement(row, 'td');//wn**
			var link=createTiddlyLink(td,ww.formatString(config.options.txtWeekNumberLinkFormat),false);
			link.appendChild(document.createTextNode(
				ww.formatString(config.options.txtWeekNumberDisplayFormat)));
		}
		else createTiddlyElement(row, 'td');//wn**
	}
	for(i = 0; i < col; i++)
		createTiddlyElement(row, 'td');
	var day = first;
	for(i = col; i < 7; i++) {
		var d = i + (config.options.txtCalFirstDay - 0);
		if(d > 6) d = d - 7;
		var daycell = createTiddlyElement(row, 'td');
		var isaWeekend=((d==(config.options.txtCalStartOfWeekend-0)
			|| d==(config.options.txtCalStartOfWeekend-0+1))?true:false);
		if(day > 0 && day <= max) {
			var celldate = new Date(year, mon, day);
			// ELS 10/30/05 - use <<date>> macro's showDate() function to create popup
			// ELS 05/29/06 - use journalDateFmt 
			if (window.showDate) showDate(daycell,celldate,'popup','DD',
				config.macros.calendar.journalDateFmt,true, isaWeekend);
			else {
				if(isaWeekend) daycell.style.background = config.macros.calendar.weekendbg;
				var title = celldate.formatString(config.macros.calendar.journalDateFmt);
				if(calendarIsHoliday(celldate))
					daycell.style.background = config.macros.calendar.holidaybg;
				var now=new Date();
				if ((now-celldate>=0) && (now-celldate<86400000)) // is today?
					daycell.style.background = config.macros.calendar.todaybg;
				if(window.findTiddlersWithReminders == null) {
					var link = createTiddlyLink(daycell, title, false);
					link.appendChild(document.createTextNode(day));
				} else
					var button = createTiddlyButton(daycell, day, title, onClickCalendarDate);
			}
		}
		day++;
	}
}
//}}}
//{{{
// Create a pop-up containing:
// * a link to a tiddler for this date
// * a 'new tiddler' link to add a reminder for this date
// * links to current reminders for this date
// NOTE: this code is only used if [[ReminderMacros]] is installed AND [[DatePlugin]] is //not// installed.
function onClickCalendarDate(ev) { ev=ev||window.event;
	var d=new Date(this.getAttribute('title')); var date=d.formatString(config.macros.calendar.journalDateFmt);
	var p=Popup.create(this);  if (!p) return;
	createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'),date,true);
	var rem='\\n\\<\\<reminder day:%0 month:%1 year:%2 title: \\>\\>';
	rem=rem.format([d.getDate(),d.getMonth()+1,d.getYear()+1900]);
	var cmd="<<newTiddler label:[[new reminder...]] prompt:[[add a new reminder to '%0']]"
		+" title:[[%0]] text:{{store.getTiddlerText('%0','')+'%1'}} tag:%2>>";
	wikify(cmd.format([date,rem,config.options.txtCalendarReminderTags]),p);
	createTiddlyElement(p,'hr');
	var t=findTiddlersWithReminders(d,[0,31],null,1);
	for(var i=0; i<t.length; i++) {
		var link=createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'), t[i].tiddler, false);
		link.appendChild(document.createTextNode(t[i]['params']['title']));
	}
	Popup.show(); ev.cancelBubble=true; if (ev.stopPropagation) ev.stopPropagation(); return false;
}
//}}}
//{{{
function calendarMaxDays(year, mon)
{
	var max = config.macros.calendar.monthdays[mon];
	if(mon == 1 && (year % 4) == 0 && ((year % 100) != 0 || (year % 400) == 0)) max++;
	return max;
}
//}}}
//{{{
function createCalendarDayRows(cal, year, mon)
{
	var row = createTiddlyElement(cal, 'tr');
	var first1 = (new Date(year, mon, 1)).getDay() -1 - (config.options.txtCalFirstDay-0);
	if(first1 < 0) first1 = first1 + 7;
	var day1 = -first1 + 1;
	var first2 = (new Date(year, mon+1, 1)).getDay() -1 - (config.options.txtCalFirstDay-0);
	if(first2 < 0) first2 = first2 + 7;
	var day2 = -first2 + 1;
	var first3 = (new Date(year, mon+2, 1)).getDay() -1 - (config.options.txtCalFirstDay-0);
	if(first3 < 0) first3 = first3 + 7;
	var day3 = -first3 + 1;

	var max1 = calendarMaxDays(year, mon);
	var max2 = calendarMaxDays(year, mon+1);
	var max3 = calendarMaxDays(year, mon+2);

	while(day1 <= max1 || day2 <= max2 || day3 <= max3) {
		row = createTiddlyElement(cal, 'tr');
		createCalendarDays(row, 0, day1, max1, year, mon); day1 += 7;
		createCalendarDays(row, 0, day2, max2, year, mon+1); day2 += 7;
		createCalendarDays(row, 0, day3, max3, year, mon+2); day3 += 7;
	}
}
//}}}
//{{{
function createCalendarDayRowsSingle(cal, year, mon)
{
	var row = createTiddlyElement(cal, 'tr');
	var first1 = (new Date(year, mon, 1)).getDay() -1 - (config.options.txtCalFirstDay-0);
	if(first1 < 0) first1 = first1+ 7;
	var day1 = -first1 + 1;
	var max1 = calendarMaxDays(year, mon);
	while(day1 <= max1) {
		row = createTiddlyElement(cal, 'tr');
		createCalendarDays(row, 0, day1, max1, year, mon); day1 += 7;
	}
}
//}}}
//{{{
setStylesheet('.calendar, .calendar table, .calendar th, .calendar tr, .calendar td { text-align:center; } .calendar, .calendar a { margin:0px !important; padding:0px !important; }', 'calendarStyles');
//}}}
/***
|Name:|CloseOnCancelPlugin|
|Description:|Closes the tiddler if you click new tiddler then cancel. Default behaviour is to leave it open|
|Version:|3.0.1a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#CloseOnCancelPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
***/
//{{{
merge(config.commands.cancelTiddler,{

  handler_mptw_orig_closeUnsaved: config.commands.cancelTiddler.handler,

  handler: function(event,src,title) {
    this.handler_mptw_orig_closeUnsaved(event,src,title);
    if (!story.isDirty(title) && !store.tiddlerExists(title) && !store.isShadowTiddler(title))
      story.closeTiddler(title,true);
    return false;
  }

});

//}}}
Name: MptwRed
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #eaa
PrimaryLight: #c55
PrimaryMid: #711
PrimaryDark: #500
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
/***
|Name|[[DatePlugin]]|
|Source|http://www.TiddlyTools.com/#DatePlugin|
|Documentation|http://www.TiddlyTools.com/#DatePluginInfo|
|Version|2.7.3|
|Author|Eric Shulman|
|License|http://www.TiddlyTools.com/#LegalStatements|
|~CoreVersion|2.1|
|Type|plugin|
|Description|formatted dates plus popup menu with 'journal' link, changes and (optional) reminders|
This plugin provides a general approach to displaying formatted dates and/or links and popups that permit easy navigation and management of tiddlers based on their creation/modification dates.
!!!!!Documentation
>see [[DatePluginInfo]]
!!!!!Configuration
<<<
<<option chkDatePopupHideCreated>> omit 'created' section from date popups
<<option chkDatePopupHideChanged>> omit 'changed' section from date popups
<<option chkDatePopupHideTagged>> omit 'tagged' section from date popups
<<option chkDatePopupHideReminders>> omit 'reminders' section from date popups
<<option chkShowJulianDate>> display Julian day number (1-365) below current date

see [[DatePluginConfig]] for additional configuration settings, for use in calendar displays, including:
*date formats
*color-coded backgrounds
*annual fixed-date holidays
*weekends
<<<
!!!!!Revisions
<<<
2011.04.23 2.7.3 added config.macros.date.tipformat for custom mouseover tooltip and config.macros.date.leadtime for custom reminder leadtime (default=90 days)
2010.12.15 2.7.2 omit date highlighting when hiding popup items (created/changed/tagged/reminders)
|please see [[DatePluginInfo]] for additional revision details|
2005.10.30 0.9.0 pre-release
<<<
!!!!!Code
***/
//{{{
version.extensions.DatePlugin= {major: 2, minor: 7, revision: 3, date: new Date(2011,4,23)};

config.macros.date = {
	format: 'YYYY.0MM.0DD', // default date display format
	linkformat: 'YYYY.0MM.0DD', // 'dated tiddler' link format
	tipformat: 'YYYY.0MM.0DD', // 'dated tiddler' link tooltip format
	leadtime: 31, // find reminders up to 31 days from now
	linkedbg: '#babb1e',
	todaybg: '#ffab1e',
	weekendbg: '#c0c0c0',
	holidaybg: '#ffaace',
	createdbg: '#bbeeff',
	modifiedsbg: '#bbeeff',
	remindersbg: '#c0ffee',
	weekend: [ 1,0,0,0,0,0,1 ], // [ day index values: sun=0, mon=1, tue=2, wed=3, thu=4, fri=5, sat=6 ],
	holidays: [ '01/01', '07/04', '07/24', '11/24' ]
		// NewYearsDay, IndependenceDay(US), Eric's Birthday (hooray!), Thanksgiving(US)
};

config.macros.date.handler = function(place,macroName,params)
{
	// default: display current date
	var now =new Date();
	var date=now;
	var mode='display';
	if (params[0]&&['display','popup','link'].contains(params[0].toLowerCase()))
		{ mode=params[0]; params.shift(); }

	if (!params[0] || params[0]=='today')
		{ params.shift(); }
	else if (params[0]=='filedate')
		{ date=new Date(document.lastModified); params.shift(); }
	else if (params[0]=='tiddler')
		{ date=store.getTiddler(story.findContainingTiddler(place).id.substr(7)).modified; params.shift(); }
	else if (params[0].substr(0,8)=='tiddler:')
		{ var t; if ((t=store.getTiddler(params[0].substr(8)))) date=t.modified; params.shift(); }
	else {
		var y = eval(params.shift().replace(/Y/ig,(now.getYear()<1900)?now.getYear()+1900:now.getYear()));
		var m = eval(params.shift().replace(/M/ig,now.getMonth()+1));
		var d = eval(params.shift().replace(/D/ig,now.getDate()+0));
		date = new Date(y,m-1,d);
	}
	// date format with optional custom override
	var format=this.format; if (params[0]) format=params.shift();
	var linkformat=this.linkformat; if (params[0]) linkformat=params.shift();
	showDate(place,date,mode,format,linkformat);
}

window.showDate=showDate;
function showDate(place,date,mode,format,linkformat,autostyle,weekend)
{
	mode	  =mode||'display';
	format	  =format||config.macros.date.format;
	linkformat=linkformat||config.macros.date.linkformat;

	// format the date output
	var title=date.formatString(format);
	var linkto=date.formatString(linkformat);
	var tip=date.formatString(config.macros.date.tipformat);

	// just show the formatted output
	if (mode=='display') { place.appendChild(document.createTextNode(title)); return; }

	// link to a 'dated tiddler'
	var link = createTiddlyLink(place, linkto, false);
	link.appendChild(document.createTextNode(title));
	link.title = tip;
	link.date = date;
	link.format = format;
	link.linkformat = linkformat;

	// if using a popup menu, replace click handler for dated tiddler link
	// with handler for popup and make link text non-italic (i.e., an 'existing link' look)
	if (mode=='popup') {
		link.onclick = onClickDatePopup;
		link.style.fontStyle='normal';
	}
	// format the popup link to show what kind of info it contains (for use with calendar generators)
	if (autostyle) setDateStyle(place,link,weekend);
}
//}}}
//{{{
// NOTE: This function provides default logic for setting the date style when displayed in a calendar
// To customize the date style logic, please see[[DatePluginConfig]]
function setDateStyle(place,link,weekend) {
	// alias variable names for code readability
	var date=link.date;
	var fmt=link.linkformat;
	var linkto=date.formatString(fmt);
	var cmd=config.macros.date;

	var co=config.options; // abbrev

	if ((weekend!==undefined?weekend:isWeekend(date))&&(cmd.weekendbg!=''))
		{ place.style.background = cmd.weekendbg; }
	if (hasModifieds(date)||hasCreateds(date)||hasTagged(date,fmt))
		{ link.style.fontStyle='normal'; link.style.fontWeight='bold'; }
	if (hasReminders(date))
		{ link.style.textDecoration='underline'; }
	if (isToday(date))
		{ link.style.border='1px solid black'; }
	if (isHoliday(date)&&(cmd.holidaybg!=''))
		{ place.style.background = cmd.holidaybg; }
	if (hasCreateds(date)&&(cmd.createdbg!=''))
		{ place.style.background = cmd.createdbg; }
	if (hasModifieds(date)&&(cmd.modifiedsbg!=''))
		{ place.style.background = cmd.modifiedsbg; }
	if ((hasTagged(date,fmt)||store.tiddlerExists(linkto))&&(cmd.linkedbg!=''))
		{ place.style.background = cmd.linkedbg; }
	if (hasReminders(date)&&(cmd.remindersbg!=''))
		{ place.style.background = cmd.remindersbg; }
	if (isToday(date)&&(cmd.todaybg!=''))
		{ place.style.background = cmd.todaybg; }
	if (config.options.chkShowJulianDate) { // optional display of Julian date numbers
		var m=[0,31,59,90,120,151,181,212,243,273,304,334];
		var d=date.getDate()+m[date.getMonth()];
		var y=date.getFullYear();
		if (date.getMonth()>1 && (y%4==0 && y%100!=0) || y%400==0)
			d++; // after February in a leap year
		wikify('@@font-size:80%;<br>'+d+'@@',place);
	}

}
//}}}
//{{{
function isToday(date) // returns true if date is today
	{ var now=new Date(); return ((now-date>=0) && (now-date<86400000)); }
function isWeekend(date) // returns true if date is a weekend
	{ return (config.macros.date.weekend[date.getDay()]); }
function isHoliday(date) // returns true if date is a holiday
{
	var longHoliday = date.formatString('0MM/0DD/YYYY');
	var shortHoliday = date.formatString('0MM/0DD');
	for(var i = 0; i < config.macros.date.holidays.length; i++) {
		var holiday=config.macros.date.holidays[i];
		if (holiday==longHoliday||holiday==shortHoliday) return true;
	}
	return false;
}
//}}}
//{{{
// Event handler for clicking on a day popup
function onClickDatePopup(e) { e=e||window.event;
	var p=Popup.create(this); if (!p) return false;
	// always show dated tiddler link (or just date, if readOnly) at the top...
	if (!readOnly || store.tiddlerExists(this.date.formatString(this.linkformat)))
		createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'),this.date.formatString(this.linkformat),true);
	else
		createTiddlyText(createTiddlyElement(p,'li'),this.date.formatString(this.linkformat));
	addCreatedsToPopup(p,this.date,this.format);
	addModifiedsToPopup(p,this.date,this.format);
	addTaggedToPopup(p,this.date,this.linkformat);
	addRemindersToPopup(p,this.date,this.linkformat);
	Popup.show(); e.cancelBubble=true; if(e.stopPropagation)e.stopPropagation(); return false;
}
//}}}
//{{{
function indexCreateds() // build list of tiddlers, hash indexed by creation date
{
	var createds= { };
	var tiddlers = store.getTiddlers('title','excludeLists');
	for (var t = 0; t < tiddlers.length; t++) {
		var date = tiddlers[t].created.formatString('YYYY0MM0DD')
		if (!createds[date])
			createds[date]=new Array();
		createds[date].push(tiddlers[t].title);
	}
	return createds;
}
function hasCreateds(date) // returns true if date has created tiddlers
{
	if (config.options.chkDatePopupHideCreated) return false;
	if (!config.macros.date.createds) config.macros.date.createds=indexCreateds();
	return (config.macros.date.createds[date.formatString('YYYY0MM0DD')]!=undefined);
}

function addCreatedsToPopup(p,when,format)
{
	if (config.options.chkDatePopupHideCreated) return false;
	var force=(store.isDirty() && when.formatString('YYYY0MM0DD')==new Date().formatString('YYYY0MM0DD'));
	if (force || !config.macros.date.createds) config.macros.date.createds=indexCreateds();
	var indent=String.fromCharCode(160)+String.fromCharCode(160);
	var createds = config.macros.date.createds[when.formatString('YYYY0MM0DD')];
	if (createds) {
		createds.sort();
		var e=createTiddlyElement(p,'div',null,null,'created ('+createds.length+')');
		for(var t=0; t<createds.length; t++) {
			var link=createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'),createds[t],false);
			link.appendChild(document.createTextNode(indent+createds[t]));
		}
	}
}
//}}}
//{{{
function indexModifieds() // build list of tiddlers, hash indexed by modification date
{
	var modifieds= { };
	var tiddlers = store.getTiddlers('title','excludeLists');
	for (var t = 0; t < tiddlers.length; t++) {
		var date = tiddlers[t].modified.formatString('YYYY0MM0DD')
		if (!modifieds[date])
			modifieds[date]=new Array();
		modifieds[date].push(tiddlers[t].title);
	}
	return modifieds;
}
function hasModifieds(date) // returns true if date has modified tiddlers
{
	if (config.options.chkDatePopupHideChanged) return false;
	if (!config.macros.date.modifieds) config.macros.date.modifieds = indexModifieds();
	return (config.macros.date.modifieds[date.formatString('YYYY0MM0DD')]!=undefined);
}

function addModifiedsToPopup(p,when,format)
{
	if (config.options.chkDatePopupHideChanged) return false;
	var date=when.formatString('YYYY0MM0DD');
	var force=(store.isDirty() && date==new Date().formatString('YYYY0MM0DD'));
	if (force || !config.macros.date.modifieds) config.macros.date.modifieds=indexModifieds();
	var indent=String.fromCharCode(160)+String.fromCharCode(160);
	var mods = config.macros.date.modifieds[date];
	if (mods) {
		// if a tiddler was created on this date, don't list it in the 'changed' section
		if (config.macros.date.createds && config.macros.date.createds[date]) {
			var temp=[];
			for(var t=0; t<mods.length; t++)
				if (!config.macros.date.createds[date].contains(mods[t]))
					temp.push(mods[t]);
			mods=temp;
		}
		mods.sort();
		var e=createTiddlyElement(p,'div',null,null,'changed ('+mods.length+')');
		for(var t=0; t<mods.length; t++) {
			var link=createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'),mods[t],false);
			link.appendChild(document.createTextNode(indent+mods[t]));
		}
	}
}
//}}}
//{{{
function hasTagged(date,format) // returns true if date is tagging other tiddlers
{
	if (config.options.chkDatePopupHideTagged) return false;
	return store.getTaggedTiddlers(date.formatString(format)).length>0;
}

function addTaggedToPopup(p,when,format)
{
	if (config.options.chkDatePopupHideTagged) return false;
	var indent=String.fromCharCode(160)+String.fromCharCode(160);
	var tagged=store.getTaggedTiddlers(when.formatString(format));
	if (tagged.length) var e=createTiddlyElement(p,'div',null,null,'tagged ('+tagged.length+')');
	for(var t=0; t<tagged.length; t++) {
		var link=createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'),tagged[t].title,false);
		link.appendChild(document.createTextNode(indent+tagged[t].title));
	}
}
//}}}
//{{{
function indexReminders(date,leadtime) // build list of tiddlers with reminders, hash indexed by reminder date
{
	var reminders = { };
	if(window.findTiddlersWithReminders!=undefined) { // reminder plugin is installed
		var t = findTiddlersWithReminders(date, [0,leadtime], null, null, 1);
		for(var i=0; i<t.length; i++) reminders[t[i].matchedDate]=true;
	}
	return reminders;
}

function hasReminders(date) // returns true if date has reminders
{
	if (config.options.chkDatePopupHideReminders) return false;
	if (window.reminderCacheForCalendar)
		return window.reminderCacheForCalendar[date]; // use calendar cache
	if (!config.macros.date.reminders)
		config.macros.date.reminders = indexReminders(date,config.macros.date.leadtime); // create a reminder cache
	return (config.macros.date.reminders[date]);
}

function addRemindersToPopup(p,when,format)
{
	if (config.options.chkDatePopupHideReminders) return false;
	if(window.findTiddlersWithReminders==undefined) return; // reminder plugin not installed

	var indent = String.fromCharCode(160)+String.fromCharCode(160);
	var reminders=findTiddlersWithReminders(when, [0,config.macros.date.leadtime],null,null,1);
	createTiddlyElement(p,'div',null,null,'reminders ('+(reminders.length||'none')+')');
	for(var t=0; t<reminders.length; t++) {
		link = createTiddlyLink(createTiddlyElement(p,'li'),reminders[t].tiddler,false);
		var diff=reminders[t].diff;
		diff=(diff<1)?'Today':((diff==1)?'Tomorrow':diff+' days');
		var txt=(reminders[t].params['title'])?reminders[t].params['title']:reminders[t].tiddler;
		link.appendChild(document.createTextNode(indent+diff+' - '+txt));
	}
	if (readOnly) return;	// readonly... omit 'new reminder...' command
	var rem='\\<\\<reminder day:%0 month:%1 year:%2 title:"Enter a reminder title here"\\>\\>';
	rem=rem.format([when.getDate(),when.getMonth()+1,when.getYear()+1900]);
	var cmd="<<newTiddler label:[["+indent+"new reminder...]] prompt:[[add a reminder to '%0']]"
		+" title:[[%0]] text:{{var t=store.getTiddlerText('%0','');t+(t.length?'\\n':'')+'%1'}} tag:%2>>";
	wikify(cmd.format([when.formatString(format),rem,config.options.txtCalendarReminderTags||'']),
		createTiddlyElement(p,'li'));
}
//}}}
Debian でDVDを見る 

公開日:  2014/03/12  : 最終更新日:2014/05/08 Debian 
LinuxでDVDが見たい

法律の専門家ではないのでCSSを解除してLinuxでDVDを再生することの厳密な違法性はわかりません。

私は複製のためのCSS解除はNGだけど、再生のためなら問題ないと理解してます。
 レンタルDVDをPCで再生しただけで違法となるような国に住みたくないです。

詳しい議論は他サイト様をご覧ください。
 参考記事:日本でも合法的にLinuxでDVDを見ることはできます。
パッケージのインストール

注意:”libdvdcss2″ は、国内での配布は法律に抵触します。(2014年3月現在)
 ご注意くださいませ。
1.準備

Deb-Multimediaリポジトリの追加してください。
 関連記事:Debianにマルチメディアリポジトリを追加する
2.必要なパッケージのインストール

(1)libdvdcss2 のインストール
 以下コマンドを実行
$ sudo apt-get install libdvdcss2

マルチメディアコーデックの追加も参照ください。
 関連記事: Debianにマルチメディアコーデックをインストールする
3.VLCメディアプレーヤーのインストール

以下コマンドを実行
$ sudo apt-get insltall vlc
再生

ここから先は特に説明は不要だと思います。
 ランチャーからVLCを起動し再生します。

(1)「メディア」→「ディスクを開く」 を選択する。
 (2)DVDにチェックを入れ参照を押して見たいDVDディスクを選び「OK」を押す。
 (3)「再生」を押せばOK!
/***
|Name:|ExtentTagButtonPlugin|
|Description:|Adds a New tiddler button in the tag drop down|
|Version:|3.2a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#ExtendTagButtonPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
***/
//{{{

window.onClickTag_mptw_orig = window.onClickTag;
window.onClickTag = function(e) {
  window.onClickTag_mptw_orig.apply(this,arguments);
  var tag = this.getAttribute("tag");
  var title = this.getAttribute("tiddler");
  // Thanks Saq, you're a genius :)
  var popup = Popup.stack[Popup.stack.length-1].popup;
  createTiddlyElement(createTiddlyElement(popup,"li",null,"listBreak"),"div");
  wikify("<<newTiddler label:'New tiddler' tag:'"+tag+"'>>",createTiddlyElement(popup,"li"));
  return false;
}

//}}}
/***
|Name|FileDropPlugin|
|Source|http://www.TiddlyTools.com/#FileDropPlugin|
|Version|2.1.4|
|Author|BradleyMeck and Eric Shulman|
|License|http://www.TiddlyTools.com/#LegalStatements|
|~CoreVersion|2.1|
|Type|plugin|
|Description|drag-and-drop files/directories to create tiddlers|
''requires FireFox or another Mozilla-compatible browser.''
!!!!!Usage
<<<
This plugin automatically creates tiddlers from files that are dropped onto an open TiddlyWiki document.  You can drop multiple selected files and/or folders to create many tiddlers at once.  New tiddler titles are created using the filename of each dropped file (i.e., omitting the path).  If a title is already in use, you are prompted to enter a new title for that file.  If you drop a folder, you will be asked if you want to create a simple 'directory list' of files in a single tiddler or create one tiddler for each file in that folder.  

By default, it is assumed that all dropped files contain text.  However, if [[AttachFilePlugin]], [[AttachFilePluginFormatters]] and [[AttachFileMIMETypes]] are installed, then you can drop ''//binary data files//'' as well as text files.  If the MIME type of a dropped file is not "text/plain", then AttachFilePlugin is used to create an 'attachment' tiddler, rather than creating a simple text tiddler.

When creating text tiddlers, you can embed a //link// to the original external file at the top of the new tiddler, in addition to (or instead of) the text content itself.  The format for this link (see Configuration, below) uses embedded ''//replacement markers//'' that allow you to generate a variety of wiki-formatted output, where:
*%0 = filename (without path)
*%1 = local """file://...""" URL
*%2 = local path and filename (OS-native format)
*%3 = relative path (if subdirectory of current document directory)
*%4 = file size
*%5 = file date
*%6 = current date
*%7 = current ~TiddlyWiki username
*\n = newline
By default, the link format uses the filename (%0) and local URL (%1), enclosed within a //hidden section// syntax, like this:
{{{
/%
!link
[[%0|%1]]
!end
%/
}}}
This permits the link to be embedded along with the text content, without changing the appearance of that content when the tiddler is viewed.  To display the link in your tiddler content, use:
{{{
<<tiddler TiddlerName##link>>
}}}
<<<
!!!!!Configuration
<<<
__FileDropPlugin options:__
<<option chkFileDropContent>>Copy file content into tiddlers if smaller than: <<option txtFileDropDataLimit>> bytes
&nbsp; //(note: excess text content will be truncated, oversized binary files will skipped, 0=no limit)//
<<option chkFileDropLink>>Generate external links to files, using this format:{{editor{<html><nowiki><textarea rows="4" onchange="
config.macros.option.propagateOption('txtFileDropLinkFormat','value',this.value.escapeLineBreaks(),'input');
"></textarea></html><<tiddler {{
	var ta=place.lastChild.getElementsByTagName('textarea')[0];
	var v=config.options.txtFileDropLinkFormat.unescapeLineBreaks();
	ta.value=v;
"";}}>>}}}<<option chkFileDropTrimFilename>>Omit file extensions from tiddler titles
<<option chkFileDropDisplay>>Automatically display newly created tiddlers
Tag newly created tiddlers with: <<option txtFileDropTags>>

__FileDropPlugin+AttachFilePlugin options:__ //(binary file data as encoded 'base64' text)//
<<option chkFileDropAttachLocalLink>> attachment includes reference to local path/filename
>Note: if the plugin does not seem to work, enter ''about:config'' in the Firefox address bar, and make sure that {{{signed.applets.codebase_principal_support}}} is set to ''true''
<<<
!!!!!Examples (custom handler functions)
<<<
Adds a single file with confirmation and prompting for title:
{{{
config.macros.fileDrop.addEventListener('application/x-moz-file',
	function(nsiFile) {
		var msg='You have dropped the file:\n'
			+nsiFile.path+'\n'
			+'onto the page, it will be imported as a tiddler. Is that ok?'
		if(confirm(msg)) {
			var newDate = new Date();
			var title = prompt('what would you like to name the tiddler?');
			store.saveTiddler(title,title,loadFile(nsiFile.path),config.options.txtUserName,newDate,[]);
		}
		return true;
	});
}}}
Adds a single file without confirmation, using path/filename as tiddler title:
{{{
config.macros.fileDrop.addEventListener('application/x-moz-file',
	function(nsiFile) {
		var newDate = new Date();
		store.saveTiddler(nsiFile.path,nsiFile.path,loadFile(nsiFile.path),config.options.txtUserName,newDate,[]);
		story.displayTiddler(null,nsiFile.path)
		return true;
	});
}}}
<<<
!!!!!Revisions
<<<
2010.03.06 2.1.4 added event listener for 'dragover' (for FireFox 3.6+)
2009.10.10 2.1.3 fixed IE code error
2009.10.08 2.1.2 fixed chkFileDropContent bypass handling for binary attachments
2009.10.07 2.1.0 added chkFileDropContent and chkFileDropLink/txtFileDropLinkFormat
2009.08.19 2.0.0 fixed event listener registration for FireFox 3.5+.  Also, merged with FileDropPluginConfig, with code cleanup/reduction
2008.08.11 1.5.1 added chkFileDropAttachLocalLink option to allow suppression of local path/file link
2007.xx.xx *.*.* add suspend/resume of notifications to improve performance when multiple files are handled
2007.01.01 0.9.9 extensions for AttachFilePlugin
2006.11.04 0.1.1 initial release by Bradley Meck
<<<
!!!!!Code
***/
//{{{
version.extensions.FileDropPlugin={major:2, minor:1, revision:4, date: new Date(2010,3,6)};

config.macros.fileDrop = {
	customDropHandlers: [],
	addEventListener: function(paramflavor,func,inFront) {
		var obj={}; obj.flavor=paramflavor; obj.handler=func;
		if (!inFront) this.customDropHandlers.push(obj);
		else this.customDropHandlers.shift(obj);
	},
	dragDropHandler: function(evt) {
		netscape.security.PrivilegeManager.enablePrivilege('UniversalXPConnect');
		var dragService = Components.classes['@mozilla.org/widget/dragservice;1'].getService(Components.interfaces.nsIDragService);
		var dragSession = dragService.getCurrentSession();
		var transferObject = Components.classes['@mozilla.org/widget/transferable;1'].createInstance();
		transferObject = transferObject.QueryInterface(Components.interfaces.nsITransferable);
		transferObject.addDataFlavor('application/x-moz-file');
		var numItems = dragSession.numDropItems;
		if (numItems>1) {
			clearMessage();
			displayMessage('Reading '+numItems+' files...');
			store.suspendNotifications();
		}
		for (var i = 0; i < numItems; i++) {
			dragSession.getData(transferObject, i);
			var dataObj = {};
			var dropSizeObj = {};
			for(var ind=0; ind<config.macros.fileDrop.customDropHandlers.length; ind++) {
				var item = config.macros.fileDrop.customDropHandlers[ind];
				if(dragSession.isDataFlavorSupported(item.flavor)) {
					transferObject.getTransferData(item.flavor, dataObj, dropSizeObj);
					var droppedFile = dataObj.value.QueryInterface(Components.interfaces.nsIFile);
					var result = item.handler.call(item,droppedFile);
					evt.stopPropagation();
					evt.preventDefault();
					if (result) break;
				}
			}
		}
		if (numItems>1) {
			store.resumeNotifications();
			store.notifyAll();
			displayMessage(numItems+' files have been processed');
		}
	}
}
//}}}
/***
!!!!!window event handlers
***/
//{{{
if(!window.event) {
	window.addEventListener('dragdrop',	// FireFox3.1-
		config.macros.fileDrop.dragDropHandler, true);
	window.addEventListener('drop',		// FireFox3.5+
		config.macros.fileDrop.dragDropHandler, true);
	window.addEventListener('dragover',	// FireFox3.6+
		function(e){e.stopPropagation();e.preventDefault();}, true); 
}
//}}}
/***
!!!!!handler for files, directories and binary attachments (see [[AttachFilePlugin]])
***/
//{{{
var defaults={
	chkFileDropDisplay:		true,
	chkFileDropTrimFilename:	false,
	chkFileDropContent:		true,
	chkFileDropLink:		true,
	txtFileDropLinkFormat:		'/%\\n!link\\n[[%0|%1]]\\n!end\\n%/',
	txtFileDropDataLimit:		'32768',
	chkFileDropAttachLocalLink:	true,
	txtFileDropTags:		''
};
for (var id in defaults) if (config.options[id]===undefined)
	config.options[id]=defaults[id];

config.macros.fileDrop.addEventListener('application/x-moz-file',function(nsiFile) {
	var co=config.options; // abbrev
	var header='Index of %0\n^^(as of %1)^^\n|!filename| !size | !modified |\n';
	var item='|[[%0|%1]]| %2|%3|\n';
	var footer='Total of %0 bytes in %1 files\n';
	var now=new Date();
	var files=[nsiFile];
	if (nsiFile.isDirectory()) {
		var folder=nsiFile.directoryEntries;
		var files=[];
		while (folder.hasMoreElements()) {
			var f=folder.getNext().QueryInterface(Components.interfaces.nsILocalFile);
			if (f instanceof Components.interfaces.nsILocalFile && !f.isDirectory()) files.push(f);
		}
		var msg=nsiFile.path.replace(/\\/g,'/')+'\n\n';
		msg+='contains '+files.length+' files... ';
		msg+='select OK to attach all files or CANCEL to create a list...';
		if (!confirm(msg)) { // create a list in a tiddler
			var title=nsiFile.leafName; // tiddler name is last directory name in path
			while (title && title.length && store.tiddlerExists(title)) {
				if (confirm(config.messages.overwriteWarning.format([title]))) break;
				title=prompt('Enter a new tiddler title',nsiFile.path.replace(/\\/g,'/'));
			}
			if (!title || !title.length) return true; // cancelled
			var text=header.format([nsiFile.path.replace(/\\/g,'/'),now.toLocaleString()]);
			var total=0;
			for (var i=0; i<files.length; i++) { var f=files[i];
				var name=f.leafName;
				if (co.chkFileDropTrimFilename)
					{ var p=name.split('.'); if (p.length>1) p.pop(); name=p.join('.'); }
				var path='file:///'+f.path.replace(/\\/g,'/');
				var size=f.fileSize; total+=size;
				var when=new Date(f.lastModifiedTime).formatString('YYYY.0MM.0DD 0hh:0mm:0ss');
				text+=item.format([name,path,size,when]);
			}
			text+=footer.format([total,files.length]);
			var newtags=co.txtFileDropTags?co.txtFileDropTags.readBracketedList():[];
			store.saveTiddler(null,title,text,co.txtUserName,now,newtags);
			if (co.chkFileDropDisplay) story.displayTiddler(null,title);
			return true;
		}
	}
	if (files.length>1) store.suspendNotifications();
	for (i=0; i<files.length; i++) {
		var file=files[i];
		if (file.isDirectory()) continue; // skip over nested directories
		var type='text/plain';
		var title=file.leafName; // tiddler name is file name
		if (co.chkFileDropTrimFilename)
			{ var p=title.split('.'); if (p.length>1) p.pop(); title=p.join('.'); }
		var name=file.leafName;
		var path=file.path;
		var url='file:///'+path.replace(/\\/g,'/');
		var size=file.fileSize;
		var when=new Date(file.lastModifiedTime);
		var now=new Date();
		var who=config.options.txtUserName;
		var h=document.location.href;
		var cwd=getLocalPath(decodeURIComponent(h.substr(0,h.lastIndexOf('/')+1)));
		var relpath=path.startsWith(cwd)?'./'+path.substr(cwd.length):path;
		while (title && title.length && store.tiddlerExists(title)) {
			if (confirm(config.messages.overwriteWarning.format([title]))) break;
			title=prompt('Enter a new tiddler title',path.replace(/\\/g,'/'));
		}
		if (!title || !title.length) continue; // cancelled
		if (config.macros.attach) {
			type=config.macros.attach.getMIMEType(name,'');
			if (!type.length)
				type=prompt('Unknown file type.  Enter a MIME type','text/plain');
			if (!type||!type.length) continue; // cancelled
		}
		var newtags=co.txtFileDropTags?co.txtFileDropTags.readBracketedList():[];
		if (type=='text/plain' || !co.chkFileDropContent) {
			var txt=''; var fmt=co.txtFileDropLinkFormat.unescapeLineBreaks();
			if (co.chkFileDropLink) txt+=fmt.format([name,url,path,relpath,size,when,now,who]);
			if (co.chkFileDropContent) {
				var out=loadFile(path); var lim=co.txtFileDropDataLimit;
				txt+=co.txtFileDropDataLimit?out.substr(0,lim):out;
				if (size>lim) txt+='\n----\nfilesize ('+size+')'
					+' is larger than FileDrop limit ('+lim+')...\n'
					+'additional content has been omitted';
			}
			store.saveTiddler(null,title,txt,co.txtUserName,now,newtags);
		} else {
			var embed=co.chkFileDropContent
				&& (!co.txtFileDropDataLimit||size<co.txtFileDropDataLimit);
			newtags.push('attachment'); newtags.push('excludeMissing');
			config.macros.attach.createAttachmentTiddler(path,
				now.formatString(config.macros.timeline.dateFormat),
				'attached by FileDropPlugin', newtags, title,
				embed, co.chkFileDropAttachLocalLink, false,
				relpath, '', type,!co.chkFileDropDisplay);
		}
		if (co.chkFileDropDisplay) story.displayTiddler(null,title);
	}
	if (files.length>1) { store.resumeNotifications(); store.notifyAll(); }
	return true;
})
//}}}
http://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-162.html
GRUB2ネタの最終章でゲソ。
前回までの一連のGRUB2ランダム表示のネタとは全く別物と認識したほうがいいでゲソ。
“混ぜるな危険!”かもしれないでゲソ。
変態Mozcでおなじみの「憩いの場」さんからネタを丸々パクッてきたでゲソ。

GRUB2にGrub CustomizerというGUIツールがあったでゲソ。
最近壁紙の設定もできるようになったらしいでゲソ。
ちょっと不安定な部分もあるようでゲソ。
インストールはPPAにパッケージがあるので簡単じゃなイカ?
「Ubuntuソフトウェアセンター」>「編集」>「ソフトウェアソース」>
「他のソフトウェア」>「追加」で、
APT ライン:に、 

ppa:danielrichter2007/grub-customizer

を追加するでゲソ。
最初の画面に戻って少し待つ(10~30秒)と、左のメニュー(ソフトウェアの入手)に
「Launchpad PPA for Grub Customizer」が表示されるでゲソ。
それを選択して、右側に出る「grub-customizer」をインストールして完了でゲソ。
「システムツール」に登録されるでゲソ。 
面倒な人は、何も考えずに端末でイカ(以下)の呪文を唱えるでゲソ。

$ sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
$ sudo apt-get update ; sudo apt-get -y install grub-customizer

これでインストールできるでゲソ。

インストールが終わったら、念の為使用前に現在の設定をバックアップしておくでゲソ。
イカ(以下)の呪文を唱えるでゲソ。

$ sudo cp -a /etc/default/grub /etc/default/grub.bak
$ sudo cp -a /etc/grub.d /etc/grub.d.bak

*もしもの場合のGRUB2の設定をデフォルトに戻す方法も教えてくれてるでゲソ。
ありがたいでゲソ、せっかくバックアップとっても意外と戻し方がわからなかったりするでゲソ。
$ sudo cp -a /etc/grub.d.bak/* /etc/grub.d/
$ sudo cp -a /etc/default/grub.bak /etc/default/grub
$ sudo rm -f /usr/share/desktop-base/grub_background.sh
$ sudo update-grub

いよいよGrub Customizerを起動するでゲソ。
最初にブートメニューの項目を編集する画面が出てくるじゃなイカ。
素人は触らないほうがいいらしいでゲソ。
下手するとOSが起動しなくなるらしいでゲソ。怖いじゃなイカ。
* [[SiteTitle]] & [[SiteSubtitle]]:* [[MainMenu]]:
* [[DefaultTiddlers]]:
You'll also need to enter your username for signing your edits: <<option txtUserName>>
See also tiddlywikiのススメ http://hsj.jp/junknews/archives/tiddlywiki_susume.html
motoji
HOW TO : Install Grub Customizer (Grub2 Editor Gui) in LMDE

by kelebek333 on Sun Oct 23, 2011 7:35 pm 
You can edit Grub2 or Burg with Grub Customizer (Updated version 2.5.6)

Method 1 . Compile from source.

First install requirements.
Code: Select all
!sudo apt-get install libgtkmm-2.4-dev libssl-dev cmake


Then install v.2.5.6 from source

Code: Select all
!wget -c https://launchpad.net/grub-customizer/2.5/2.5.6/+download/grub-customizer_2.5.6.tar.gz

Code: Select all
!tar -xf grub-customizer_2.5.6.tar.gz

Code: Select all
!cd grub-customizer-2.5.6

Code: Select all
!cmake .

Code: Select all
!make

Code: Select all
!sudo make install
/***
|Name:|HideWhenPlugin|
|Description:|Allows conditional inclusion/exclusion in templates|
|Version:|3.2a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#HideWhenPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
For use in ViewTemplate and EditTemplate. Example usage:
{{{<div macro="showWhenTagged Task">[[TaskToolbar]]</div>}}}
{{{<div macro="showWhen tiddler.modifier == 'BartSimpson'"><img src="bart.gif"/></div>}}}

Warning: the showWhen and hideWhen macros will blindly eval paramString.
This could be used to execute harmful javascript from a tiddler.

(TODO: Make some effort to sanitize paramString. Perhaps disallow the equals sign?)
***/
//{{{

window.hideWhenLastTest = false;

window.removeElementWhen = function(test,place) {
  window.hideWhenLastTest = test;
  if (test) {
    jQuery(place).empty()
    place.parentNode.removeChild(place);
  }
};

merge(config.macros,{

  hideWhen: { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( eval(paramString), place );
  }},

  showWhen: { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( !eval(paramString), place );
  }},

  hideWhenTagged: { handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( tiddler.tags.containsAll(params), place );
  }},

  showWhenTagged: { handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( !tiddler.tags.containsAll(params), place );
  }},

  hideWhenTaggedAny: { handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( tiddler.tags.containsAny(params), place );
  }},

  showWhenTaggedAny: { handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( !tiddler.tags.containsAny(params), place );
  }},

  hideWhenTaggedAll: { handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( tiddler.tags.containsAll(params), place );
  }},

  showWhenTaggedAll: { handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( !tiddler.tags.containsAll(params), place );
  }},

  hideWhenExists: { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( store.tiddlerExists(params[0]) || store.isShadowTiddler(params[0]), place );
  }},

  showWhenExists: { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( !(store.tiddlerExists(params[0]) || store.isShadowTiddler(params[0])), place );
  }},

  hideWhenTitleIs: { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( tiddler.title == params[0], place );
  }},

  showWhenTitleIs: { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( tiddler.title != params[0], place );
  }},

  'else': { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    removeElementWhen( !window.hideWhenLastTest, place );
  }}

});

//}}}
/***
|Name:|InstantTimestampPlugin|
|Description:|A handy way to insert timestamps in your tiddler content|
|Version:|1.0.10a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#InstantTimestampPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!!Usage
If you enter {ts} in your tiddler content (without the spaces) it will be replaced with a timestamp when you save the tiddler. Full list of formats:
* {ts} or {t} -> timestamp
* {ds} or {d} -> datestamp
* !ts or !t at start of line -> !!timestamp
* !ds or !d at start of line -> !!datestamp
(I added the extra ! since that's how I like it. Remove it from translations below if required)
!!Notes
* Change the timeFormat and dateFormat below to suit your preference.
* See also http://mptw2.tiddlyspot.com/#AutoCorrectPlugin
* You could invent other translations and add them to the translations array below.
***/
//{{{

config.InstantTimestamp = {

  // adjust to suit
  timeFormat: 'DD/0MM/YY 0hh:0mm',
  dateFormat: 'DD/0MM/YY',

  translations: [
    [/^!ts?$/img,  "'!!{{ts{'+now.formatString(config.InstantTimestamp.timeFormat)+'}}}'"],
    [/^!ds?$/img,  "'!!{{ds{'+now.formatString(config.InstantTimestamp.dateFormat)+'}}}'"],

    // thanks Adapted Cat
    [/\{ts?\}(?!\}\})/ig,"'{{ts{'+now.formatString(config.InstantTimestamp.timeFormat)+'}}}'"],
    [/\{ds?\}(?!\}\})/ig,"'{{ds{'+now.formatString(config.InstantTimestamp.dateFormat)+'}}}'"]

  ],

  excludeTags: [
    "noAutoCorrect",
    "noTimestamp",
    "html",
    "CSS",
    "css",
    "systemConfig",
    "systemConfigDisabled",
    "zsystemConfig",
    "Plugins",
    "Plugin",
    "plugins",
    "plugin",
    "javascript",
    "code",
    "systemTheme",
    "systemPalette"
  ],

  excludeTiddlers: [
    "StyleSheet",
    "StyleSheetLayout",
    "StyleSheetColors",
    "StyleSheetPrint"
    // more?
  ]

};

TiddlyWiki.prototype.saveTiddler_mptw_instanttimestamp = TiddlyWiki.prototype.saveTiddler;
TiddlyWiki.prototype.saveTiddler = function(title,newTitle,newBody,modifier,modified,tags,fields,clearChangeCount,created) {

  tags = tags ? tags : []; // just in case tags is null
  tags = (typeof(tags) == "string") ? tags.readBracketedList() : tags;
  var conf = config.InstantTimestamp;

  if ( !tags.containsAny(conf.excludeTags) && !conf.excludeTiddlers.contains(newTitle) ) {

    var now = new Date();
    var trans = conf.translations;
    for (var i=0;i<trans.length;i++) {
      newBody = newBody.replace(trans[i][0], eval(trans[i][1]));
    }
  }

  // TODO: use apply() instead of naming all args?
  return this.saveTiddler_mptw_instanttimestamp(title,newTitle,newBody,modifier,modified,tags,fields,clearChangeCount,created);
}

// you can override these in StyleSheet
setStylesheet(".ts,.ds { font-style:italic; }","instantTimestampStyles");

//}}}
/***
|Name:|LessBackupsPlugin|
|Description:|Intelligently limit the number of backup files you create|
|Version:|3.0.1a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#LessBackupsPlugin|
|Author:|Simon Baird|
|Email:|simon.baird@gmail.com|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!!Description
You end up with just backup one per year, per month, per weekday, per hour, minute, and second.  So total number won't exceed about 200 or so. Can be reduced by commenting out the seconds/minutes/hours line from modes array
!!Notes
Works in IE and Firefox only.  Algorithm by Daniel Baird. IE specific code by by Saq Imtiaz.
***/
//{{{

var MINS  = 60 * 1000;
var HOURS = 60 * MINS;
var DAYS  = 24 * HOURS;

if (!config.lessBackups) {
  config.lessBackups = {
    // comment out the ones you don't want or set config.lessBackups.modes in your 'tweaks' plugin
    modes: [
      ["YYYY",  365*DAYS], // one per year for ever
      ["MMM",   31*DAYS],  // one per month
      ["ddd",   7*DAYS],   // one per weekday
      //["d0DD",  1*DAYS],   // one per day of month
      ["h0hh",  24*HOURS], // one per hour
      ["m0mm",  1*HOURS],  // one per minute
      ["s0ss",  1*MINS],   // one per second
      ["latest",0]         // always keep last version. (leave this).
    ]
  };
}

window.getSpecialBackupPath = function(backupPath) {

  var now = new Date();

  var modes = config.lessBackups.modes;

  for (var i=0;i<modes.length;i++) {

    // the filename we will try
    var specialBackupPath = backupPath.replace(/(\.)([0-9]+\.[0-9]+)(\.html)$/,
        '$1'+now.formatString(modes[i][0]).toLowerCase()+'$3')

    // open the file
    try {
      if (config.browser.isIE) {
        var fsobject = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject")
        var fileExists  = fsobject.FileExists(specialBackupPath);
        if (fileExists) {
          var fileObject = fsobject.GetFile(specialBackupPath);
          var modDate = new Date(fileObject.DateLastModified).valueOf();
        }
      }
      else {
        netscape.security.PrivilegeManager.enablePrivilege("UniversalXPConnect");
        var file = Components.classes["@mozilla.org/file/local;1"].createInstance(Components.interfaces.nsILocalFile);
        file.initWithPath(specialBackupPath);
        var fileExists = file.exists();
        if (fileExists) {
          var modDate = file.lastModifiedTime;
        }
      }
    }
    catch(e) {
      // give up
      return backupPath;
    }

    // expiry is used to tell if it's an 'old' one. Eg, if the month is June and there is a
    // June file on disk that's more than an month old then it must be stale so overwrite
    // note that "latest" should be always written because the expiration period is zero (see above)
    var expiry = new Date(modDate + modes[i][1]);
    if (!fileExists || now > expiry)
      return specialBackupPath;
  }
}

// hijack the core function
window.getBackupPath_mptw_orig = window.getBackupPath;
window.getBackupPath = function(localPath) {
  return getSpecialBackupPath(getBackupPath_mptw_orig(localPath));
}

//}}}
http://note.kurodigi.com/post-0-31/
誕生から20年以上経過したLinux

最初のLinuxが誕生してから20年以上が経過し,現在ではサーバを中心に幅広い用途で利用されています。またインストールも非常に簡単に行え(10年以上前のLinuxはインストールするのも一苦労でした),身近に感じられるOS(Operating System)になりました。

ただしインストールが簡単であるがゆえ,Linuxの中身がどうなっているのかわからなかったり,多くの機能があるため,どのように使いこなせばよいのかわからない人もいるのではないでしょうか。Linuxへの理解を深めることは簡単ではありませんが,ここではLinuxのディレクトリ構成について簡単に解説します。

FHSとは

FHS(Filesystem Hierarchy Standardと)は,Linuxにおけるディレクトリ構造の標準化を試みた文書です。みなさんは通常Linuxをディストリビューション(ユーザが利用しやすいようにLinuxカーネル,ドライバ,アプリケーションをパッケージとしてまとめたもの)という形式で利用しています。これらにはそれぞれ流儀があり,ディレクトリ構造も異なっていました。

FHSはこの構造を統一することを目的として策定されました。現実的にすべてのディストリビューションが従っているわけではありませんが,Linuxのディレクトリ構成を理解するためには良い指標となります。

各ディレクトリの説明

FHS 2.3で推奨されているディレクトリ構成を図1に示します。主なディレクトリの用途は次のとおりです(これらのディレクトリの下にあるサブディレクトリについては解説を省略します)。

/(ルート)
ディレクトリ構成の一番上を表します。FHSではこの直下にあるディレクトリは実体のあるディレクトリでもシンボリックリンクでもかまわないことになっています。

/boot
Linuxカーネル,init ram fsファイル,ブートローダGRUBの設定ファイルなどを含むディレクトリです。

/bin
システム管理者とユーザによって利用されるコマンドを配置するディレクトリです。

/dev
特殊・デバイスファイルを配置するディレクトリです。

/etc
OSの設定に必要となるファイルやプログラムの設定ファイルなどを格納するディレクトリです。

/home
ユーザのホームディレクトリとして扱います。システムユーザが利用するシェルの設定ファイルや,メール,データファイルなどを配置するディレクトリです。

/proc
Linuxのプロセスを操作したり,システム情報を処理するための手段を提供する疑似ファイルシステムです。

/tmp
システムで作業ファイルなどの配置に利用するディレクトリです。現在はtmpfsという疑似ファイルシステムを利用する場合が一般的です。

/usr
システムを利用するユーザで共有するデータを保持するディレクトリです。

/var
「variable(変わりやすい)」データを配置するディレクトリです。「variable」とは変更される可能性の高いデータのことです。
[img[http://image.gihyo.co.jp/assets/images/dennou/2013/156/156-h1-01.png]]
図1 FHS 2.3で推奨されるLinuxのディレクトリ構造
図1 FHS 2.3で推奨されるLinuxのディレクトリ構造
Linuxを使いこなすにはこの他にも理解すべき事柄はたくさんあります。実際にLinuxに触れながら,一つ一つ理解を進めていくとLinuxの全体像をつかむことができ,よりLinuxを使いこなすことができるようになるでしょう。
/***
|''Name:''|LoadRemoteFileThroughProxy (previous LoadRemoteFileHijack)|
|''Description:''|When the TiddlyWiki file is located on the web (view over http) the content of [[SiteProxy]] tiddler is added in front of the file url. If [[SiteProxy]] does not exist "/proxy/" is added. |
|''Version:''|1.1.0|
|''Date:''|mar 17, 2007|
|''Source:''|http://tiddlywiki.bidix.info/#LoadRemoteFileHijack|
|''Author:''|BidiX (BidiX (at) bidix (dot) info)|
|''License:''|[[BSD open source license|http://tiddlywiki.bidix.info/#%5B%5BBSD%20open%20source%20license%5D%5D ]]|
|''~CoreVersion:''|2.2.0|
***/
//{{{
version.extensions.LoadRemoteFileThroughProxy = {
 major: 1, minor: 1, revision: 0, 
 date: new Date("mar 17, 2007"), 
 source: "http://tiddlywiki.bidix.info/#LoadRemoteFileThroughProxy"};

if (!window.bidix) window.bidix = {}; // bidix namespace
if (!bidix.core) bidix.core = {};

bidix.core.loadRemoteFile = loadRemoteFile;
loadRemoteFile = function(url,callback,params)
{
 if ((document.location.toString().substr(0,4) == "http") && (url.substr(0,4) == "http")){ 
 url = store.getTiddlerText("SiteProxy", "/proxy/") + url;
 }
 return bidix.core.loadRemoteFile(url,callback,params);
}
//}}}
[[WelcomeToTiddlyspot]] [[GettingStarted]] [[書き方]] [[タグ]]
Name: MptwBlack
Background: #000
Foreground: #fff
PrimaryPale: #333
PrimaryLight: #555
PrimaryMid: #888
PrimaryDark: #aaa
SecondaryPale: #111
SecondaryLight: #222
SecondaryMid: #555
SecondaryDark: #888
TertiaryPale: #222
TertiaryLight: #666
TertiaryMid: #888
TertiaryDark: #aaa
Error: #300
Name: MptwBlue
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #cdf
PrimaryLight: #57c
PrimaryMid: #114
PrimaryDark: #012
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
//{{{
// Pretty sure this is incomplete and experimental
// TODO: Fix it or remove it.

(function($){

merge(config.macros,{
  mptwCollapse: {
    handler: function(place,macroName,params) {
      createTiddlyButton(place, params[0] == '+' ? '\u25AD' : '\u25AC', 'collapse/uncollapse', function(){
        $(story.findContainingTiddler(place)).toggleClass('collapsed');
      });
    }
  }
});

/* this doesn't work unless you have a modified ViewTempate */
config.shadowTiddlers["MptwCollapsePluginStyles"] = ""
  +".collapsed .uncollapsedView { display:none;       }"
  +".collapsedView              { display:none;       }"
  +".collapsed .collapsedView   { display:block;      }"
  +".tiddler.collapsed          { padding-bottom:1em; }"
  +".tiddler.collapsed .title   { font-size:100%;     }"
;

store.addNotification("MptwCollapsePluginStyles",refreshStyles);

})(jQuery);

//}}}
/***
|Name:|MptwConfigPlugin|
|Description:|Miscellaneous tweaks used by MPTW|
|Version:|1.0a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#MptwConfigPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#MptwConfigPlugin|
!!Note: instead of editing this you should put overrides in MptwUserConfigPlugin
***/
//{{{
var originalReadOnly = readOnly;
var originalShowBackstage = showBackstage;

config.options.chkHttpReadOnly = false;  // means web visitors can experiment with your site by clicking edit
readOnly = false;                        // needed because the above doesn't work any more post 2.1 (??)
showBackstage = true;                    // show backstage for same reason

config.options.chkInsertTabs = true;     // tab inserts a tab when editing a tiddler
config.views.wikified.defaultText = "";  // don't need message when a tiddler doesn't exist
config.views.editor.defaultText = "";    // don't need message when creating a new tiddler

config.options.chkSaveBackups = true;         // do save backups
config.options.txtBackupFolder = 'twbackup';  // put backups in a backups folder

config.options.chkAutoSave = (window.location.protocol == "file:"); // do autosave if we're in local file

config.mptwVersion = "2.7.3";

config.macros.mptwVersion={handler:function(place){wikify(config.mptwVersion,place);}};

if (config.options.txtTheme == '')
  config.options.txtTheme = 'MptwTheme';

// add to default GettingStarted
config.shadowTiddlers.GettingStarted += "\n\nSee also [[MPTW]].";

// add select theme and palette controls in default OptionsPanel
config.shadowTiddlers.OptionsPanel = config.shadowTiddlers.OptionsPanel.replace(/(\n\-\-\-\-\nAlso see \[\[AdvancedOptions\]\])/, "{{select{<<selectTheme>>\n<<selectPalette>>}}}$1");

// these are used by ViewTemplate
config.mptwDateFormat = 'DD/MM/YY';
config.mptwJournalFormat = 'Journal DD/MM/YY';

//}}}
Name: MptwGreen
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #9b9
PrimaryLight: #385
PrimaryMid: #031
PrimaryDark: #020
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
Name: MptwRed
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #eaa
PrimaryLight: #c55
PrimaryMid: #711
PrimaryDark: #500
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
|Name|MptwRounded|
|Description|Mptw Theme with some rounded corners (Firefox only)|
|ViewTemplate|MptwTheme##ViewTemplate|
|EditTemplate|MptwTheme##EditTemplate|
|PageTemplate|MptwTheme##PageTemplate|
|StyleSheet|##StyleSheet|

!StyleSheet
/*{{{*/

[[MptwTheme##StyleSheet]]

.tiddler,
.sliderPanel,
.button,
.tiddlyLink,
.tabContents
{ -moz-border-radius: 1em; }

.tab {
	-moz-border-radius-topleft: 0.5em;
	-moz-border-radius-topright: 0.5em;
}
#topMenu {
	-moz-border-radius-bottomleft: 2em;
	-moz-border-radius-bottomright: 2em;
}

/*}}}*/
Name: MptwSmoke
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #aaa
PrimaryLight: #777
PrimaryMid: #111
PrimaryDark: #000
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
|Name|MptwStandard|
|Description|Mptw Theme with the default TiddlyWiki PageLayout and Styles|
|ViewTemplate|MptwTheme##ViewTemplate|
|EditTemplate|MptwTheme##EditTemplate|
Name: MptwTeal
Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #B5D1DF
PrimaryLight: #618FA9
PrimaryMid: #1a3844
PrimaryDark: #000
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #f8f8f8
TertiaryLight: #bbb
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #888
Error: #f88
|Name|MptwTheme|
|Description|Mptw Theme including custom PageLayout|
|PageTemplate|##PageTemplate|
|ViewTemplate|##ViewTemplate|
|EditTemplate|##EditTemplate|
|StyleSheet|##StyleSheet|

http://mptw.tiddlyspot.com/#MptwTheme ($Rev: 1829 $)

!PageTemplate
<!--{{{-->
<div class='header' macro='gradient vert [[ColorPalette::PrimaryLight]] [[ColorPalette::PrimaryMid]]'>
	<div class='headerShadow'>
		<span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp;
		<span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span>
	</div>
	<div class='headerForeground'>
		<span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp;
		<span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span>
	</div>
</div>
<!-- horizontal MainMenu -->
<div id='topMenu' refresh='content' tiddler='MainMenu'></div>
<!-- original MainMenu menu -->
<!-- <div id='mainMenu' refresh='content' tiddler='MainMenu'></div> -->
<div id='sidebar'>
	<div id='sidebarOptions' refresh='content' tiddler='SideBarOptions'></div>
	<div id='sidebarTabs' refresh='content' force='true' tiddler='SideBarTabs'></div>
</div>
<div id='displayArea'>
	<div id='messageArea'></div>
	<div id='tiddlerDisplay'></div>
</div>
<!--}}}-->

!ViewTemplate
<!--{{{-->
<div class="uncollapsedView">
[[MptwTheme##ViewTemplateToolbar]]

<div class="tagglyTagged" macro="tags"></div>

<div class='titleContainer'>
	<span class='title' macro='view title'></span>
	<span macro="miniTag"></span>
</div>

<div class='subtitle'>
	(updated <span macro='view modified date {{config.mptwDateFormat?config.mptwDateFormat:"MM/0DD/YY"}}'></span>
	by <span macro='view modifier link'></span>)
	<!--
	(<span macro='message views.wikified.createdPrompt'></span>
	<span macro='view created date {{config.mptwDateFormat?config.mptwDateFormat:"MM/0DD/YY"}}'></span>)
	-->
</div>

<div macro="showWhen tiddler.tags.containsAny(['css','html','pre','systemConfig']) && !tiddler.text.match('{{'+'{')">
	<div class='viewer'><pre macro='view text'></pre></div>
</div>
<div macro="else">
	<div class='viewer' macro='view text wikified'></div>
</div>

<div class="tagglyTagging" macro="tagglyTagging"></div>
</div>
<div class="collapsedView">
	<span class='toolbar'>
		<span macro='toolbar closeTiddler'></span>
		<span macro='mptwCollapse +'></span>
	</span>
	<span class='title' macro='view title'></span>
</div>

<!--}}}-->

!ViewTemplateToolbar
<!--{{{-->
<div class='toolbar'>
	<span macro="showWhenTagged systemConfig">
		<span macro="toggleTag systemConfigDisable . '[[disable|systemConfigDisable]]'"></span>
	</span>
	<span macro="showWhenTagged systemTheme"><span macro="applyTheme"></span></span>
	<span macro="showWhenTagged systemPalette"><span macro="applyPalette"></span></span>
	<span macro="showWhen tiddler.tags.contains('css') || tiddler.title == 'StyleSheet'"><span macro="refreshAll"></span></span>
	<span style="padding:1em;"></span>
	<span macro='toolbar closeTiddler closeOthers +editTiddler deleteTiddler > fields syncing permalink references jump'></span> <span macro='newHere label:"new here"'></span>
	<span macro='newJournalHere {{config.mptwJournalFormat?config.mptwJournalFormat:"MM/0DD/YY"}}'></span>
	<!--span macro='mptwCollapse -'></span-->
</div>
<!--}}}-->

!EditTemplate
<!--{{{-->
<div class="toolbar" macro="toolbar +saveTiddler saveCloseTiddler closeOthers -cancelTiddler cancelCloseTiddler deleteTiddler"></div>
<div class="title" macro="view title"></div>
<div class="editLabel">Title</div><div class="editor" macro="edit title"></div>
<div macro='annotations'></div>
<div class="editLabel">Content</div><div class="editor" macro="edit text"></div>
<div class="editLabel">Tags</div><div class="editor" macro="edit tags"></div>
<div class="editorFooter"><span macro="message views.editor.tagPrompt"></span><span macro="tagChooser"></span></div>
<!--}}}-->

!StyleSheet
/*{{{*/

/* a contrasting background so I can see where one tiddler ends and the other begins */
body {
	background: [[ColorPalette::TertiaryLight]];
}

/* sexy colours and font for the header */
.headerForeground {
	color: [[ColorPalette::PrimaryPale]];
}
.headerShadow, .headerShadow a {
	color: [[ColorPalette::PrimaryMid]];
}

/* separate the top menu parts */
.headerForeground, .headerShadow {
	padding: 1em 1em 0;
}

.headerForeground, .headerShadow {
	font-family: 'Trebuchet MS', sans-serif;
	font-weight:bold;
}
.headerForeground .siteSubtitle {
	color: [[ColorPalette::PrimaryLight]];
}
.headerShadow .siteSubtitle {
	color: [[ColorPalette::PrimaryMid]];
}

/* make shadow go and down right instead of up and left */
.headerShadow {
	left: 1px;
	top: 1px;
}

/* prefer monospace for editing */
.editor textarea, .editor input {
	font-family: 'Consolas', monospace;
	background-color:[[ColorPalette::TertiaryPale]];
}


/* sexy tiddler titles */
.title {
	font-size: 250%;
	color: [[ColorPalette::PrimaryLight]];
	font-family: 'Trebuchet MS', sans-serif;
}

/* more subtle tiddler subtitle */
.subtitle {
	padding:0px;
	margin:0px;
	padding-left:1em;
	font-size: 90%;
	color: [[ColorPalette::TertiaryMid]];
}
.subtitle .tiddlyLink {
	color: [[ColorPalette::TertiaryMid]];
}

/* a little bit of extra whitespace */
.viewer {
	padding-bottom:3px;
}

/* don't want any background color for headings */
h1,h2,h3,h4,h5,h6 {
	background-color: transparent;
	color: [[ColorPalette::Foreground]];
}

/* give tiddlers 3d style border and explicit background */
.tiddler {
	background: [[ColorPalette::Background]];
	border-right: 2px [[ColorPalette::TertiaryMid]] solid;
	border-bottom: 2px [[ColorPalette::TertiaryMid]] solid;
	margin-bottom: 1em;
	padding:1em 2em 2em 1.5em;
}

/* make options slider look nicer */
#sidebarOptions .sliderPanel {
	border:solid 1px [[ColorPalette::PrimaryLight]];
}

/* the borders look wrong with the body background */
#sidebar .button {
	border-style: none;
}

/* this means you can put line breaks in SidebarOptions for readability */
#sidebarOptions br {
	display:none;
}
/* undo the above in OptionsPanel */
#sidebarOptions .sliderPanel br {
	display:inline;
}

/* horizontal main menu stuff */
#displayArea {
	margin: 1em 15.7em 0em 1em; /* use the freed up space */
}
#topMenu br {
	display: none;
}
#topMenu {
	background: [[ColorPalette::PrimaryMid]];
	color:[[ColorPalette::PrimaryPale]];
}
#topMenu {
	padding:2px;
}
#topMenu .button, #topMenu .tiddlyLink, #topMenu a {
	margin-left: 0.5em;
	margin-right: 0.5em;
	padding-left: 3px;
	padding-right: 3px;
	color: [[ColorPalette::PrimaryPale]];
	font-size: 115%;
}
#topMenu .button:hover, #topMenu .tiddlyLink:hover {
	background: [[ColorPalette::PrimaryDark]];
}

/* make 2.2 act like 2.1 with the invisible buttons */
.toolbar {
	visibility:hidden;
}
.selected .toolbar {
	visibility:visible;
}

/* experimental. this is a little borked in IE7 with the button 
 * borders but worth it I think for the extra screen realestate */
.toolbar { float:right; }

/* fix for TaggerPlugin. from sb56637. improved by FND */
.popup li .tagger a {
   display:inline;
}

/* makes theme selector look a little better */
#sidebarOptions .sliderPanel .select .button {
  padding:0.5em;
  display:block;
}
#sidebarOptions .sliderPanel .select br {
	display:none;
}

/* make it print a little cleaner */
@media print {
	#topMenu {
		display: none ! important;
	}
	/* not sure if we need all the importants */
	.tiddler {
		border-style: none ! important;
		margin:0px ! important;
		padding:0px ! important;
		padding-bottom:2em ! important;
	}
	.tagglyTagging .button, .tagglyTagging .hidebutton {
		display: none ! important;
	}
	.headerShadow {
		visibility: hidden ! important;
	}
	.tagglyTagged .quickopentag, .tagged .quickopentag {
		border-style: none ! important;
	}
	.quickopentag a.button, .miniTag {
		display: none ! important;
	}
}

/* get user styles specified in StyleSheet */
[[StyleSheet]]

/*}}}*/
|Name|MptwTrim|
|Description|Mptw Theme with a reduced header to increase useful space|
|ViewTemplate|MptwTheme##ViewTemplate|
|EditTemplate|MptwTheme##EditTemplate|
|StyleSheet|MptwTheme##StyleSheet|
|PageTemplate|##PageTemplate|

!PageTemplate
<!--{{{-->

<!-- horizontal MainMenu -->
<div id='topMenu' macro='gradient vert [[ColorPalette::PrimaryLight]] [[ColorPalette::PrimaryMid]]'>
<span refresh='content' tiddler='SiteTitle' style="padding-left:1em;font-weight:bold;"></span>:
<span refresh='content' tiddler='MainMenu'></span>
</div>
<div id='sidebar'>
	<div id='sidebarOptions'>
		<div refresh='content' tiddler='SideBarOptions'></div>
		<div style="margin-left:0.1em;"
			macro='slider chkTabSliderPanel SideBarTabs {{"tabs \u00bb"}} "Show Timeline, All, Tags, etc"'></div>
	</div>
</div>
<div id='displayArea'>
	<div id='messageArea'></div>
	<div id='tiddlerDisplay'></div>
</div>
/***
|Description:|A place to put your config tweaks so they aren't overwritten when you upgrade MPTW|
See http://www.tiddlywiki.org/wiki/Configuration_Options for other options you can set. In some cases where there are clashes with other plugins it might help to rename this to zzMptwUserConfigPlugin so it gets executed last.
***/
//{{{

// example: set your preferred date format
//config.mptwDateFormat = 'MM/0DD/YY';
//config.mptwJournalFormat = 'Journal MM/0DD/YY';

// example: set the theme you want to start with
//config.options.txtTheme = 'MptwRoundTheme';

// example: switch off autosave, switch on backups and set a backup folder
//config.options.chkSaveBackups = true;
//config.options.chkAutoSave = false;
//config.options.txtBackupFolder = 'backups';

// uncomment to disable 'new means new' functionality for the new journal macro
//config.newMeansNewForJournalsToo = false;

//}}}
/***
|Name:|NewHerePlugin|
|Description:|Creates the new here and new journal macros|
|Version:|3.0a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#NewHerePlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
***/
//{{{
merge(config.macros, {
  newHere: {
    handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
      wikify("<<newTiddler "+paramString+" tag:[["+tiddler.title+"]]>>",place,null,tiddler);
    }
  },
  newJournalHere: {
    handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
      wikify("<<newJournal "+paramString+" tag:[["+tiddler.title+"]]>>",place,null,tiddler);
    }
  }
});

//}}}
/***
|Name:|NewMeansNewPlugin|
|Description:|If 'New Tiddler' already exists then create 'New Tiddler (1)' and so on|
|Version:|1.1.1a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/empty.html#NewMeansNewPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!!Note: I think this should be in the core
***/
//{{{

// change this or set config.newMeansNewForJournalsToo it in MptwUuserConfigPlugin
if (config.newMeansNewForJournalsToo == undefined) config.newMeansNewForJournalsToo = true;

String.prototype.getNextFreeName = function() {
  numberRegExp = / \(([0-9]+)\)$/;
  var match = numberRegExp.exec(this);
  if (match) {
  var num = parseInt(match[1]) + 1;
    return this.replace(numberRegExp," ("+num+")");
  }
  else {
    return this + " (1)";
  }
}

config.macros.newTiddler.checkForUnsaved = function(newName) {
  var r = false;
  story.forEachTiddler(function(title,element) {
    if (title == newName)
      r = true;
  });
  return r;
}

config.macros.newTiddler.getName = function(newName) {
  while (store.getTiddler(newName) || config.macros.newTiddler.checkForUnsaved(newName))
    newName = newName.getNextFreeName();
  return newName;
}


config.macros.newTiddler.onClickNewTiddler = function()
{
  var title = this.getAttribute("newTitle");
  if(this.getAttribute("isJournal") == "true") {
    title = new Date().formatString(title.trim());
  }

  // ---- these three lines should be the only difference between this and the core onClickNewTiddler
  if (config.newMeansNewForJournalsToo || this.getAttribute("isJournal") != "true")
    title = config.macros.newTiddler.getName(title);

  var params = this.getAttribute("params");
  var tags = params ? params.split("|") : [];
  var focus = this.getAttribute("newFocus");
  var template = this.getAttribute("newTemplate");
  var customFields = this.getAttribute("customFields");
  if(!customFields && !store.isShadowTiddler(title))
    customFields = String.encodeHashMap(config.defaultCustomFields);
  story.displayTiddler(null,title,template,false,null,null);
  var tiddlerElem = story.getTiddler(title);
  if(customFields)
    story.addCustomFields(tiddlerElem,customFields);
  var text = this.getAttribute("newText");
  if(typeof text == "string")
    story.getTiddlerField(title,"text").value = text.format([title]);
  for(var t=0;t<tags.length;t++)
    story.setTiddlerTag(title,tags[t],+1);
  story.focusTiddler(title,focus);
  return false;
};

//}}}
 elementary OSにきれいで見やすいプログラミング用フォントのRictyをインストールしてみましょう。
 以下の方法は他のUbuntuベースのディストリビューションなら同じです(というかDebian系なら全部同じはず。※最後のtweaks以外)

 Rictyは「Inconsolata」というフォントと「Migu 1M」というフォントを合成したものです。
 ライセンスの問題から、Rictyフォントとして合成された状態のものは配布されていません。
 そのため、InconsolataとMigu 1Mを別々にダウンロードしてきて、自分で合成するという作業が必要になります。

 下準備
 ・フォルダを英語表記に
   $ env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

 ・隠しフォルダを表示
 隠しフォルダを表示させておきましょう。
 この設定をすることにより、フォルダの前に「.」(ドット)がついた、色々な設定ファイルが格納されたフォルダが表示されることになります。
   1. 左上の「アプリケーション」から「Files」をクリック
   2. Filesの中で右クリック
   3. 「隠しフォルダを表示」をクリック

 ・「.fonts」フォルダ作成
 ダウンロードしてきたフォントを格納しておくフォルダです。
   1. Filesの中で右クリック
   2. 「新しいフォルダを作成」
   3. 名前を「.fonts」に設定
   ここに「.ttf」「.otf」ファイルを格納すれば、フォントとして登録されることになります。
 必ずホームディレクトリ直下に作成してください。
  (※「ホームディレクトリ」は、普通にインストールした状態であるなら、「/home/user名」です。画面左上の「アプリケーション」から「Files」を開いたところがホームディレクトリになります。Files上では「ホーム」表現されています。「user名」のところはインストール時に決めたものと同じです。ぼくは「im」というユーザー名でインストールしたので、「/home/im」となります。
 ターミナルを開いて、「$ cd」というコマンドを実行したあと、「$ pwd」を実行してみてください。それで表示されたものがホームディレクトリになります。
 cdはディレクトリを移動するコマンドです。たとえば、「$ cd /home/user名/Downloads」とやればDownloadsディレクトリに移動します。ここで、$ cdのあとに何も入力しないで実行すると、ホームディレクトリに移動します。
 pwdは現在自分がいるディレクトリを表示します。Linuxでターミナルを操作するときは、自分がどのディレクトリにいるのかということがけっこう重要な要素となりますので、cdと併せて覚えておきましょう。
 ちなみに、「ディレクトリ」は「フォルダ」と同じ意味です。)


 fontforgeのインストール
   $ sudo apt-get install fontforge

 Inconsolataフォントのダウンロード
   $ wget http://levien.com/type/myfonts/Inconsolata.otf
 ネット上からInconsolataを持ってくる
   $ cp Inconsolata.otf ~/.fonts
 落としてきたInconsolataを.fontsフォルダにコピーする
 (ちなみに、「~」はホームディレクトリを表すので、「~/.fonts」はホーム直下の.fontsディレクトリを意味する)

 Migu 1Mのダウンロード
 「1M」であることに注意(他にも1Cなどがある)
 ダウンロードできるサイトにウェブブラウザでアクセス
   http://mix-mplus-ipa.sourceforge.jp/migu/
 「migu-1m-20130617.zip」をクリックして落とす

 (※「20130617」の部分は今後のアップデートで変更の可能性があるので注意。変更があった場合は以下の該当部分も変更すること)
 落としたものはたいてい、「/home/user名/Downloads」にあるはず。
   $ cd Downloads
   $ unzip migu-1m-20130617.zip
 zipを解凍するコマンド(GUIで直接ファイルを右クリックして解凍してもよい)
   $ cp migu-1m-20130617/*.ttf ~/.fonts
 .fontsフォルダにttfファイルをコピー(GUIでコピーペースト等で移動してももちろんOK)

 gitを入手
 Ricty生成用スクリプトを入手するために、gitというアプリをインストールします。
 gitはバージョン管理するためのアプリでもありますが、アプリをダウンロードするのにも使えます。
   $ sudo apt-get install git

 Ricty生成用のスクリプトを取得して実行
   $ git clone git://github.com/yascentur/Ricty.git
 ホーム直下にRictyフォルダができて、中にいろいろ入ってると思います。
 とりあえずこのフォルダに移動しましょう。
   $ cd Ricty
 ジェネレーターを実行します。
   $ sh ricty_generator.sh auto
 これでRictyのフォントファイルがRictyフォルダにできました。
 Rictyフォルダの中に「Ricty***.ttf」みたいな.ttfファイルが4つあるはずです。
 あとはこれらをすべて.fontsフォルダに移動しましょう。
   $ cp *.ttf ~/.fonts
 (コマンドでなく、GUI上で動かしてももちろんなんの問題もありません)

 tweaksでフォントを設定
   $ sudo apt-add-repository ppa:versable/elementary-update
   $ sudo apt-get update
   $ sudo apt-get install elementary-tweaks

 とりあえずターミナルのフォントにしてみました。
 elementary-tweaksの設定関係については、こちらhttp://thisisepic.hateblo.jp/entry/2014/01/20/220829参照
 (※今は上のコマンドでエラーがでないようになっているので、設定部分だけ参照してください。)

 追記: 設定した感じだと、普通のRictyよりも「Ricty Bold」の方がみやすいかも。。
/***
|''Name:''|PasswordOptionPlugin|
|''Description:''|Extends TiddlyWiki options with non encrypted password option.|
|''Version:''|1.0.2|
|''Date:''|Apr 19, 2007|
|''Source:''|http://tiddlywiki.bidix.info/#PasswordOptionPlugin|
|''Author:''|BidiX (BidiX (at) bidix (dot) info)|
|''License:''|[[BSD open source license|http://tiddlywiki.bidix.info/#%5B%5BBSD%20open%20source%20license%5D%5D ]]|
|''~CoreVersion:''|2.2.0 (Beta 5)|
***/
//{{{
version.extensions.PasswordOptionPlugin = {
	major: 1, minor: 0, revision: 2, 
	date: new Date("Apr 19, 2007"),
	source: 'http://tiddlywiki.bidix.info/#PasswordOptionPlugin',
	author: 'BidiX (BidiX (at) bidix (dot) info',
	license: '[[BSD open source license|http://tiddlywiki.bidix.info/#%5B%5BBSD%20open%20source%20license%5D%5D]]',
	coreVersion: '2.2.0 (Beta 5)'
};

config.macros.option.passwordCheckboxLabel = "Save this password on this computer";
config.macros.option.passwordInputType = "password"; // password | text
setStylesheet(".pasOptionInput {width: 11em;}\n","passwordInputTypeStyle");

merge(config.macros.option.types, {
	'pas': {
		elementType: "input",
		valueField: "value",
		eventName: "onkeyup",
		className: "pasOptionInput",
		typeValue: config.macros.option.passwordInputType,
		create: function(place,type,opt,className,desc) {
			// password field
			config.macros.option.genericCreate(place,'pas',opt,className,desc);
			// checkbox linked with this password "save this password on this computer"
			config.macros.option.genericCreate(place,'chk','chk'+opt,className,desc);			
			// text savePasswordCheckboxLabel
			place.appendChild(document.createTextNode(config.macros.option.passwordCheckboxLabel));
		},
		onChange: config.macros.option.genericOnChange
	}
});

merge(config.optionHandlers['chk'], {
	get: function(name) {
		// is there an option linked with this chk ?
		var opt = name.substr(3);
		if (config.options[opt]) 
			saveOptionCookie(opt);
		return config.options[name] ? "true" : "false";
	}
});

merge(config.optionHandlers, {
	'pas': {
 		get: function(name) {
			if (config.options["chk"+name]) {
				return encodeCookie(config.options[name].toString());
			} else {
				return "";
			}
		},
		set: function(name,value) {config.options[name] = decodeCookie(value);}
	}
});

// need to reload options to load passwordOptions
loadOptionsCookie();

/*
if (!config.options['pasPassword'])
	config.options['pasPassword'] = '';

merge(config.optionsDesc,{
		pasPassword: "Test password"
	});
*/
//}}}
Plankとは?

Plankとは、軽量でシンプルなドック型ランチャーです。



Plank PPA: https://launchpad.net/~ricotz/+archive/docky
Ubuntu 13.04 - Plank ランチャーバージョン	インストール方法	起動方法
Plank 0.3.0	端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してインストール	DashホームまたはCinnamonメニューから「Plank」で検索して起動

$ sudo add-apt-repository ppa:ricotz/docky
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install plank

これだと,ログアウトすると plank が自動起動しないので,ログイン時に起動できるようにします(Lubuntu 12.04 の場合).

$ ln -s /usr/share/applications/plank.desktop ~/.config/lxsession/Lubuntu


「ドック型ランチャーには最低限の機能だけあればいい」という方におすすめなのが、Plankです。

Plankには、一般的なドック型ランチャーにあるような、特殊効果やテーマ、アイコンサイズの変更、また、ドックの動作設定などのオプションが一切ありません。

アプリの起動と切り替え、最大化/最小化だけに機能を絞った、シンプルで使いやすいドック型ランチャーです。


挙動
ランチャーをクリックすれば,そのアプリケーションが起動します.
起動済みのランチャーをクリックすれば,ウィンドウを隠す,ウィンドウを再表示となります.
起動済み(起動済みでなくても)ランチャーを中クリック(ホイールボタンをクリック)すれば,同じアプリケーションを複数起動することができます.
複数のアプリケーションを起動している場合,それらの切り替えは右クリックでメニューを出してウィンドウを選択します(メニューでウィンドウを閉じたり,新規に作成することもできます).

ランチャー登録

ランチャーとしてアプリケーションを登録するには,登録したいアプリケーションを起動した上で,Plank 上のそのアプリケーションを右クリックし,「Keep in Dock」をクリックします.逆に削除する場合も,もう一度「Keep in Dock」をクリックします.


設定
 Plank は設定ファイルを編集することによって設定します(GUI の設定画面がない).設定ファイルは "~/.config/plank/dock1/settings" です*.この設定ファイルを好みのエディタで開き編集していきます.設定項目は "[PlankDockPreferences]" 以下,以下の通り.
IconSize
 表示するアイコンサイズをピクセル単位の数値で設定します.
HideMode
 ドックを自動で隠れるかを設定します.
0: 自動で隠れないようにします.
1: 賢く隠れるようにします(通常は表示するが,最大化したウィンドウがある時は自動で隠れる).
2: 何が何でも自動で隠れるようにします.
UnhideDelay
 自動で隠れる設定をした際,隠れたドックを再度表示するまでの遅延時間を ms(ミリ秒)で設定します.ドック再表示の誤動作対策.
Monitor
 ドックを表示するモニター番号?(不明; マルチモニター用?)
DockItems
 ランチャーとして登録したものを「;;」で区切って設定します(編集してはだめ; ランチャーを設定したい場合は後の項目を参照)
Position
 ドックを表示する位置を設定します.
0: 左側(Unity のような配置)
1: 右側
2: 上部
3: 下部(Mac のドックや Cairo-dock のデフォルトような配置)
Offset
 ドックの位置の微調整を%で設定します.下部にドックを設定している場合,マイナスの値を設定すると左側に移動し,プラスの値を設定すると右側に移動します.
なお,設定ファイルは変更を保存すれば,すぐ Plank に反映されるので,設定ファイル変更後,Plank を再起動させる必要はないようです.


ランチャーの順番を変更
 ランチャーに登録していないアプリケーションを起動すると Plank に表示されるわけですが,それがランチャーよりも前に表示されたり,思ってもいなかった場所に表示されることがあります.その場合は,ランチャーの位置を決定します.

 ランチャーの位置を決めるには,~/.config/plank/dock1/launchers 内のそれぞれの .dockitem を編集します..dockitem はそれぞれのランチャーとして登録したアプリケーションに該当します.これらを好みのエディタで開いて編集します.
 このファイル内の Sort という値(デフォルトは 1001)を小さな値にすれば,ドックを下部に表示している場合,ウィンドウリストよりも左側に表示されます.なので,配置したい順に 1,2,3,…と Sort 番号を設定していけば好みの並びになります.


ランチャーをまとめる
 現在の Plank はたくさんのランチャーを登録したり,たくさんのウィンドウを開いたりしてドックの長さが長くなると画面から見切れます(Plank の短所; Cairo-dock や Unity はそういうことがない).そこで,似たようなアプリケーションランチャーをまとめてみます.
どこかにディレクトリを作成します(~/.config/plank あたりに作るのがオススメ?).
その中にまとめたいランチャーの .desktop ファイルを /usr/share/applications あたりからコピーしてくるか,あるいはリンクを作成します.
~/.config/plank/dock1/launchers に新規 .dockitem を作成し,以下の内容にする.[PlankItemsDockItemPreferences]
Launcher=2でランチャーをまとめたディレクトリのパス
Sort=ランチャーの位置

Plank を再起動

 Plank はまだ発展途上?らしいので,これからどうなるかはわかりませんが,軽量なドックアプリケーションを求めているなら,試してみてはいかが? 

参考サイト
Plank, A Very Simple Yet an Elegant Dock for GNU/Linux
Plank: A Lightweight and Fast Dock For Ubuntu 12.04/11.10
Install Plank Dock in Ubuntu/Linux Mint - (Light Weight) ~ Noobs on Ubuntu and Windows, HD Wallpapers, Tutorials
Plank - Lightweight Dock App | Ubuntu Root
5 Beautiful Plank Themes ~ Web Upd8: Ubuntu / Linux blog
/***
|Name:|PrettyDatesPlugin|
|Description:|Provides a new date format ('pppp') that displays times such as '2 days ago'|
|Version:|1.0a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#PrettyDatesPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!!Notes
* If you want to you can rename this plugin. :) Some suggestions: LastUpdatedPlugin, RelativeDatesPlugin, SmartDatesPlugin, SexyDatesPlugin.
* Inspired by http://ejohn.org/files/pretty.js
***/
//{{{
Date.prototype.prettyDate = function() {
  var diff = (((new Date()).getTime() - this.getTime()) / 1000);
  var day_diff = Math.floor(diff / 86400);

  if (isNaN(day_diff))      return "";
  else if (diff < 0)        return "in the future";
  else if (diff < 60)       return "just now";
  else if (diff < 120)      return "1 minute ago";
  else if (diff < 3600)     return Math.floor(diff/60) + " minutes ago";
  else if (diff < 7200)     return "1 hour ago";
  else if (diff < 86400)    return Math.floor(diff/3600) + " hours ago";
  else if (day_diff == 1)   return "Yesterday";
  else if (day_diff < 7)    return day_diff + " days ago";
  else if (day_diff < 14)   return  "a week ago";
  else if (day_diff < 31)   return Math.ceil(day_diff/7) + " weeks ago";
  else if (day_diff < 62)   return "a month ago";
  else if (day_diff < 365)  return "about " + Math.ceil(day_diff/31) + " months ago";
  else if (day_diff < 730)  return "a year ago";
  else                      return Math.ceil(day_diff/365) + " years ago";
}

Date.prototype.formatString_orig_mptw = Date.prototype.formatString;

Date.prototype.formatString = function(template) {
  return this.formatString_orig_mptw(template).replace(/pppp/,this.prettyDate());
}

// for MPTW. otherwise edit your ViewTemplate as required.
// config.mptwDateFormat = 'pppp (DD/MM/YY)';
config.mptwDateFormat = 'pppp';

//}}}
Puppy Linux 431JP2012 では Firefox 最新版が簡単に使えるようだ
Tea y Java / Olivi Music



Mozilla からダウンロードした最新版を使うか、こちらからダウンロードしたシノバーさん謹製の sfs ファイルを使うかどっちでもOK。
http://shino.pos.to/party/bridge.cgi?puppy/opt/

・SFSファイルの使い方。
Firefox の sfs ファイルはダウンロードしたら、/mnt/home に置く。
パピーメニューの システム > BootManager を起動し、SFS ファイルのロード のところのアイコンをクリックして SFS_Load オン・ザ・フライ を起動。
[img[http://pc-usr.up.d.seesaa.net/pc-usr/image/firefox_sfs_load001_phixr.jpg?d=a0]]
firefox_sfs_load001_phixr.jpg

ロード側のプルダウンタブで Firefox の sfs ファイルを選んで、[ロード]ボタンでロードすると再起動なしてFirefoxが使えるようになる。
[img[http://pc-usr.up.d.seesaa.net/pc-usr/image/firefox_sfs_load002_phixr.jpg?d=a0]]
firefox_sfs_load002_phixr.jpg

Flash プラグインのインストーラや Java プラグインも同時にインストールされるみたい。
/***
|Name:|QuickOpenTagPlugin|
|Description:|Changes tag links to make it easier to open tags as tiddlers|
|Version:|3.0.1a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#QuickOpenTagPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
***/
//{{{
config.quickOpenTag = {

  dropdownChar: (document.all ? "\u25bc" : "\u25be"), // the little one doesn't work in IE?

  createTagButton: function(place,tag,excludeTiddler) {
    // little hack so we can do this: <<tag PrettyTagName|RealTagName>>
    var splitTag = tag.split("|");
    var pretty = tag;
    if (splitTag.length == 2) {
      tag = splitTag[1];
      pretty = splitTag[0];
    }

    var sp = createTiddlyElement(place,"span",null,"quickopentag");
    createTiddlyText(createTiddlyLink(sp,tag,false),pretty);

    var theTag = createTiddlyButton(sp,config.quickOpenTag.dropdownChar,
                        config.views.wikified.tag.tooltip.format([tag]),onClickTag);
    theTag.setAttribute("tag",tag);
    if (excludeTiddler)
      theTag.setAttribute("tiddler",excludeTiddler);
        return(theTag);
  },

  miniTagHandler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
    var tagged = store.getTaggedTiddlers(tiddler.title);
    if (tagged.length > 0) {
      var theTag = createTiddlyButton(place,config.quickOpenTag.dropdownChar,
                          config.views.wikified.tag.tooltip.format([tiddler.title]),onClickTag);
      theTag.setAttribute("tag",tiddler.title);
      theTag.className = "miniTag";
    }
  },

  allTagsHandler: function(place,macroName,params) {
    var tags = store.getTags(params[0]);
    var filter = params[1]; // new feature
    var ul = createTiddlyElement(place,"ul");
    if(tags.length == 0)
      createTiddlyElement(ul,"li",null,"listTitle",this.noTags);
    for(var t=0; t<tags.length; t++) {
      var title = tags[t][0];
      if (!filter || (title.match(new RegExp('^'+filter)))) {
        var info = getTiddlyLinkInfo(title);
        var theListItem =createTiddlyElement(ul,"li");
        var theLink = createTiddlyLink(theListItem,tags[t][0],true);
        var theCount = " (" + tags[t][1] + ")";
        theLink.appendChild(document.createTextNode(theCount));
        var theDropDownBtn = createTiddlyButton(theListItem," " +
          config.quickOpenTag.dropdownChar,this.tooltip.format([tags[t][0]]),onClickTag);
        theDropDownBtn.setAttribute("tag",tags[t][0]);
      }
    }
  },

  // todo fix these up a bit
  styles: [
"/*{{{*/",
"/* created by QuickOpenTagPlugin */",
".tagglyTagged .quickopentag, .tagged .quickopentag ",
" { margin-right:1.2em; border:1px solid #eee; padding:2px; padding-right:0px; padding-left:1px; }",
".quickopentag .tiddlyLink { padding:2px; padding-left:3px; }",
".quickopentag a.button { padding:1px; padding-left:2px; padding-right:2px;}",
"/* extra specificity to make it work right */",
"#displayArea .viewer .quickopentag a.button, ",
"#displayArea .viewer .quickopentag a.tiddyLink, ",
"#mainMenu .quickopentag a.tiddyLink, ",
"#mainMenu .quickopentag a.tiddyLink ",
" { border:0px solid black; }",
"#displayArea .viewer .quickopentag a.button, ",
"#mainMenu .quickopentag a.button ",
" { margin-left:0px; padding-left:2px; }",
"#displayArea .viewer .quickopentag a.tiddlyLink, ",
"#mainMenu .quickopentag a.tiddlyLink ",
" { margin-right:0px; padding-right:0px; padding-left:0px; margin-left:0px; }",
"a.miniTag {font-size:150%;} ",
"#mainMenu .quickopentag a.button ",
" /* looks better in right justified main menus */",
" { margin-left:0px; padding-left:2px; margin-right:0px; padding-right:0px; }",
"#topMenu .quickopentag { padding:0px; margin:0px; border:0px; }",
"#topMenu .quickopentag .tiddlyLink { padding-right:1px; margin-right:0px; }",
"#topMenu .quickopentag .button { padding-left:1px; margin-left:0px; border:0px; }",
"/*}}}*/",
    ""].join("\n"),

  init: function() {
    // we fully replace these builtins. can't hijack them easily
    window.createTagButton = this.createTagButton;
    config.macros.allTags.handler = this.allTagsHandler;
    config.macros.miniTag = { handler: this.miniTagHandler };
    config.shadowTiddlers["QuickOpenTagStyles"] = this.styles;
    store.addNotification("QuickOpenTagStyles",refreshStyles);
  }
}

config.quickOpenTag.init();

//}}}
ReactOS 0.3.14ダウンロード後にバーチャルボックスにインストールする。 まだまだ完成度は低いが、なんとかwindows互換OSを完成して欲しいものだ。 
[img[http://mklabo.jp/blog/doctor-k/assets_c/2009/06/reactos039live02-thumb-400x301-1719.jpg]]
/***
|Name|RearrangeTiddlersPlugin|
|Source|http://www.TiddlyTools.com/#RearrangeTiddlersPlugin|
|Version|2.0.0|
|Author|Eric Shulman|
|OriginalAuthor|Joe Raii|
|License|http://www.TiddlyTools.com/#LegalStatements|
|~CoreVersion|2.1|
|Type|plugin|
|Description|drag tiddlers by title to re-order story column display|

adapted from: http://www.cs.utexas.edu/~joeraii/dragn/#Draggable
changes by ELS:
* hijack refreshTiddler() instead of overridding createTiddler()
* find title element by className instead of elementID
* set cursor style via code instead of stylesheet
* set tooltip help text
* set tiddler "position:relative" when starting drag event, restore saved value when drag ends
* update 2006.08.07: use getElementsByTagName("*") to find title element, even when it is 'buried' deep in tiddler DOM elements (due to custom template usage)
* update 2007.03.01: use apply() to invoke hijacked core function
* update 2008.01.13: only hijack core function once.  (allows for dynamic loading of plugin via bookmarklet)
* update 2008.10.19: added onclick popup menu with 'move to top' and 'move to bottom' commands
* update 2010.11.30: use story.getTiddler()
***/
//{{{

if (Story.prototype.rearrangeTiddlersHijack_refreshTiddler===undefined) {
Story.prototype.rearrangeTiddlersHijack_refreshTiddler = Story.prototype.refreshTiddler;
Story.prototype.refreshTiddler = function(title,template)
{
	this.rearrangeTiddlersHijack_refreshTiddler.apply(this,arguments);
	var theTiddler = this.getTiddler(title); if (!theTiddler) return;
	var theHandle;
	var children=theTiddler.getElementsByTagName("*");
	for (var i=0; i<children.length; i++) if (hasClass(children[i],"title")) { theHandle=children[i]; break; }
	if (!theHandle) return theTiddler;

	Drag.init(theHandle, theTiddler, 0, 0, null, null);
	theHandle.style.cursor="move";
	theHandle.title="drag title to re-arrange tiddlers, click for more options..."
	theTiddler.onDrag = function(x,y,myElem) {
		if (this.style.position!="relative")
			{ this.savedstyle=this.style.position; this.style.position="relative"; }
		y = myElem.offsetTop;
		var next = myElem.nextSibling;
		var prev = myElem.previousSibling;
		if (next && y + myElem.offsetHeight > next.offsetTop + next.offsetHeight/2) { 
			myElem.parentNode.removeChild(myElem);
			next.parentNode.insertBefore(myElem, next.nextSibling);//elems[pos+1]);
			myElem.style["top"] = -next.offsetHeight/2+"px";
		}
		if (prev && y < prev.offsetTop + prev.offsetHeight/2) { 
			myElem.parentNode.removeChild(myElem);
			prev.parentNode.insertBefore(myElem, prev);
			myElem.style["top"] = prev.offsetHeight/2+"px";
		}
	};
	theTiddler.onDragEnd = function(x,y,myElem) {
		myElem.style["top"] = "0px";
		if (this.savedstyle!=undefined)
			this.style.position=this.savedstyle;
	};
	theHandle.onclick=function(ev) {
		ev=ev||window.event;
		var p=Popup.create(this); if (!p) return;
		var b=createTiddlyButton(createTiddlyElement(p,"li"),
			"\u25B2 move to top of column ","move this tiddler to the top of the story column",
			function() {
				var t=story.getTiddler(this.getAttribute("tid"));
				t.parentNode.insertBefore(t,t.parentNode.firstChild); // move to top of column
				window.scrollTo(0,ensureVisible(t));
				return false;
			});
		b.setAttribute("tid",title);
		var b=createTiddlyButton(createTiddlyElement(p,"li"),
			"\u25BC move to bottom of column ","move this tiddler to the bottom of the story column",
			function() {
				var t=story.getTiddler(this.getAttribute("tid"));
				t.parentNode.insertBefore(t,null); // move to bottom of column
				window.scrollTo(0,ensureVisible(t));
				return false;
			});
		b.setAttribute("tid",title);
		Popup.show();
		ev.cancelBubble=true; if (ev.stopPropagation) ev.stopPropagation(); return(false);
	};
	return theTiddler;
}
}

/**************************************************
 * dom-drag.js
 * 09.25.2001
 * www.youngpup.net
 **************************************************
 * 10.28.2001 - fixed minor bug where events
 * sometimes fired off the handle, not the root.
 **************************************************/

var Drag = {
	obj:null,

	init:
	function(o, oRoot, minX, maxX, minY, maxY) {
		o.onmousedown = Drag.start;
		o.root = oRoot && oRoot != null ? oRoot : o ;
		if (isNaN(parseInt(o.root.style.left))) o.root.style.left="0px";
		if (isNaN(parseInt(o.root.style.top))) o.root.style.top="0px";
		o.minX = typeof minX != 'undefined' ? minX : null;
		o.minY = typeof minY != 'undefined' ? minY : null;
		o.maxX = typeof maxX != 'undefined' ? maxX : null;
		o.maxY = typeof maxY != 'undefined' ? maxY : null;
		o.root.onDragStart = new Function();
		o.root.onDragEnd = new Function();
		o.root.onDrag = new Function();
	},

	start:
	function(e) {
		var o = Drag.obj = this;
		e = Drag.fixE(e);
		var y = parseInt(o.root.style.top);
		var x = parseInt(o.root.style.left);
		o.root.onDragStart(x, y, Drag.obj.root);
		o.lastMouseX = e.clientX;
		o.lastMouseY = e.clientY;
		if (o.minX != null) o.minMouseX = e.clientX - x + o.minX;
		if (o.maxX != null) o.maxMouseX = o.minMouseX + o.maxX - o.minX;
		if (o.minY != null) o.minMouseY = e.clientY - y + o.minY;
		if (o.maxY != null) o.maxMouseY = o.minMouseY + o.maxY - o.minY;
		document.onmousemove = Drag.drag;
		document.onmouseup = Drag.end;
		Drag.obj.root.style["z-index"] = "10";
		return false;
	},

	drag:
	function(e) {
		e = Drag.fixE(e);
		var o = Drag.obj;
		var ey = e.clientY;
		var ex = e.clientX;
		var y = parseInt(o.root.style.top);
		var x = parseInt(o.root.style.left);
		var nx, ny;
		if (o.minX != null) ex = Math.max(ex, o.minMouseX);
		if (o.maxX != null) ex = Math.min(ex, o.maxMouseX);
		if (o.minY != null) ey = Math.max(ey, o.minMouseY);
		if (o.maxY != null) ey = Math.min(ey, o.maxMouseY);
		nx = x + (ex - o.lastMouseX);
		ny = y + (ey - o.lastMouseY);
		Drag.obj.root.style["left"] = nx + "px";
		Drag.obj.root.style["top"] = ny + "px";
		Drag.obj.lastMouseX = ex;
		Drag.obj.lastMouseY = ey;
		Drag.obj.root.onDrag(nx, ny, Drag.obj.root);
		return false;
	},

	end:
	function() {
		document.onmousemove = null;
		document.onmouseup = null;
		Drag.obj.root.style["z-index"] = "0";
		Drag.obj.root.onDragEnd(parseInt(Drag.obj.root.style["left"]), parseInt(Drag.obj.root.style["top"]), Drag.obj.root);
		Drag.obj = null;
	},

	fixE:
	function(e) {
		if (typeof e == 'undefined') e = window.event;
		if (typeof e.layerX == 'undefined') e.layerX = e.offsetX;
		if (typeof e.layerY == 'undefined') e.layerY = e.offsetY;
		return e;
	}
};
//}}}
/***
|Name:|RenameTagsPlugin|
|Description:|Allows you to easily rename or delete tags across multiple tiddlers|
|Version:|3.0a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#RenameTagsPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
Rename a tag and you will be prompted to rename it in all its tagged tiddlers.
***/
//{{{
config.renameTags = {

  prompts: {
    rename: "Rename the tag '%0' to '%1' in %2 tidder%3?",
    remove: "Remove the tag '%0' from %1 tidder%2?"
  },

  removeTag: function(tag,tiddlers) {
    store.suspendNotifications();
    for (var i=0;i<tiddlers.length;i++) {
      store.setTiddlerTag(tiddlers[i].title,false,tag);
    }
    store.resumeNotifications();
    store.notifyAll();
  },

  renameTag: function(oldTag,newTag,tiddlers) {
    store.suspendNotifications();
    for (var i=0;i<tiddlers.length;i++) {
      store.setTiddlerTag(tiddlers[i].title,false,oldTag); // remove old
      store.setTiddlerTag(tiddlers[i].title,true,newTag);  // add new
    }
    store.resumeNotifications();
    store.notifyAll();
  },

  storeMethods: {

    saveTiddler_orig_renameTags: TiddlyWiki.prototype.saveTiddler,

    saveTiddler: function(title,newTitle,newBody,modifier,modified,tags,fields,clearChangeCount,created,creator) {
      if (title != newTitle) {
        var tagged = this.getTaggedTiddlers(title);
        if (tagged.length > 0) {
          // then we are renaming a tag
          if (confirm(config.renameTags.prompts.rename.format([title,newTitle,tagged.length,tagged.length>1?"s":""])))
            config.renameTags.renameTag(title,newTitle,tagged);

          if (!this.tiddlerExists(title) && newBody == "")
            // dont create unwanted tiddler
            return null;
        }
      }
      return this.saveTiddler_orig_renameTags(title,newTitle,newBody,modifier,modified,tags,fields,clearChangeCount,created,creator);
    },

    removeTiddler_orig_renameTags: TiddlyWiki.prototype.removeTiddler,

    removeTiddler: function(title) {
      var tagged = this.getTaggedTiddlers(title);
      if (tagged.length > 0)
        if (confirm(config.renameTags.prompts.remove.format([title,tagged.length,tagged.length>1?"s":""])))
          config.renameTags.removeTag(title,tagged);
      return this.removeTiddler_orig_renameTags(title);
    }

  },

  init: function() {
    merge(TiddlyWiki.prototype,this.storeMethods);
  }
}

config.renameTags.init();

//}}}
[img[http://i.imm.io/Y1h9.png]]
/***
|Name:|SaveCloseTiddlerPlugin|
|Description:|Provides two extra toolbar commands, saveCloseTiddler and cancelCloseTiddler|
|Version:|3.0a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#SaveCloseTiddlerPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
To use these add them to the commands in ToolbarCommands under EditToolbar,
or in the MptwTheme tiddler under EditTemplate.
***/
//{{{
merge(config.commands,{

  saveCloseTiddler: {
    text: 'done/close',
    tooltip: 'Save changes to this tiddler and close it',
    handler: function(ev,src,title) {
      var closeTitle = title;
      var newTitle = story.saveTiddler(title,ev.shiftKey);
      if (newTitle)
        closeTitle = newTitle;
      return config.commands.closeTiddler.handler(ev,src,closeTitle);
    }
  },

  cancelCloseTiddler: {
    text: 'cancel/close',
    tooltip: 'Undo changes to this tiddler and close it',
    handler: function(ev,src,title) {
      // the same as closeTiddler now actually
      return config.commands.closeTiddler.handler(ev,src,title);
    }
  }

});

//}}}
/***
|Name:|SelectThemePlugin|
|Description:|Lets you easily switch theme and palette|
|Version:|1.0.1a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#SelectThemePlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!Notes
* Borrows largely from ThemeSwitcherPlugin by Martin Budden http://www.martinswiki.com/#ThemeSwitcherPlugin
* Theme is cookie based. But set a default by setting config.options.txtTheme in MptwConfigPlugin (for example)
* Palette is not cookie based. It actually overwrites your ColorPalette tiddler when you select a palette, so beware.
!Usage
* {{{<<selectTheme>>}}} makes a dropdown selector
* {{{<<selectPalette>>}}} makes a dropdown selector
* {{{<<applyTheme>>}}} applies the current tiddler as a theme
* {{{<<applyPalette>>}}} applies the current tiddler as a palette
* {{{<<applyTheme TiddlerName>>}}} applies TiddlerName as a theme
* {{{<<applyPalette TiddlerName>>}}} applies TiddlerName as a palette
***/
//{{{

config.macros.selectTheme = {
  label: {
    selectTheme:"select theme",
    selectPalette:"select palette"
  },
  prompt: {
    selectTheme:"Select the current theme",
    selectPalette:"Select the current palette"
  },
  tags: {
    selectTheme:'systemTheme',
    selectPalette:'systemPalette'
  }
};

config.macros.selectTheme.handler = function(place,macroName)
{
  var btn = createTiddlyButton(place,this.label[macroName],this.prompt[macroName],this.onClick);
  // want to handle palettes and themes with same code. use mode attribute to distinguish
  btn.setAttribute('mode',macroName);
};

config.macros.selectTheme.onClick = function(ev)
{
  var e = ev ? ev : window.event;
  var popup = Popup.create(this);
  var mode = this.getAttribute('mode');
  var tiddlers = store.getTaggedTiddlers(config.macros.selectTheme.tags[mode]);
  // for default
  if (mode == "selectPalette") {
    var btn = createTiddlyButton(createTiddlyElement(popup,'li'),"(default)","default color palette",config.macros.selectTheme.onClickTheme);
    btn.setAttribute('theme',"(default)");
    btn.setAttribute('mode',mode);
  }
  for(var i=0; i<tiddlers.length; i++) {
    var t = tiddlers[i].title;
    var name = store.getTiddlerSlice(t,'Name');
    var desc = store.getTiddlerSlice(t,'Description');
    var btn = createTiddlyButton(createTiddlyElement(popup,'li'), name?name:t, desc?desc:config.macros.selectTheme.label['mode'], config.macros.selectTheme.onClickTheme);
    btn.setAttribute('theme',t);
    btn.setAttribute('mode',mode);
  }
  Popup.show();
  return stopEvent(e);
};

config.macros.selectTheme.onClickTheme = function(ev)
{
  var mode = this.getAttribute('mode');
  var theme = this.getAttribute('theme');
  if (mode == 'selectTheme')
    story.switchTheme(theme);
  else // selectPalette
    config.macros.selectTheme.updatePalette(theme);
  return false;
};

config.macros.selectTheme.updatePalette = function(title)
{
  if (title != "") {
    store.deleteTiddler("ColorPalette");
    if (title != "(default)")
      store.saveTiddler("ColorPalette","ColorPalette",store.getTiddlerText(title),
          config.options.txtUserName,undefined,"");
    refreshAll();
    if(config.options.chkAutoSave)
      saveChanges(true);
  }
};

config.macros.applyTheme = {
  label: "apply",
  prompt: "apply this theme or palette" // i'm lazy
};

config.macros.applyTheme.handler = function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
  var useTiddler = params[0] ? params[0] : tiddler.title;
  var btn = createTiddlyButton(place,this.label,this.prompt,config.macros.selectTheme.onClickTheme);
  btn.setAttribute('theme',useTiddler);
  btn.setAttribute('mode',macroName=="applyTheme"?"selectTheme":"selectPalette"); // a bit untidy here
}

config.macros.selectPalette = config.macros.selectTheme;
config.macros.applyPalette = config.macros.applyTheme;

config.macros.refreshAll = { handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
  createTiddlyButton(place,"refresh","refresh layout and styles",function() { refreshAll(); });
}};

//}}}
 motoji3@147852 <<today>>
MyMemo 
/***
|Name:|TagglyTaggingPlugin|
|Description:|tagglyTagging macro is a replacement for the builtin tagging macro in your ViewTemplate|
|Version:|3.3.2a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TagglyTaggingPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!Notes
See http://mptw.tiddlyspot.com/#TagglyTagging
***/
//{{{

merge(String.prototype,{

  parseTagExpr: function(debug) {

    if (this.trim() == "")
      return "(true)";

    var anyLogicOp = /(!|&&|\|\||\(|\))/g;
    var singleLogicOp = /^(!|&&|\|\||\(|\))$/;

    var spaced = this.
      // because square brackets in templates are no good
      // this means you can use [(With Spaces)] instead of [[With Spaces]]
      replace(/\[\(/g," [[").
      replace(/\)\]/g,"]] ").
      // space things out so we can use readBracketedList. tricky eh?
      replace(anyLogicOp," $1 ");

    var expr = "";

    var tokens = spaced.readBracketedList(false); // false means don't uniq the list. nice one JR!

    for (var i=0;i<tokens.length;i++)
      if (tokens[i].match(singleLogicOp))
        expr += tokens[i];
      else
        expr += "tiddler.tags.contains('%0')".format([tokens[i].replace(/'/,"\\'")]); // fix single quote bug. still have round bracket bug i think

    if (debug)
      alert(expr);

    return '('+expr+')';
  }

});

merge(TiddlyWiki.prototype,{
  getTiddlersByTagExpr: function(tagExpr,sortField) {

    var result = [];

    var expr = tagExpr.parseTagExpr();

    store.forEachTiddler(function(title,tiddler) {
      if (eval(expr))
        result.push(tiddler);
    });

    if(!sortField)
      sortField = "title";

    result.sort(function(a,b) {return a[sortField] < b[sortField] ? -1 : (a[sortField] == b[sortField] ? 0 : +1);});

    return result;
  }
});

config.taggly = {

  // for translations
  lingo: {
    labels: {
      asc:        "\u2191", // down arrow
      desc:       "\u2193", // up arrow
      title:      "title",
      modified:   "modified",
      created:    "created",
      show:       "+",
      hide:       "-",
      normal:     "normal",
      group:      "group",
      commas:     "commas",
      sitemap:    "sitemap",
      numCols:    "cols\u00b1", // plus minus sign
      label:      "Tagged as '%0':",
      exprLabel:  "Matching tag expression '%0':",
      excerpts:   "excerpts",
      descr:      "descr",
      slices:     "slices",
      contents:   "contents",
      sliders:    "sliders",
      noexcerpts: "title only",
      noneFound:  "(none)"
    },

    tooltips: {
      title:      "Click to sort by title",
      modified:   "Click to sort by modified date",
      created:    "Click to sort by created date",
      show:       "Click to show tagging list",
      hide:       "Click to hide tagging list",
      normal:     "Click to show a normal ungrouped list",
      group:      "Click to show list grouped by tag",
      sitemap:    "Click to show a sitemap style list",
      commas:     "Click to show a comma separated list",
      numCols:    "Click to change number of columns",
      excerpts:   "Click to show excerpts",
      descr:      "Click to show the description slice",
      slices:     "Click to show all slices",
      contents:   "Click to show entire tiddler contents",
      sliders:    "Click to show tiddler contents in sliders",
      noexcerpts: "Click to show entire title only"
    },

    tooDeepMessage: "* //sitemap too deep...//"
  },

  config: {
    showTaggingCounts: true,
    listOpts: {
      // the first one will be the default
      sortBy:     ["title","modified","created"],
      sortOrder:  ["asc","desc"],
      hideState:  ["show","hide"],
      listMode:   ["normal","group","sitemap","commas"],
      numCols:    ["1","2","3","4","5","6"],
      excerpts:   ["noexcerpts","excerpts","descr","slices","contents","sliders"]
    },
    valuePrefix: "taggly.",
    excludeTags: ["excludeLists","excludeTagging"],
    excerptSize: 50,
    excerptMarker: "/%"+"%/",
    siteMapDepthLimit: 25
  },

  getTagglyOpt: function(title,opt) {
    var val = store.getValue(title,this.config.valuePrefix+opt);
    return val ? val : this.config.listOpts[opt][0];
  },

  setTagglyOpt: function(title,opt,value) {
    // create it silently if it doesn't exist
    if (!store.tiddlerExists(title)) {
      store.saveTiddler(title,title,config.views.editor.defaultText.format([title]),config.options.txtUserName,new Date(),"");

      // <<tagglyTagging expr:"...">> creates a tiddler to store its display settings
      // Make those tiddlers less noticeable by tagging as excludeSearch and excludeLists
      // Because we don't want to hide real tags, check that they aren't actually tags before doing so
      // Also tag them as tagglyExpression for manageability
      // (contributed by RA)
      if (!store.getTaggedTiddlers(title).length) {
        store.setTiddlerTag(title,true,"excludeSearch");
        store.setTiddlerTag(title,true,"excludeLists");
        store.setTiddlerTag(title,true,"tagglyExpression");
      }
    }

    // if value is default then remove it to save space
    return store.setValue(title, this.config.valuePrefix+opt, value == this.config.listOpts[opt][0] ? null : value);
  },

  getNextValue: function(title,opt) {
    var current = this.getTagglyOpt(title,opt);
    var pos = this.config.listOpts[opt].indexOf(current);
    // supposed to automagically don't let cols cycle up past the number of items
    // currently broken in some situations, eg when using an expression
    // lets fix it later when we rewrite for jquery
    // the columns thing should be jquery table manipulation probably
    var limit = (opt == "numCols" ? store.getTaggedTiddlers(title).length : this.config.listOpts[opt].length);
    var newPos = (pos + 1) % limit;
    return this.config.listOpts[opt][newPos];
  },

  toggleTagglyOpt: function(title,opt) {
    var newVal = this.getNextValue(title,opt);
    this.setTagglyOpt(title,opt,newVal);
  },

  createListControl: function(place,title,type) {
    var lingo = config.taggly.lingo;
    var label;
    var tooltip;
    var onclick;

    if ((type == "title" || type == "modified" || type == "created")) {
      // "special" controls. a little tricky. derived from sortOrder and sortBy
      label = lingo.labels[type];
      tooltip = lingo.tooltips[type];

      if (this.getTagglyOpt(title,"sortBy") == type) {
        label += lingo.labels[this.getTagglyOpt(title,"sortOrder")];
        onclick = function() {
          config.taggly.toggleTagglyOpt(title,"sortOrder");
          return false;
        }
      }
      else {
        onclick = function() {
          config.taggly.setTagglyOpt(title,"sortBy",type);
          config.taggly.setTagglyOpt(title,"sortOrder",config.taggly.config.listOpts.sortOrder[0]);
          return false;
        }
      }
    }
    else {
      // "regular" controls, nice and simple
      label = lingo.labels[type == "numCols" ? type : this.getNextValue(title,type)];
      tooltip = lingo.tooltips[type == "numCols" ? type : this.getNextValue(title,type)];
      onclick = function() {
        config.taggly.toggleTagglyOpt(title,type);
        return false;
      }
    }

    // hide button because commas don't have columns
    if (!(this.getTagglyOpt(title,"listMode") == "commas" && type == "numCols"))
      createTiddlyButton(place,label,tooltip,onclick,type == "hideState" ? "hidebutton" : "button");
  },

  makeColumns: function(orig,numCols) {
    var listSize = orig.length;
    var colSize = listSize/numCols;
    var remainder = listSize % numCols;

    var upperColsize = colSize;
    var lowerColsize = colSize;

    if (colSize != Math.floor(colSize)) {
      // it's not an exact fit so..
      upperColsize = Math.floor(colSize) + 1;
      lowerColsize = Math.floor(colSize);
    }

    var output = [];
    var c = 0;
    for (var j=0;j<numCols;j++) {
      var singleCol = [];
      var thisSize = j < remainder ? upperColsize : lowerColsize;
      for (var i=0;i<thisSize;i++)
        singleCol.push(orig[c++]);
      output.push(singleCol);
    }

    return output;
  },

  drawTable: function(place,columns,theClass) {
    var newTable = createTiddlyElement(place,"table",null,theClass);
    var newTbody = createTiddlyElement(newTable,"tbody");
    var newTr = createTiddlyElement(newTbody,"tr");
    for (var j=0;j<columns.length;j++) {
      var colOutput = "";
      for (var i=0;i<columns[j].length;i++)
        colOutput += columns[j][i];
      var newTd = createTiddlyElement(newTr,"td",null,"tagglyTagging"); // todo should not need this class
      wikify(colOutput,newTd);
    }
    return newTable;
  },

  createTagglyList: function(place,title,isTagExpr) {
    switch(this.getTagglyOpt(title,"listMode")) {
      case "group":  return this.createTagglyListGrouped(place,title,isTagExpr); break;
      case "normal": return this.createTagglyListNormal(place,title,false,isTagExpr); break;
      case "commas": return this.createTagglyListNormal(place,title,true,isTagExpr); break;
      case "sitemap":return this.createTagglyListSiteMap(place,title,isTagExpr); break;
    }
  },

  getTaggingCount: function(title,isTagExpr) {
    // thanks to Doug Edmunds
    if (this.config.showTaggingCounts) {
      var tagCount = config.taggly.getTiddlers(title,'title',isTagExpr).length;
      if (tagCount > 0)
        return " ("+tagCount+")";
    }
    return "";
  },

  getTiddlers: function(titleOrExpr,sortBy,isTagExpr) {
    return isTagExpr ? store.getTiddlersByTagExpr(titleOrExpr,sortBy) : store.getTaggedTiddlers(titleOrExpr,sortBy);
  },

  getExcerpt: function(inTiddlerTitle,title,indent) {
    if (!indent)
      indent = 1;

    var displayMode = this.getTagglyOpt(inTiddlerTitle,"excerpts");
    var t = store.getTiddler(title);

    if (t && displayMode == "excerpts") {
      var text = t.text.replace(/\n/," ");
      var marker = text.indexOf(this.config.excerptMarker);
      if (marker != -1) {
        return " {{excerpt{<nowiki>" + text.substr(0,marker) + "</nowiki>}}}";
      }
      else if (text.length < this.config.excerptSize) {
        return " {{excerpt{<nowiki>" + t.text + "</nowiki>}}}";
      }
      else {
        return " {{excerpt{<nowiki>" + t.text.substr(0,this.config.excerptSize) + "..." + "</nowiki>}}}";
      }
    }
    else if (t && displayMode == "contents") {
      return "\n{{contents indent"+indent+"{\n" + t.text + "\n}}}";
    }
    else if (t && displayMode == "sliders") {
      return "<slider slide>\n{{contents{\n" + t.text + "\n}}}\n</slider>";
    }
    else if (t && displayMode == "descr") {
      var descr = store.getTiddlerSlice(title,'Description');
      return descr ? " {{excerpt{" + descr  + "}}}" : "";
    }
    else if (t && displayMode == "slices") {
      var result = "";
      var slices = store.calcAllSlices(title);
      for (var s in slices)
        result += "|%0|<nowiki>%1</nowiki>|\n".format([s,slices[s]]);
      return result ? "\n{{excerpt excerptIndent{\n" + result  + "}}}" : "";
    }
    return "";
  },

  notHidden: function(t,inTiddler) {
    if (typeof t == "string")
      t = store.getTiddler(t);
    return (!t || !t.tags.containsAny(this.config.excludeTags) ||
        (inTiddler && this.config.excludeTags.contains(inTiddler)));
  },

  // this is for normal and commas mode
  createTagglyListNormal: function(place,title,useCommas,isTagExpr) {

    var list = config.taggly.getTiddlers(title,this.getTagglyOpt(title,"sortBy"),isTagExpr);

    if (this.getTagglyOpt(title,"sortOrder") == "desc")
      list = list.reverse();

    var output = [];
    var first = true;
    for (var i=0;i<list.length;i++) {
      if (this.notHidden(list[i],title)) {
        var countString = this.getTaggingCount(list[i].title);
        var excerpt = this.getExcerpt(title,list[i].title);
        if (useCommas)
          output.push((first ? "" : ", ") + "[[" + list[i].title + "]]" + countString + excerpt);
        else
          output.push("*[[" + list[i].title + "]]" + countString + excerpt + "\n");

        first = false;
      }
    }

    return this.drawTable(place,
      this.makeColumns(output,useCommas ? 1 : parseInt(this.getTagglyOpt(title,"numCols"))),
      useCommas ? "commas" : "normal");
  },

  // this is for the "grouped" mode
  createTagglyListGrouped: function(place,title,isTagExpr) {
    var sortBy = this.getTagglyOpt(title,"sortBy");
    var sortOrder = this.getTagglyOpt(title,"sortOrder");

    var list = config.taggly.getTiddlers(title,sortBy,isTagExpr);

    if (sortOrder == "desc")
      list = list.reverse();

    var leftOvers = []
    for (var i=0;i<list.length;i++)
      leftOvers.push(list[i].title);

    var allTagsHolder = {};
    for (var i=0;i<list.length;i++) {
      for (var j=0;j<list[i].tags.length;j++) {

        if (list[i].tags[j] != title) { // not this tiddler

          if (this.notHidden(list[i].tags[j],title)) {

            if (!allTagsHolder[list[i].tags[j]])
              allTagsHolder[list[i].tags[j]] = "";

            if (this.notHidden(list[i],title)) {
              allTagsHolder[list[i].tags[j]] += "**[["+list[i].title+"]]"
                    + this.getTaggingCount(list[i].title) + this.getExcerpt(title,list[i].title) + "\n";

              leftOvers.setItem(list[i].title,-1); // remove from leftovers. at the end it will contain the leftovers

            }
          }
        }
      }
    }

    var allTags = [];
    for (var t in allTagsHolder)
      allTags.push(t);

    var sortHelper = function(a,b) {
      if (a == b) return 0;
      if (a < b) return -1;
      return 1;
    };

    allTags.sort(function(a,b) {
      var tidA = store.getTiddler(a);
      var tidB = store.getTiddler(b);
      if (sortBy == "title") return sortHelper(a,b);
      else if (!tidA && !tidB) return 0;
      else if (!tidA) return -1;
      else if (!tidB) return +1;
      else return sortHelper(tidA[sortBy],tidB[sortBy]);
    });

    var leftOverOutput = "";
    for (var i=0;i<leftOvers.length;i++)
      if (this.notHidden(leftOvers[i],title))
        leftOverOutput += "*[["+leftOvers[i]+"]]" + this.getTaggingCount(leftOvers[i]) + this.getExcerpt(title,leftOvers[i]) + "\n";

    var output = [];

    if (sortOrder == "desc")
      allTags.reverse();
    else if (leftOverOutput != "")
      // leftovers first...
      output.push(leftOverOutput);

    for (var i=0;i<allTags.length;i++)
      if (allTagsHolder[allTags[i]] != "")
        output.push("*[["+allTags[i]+"]]" + this.getTaggingCount(allTags[i]) + this.getExcerpt(title,allTags[i]) + "\n" + allTagsHolder[allTags[i]]);

    if (sortOrder == "desc" && leftOverOutput != "")
      // leftovers last...
      output.push(leftOverOutput);

    return this.drawTable(place,
        this.makeColumns(output,parseInt(this.getTagglyOpt(title,"numCols"))),
        "grouped");

  },

  // used to build site map
  treeTraverse: function(title,depth,sortBy,sortOrder,isTagExpr) {

    var list = config.taggly.getTiddlers(title,sortBy,isTagExpr);

    if (sortOrder == "desc")
      list.reverse();

    var indent = "";
    for (var j=0;j<depth;j++)
      indent += "*"

    var childOutput = "";

    if (depth > this.config.siteMapDepthLimit)
      childOutput += indent + this.lingo.tooDeepMessage + "\n";
    else
      for (var i=0;i<list.length;i++)
        if (list[i].title != title)
          if (this.notHidden(list[i].title,this.config.inTiddler))
            childOutput += this.treeTraverse(list[i].title,depth+1,sortBy,sortOrder,false);

    if (depth == 0)
      return childOutput;
    else
      return indent + "[["+title+"]]" + this.getTaggingCount(title) + this.getExcerpt(this.config.inTiddler,title,depth) + "\n" + childOutput;
  },

  // this if for the site map mode
  createTagglyListSiteMap: function(place,title,isTagExpr) {
    this.config.inTiddler = title; // nasty. should pass it in to traverse probably
    var output = this.treeTraverse(title,0,this.getTagglyOpt(title,"sortBy"),this.getTagglyOpt(title,"sortOrder"),isTagExpr);
    return this.drawTable(place,
        this.makeColumns(output.split(/(?=^\*\[)/m),parseInt(this.getTagglyOpt(title,"numCols"))), // regexp magic
        "sitemap"
        );
  },

  macros: {
    tagglyTagging: {
      handler: function (place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
        var parsedParams = paramString.parseParams("tag",null,true);
        var refreshContainer = createTiddlyElement(place,"div");

        // do some refresh magic to make it keep the list fresh - thanks Saq
        refreshContainer.setAttribute("refresh","macro");
        refreshContainer.setAttribute("macroName",macroName);

        var tag = getParam(parsedParams,"tag");
        var expr = getParam(parsedParams,"expr");

        if (expr) {
          refreshContainer.setAttribute("isTagExpr","true");
          refreshContainer.setAttribute("title",expr);
          refreshContainer.setAttribute("showEmpty","true");
        }
        else {
          refreshContainer.setAttribute("isTagExpr","false");
          if (tag) {
                refreshContainer.setAttribute("title",tag);
            refreshContainer.setAttribute("showEmpty","true");
          }
          else {
                refreshContainer.setAttribute("title",tiddler.title);
            refreshContainer.setAttribute("showEmpty","false");
          }
        }
        this.refresh(refreshContainer);
      },

      refresh: function(place) {
        var title = place.getAttribute("title");
        var isTagExpr = place.getAttribute("isTagExpr") == "true";
        var showEmpty = place.getAttribute("showEmpty") == "true";
        jQuery(place).empty()
        addClass(place,"tagglyTagging");
        var countFound = config.taggly.getTiddlers(title,'title',isTagExpr).length
        if (countFound > 0 || showEmpty) {
          var lingo = config.taggly.lingo;
          config.taggly.createListControl(place,title,"hideState");
          if (config.taggly.getTagglyOpt(title,"hideState") == "show") {
            createTiddlyElement(place,"span",null,"tagglyLabel",
                isTagExpr ? lingo.labels.exprLabel.format([title]) : lingo.labels.label.format([title]));
            config.taggly.createListControl(place,title,"title");
            config.taggly.createListControl(place,title,"modified");
            config.taggly.createListControl(place,title,"created");
            config.taggly.createListControl(place,title,"listMode");
            config.taggly.createListControl(place,title,"excerpts");
            config.taggly.createListControl(place,title,"numCols");
            config.taggly.createTagglyList(place,title,isTagExpr);
            if (countFound == 0 && showEmpty)
              createTiddlyElement(place,"div",null,"tagglyNoneFound",lingo.labels.noneFound);
          }
        }
      }
    }
  },

  // todo fix these up a bit
  styles: [
"/*{{{*/",
"/* created by TagglyTaggingPlugin */",
".tagglyTagging { padding-top:0.5em; }",
".tagglyTagging li.listTitle { display:none; }",
".tagglyTagging ul {",
" margin-top:0px; padding-top:0.5em; padding-left:2em;",
" margin-bottom:0px; padding-bottom:0px;",
"}",
".tagglyTagging { vertical-align: top; margin:0px; padding:0px; }",
".tagglyTagging table { margin:0px; padding:0px; }",
".tagglyTagging .button { visibility:hidden; margin-left:3px; margin-right:3px; }",
".tagglyTagging .button, .tagglyTagging .hidebutton {",
" color:[[ColorPalette::TertiaryLight]]; font-size:90%;",
" border:0px; padding-left:0.3em;padding-right:0.3em;",
"}",
".tagglyTagging .button:hover, .hidebutton:hover, ",
".tagglyTagging .button:active, .hidebutton:active  {",
" border:0px; background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];",
"}",
".selected .tagglyTagging .button { visibility:visible; }",
".tagglyTagging .hidebutton { color:[[ColorPalette::Background]]; }",
".selected .tagglyTagging .hidebutton { color:[[ColorPalette::TertiaryLight]] }",
".tagglyLabel { color:[[ColorPalette::TertiaryMid]]; font-size:90%; }",
".tagglyTagging ul {padding-top:0px; padding-bottom:0.5em; margin-left:1em; }",
".tagglyTagging ul ul {list-style-type:disc; margin-left:-1em;}",
".tagglyTagging ul ul li {margin-left:0.5em; }",
".editLabel { font-size:90%; padding-top:0.5em; }",
".tagglyTagging .commas { padding-left:1.8em; }",
"/* not technically tagglytagging but will put them here anyway */",
".tagglyTagged li.listTitle { display:none; }",
".tagglyTagged li { display: inline; font-size:90%; }",
".tagglyTagged ul { margin:0px; padding:0px; }",
".excerpt { color:[[ColorPalette::TertiaryDark]]; }",
".excerptIndent { margin-left:4em; }",
"div.tagglyTagging table,",
"div.tagglyTagging table tr,",
"td.tagglyTagging",
" {border-style:none!important; }",
".tagglyTagging .contents { border-bottom:2px solid [[ColorPalette::TertiaryPale]]; padding:0 1em 1em 0.5em;",
"  margin-bottom:0.5em; }",
".tagglyTagging .indent1  { margin-left:3em;  }",
".tagglyTagging .indent2  { margin-left:4em;  }",
".tagglyTagging .indent3  { margin-left:5em;  }",
".tagglyTagging .indent4  { margin-left:6em;  }",
".tagglyTagging .indent5  { margin-left:7em;  }",
".tagglyTagging .indent6  { margin-left:8em;  }",
".tagglyTagging .indent7  { margin-left:9em;  }",
".tagglyTagging .indent8  { margin-left:10em; }",
".tagglyTagging .indent9  { margin-left:11em; }",
".tagglyTagging .indent10 { margin-left:12em; }",
".tagglyNoneFound { margin-left:2em; color:[[ColorPalette::TertiaryMid]]; font-size:90%; font-style:italic; }",
"/*}}}*/",
    ""].join("\n"),

  init: function() {
    merge(config.macros,this.macros);
    config.shadowTiddlers["TagglyTaggingStyles"] = this.styles;
    store.addNotification("TagglyTaggingStyles",refreshStyles);
  }
};

config.taggly.init();

//}}}

/***
InlineSlidersPlugin
By Saq Imtiaz
http://tw.lewcid.org/sandbox/#InlineSlidersPlugin

// syntax adjusted to not clash with NestedSlidersPlugin
// added + syntax to start open instead of closed

***/
//{{{
config.formatters.unshift( {
  name: "inlinesliders",
  // match: "\\+\\+\\+\\+|\\<slider",
  match: "\\<slider",
  // lookaheadRegExp: /(?:\+\+\+\+|<slider) (.*?)(?:>?)\n((?:.|\n)*?)\n(?:====|<\/slider>)/mg,
  lookaheadRegExp: /(?:<slider)(\+?) (.*?)(?:>)\n((?:.|\n)*?)\n(?:<\/slider>)/mg,
  handler: function(w) {
    this.lookaheadRegExp.lastIndex = w.matchStart;
    var lookaheadMatch = this.lookaheadRegExp.exec(w.source)
    if(lookaheadMatch && lookaheadMatch.index == w.matchStart ) {
      var btn = createTiddlyButton(w.output,lookaheadMatch[2] + " "+"\u00BB",lookaheadMatch[2],this.onClickSlider,"button sliderButton");
      var panel = createTiddlyElement(w.output,"div",null,"sliderPanel");
      panel.style.display = (lookaheadMatch[1] == '+' ? "block" : "none");
      wikify(lookaheadMatch[3],panel);
      w.nextMatch = lookaheadMatch.index + lookaheadMatch[0].length;
    }
   },
   onClickSlider : function(e) {
    if(!e) var e = window.event;
    var n = this.nextSibling;
    n.style.display = (n.style.display=="none") ? "block" : "none";
    return false;
  }
});

//}}}
/***
|Name:|ToggleTagPlugin|
|Description:|Makes a checkbox which toggles a tag in a tiddler|
|Version:|3.1.0a|
|Date:|27-Jun-2011|
|Source:|http://mptw.tiddlyspot.com/#ToggleTagPlugin|
|Author:|Simon Baird <simon.baird@gmail.com>|
|License:|http://mptw.tiddlyspot.com/#TheBSDLicense|
!!Usage
{{{<<toggleTag }}}//{{{TagName TiddlerName LabelText}}}//{{{>>}}}
* TagName - the tag to be toggled, default value "checked"
* TiddlerName - the tiddler to toggle the tag in, default value the current tiddler
* LabelText - the text (gets wikified) to put next to the check box, default value is '{{{[[TagName]]}}}' or '{{{[[TagName]] [[TiddlerName]]}}}'
(If a parameter is '.' then the default will be used)
* TouchMod flag - if non empty then touch the tiddlers mod date. Note, can set config.toggleTagAlwaysTouchModDate to always touch mod date
!!Examples
|Code|Description|Example|h
|{{{<<toggleTag>>}}}|Toggles the default tag (checked) in this tiddler|<<toggleTag>>|
|{{{<<toggleTag TagName>>}}}|Toggles the TagName tag in this tiddler|<<toggleTag TagName>>|
|{{{<<toggleTag TagName TiddlerName>>}}}|Toggles the TagName tag in the TiddlerName tiddler|<<toggleTag TagName TiddlerName>>|
|{{{<<toggleTag TagName TiddlerName 'click me'>>}}}|Same but with custom label|<<toggleTag TagName TiddlerName 'click me'>>|
|{{{<<toggleTag . . 'click me'>>}}}|dot means use default value|<<toggleTag . . 'click me'>>|
!!Notes
* If TiddlerName doesn't exist it will be silently created
* Set label to '-' to specify no label
* See also http://mgtd-alpha.tiddlyspot.com/#ToggleTag2
!!Known issues
* Doesn't smoothly handle the case where you toggle a tag in a tiddler that is current open for editing
* Should convert to use named params
***/
//{{{

if (config.toggleTagAlwaysTouchModDate == undefined) config.toggleTagAlwaysTouchModDate = false;

merge(config.macros,{

  toggleTag: {

    createIfRequired: true,
    shortLabel: "[[%0]]",
    longLabel: "[[%0]] [[%1]]",

    handler: function(place,macroName,params,wikifier,paramString,tiddler) {
      var tiddlerTitle = tiddler ? tiddler.title : '';
      var tag   = (params[0] && params[0] != '.') ? params[0] : "checked";
      var title = (params[1] && params[1] != '.') ? params[1] : tiddlerTitle;
      var defaultLabel = (title == tiddlerTitle ? this.shortLabel : this.longLabel);
      var label = (params[2] && params[2] != '.') ? params[2] : defaultLabel;
      var touchMod = (params[3] && params[3] != '.') ? params[3] : "";
      label = (label == '-' ? '' : label); // dash means no label
      var theTiddler = (title == tiddlerTitle ? tiddler : store.getTiddler(title));
      var cb = createTiddlyCheckbox(place, label.format([tag,title]), theTiddler && theTiddler.isTagged(tag), function(e) {
        if (!store.tiddlerExists(title)) {
          if (config.macros.toggleTag.createIfRequired) {
            var content = store.getTiddlerText(title); // just in case it's a shadow
            store.saveTiddler(title,title,content?content:"",config.options.txtUserName,new Date(),null);
          }
          else
            return false;
        }
        if ((touchMod != "" || config.toggleTagAlwaysTouchModDate) && theTiddler)
            theTiddler.modified = new Date();
        store.setTiddlerTag(title,this.checked,tag);
        return true;
      });
    }
  }
});

//}}}
/***
Description: Contains the stuff you need to use Tiddlyspot
Note, you also need UploadPlugin, PasswordOptionPlugin and LoadRemoteFileThroughProxy
from http://tiddlywiki.bidix.info for a complete working Tiddlyspot site.
***/
//{{{

// edit this if you are migrating sites or retrofitting an existing TW
config.tiddlyspotSiteId = 'motoji3';

// make it so you can by default see edit controls via http
config.options.chkHttpReadOnly = false;
window.readOnly = false; // make sure of it (for tw 2.2)
window.showBackstage = true; // show backstage too

// disable autosave in d3
if (window.location.protocol != "file:")
	config.options.chkGTDLazyAutoSave = false;

// tweak shadow tiddlers to add upload button, password entry box etc
with (config.shadowTiddlers) {
	SiteUrl = 'http://'+config.tiddlyspotSiteId+'.tiddlyspot.com';
	SideBarOptions = SideBarOptions.replace(/(<<saveChanges>>)/,"$1<<tiddler TspotSidebar>>");
	OptionsPanel = OptionsPanel.replace(/^/,"<<tiddler TspotOptions>>");
	DefaultTiddlers = DefaultTiddlers.replace(/^/,"[[WelcomeToTiddlyspot]] ");
	MainMenu = MainMenu.replace(/^/,"[[WelcomeToTiddlyspot]] ");
}

// create some shadow tiddler content
merge(config.shadowTiddlers,{

'TspotOptions':[
 "tiddlyspot password:",
 "<<option pasUploadPassword>>",
 ""
].join("\n"),

'TspotControls':[
 "| tiddlyspot password:|<<option pasUploadPassword>>|",
 "| site management:|<<upload http://" + config.tiddlyspotSiteId + ".tiddlyspot.com/store.cgi index.html . .  " + config.tiddlyspotSiteId + ">>//(requires tiddlyspot password)//<br>[[control panel|http://" + config.tiddlyspotSiteId + ".tiddlyspot.com/controlpanel]], [[download (go offline)|http://" + config.tiddlyspotSiteId + ".tiddlyspot.com/download]]|",
 "| links:|[[tiddlyspot.com|http://tiddlyspot.com/]], [[FAQs|http://faq.tiddlyspot.com/]], [[blog|http://tiddlyspot.blogspot.com/]], email [[support|mailto:support@tiddlyspot.com]] & [[feedback|mailto:feedback@tiddlyspot.com]], [[donate|http://tiddlyspot.com/?page=donate]]|"
].join("\n"),

'WelcomeToTiddlyspot':[
 "This document is a ~TiddlyWiki from tiddlyspot.com.  A ~TiddlyWiki is an electronic notebook that is great for managing todo lists, personal information, and all sorts of things.",
 "",
 "@@font-weight:bold;font-size:1.3em;color:#444; //What now?// &nbsp;&nbsp;@@ Before you can save any changes, you need to enter your password in the form below.  Then configure privacy and other site settings at your [[control panel|http://" + config.tiddlyspotSiteId + ".tiddlyspot.com/controlpanel]] (your control panel username is //" + config.tiddlyspotSiteId + "//).",
 "<<tiddler TspotControls>>",
 "See also GettingStarted.",
 "",
 "@@font-weight:bold;font-size:1.3em;color:#444; //Working online// &nbsp;&nbsp;@@ You can edit this ~TiddlyWiki right now, and save your changes using the \"save to web\" button in the column on the right.",
 "",
 "@@font-weight:bold;font-size:1.3em;color:#444; //Working offline// &nbsp;&nbsp;@@ A fully functioning copy of this ~TiddlyWiki can be saved onto your hard drive or USB stick.  You can make changes and save them locally without being connected to the Internet.  When you're ready to sync up again, just click \"upload\" and your ~TiddlyWiki will be saved back to tiddlyspot.com.",
 "",
 "@@font-weight:bold;font-size:1.3em;color:#444; //Help!// &nbsp;&nbsp;@@ Find out more about ~TiddlyWiki at [[TiddlyWiki.com|http://tiddlywiki.com]].  Also visit [[TiddlyWiki.org|http://tiddlywiki.org]] for documentation on learning and using ~TiddlyWiki. New users are especially welcome on the [[TiddlyWiki mailing list|http://groups.google.com/group/TiddlyWiki]], which is an excellent place to ask questions and get help.  If you have a tiddlyspot related problem email [[tiddlyspot support|mailto:support@tiddlyspot.com]].",
 "",
 "@@font-weight:bold;font-size:1.3em;color:#444; //Enjoy :)// &nbsp;&nbsp;@@ We hope you like using your tiddlyspot.com site.  Please email [[feedback@tiddlyspot.com|mailto:feedback@tiddlyspot.com]] with any comments or suggestions."
].join("\n"),

'TspotSidebar':[
 "<<upload http://" + config.tiddlyspotSiteId + ".tiddlyspot.com/store.cgi index.html . .  " + config.tiddlyspotSiteId + ">><html><a href='http://" + config.tiddlyspotSiteId + ".tiddlyspot.com/download' class='button'>download</a></html>"
].join("\n")

});
//}}}
Typhoon ウィジェットスタイルの天気アプリ

Typhoonとは、Ubuntuのデスクトップに天気や気温・湿度を表示するウィジェットスタイルの天気アプリです。



Typhoon http://gettyphoon.tk/
Ubuntu 14.04 - Typhoon 天気アプリバージョン	インストール方法	起動方法
Typhoon 0.8.9	端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してインストール	Dashホームから「typhoon」で検索して起動

$ sudo add-apt-repository ppa:apandada1/typhoon
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install typhoon

Typhoonのデザインを見ればわかるように、これはStormcloudから派生した天気アプリです。

StormcloudはUbuntuソフトウェアセンターに登録された有償アプリですが、Typhoonは無料でPPAからインストールできます。
Ubuntu12.04でStartupManagerがなくなりました。代わりにgrub-customizerというものが出ています。詳細はコチラです。


次のコマンドを入力して、grub-customizerをインストールできます。
sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer 
sudo apt-get update
sudo apt-get install grub-customizer
grub-customizerの画像を下に掲載します。ブートメニュー色の深さは8ビットでないとダメでした。

参考
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1290446391
http://moebuntu.blog48.fc2.com/blog-entry-693.html

Grive Toolsのインストール
端末を開いて以下を入力適用します。(terminal~$)

sudo add-apt-repository ppa:thefanclub/grive-tools
sudo apt-get update
sudo apt-get install grive-tools


Grive Toolsのセットアップ
インストールが終わったら「Dash(検索画面)」から「Grive Setup」を起動し、指示に従うとGoogle Drive認証のために以下のようなWebブラウザーの画面が開くので、「承認する」ボタンを押します。すると画面が切り替わってGoogle Driveのコードが現れるのでそれを下図のウィンドウにコピペし、「次」ボタンを押します。



これで、自身のホームにGoogle Driveフォルダができ、同期が始まります。これで操作は完了です。
UbuntuのデスクトップがGoogle Driveに!! -GWoffice-

GWofficeはUbuntuのデスクトップ上でGoogle Docs(現在のGoogle Drive)と同期し、通常のオフィスソフトのように利用できるようになるアプリケーションです。

GWofficeを起動させると、新しいドキュメントの作成や既存のドキュメントの編集・ダウンロードなどができます。

現時点ではオフィス系のファイル(Google Docs)のみしか同期しないようです。将来的にはUnityランチャーのアイコンにファイルをドラッグ&ドロップするだけでファイルのアップロードが可能になります。

導入は端末から下記を実行してください。

{{{
    sudo add-apt-repository ppa:tombeckmann/ppa
    sudo apt-get update
    sudo apt-get install gwoffice
}}}

今後の発展が非常に気になりますね。
| !date | !user | !location | !storeUrl | !uploadDir | !toFilename | !backupdir | !origin |
| 17/10/2014 12:54:04 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 17/10/2014 13:03:03 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 21/10/2014 03:07:45 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . | ok |
| 21/10/2014 03:08:25 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 23/10/2014 20:02:36 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 16/06/2015 16:36:15 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 16/06/2015 16:36:16 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 01/07/2015 10:57:19 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 01/07/2015 10:59:44 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
| 01/07/2015 11:02:50 | YourName | [[/|http://motoji3.tiddlyspot.com/]] | [[store.cgi|http://motoji3.tiddlyspot.com/store.cgi]] | . | [[index.html | http://motoji3.tiddlyspot.com/index.html]] | . |
/***
|''Name:''|UploadPlugin|
|''Description:''|Save to web a TiddlyWiki|
|''Version:''|4.1.3|
|''Date:''|Feb 24, 2008|
|''Source:''|http://tiddlywiki.bidix.info/#UploadPlugin|
|''Documentation:''|http://tiddlywiki.bidix.info/#UploadPluginDoc|
|''Author:''|BidiX (BidiX (at) bidix (dot) info)|
|''License:''|[[BSD open source license|http://tiddlywiki.bidix.info/#%5B%5BBSD%20open%20source%20license%5D%5D ]]|
|''~CoreVersion:''|2.2.0|
|''Requires:''|PasswordOptionPlugin|
***/
//{{{
version.extensions.UploadPlugin = {
	major: 4, minor: 1, revision: 3,
	date: new Date("Feb 24, 2008"),
	source: 'http://tiddlywiki.bidix.info/#UploadPlugin',
	author: 'BidiX (BidiX (at) bidix (dot) info',
	coreVersion: '2.2.0'
};

//
// Environment
//

if (!window.bidix) window.bidix = {}; // bidix namespace
bidix.debugMode = false;	// true to activate both in Plugin and UploadService
	
//
// Upload Macro
//

config.macros.upload = {
// default values
	defaultBackupDir: '',	//no backup
	defaultStoreScript: "store.php",
	defaultToFilename: "index.html",
	defaultUploadDir: ".",
	authenticateUser: true	// UploadService Authenticate User
};
	
config.macros.upload.label = {
	promptOption: "Save and Upload this TiddlyWiki with UploadOptions",
	promptParamMacro: "Save and Upload this TiddlyWiki in %0",
	saveLabel: "save to web", 
	saveToDisk: "save to disk",
	uploadLabel: "upload"	
};

config.macros.upload.messages = {
	noStoreUrl: "No store URL in parmeters or options",
	usernameOrPasswordMissing: "Username or password missing"
};

config.macros.upload.handler = function(place,macroName,params) {
	if (readOnly)
		return;
	var label;
	if (document.location.toString().substr(0,4) == "http") 
		label = this.label.saveLabel;
	else
		label = this.label.uploadLabel;
	var prompt;
	if (params[0]) {
		prompt = this.label.promptParamMacro.toString().format([this.destFile(params[0], 
			(params[1] ? params[1]:bidix.basename(window.location.toString())), params[3])]);
	} else {
		prompt = this.label.promptOption;
	}
	createTiddlyButton(place, label, prompt, function() {config.macros.upload.action(params);}, null, null, this.accessKey);
};

config.macros.upload.action = function(params)
{
		// for missing macro parameter set value from options
		if (!params) params = {};
		var storeUrl = params[0] ? params[0] : config.options.txtUploadStoreUrl;
		var toFilename = params[1] ? params[1] : config.options.txtUploadFilename;
		var backupDir = params[2] ? params[2] : config.options.txtUploadBackupDir;
		var uploadDir = params[3] ? params[3] : config.options.txtUploadDir;
		var username = params[4] ? params[4] : config.options.txtUploadUserName;
		var password = config.options.pasUploadPassword; // for security reason no password as macro parameter	
		// for still missing parameter set default value
		if ((!storeUrl) && (document.location.toString().substr(0,4) == "http")) 
			storeUrl = bidix.dirname(document.location.toString())+'/'+config.macros.upload.defaultStoreScript;
		if (storeUrl.substr(0,4) != "http")
			storeUrl = bidix.dirname(document.location.toString()) +'/'+ storeUrl;
		if (!toFilename)
			toFilename = bidix.basename(window.location.toString());
		if (!toFilename)
			toFilename = config.macros.upload.defaultToFilename;
		if (!uploadDir)
			uploadDir = config.macros.upload.defaultUploadDir;
		if (!backupDir)
			backupDir = config.macros.upload.defaultBackupDir;
		// report error if still missing
		if (!storeUrl) {
			alert(config.macros.upload.messages.noStoreUrl);
			clearMessage();
			return false;
		}
		if (config.macros.upload.authenticateUser && (!username || !password)) {
			alert(config.macros.upload.messages.usernameOrPasswordMissing);
			clearMessage();
			return false;
		}
		bidix.upload.uploadChanges(false,null,storeUrl, toFilename, uploadDir, backupDir, username, password); 
		return false; 
};

config.macros.upload.destFile = function(storeUrl, toFilename, uploadDir) 
{
	if (!storeUrl)
		return null;
		var dest = bidix.dirname(storeUrl);
		if (uploadDir && uploadDir != '.')
			dest = dest + '/' + uploadDir;
		dest = dest + '/' + toFilename;
	return dest;
};

//
// uploadOptions Macro
//

config.macros.uploadOptions = {
	handler: function(place,macroName,params) {
		var wizard = new Wizard();
		wizard.createWizard(place,this.wizardTitle);
		wizard.addStep(this.step1Title,this.step1Html);
		var markList = wizard.getElement("markList");
		var listWrapper = document.createElement("div");
		markList.parentNode.insertBefore(listWrapper,markList);
		wizard.setValue("listWrapper",listWrapper);
		this.refreshOptions(listWrapper,false);
		var uploadCaption;
		if (document.location.toString().substr(0,4) == "http") 
			uploadCaption = config.macros.upload.label.saveLabel;
		else
			uploadCaption = config.macros.upload.label.uploadLabel;
		
		wizard.setButtons([
				{caption: uploadCaption, tooltip: config.macros.upload.label.promptOption, 
					onClick: config.macros.upload.action},
				{caption: this.cancelButton, tooltip: this.cancelButtonPrompt, onClick: this.onCancel}
				
			]);
	},
	options: [
		"txtUploadUserName",
		"pasUploadPassword",
		"txtUploadStoreUrl",
		"txtUploadDir",
		"txtUploadFilename",
		"txtUploadBackupDir",
		"chkUploadLog",
		"txtUploadLogMaxLine"		
	],
	refreshOptions: function(listWrapper) {
		var opts = [];
		for(i=0; i<this.options.length; i++) {
			var opt = {};
			opts.push();
			opt.option = "";
			n = this.options[i];
			opt.name = n;
			opt.lowlight = !config.optionsDesc[n];
			opt.description = opt.lowlight ? this.unknownDescription : config.optionsDesc[n];
			opts.push(opt);
		}
		var listview = ListView.create(listWrapper,opts,this.listViewTemplate);
		for(n=0; n<opts.length; n++) {
			var type = opts[n].name.substr(0,3);
			var h = config.macros.option.types[type];
			if (h && h.create) {
				h.create(opts[n].colElements['option'],type,opts[n].name,opts[n].name,"no");
			}
		}
		
	},
	onCancel: function(e)
	{
		backstage.switchTab(null);
		return false;
	},
	
	wizardTitle: "Upload with options",
	step1Title: "These options are saved in cookies in your browser",
	step1Html: "<input type='hidden' name='markList'></input><br>",
	cancelButton: "Cancel",
	cancelButtonPrompt: "Cancel prompt",
	listViewTemplate: {
		columns: [
			{name: 'Description', field: 'description', title: "Description", type: 'WikiText'},
			{name: 'Option', field: 'option', title: "Option", type: 'String'},
			{name: 'Name', field: 'name', title: "Name", type: 'String'}
			],
		rowClasses: [
			{className: 'lowlight', field: 'lowlight'} 
			]}
};

//
// upload functions
//

if (!bidix.upload) bidix.upload = {};

if (!bidix.upload.messages) bidix.upload.messages = {
	//from saving
	invalidFileError: "The original file '%0' does not appear to be a valid TiddlyWiki",
	backupSaved: "Backup saved",
	backupFailed: "Failed to upload backup file",
	rssSaved: "RSS feed uploaded",
	rssFailed: "Failed to upload RSS feed file",
	emptySaved: "Empty template uploaded",
	emptyFailed: "Failed to upload empty template file",
	mainSaved: "Main TiddlyWiki file uploaded",
	mainFailed: "Failed to upload main TiddlyWiki file. Your changes have not been saved",
	//specific upload
	loadOriginalHttpPostError: "Can't get original file",
	aboutToSaveOnHttpPost: 'About to upload on %0 ...',
	storePhpNotFound: "The store script '%0' was not found."
};

bidix.upload.uploadChanges = function(onlyIfDirty,tiddlers,storeUrl,toFilename,uploadDir,backupDir,username,password)
{
	var callback = function(status,uploadParams,original,url,xhr) {
		if (!status) {
			displayMessage(bidix.upload.messages.loadOriginalHttpPostError);
			return;
		}
		if (bidix.debugMode) 
			alert(original.substr(0,500)+"\n...");
		// Locate the storeArea div's 
		var posDiv = locateStoreArea(original);
		if((posDiv[0] == -1) || (posDiv[1] == -1)) {
			alert(config.messages.invalidFileError.format([localPath]));
			return;
		}
		bidix.upload.uploadRss(uploadParams,original,posDiv);
	};
	
	if(onlyIfDirty && !store.isDirty())
		return;
	clearMessage();
	// save on localdisk ?
	if (document.location.toString().substr(0,4) == "file") {
		var path = document.location.toString();
		var localPath = getLocalPath(path);
		saveChanges();
	}
	// get original
	var uploadParams = new Array(storeUrl,toFilename,uploadDir,backupDir,username,password);
	var originalPath = document.location.toString();
	// If url is a directory : add index.html
	if (originalPath.charAt(originalPath.length-1) == "/")
		originalPath = originalPath + "index.html";
	var dest = config.macros.upload.destFile(storeUrl,toFilename,uploadDir);
	var log = new bidix.UploadLog();
	log.startUpload(storeUrl, dest, uploadDir,  backupDir);
	displayMessage(bidix.upload.messages.aboutToSaveOnHttpPost.format([dest]));
	if (bidix.debugMode) 
		alert("about to execute Http - GET on "+originalPath);
	var r = doHttp("GET",originalPath,null,null,username,password,callback,uploadParams,null);
	if (typeof r == "string")
		displayMessage(r);
	return r;
};

bidix.upload.uploadRss = function(uploadParams,original,posDiv) 
{
	var callback = function(status,params,responseText,url,xhr) {
		if(status) {
			var destfile = responseText.substring(responseText.indexOf("destfile:")+9,responseText.indexOf("\n", responseText.indexOf("destfile:")));
			displayMessage(bidix.upload.messages.rssSaved,bidix.dirname(url)+'/'+destfile);
			bidix.upload.uploadMain(params[0],params[1],params[2]);
		} else {
			displayMessage(bidix.upload.messages.rssFailed);			
		}
	};
	// do uploadRss
	if(config.options.chkGenerateAnRssFeed) {
		var rssPath = uploadParams[1].substr(0,uploadParams[1].lastIndexOf(".")) + ".xml";
		var rssUploadParams = new Array(uploadParams[0],rssPath,uploadParams[2],'',uploadParams[4],uploadParams[5]);
		var rssString = generateRss();
		// no UnicodeToUTF8 conversion needed when location is "file" !!!
		if (document.location.toString().substr(0,4) != "file")
			rssString = convertUnicodeToUTF8(rssString);	
		bidix.upload.httpUpload(rssUploadParams,rssString,callback,Array(uploadParams,original,posDiv));
	} else {
		bidix.upload.uploadMain(uploadParams,original,posDiv);
	}
};

bidix.upload.uploadMain = function(uploadParams,original,posDiv) 
{
	var callback = function(status,params,responseText,url,xhr) {
		var log = new bidix.UploadLog();
		if(status) {
			// if backupDir specified
			if ((params[3]) && (responseText.indexOf("backupfile:") > -1))  {
				var backupfile = responseText.substring(responseText.indexOf("backupfile:")+11,responseText.indexOf("\n", responseText.indexOf("backupfile:")));
				displayMessage(bidix.upload.messages.backupSaved,bidix.dirname(url)+'/'+backupfile);
			}
			var destfile = responseText.substring(responseText.indexOf("destfile:")+9,responseText.indexOf("\n", responseText.indexOf("destfile:")));
			displayMessage(bidix.upload.messages.mainSaved,bidix.dirname(url)+'/'+destfile);
			store.setDirty(false);
			log.endUpload("ok");
		} else {
			alert(bidix.upload.messages.mainFailed);
			displayMessage(bidix.upload.messages.mainFailed);
			log.endUpload("failed");			
		}
	};
	// do uploadMain
	var revised = bidix.upload.updateOriginal(original,posDiv);
	bidix.upload.httpUpload(uploadParams,revised,callback,uploadParams);
};

bidix.upload.httpUpload = function(uploadParams,data,callback,params)
{
	var localCallback = function(status,params,responseText,url,xhr) {
		url = (url.indexOf("nocache=") < 0 ? url : url.substring(0,url.indexOf("nocache=")-1));
		if (xhr.status == 404)
			alert(bidix.upload.messages.storePhpNotFound.format([url]));
		if ((bidix.debugMode) || (responseText.indexOf("Debug mode") >= 0 )) {
			alert(responseText);
			if (responseText.indexOf("Debug mode") >= 0 )
				responseText = responseText.substring(responseText.indexOf("\n\n")+2);
		} else if (responseText.charAt(0) != '0') 
			alert(responseText);
		if (responseText.charAt(0) != '0')
			status = null;
		callback(status,params,responseText,url,xhr);
	};
	// do httpUpload
	var boundary = "---------------------------"+"AaB03x";	
	var uploadFormName = "UploadPlugin";
	// compose headers data
	var sheader = "";
	sheader += "--" + boundary + "\r\nContent-disposition: form-data; name=\"";
	sheader += uploadFormName +"\"\r\n\r\n";
	sheader += "backupDir="+uploadParams[3] +
				";user=" + uploadParams[4] +
				";password=" + uploadParams[5] +
				";uploaddir=" + uploadParams[2];
	if (bidix.debugMode)
		sheader += ";debug=1";
	sheader += ";;\r\n"; 
	sheader += "\r\n" + "--" + boundary + "\r\n";
	sheader += "Content-disposition: form-data; name=\"userfile\"; filename=\""+uploadParams[1]+"\"\r\n";
	sheader += "Content-Type: text/html;charset=UTF-8" + "\r\n";
	sheader += "Content-Length: " + data.length + "\r\n\r\n";
	// compose trailer data
	var strailer = new String();
	strailer = "\r\n--" + boundary + "--\r\n";
	data = sheader + data + strailer;
	if (bidix.debugMode) alert("about to execute Http - POST on "+uploadParams[0]+"\n with \n"+data.substr(0,500)+ " ... ");
	var r = doHttp("POST",uploadParams[0],data,"multipart/form-data; ;charset=UTF-8; boundary="+boundary,uploadParams[4],uploadParams[5],localCallback,params,null);
	if (typeof r == "string")
		displayMessage(r);
	return r;
};

// same as Saving's updateOriginal but without convertUnicodeToUTF8 calls
bidix.upload.updateOriginal = function(original, posDiv)
{
	if (!posDiv)
		posDiv = locateStoreArea(original);
	if((posDiv[0] == -1) || (posDiv[1] == -1)) {
		alert(config.messages.invalidFileError.format([localPath]));
		return;
	}
	var revised = original.substr(0,posDiv[0] + startSaveArea.length) + "\n" +
				store.allTiddlersAsHtml() + "\n" +
				original.substr(posDiv[1]);
	var newSiteTitle = getPageTitle().htmlEncode();
	revised = revised.replaceChunk("<title"+">","</title"+">"," " + newSiteTitle + " ");
	revised = updateMarkupBlock(revised,"PRE-HEAD","MarkupPreHead");
	revised = updateMarkupBlock(revised,"POST-HEAD","MarkupPostHead");
	revised = updateMarkupBlock(revised,"PRE-BODY","MarkupPreBody");
	revised = updateMarkupBlock(revised,"POST-SCRIPT","MarkupPostBody");
	return revised;
};

//
// UploadLog
// 
// config.options.chkUploadLog :
//		false : no logging
//		true : logging
// config.options.txtUploadLogMaxLine :
//		-1 : no limit
//      0 :  no Log lines but UploadLog is still in place
//		n :  the last n lines are only kept
//		NaN : no limit (-1)

bidix.UploadLog = function() {
	if (!config.options.chkUploadLog) 
		return; // this.tiddler = null
	this.tiddler = store.getTiddler("UploadLog");
	if (!this.tiddler) {
		this.tiddler = new Tiddler();
		this.tiddler.title = "UploadLog";
		this.tiddler.text = "| !date | !user | !location | !storeUrl | !uploadDir | !toFilename | !backupdir | !origin |";
		this.tiddler.created = new Date();
		this.tiddler.modifier = config.options.txtUserName;
		this.tiddler.modified = new Date();
		store.addTiddler(this.tiddler);
	}
	return this;
};

bidix.UploadLog.prototype.addText = function(text) {
	if (!this.tiddler)
		return;
	// retrieve maxLine when we need it
	var maxLine = parseInt(config.options.txtUploadLogMaxLine,10);
	if (isNaN(maxLine))
		maxLine = -1;
	// add text
	if (maxLine != 0) 
		this.tiddler.text = this.tiddler.text + text;
	// Trunck to maxLine
	if (maxLine >= 0) {
		var textArray = this.tiddler.text.split('\n');
		if (textArray.length > maxLine + 1)
			textArray.splice(1,textArray.length-1-maxLine);
			this.tiddler.text = textArray.join('\n');		
	}
	// update tiddler fields
	this.tiddler.modifier = config.options.txtUserName;
	this.tiddler.modified = new Date();
	store.addTiddler(this.tiddler);
	// refresh and notifiy for immediate update
	story.refreshTiddler(this.tiddler.title);
	store.notify(this.tiddler.title, true);
};

bidix.UploadLog.prototype.startUpload = function(storeUrl, toFilename, uploadDir,  backupDir) {
	if (!this.tiddler)
		return;
	var now = new Date();
	var text = "\n| ";
	var filename = bidix.basename(document.location.toString());
	if (!filename) filename = '/';
	text += now.formatString("0DD/0MM/YYYY 0hh:0mm:0ss") +" | ";
	text += config.options.txtUserName + " | ";
	text += "[["+filename+"|"+location + "]] |";
	text += " [[" + bidix.basename(storeUrl) + "|" + storeUrl + "]] | ";
	text += uploadDir + " | ";
	text += "[[" + bidix.basename(toFilename) + " | " +toFilename + "]] | ";
	text += backupDir + " |";
	this.addText(text);
};

bidix.UploadLog.prototype.endUpload = function(status) {
	if (!this.tiddler)
		return;
	this.addText(" "+status+" |");
};

//
// Utilities
// 

bidix.checkPlugin = function(plugin, major, minor, revision) {
	var ext = version.extensions[plugin];
	if (!
		(ext  && 
			((ext.major > major) || 
			((ext.major == major) && (ext.minor > minor))  ||
			((ext.major == major) && (ext.minor == minor) && (ext.revision >= revision))))) {
			// write error in PluginManager
			if (pluginInfo)
				pluginInfo.log.push("Requires " + plugin + " " + major + "." + minor + "." + revision);
			eval(plugin); // generate an error : "Error: ReferenceError: xxxx is not defined"
	}
};

bidix.dirname = function(filePath) {
	if (!filePath) 
		return;
	var lastpos;
	if ((lastpos = filePath.lastIndexOf("/")) != -1) {
		return filePath.substring(0, lastpos);
	} else {
		return filePath.substring(0, filePath.lastIndexOf("\\"));
	}
};

bidix.basename = function(filePath) {
	if (!filePath) 
		return;
	var lastpos;
	if ((lastpos = filePath.lastIndexOf("#")) != -1) 
		filePath = filePath.substring(0, lastpos);
	if ((lastpos = filePath.lastIndexOf("/")) != -1) {
		return filePath.substring(lastpos + 1);
	} else
		return filePath.substring(filePath.lastIndexOf("\\")+1);
};

bidix.initOption = function(name,value) {
	if (!config.options[name])
		config.options[name] = value;
};

//
// Initializations
//

// require PasswordOptionPlugin 1.0.1 or better
bidix.checkPlugin("PasswordOptionPlugin", 1, 0, 1);

// styleSheet
setStylesheet('.txtUploadStoreUrl, .txtUploadBackupDir, .txtUploadDir {width: 22em;}',"uploadPluginStyles");

//optionsDesc
merge(config.optionsDesc,{
	txtUploadStoreUrl: "Url of the UploadService script (default: store.php)",
	txtUploadFilename: "Filename of the uploaded file (default: in index.html)",
	txtUploadDir: "Relative Directory where to store the file (default: . (downloadService directory))",
	txtUploadBackupDir: "Relative Directory where to backup the file. If empty no backup. (default: ''(empty))",
	txtUploadUserName: "Upload Username",
	pasUploadPassword: "Upload Password",
	chkUploadLog: "do Logging in UploadLog (default: true)",
	txtUploadLogMaxLine: "Maximum of lines in UploadLog (default: 10)"
});

// Options Initializations
bidix.initOption('txtUploadStoreUrl','');
bidix.initOption('txtUploadFilename','');
bidix.initOption('txtUploadDir','');
bidix.initOption('txtUploadBackupDir','');
bidix.initOption('txtUploadUserName','');
bidix.initOption('pasUploadPassword','');
bidix.initOption('chkUploadLog',true);
bidix.initOption('txtUploadLogMaxLine','10');


// Backstage
merge(config.tasks,{
	uploadOptions: {text: "upload", tooltip: "Change UploadOptions and Upload", content: '<<uploadOptions>>'}
});
config.backstageTasks.push("uploadOptions");


//}}}
恐怖指数(きょうふしすう、Volatility Index 略称:VIX)とは、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が、S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを元に算出、公表している指数。数値が高いほど投資家が相場の先行きに不透明感を持っているとされる。通常は10から20の間で推移する。
[[control panel|http://motoji3.tiddlyspot.com/controlpanel]] (your control panel username is //motoji3//).
<<tiddler TspotControls>> 
-----------------------------
[img[http://proxy-3.jolicloud.com/image/slice/160/120/4fa77c5e9330aec22e4ecac2/]][img[http://proxy-3.jolicloud.com/image/slice/160/120/4fa459274c212fcc4f0d65d2/]]
See also GettingStarted.

Motoji Memo.
http://motoji.tiddlyspot.com/#UploadLog
http://motoji2.tiddlyspot.com/
http://mogi2fruits.net/blog/os-software/linux/elementary-os/2772/

公式サイト:Home | elementary OS  http://elementaryos.org/

OSの特徴はタイトルの通りです。このブログでも度々取り上げている軽量Linuxの一つですね。WindowsXP他、低スペックPCの再活用などに活躍してくれそうですね♪

現時点でのバージョンは0.2(Luna)でUbuntu12.04がベースとなっているようです。次期バージョン(Freya)ではUbuntu14.04がベースとのこと。

ブラウザー、メーラー、テキスト・エディター、動画・画像・音楽再生など基本的なアプリは揃っているので、欲を言わなければこれだけでも使えます。
elementary OSインストール後の設定まとめ 
 「$」からはじまるものはターミナルで実行する(※「$」は入力不要)
 ターミナルはキーボードの「Ctrl + Alt + T」を押下することで開ける(ショートカット)

 Linuxカーネルアップデート
   $ sudo apt-add-repository ppa:versable/elementary-update
   $ sudo apt-get -y update
   $ sudo apt-get -y install linux-generic-lts-raring

 ubuntu japanの日本ローカライズレポジトリを追加
   $ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
   $ wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
   $ sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/precise.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
   $ sudo apt-get update
   $ sudo apt-get upgrade
 「System Settings」(ドックもしくはアプリケーション→システムツールから)
 →「言語サポート」→「インストール」
   $ sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

 Google日本語入力のオープンソース版IME「Mozc」をインストール
   $ sudo apt-get -y install ibus-mozc
 再起動
 右上のキーボードのアイコンをクリックして「設定(P)」
 「インプットメソッド」タブ
 「インプットメソッドの選択」→「日本語」→「Mozc」→「追加」
 「日本語 - Mozc」を選択(クリックして青くする)
 「上へ(U)」というボタンを押してAnthyの上に表示させる

 フォルダ名を英語表記に
   $ env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update
 (英語表記の方がなにかと便利なので変更しておくことをオススメします)

 「elementary-tweaks」でルナを自分好みに改造
   $ sudo apt-get install elementary-tweaks
 (※ちょっと前は不具合でこのコマンドだけではインストールできなかったけど 、修正されたようです。なお、上のカーネルアップデートを実行していない場合は、先に
   $ sudo apt-add-repository ppa:versable/elementary-update
 このコマンドだけでも実行しておくこと
 とりあえずのおすすめ設定項目は、http://thisisepic.hateblo.jp/entry/2014/01/20/220829
 ここ参照)

 FireFoxやChromiumをインストール
 ドックもしくはアプリケーションから、「ソフトウェアセンター」を起動
 検索窓にFireFoxと入力
 インストールをクリック

 ubuntu-restricted-extrasコーデックでYouTubeやニコニコを視聴
   $ sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras
 (※実行途中、キーボードの「Tab]キーで選択する場面あり)

 ソフトウェアセンターからその他のソフトをインストール
 クラウドストレージ → dropbox
 メディアプレイヤー → VLC
 オフィス  → Libre
 画像編集ソフト → GIMP, Inkscape
Estas multaj varmaj fontoj en Japanujo.日本にはたくさんの温泉がある.

いままで書式書き方ばかりに気を使っていた。
しかし、Tiddlyの本当の実力はこんなものでない。
Tiddlyマクロ機能初めて使ってみた。
かなり便利で奥が深そうだ。

!TiddlyWiki関連リンク集  http://blog.livedoor.jp/kyorecoba/archives/26481931.html
!tiddlywikiのススメ http://hsj.jp/junknews/archives/tiddlywiki_susume.html
!TiddlyWikiおすすめPlug-in
http://hennohito.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/tiddlywikiplug-.html

!TiddlyWiki使い始めてみました
簡単な特徴を説明すると、
・インストールが不要(zipの解凍のみ)
・ブラウザで動く(IE、Firefox、Safariなど)
WinでもMacでもLinuxでもブラウザがあれば動きます
・Dropboxなどで共有できる
・TiddlySpotというWeb上から使えるTiddlyWikiもある
・Webにアップロードして、簡易HPの制作ができる
http://syusuimoyaya.wordpress.com/2011/01/19/tiddlywiki/
【 第一 蛇の章 】      

--------------------------------------------------------------------------------
■□■<1、蛇>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1 蛇の毒が(身体のすみずみに)ひろがるのを薬で制するように、怒りが起こったのを制する修行者(比丘)は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

2 池に生える蓮華を、水にもぐって折り取るように、すっかり愛欲を断ってしまった修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。 ──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

3 奔り流れる妄執の水流を涸らし尽して余すことのない修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

4 激流が弱々しい葦のの橋を壊すように、すっかり驕慢を減し尽くした修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

5 無花果の樹の林の中に花を探し求めて得られないように、諸々の生存状態のうちに堅固なものを見いださない修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

6 内に怒ることなく、世の栄枯盛衰を超越した修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。 ──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

7 想念を焼き尽くして余すことなく、心の内がよく整えられた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

8 走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、すべてこの妄想をのり越えた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

9 走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、「世間における一切のものは虚妄である」と知っている修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

10 走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、「一切のものは虚妄である」と知って貪りを離れた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

11 走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、「一切のものは虚妄である」と知って愛欲を離れた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

12 走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、「一切のものは虚妄である」と知って憎悪を離れた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

13 走っても疾過ぎることなく、また遅れることもなく、「一切のものは虚妄である」と知って迷妄を離れた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

14 悪い習性がいささかも存することなく、悪の根を抜き取った修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

15 この世に還り来る縁となる<煩悩から生ずるもの>をいささかももたない修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

16 ひとを生存に縛りつける原因となる<妄執から生ずるもの>をいささかももたない修行者はこの世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

17 五つの蓋いを捨て、悩みなく、疑惑を越え、苦悩の矢を抜き去られた修行者は、この世とかの世とをともに捨て去る。──蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<2,ダニヤ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
18 牛飼いダニヤがいった、
「わたしはもう飯を炊き、乳を搾ってしまった。マヒー河の岸のほとりに、わたしは(妻子と)ともに住んでいます。わが小舎の屋根は葺かれ、火は点されている。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

19 師は答えた、
「わたしは怒ることなく、心の頑迷さを離れている。マヒー河の岸のほとりに一夜の宿りをなす。わが小舎(すなわち自身)はあばかれ、(欲情の)火は消えた。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

20 牛飼いダニヤがいった、
「蚊も虻もいないし、牛どもは沼地に茂った草を食んで歩み、雨が降ってきても、かれらは堪え忍ぶであろう。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

21 師は答えた、
「わが筏はすでに組まれて、よくつくられていたが、激流を克服して、すでに渡りおわり、彼岸に到着している。もはや筏の必要はない。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

22 牛飼いダニヤがいった、
「わが牧婦(=妻)は従順であり、貪ることがない。久しくともに住んできたが、わが意に適っている。かの女にいかなる悪のあるのをも聞いたことがない。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

23 師は答えた、
「わが心は従順であり、解脱している。永いあいだ修養したので、よくととのえられている。わたしにはいかなる悪も存在しない。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

24 牛飼いダニヤがいった、
「私は自活しみずから養うものである。わが子らはみなともに住んで健やかである。かれらにいかなる悪のあるのをも聞いたことがない。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

25 師は答えた、
「わたしは何人の傭い人でもない。みずから得たものによって全世界を歩む。他人に傭われる必要はない。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

26 牛飼いダニヤがいった、
「未だ馴らされていない牛もいるし、乳を飲む仔牛もいる。孕んだ牝牛もいるし、交尾を欲する牝牛もいる。牝牛どもの主である牡牛もいる。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

27 師は答えた、
「未だ馴らされていない牛もいないし、乳を飲む仔牛もいない。孕んだ牝牛もいないし、交尾を欲する牝牛もいない。牝牛どもの主である牡牛もここにはいない。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

28 牛飼いダニヤがいった、
「牛を繋ぐ杭は、しっかり打ち込まれていて揺るがない。ムンジャ草でつくった新しい縄はよくなわれている。仔牛もこれを断つことができないであろう。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

29 師は答えた、
「牡牛のように結縛を断ち、臭い臭いのする蔓草を象のように踏みにじり、わたしくしはもはや母胎に入ることはないであろう。神よ、もし雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

30 忽ちに大雲が現われて、雨を降らし、低地と丘とをみたした。神が雨を降らすのを聞いて、ダニヤは次のことを語った。

31 「われらは尊き師にお目にかかりました、われらの得たところは実に大きいのです。眼ある方よ。われらはあなたに帰依します。あなたはわれわれの師となってください。大いなる聖者よ。

32 妻もわたしもともに従順であります。幸せな人(ブッタ)のもとで清らかな修行を行いましょう。生死の彼岸に達して、苦しみを滅しましょう。」

33 悪魔パービマンがいった、
「子のある者は子について喜び、また牛ある者は牛について喜ぶ。人間の執著(しゅうじゃく)する元のものは喜びである。執著する元のない人は、実に喜ぶことがない。」

34 師は答えた、
子のある者は子について憂い、また牛ある者は牛について憂う。実に人間の憂いは執著する元のもののない人は、憂うることがない。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<3、犀(さい)の角>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
35 あらゆる生きものに対して暴力を加えることなく、あらゆる生きもののいずれをも悩ますことなく、また子を欲するなかれ。況や朋友をや。犀の角のようにただ独り歩め。

36 交わりをしたならば愛情が生じる。愛情にしたがってこの苦しみが起こる。愛情から禍い(わざわい)の生じることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。

37 朋友・親友に憐れみをかけ、心がほだされると、おのが利を失う。親しみにはこの恐れのあることを観察して、犀の角のようにただ独り歩め。

38 子や妻に対する愛著は、たしかに枝の広く茂った竹が互いに相絡むようなものである。筍が他のものにまつわりつくことのないように、犀の角のようにただ独り歩め。

39 林の中で、縛られていない鹿が食物を求めて欲するところに赴くように、聡明な人は独立自由をめざして、犀の角のようにただ独り歩め。

40 仲間の中におれば、休むにも、立つにも、行くにも、旅するにも、つねにひとに呼びかけられる。他人に従属しない独立自由をめざして、犀の角のようにただ独り歩め。

41 仲間の中におけば、遊戯と歓楽とがある。また子らに対する情愛は甚だ大である。愛しき者と別れることを厭いながらも、犀の角のようにただ独り歩め。

42 四方のどこでも赴き、害心あることなく、何でも得たもので満足し、諸々の苦痛に堪えて、恐れることなく、犀の角のようにただ独り歩め。

43 出家者でありながらなお不満の念をいだいている人々がいる。また家に住まう在家者でも同様である。だから他人の子女にかかわること少し、犀の角のようにただ独り歩め。

44 葉の落ちたコーヴィラーラ樹のように、在家者のしるしを捨て去って、在家の束縛を断ち切って、健き人はただ独り歩め。

45 もしも汝が、<賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者>を得たならば、あらゆる危難にうち勝ち、こころ喜び、気をおちつかせて、かれとともに歩め。

46 しかしもし汝が、<賢明で協同し行儀正しい明敏な同伴者>を得ないならば、譬えば王が征服した国を捨て去るようにして、犀の角のようにただ独り歩め。

47 われわれは実に朋友を得る幸を讃め称える。自分より勝れあるいは等しい朋友には、親しみ近づくべきである。このような朋友を得ることができなければ、罪過のない生活を楽しんで、犀の角のようにただ独り歩め。

48 金の細工人がみごとに仕上げた二つの輝く黄金の腕輪を、一つの腕にはめれば、ぶつかり合う。それを見て、犀の角のようにただ独り歩め。

49 このように二人でいるならば、われに饒舌といさかいとが起るであろう。未来にこの恐れのあることを察して、犀の角のようにただ独り歩め。

50 実に欲望は色とりどりで甘美であり、心に楽しく、種々のかたちで、心を攪乱する。欲望の対象にはこの患いのあることを見て、犀の角のようにただ独り歩め。

51 これはわたくしにとって災害であり、腫物であり、禍であり、病であり、矢であり、恐怖である。諸々の欲望の対象にはこの恐ろしさのあることを見て、犀の角のようにただ独り歩め。

52 寒さと暑さと、飢えと渇えと、風と太陽の熱と、虻と蛇と、──これらすべてのものにうち勝って、犀の角のようにただ独り歩め。

53 肩がしっかりと発育し蓮華のようにみごとな巨大な象は、その群を離れて、欲するがままに森の中を遊歩する。そのように、犀の角のようにただ独り歩め。

54 集会を楽しむ人には、暫時の解脱に至るべきことわりもない。太陽の末裔<ブッダ>のことばをこころがけて、犀の角のようにただ独り歩め。

55 相争う哲学的見解を越え、(さとりに至る)決定に達し、道を得ている人は、「われは智慧が生じた。もはや他の人に指導される要がない」と知って、犀の角のようにただ独り歩め。

56 貪ることなく、詐ることなく、渇望することなく、(見せかけで)覆うことなく、濁りと迷妄とを除き去り、全世界において妄執のないものとなって、犀の角のようにただ独り歩め。

57 義ならざるものを見て邪曲にとらわれている悪い朋友を避けよ。貪りに耽って怠っている人に、みずから親しむな。犀の角のようにただ独り歩め。

58 学識ゆたかで真理をわきまえ、高邁・明敏な友と交われ。いろいろと為になることがらを知り、疑惑を去って、犀の角のようにただ独り歩め。

59 世の中の遊戯や娯楽に、満足を感ずることなく、心ひかれることなく、身の装飾を離れて、真実を語り、犀の角のようにただ独り歩め。

60 妻子も、父母も、財産も穀物も、親類やそのほかあらゆる欲望までも、すべて捨てて、犀の角のようにただ独り歩め。

61 「これは執著である。ここは楽しみは少し、快い味わいも少くて、苦しみが多い。これは魚を釣る釣り針である」と知って、賢者は、犀の角のようにただ独り歩め。

62 水の中の魚が網を破るように、また火がすでに焼いたところに戻ってこないように、諸々の(煩悩の)結び目を破り去って、犀の角のようにただ独り歩め。

63 俯して視、とめどなくうつろうことなく、諸々の感官を防いで守り、こころを護り(慎しみ)、(煩悩の)流れ出ることなく、(煩悩の火に)焼かれることもなく、犀の角のようにただ独り歩め。

64 葉の落ちたパーリチャッタ樹のように、在家者の諸々のしるしを除き去って、出家して袈裟の衣をまとい、犀の角のようにただ独り歩め。

65 諸々の味を貪ることなく、えり好みすることなく、他人を養うことなく、戸ごとに食を乞い、家々に心をつなぐことなく、犀の角のようにただ独り歩め。

66 こころの五つの覆いを断ち切って、すべてに付随して起こる悪しき悩み(随煩悩)を除き去り、なにものかにかたよることなく、愛念の過ちを断ち切って、犀の角のようにただ独り歩め。

67 以前に経験した楽しみと苦しみを擲ち、また快さと憂いとを擲って、清らかな平静と安らいとを得て、犀の角のようにただ独り歩め。

68 最高の目的を達成するために努力策励し、こころが怯むことなく、行いに怠ることなく、堅固な活動をなし、体力と智力とを具え、犀の角のようにただ独り歩め。

69 独座と禅定を捨てることなく、諸々のことがらについて常に理法に従って行い、諸々の生存には患いのあることを確かに知って、犀の角のようにただ独り歩め。

70 妄執の消滅を求めて、怠らず、明敏であって、学ぶこと深く、こころをとどめ、理法を明らかに知り、自制し、努力して、犀の角のようにただ独り歩め。

71 音声に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、水に汚されない蓮のように、犀の角のようにただ独り歩め。

72 歯牙強く獣どもの王である獅子が他の獣にうち勝ち制圧してふるまうように、辺地の坐臥に親しめ。犀の角のようにただ独り歩め。

73 慈しみと平静とあわれみと解脱と喜びとを時に応じて修め、世間すべてに背くことなく、犀の角のようにただ独り歩め。

74 貪欲と嫌悪と迷妄とを捨て、結び目を破り、命の失うのを恐れることなく、犀の角のようにただ独り歩め。

75 今の人々は自分の利益のために、交わりを結び、また他人に奉仕する。今日、利益をめざさない友は、得がたい。自分の利益のみを知る人間は、きたならしい。犀の角のようにただ独り歩め。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<4、田を耕すバーラドブァージャ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はマガダ国の南山にある「一つの茅」というバラモン村におられた。そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、種子を捲く時に五百挺の鋤を牛に結びつけた。

 そのとき師(ブッダ)は朝早く内衣を着け、鉢と上衣とをたずさえて、田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャが仕事をしているところへ赴かれた。ところでそのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは食物を配給していた。

 そこで師は食物を配給しているところに近づいて、傍らに立たれた。田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、師が食を受けるために立っているのを見た。そこで師に告げていった、

「道の人よ。わたしは耕して種を播く。耕して種を播いたあとで食う。あなたもまた耕せ、また種を播け。耕して種を播いたあとで食え。」と

(師は答えた)、「バラモンよ。わたしもまた耕して種を播く。耕して種を播いてから食う」と。

 (バラモンがいった)、「しかしわれらは、ゴータマさん(ブッダ)の軛も鋤も鋤先も突棒も牛も見ない。それなのにゴータマさんは『バラモンよ。わたしもまた耕して種を播く。耕して種を播いてから食う。』という」と。

そこで田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは詩を以て師に呼びかけた。

76 「あなたは農夫であるとみずから称しておられますが、われらはあなたが耕作するのを見たことがない。おたずねします。──あなたが耕作するということを、われわれが了解し得るように話してください。」

77 (師は答えた)「わたしにとっては、信仰が種である。苦行が雨である。知慧がわが軛(くびき)と鋤(すき)きである。慚(はじること)が鋤棒である。心が縛る縄である。気を落ちつけることが鋤先と突棒とである。

78 身をつつしみ、ことばをつつしみ、食物を節して過食しない。わたしは真実をまもることを草刈りとしている。柔和が私にとって(牛の)軛を離すことである。

79 努力がわが(軛をかけた牛)であり、安穏の境地に運んでくれる。退くことなく進み、そこに至ったならば憂えることがない。

80 この耕作はこのようになされ、甘露の果実もたらす。この耕作を行ったならば、あらゆる苦悩から解き放たれる。」

 そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、大きな青銅の鉢に乳粥を盛って、師(ブッダ)にささげた。──「ゴータマさまは乳粥をめしあがれ。あなたは耕作者です。ゴータマさまは甘露の果実をもたらす耕作をなさるのですかから。」

81 詩を唱えて[報酬として]得たものを、わたくしは食うてはならない。バラモンよ、このことは正しく見る人々(目ざめた人々)のならわしではない。詩を唱えて得たものを、目ざめた人々(諸のブッダ)は斥ける。バラモンよ、定めが存するのであるから、これが(目ざめた人々の)生活法なのである。

82 全き人である大仙人、煩悩の汚れをほろぼし尽し悪い行いを消滅した人に対しては、他の飲食をささげよ。けだしそれは功徳を積もうと望む者のための(福)田であるからである。

「では、ゴータマ(ブッダ)さま、この乳粥をわたしは誰にあげましょうか?」

「バラモンよ。実に神々・悪魔・梵天とともなる世界において、神々・人間・道の人・バラモンを含む生きものの中で、全き人(如来)とかれの弟子とを除いては、この乳粥を食べてすっかり消化し得る人を見ない。だから、バラモンよ、その乳粥を青草の少いところに棄てよ、或いは生物のいない水の中に沈めよ。」

そこで田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャはその乳粥を生物のいない水の中にうずめた。

さてその乳粥は、水の中に投げ棄てられると、チッチタ、チッチタと音を立てて、大いに湯煙りを立てた。譬えば終日日に曝されて熱せられた鋤先を水の中に入れると、チッチタ、チッチタと音を立て、大いに湯煙りを出すように、その乳粥は、水の中に投げ棄てられると、チッチタ、チッチタと音を立て、大いに湯煙りを出した。

 そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは恐れおののいて、身の毛がよだち、師(ブッダ)のもとに近づいた。そうして師の両足に頭を伏せて、礼拝してから、師にいった、

──「すばらしいことです、ゴータマさま。すばらしいことです、ゴータマさま。譬えば倒れた者を起こすように、覆われたものを聞くように、方向に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中で灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで真理を明らかにされました。故にわたくしはここにゴータマさまに帰依します。また真理と修行僧のつどいに帰依します。わたしはゴータマさまのもとで出家し、完全な戒律(具足戒)をうけましょう。」

そこで田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、師(ブッダ)のもとで出家し、完全な戒律を受けた。それからまもなく、このバラモン・バーラドヴァーシャさんは独りで他の人々から遠ざかり、怠ることなく精励し専心していたが、まもなく、無上の清らかな行いの究極──諸々の立派な人たち(善男子)はそれを得るために正しく家を出て家なき状態に赴いたのであるが──を現世においてみずからさとり、証、具現して、日を送った。「生まれることは尽きた。清らかな行いはすでに完成した。なすべきことをなしおえたた。もはや再びこのような生存を受けることはない。」

とさとった。そうしてバーラドヴァーシャさんは聖者の一人となった。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<5、チュンダ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
83 鍛冶工のチュンダがいった、「偉大な智慧ある聖者・目ざめた人・真理の主・妄執を離れた人・人類の最上者・優れた御者に、わたしはおたずねします。──世間にはどれだけの修行者がいますか? どうぞお説きください。」

84 師(ブッダ)は答えた、「チュンダよ。四種の修行者があり、第五の者はありません。面と向かって問われたのだから、それらをあなたに明かしましょう。──<道による勝者>と<道を説く者>と<道において生活する者>と及び<道を汚す者>とです。」

85 鍛冶工チュンダはいった、「目ざめた人々は誰を<道による勝者>と呼ばれるのですか? また<道を習い覚える人>はどうして無比なのですか? またおたずねしますが、<道によって生きる>ということを説いてください。また<道を汚す者>をわたくしに説き明かしてください。」

86 「疑いを越え、苦悩を離れ、安らぎ(ニルヴァーナ)を楽しみ、貪る執念をもたず、神々と世間とを導く人、──そのような人を<道による勝者>であると目ざめた人々は説く。

87 この世で最高のものを最高のものであると知り、ここで法を説き判別する人、疑いを絶ち欲念に動かされない聖者を修行者たちのうちで第二の<道を説く者>と呼ぶ

88 みごとに説かれた<理法にかなったことば>である<道>に生き、みずから制し、落ち着いて気をつけていて、とがのないことばを奉じている人を、修行者たちのうちで第三の<道によって生きる者>と呼ぶ。

89 善く誓戒を守っているふりをして、ずうずうしくて、家門を汚し、傲慢で、いつわりをたくらみ、自制心なく、おしゃべりで、しかも、まじめそうにふるまう者、──かれは<道を汚す者>である。

90 (彼らの特長を)聞いて、明らかに見抜いて知った在家の立派な信徒は、『かれら(四種の修行者)はすべてこのとおりである』と知って、かれらを洞察し、このように見ても、その信徒の信仰はなくならない。かれはどうして、汚れた者と汚れていない者と、清らかな者と清らかでない者とを同一視してよいであろうか。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<6、破  滅>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──あるとき師(ブッダ)は、サーヴァッティーのジェータ林、<孤独なる人々に食を給する長者>の園におられた。そのとき一人の容色麗しい神が、夜半を過ぎたころ、ジェータ林を隈なく照らして、師(ブッダ)のもとに近づいた。近づいてから師に敬礼して傍らに立った。そうしてその神は師に詩を以て呼びかけた。

91 「われらは、<破滅する人>のことをゴータマ(ブッダ)におたずねします。破滅への門は何ですか? 師にそれを聞こうとしてわれわれはここに来たのですが、──。」

92 (師は答えた)、「栄える人を識別することは易く、破滅を識別することも易い。理法を愛する人は栄え、理法を嫌う人は敗れる。」

93 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第一の破滅です。先生! 第二のものを説いてください。破滅への門はなんですか?」

94 「悪い人々を愛し、善き人々を愛することなく、悪人のならいを楽しむ。これは破壊への門である。」

95 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第二の破滅です。先生! 第三のものを説いてください。破滅への門は何ですか?」

96 睡眠の癖あり、集会の癖あり、奮励することなく、怠りなまけ、怒りっぽいので名だたる人がいる、──これは破滅への門である。」

97 「よく分かりました。おっしゃるとおりです。これが第三の破滅です。先生! 第四のものを説いてください。破滅への門は何ですか?」

98 「みずからは豊かで楽に暮らしているのに、年老いて衰えた母や父を養わない人がいる、──これは破滅への門である。」

99 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第四の破滅です。先生! 第五のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

100 「バラモンまたは<道の人>または他の<もの乞う人>を、嘘をついてだますならば、これは破滅の門である。」

101 「よくわかりました。おっしゃるとうりです。これが第五の破滅です。先生! 第六のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

102 「おびただしい富あり、黄金あり、食物ある人が、ひとりおいしいみのを食べるならば、これは破滅への門である。」

103 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第六の破滅です。先生! 第七のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

104 「血統を誇り、財産を誇り、また氏姓を誇っていて、しかも已が親戚を軽蔑する人がいる、──これは破滅への門である。」

105 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第七の破滅です。先生! 第八のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

106 「女に溺れ、酒にひたり、賭博に耽り、得るにしたがって得たものをその度ごとに失う人がいる、──これは破滅への門である。」

107 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第八の破滅です。先生! 第九のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

108 「おのが妻に満足せず、遊女に交わり、他人の妻に交わる、──これは破滅への門である。」

109 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第九の破滅です。先生! 第十のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

110 「青春を過ぎた男が、ティンバル果のように盛り上がった乳房のある若い女を誘き入れて、かの女について嫉妬から夜も眠れない、──これは破滅への門である。」

111 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第十の破滅です。先生! 第十一のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

112 「酒肉に荒み、財を浪費する女、またはこのような男に、実権を託すならば、これは破滅への門である。」

113 「よくわかりました。おっしゃるとおりです。これが第十一の破滅です。先生! 第十二のものを説いてください。破滅の門は何ですか?」

114 「クシャトリヤ(王族)の家に生まれた人が、財力が少いのに欲望が大きくて、この世で王位を獲ようと欲するならば、
これは破滅への門である。

115 世の中にはこのような破滅のあることを考察して
賢者・すぐれた人は真理を見て、
幸せな世界を体験する。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<7、賤しい人>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──あるとき師(ブッダ)は、サーヴァッティーのジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者>の園におられた。そのとき師は朝のうちに内衣を着け、鉢と上衣とをたずさえて、托鉢のためにサーヴァッティーに入った。

 そのとき火に事えるバラモン・バーラドヴァーシャの住居には、聖火がともされ、供物がそなえられていた。さて師はサーヴァッティー市の中を托鉢して、かれの住居に近づいた。火に事えるバラモン・バーラドヴァーシャは師が遠くから来るのを見たる

 そこで、師にいった、「髪を剃った奴よ、そこにおれ。にせの<道の人>よ、そこにおれ。賤しい奴よ、そこにおれ」と。

 そう言われたので、師は、火に事えるバラモン・バーラドヴァーシャに言った、「バラモンよ。あなたはいったい賤しい人しはなにかを知っているのですか? また賤しい人たらしめる条件を知っているのですか?」

 「ゴータマさん(ブッタ)。わたしは人を賤しい人とする条件をも知っていないのです。どうか、わたしが賤しい人を賤しい人とさせる条件わ知り得るように、ゴータマさんはわたくしにその定めを説いてください。」

「バラモンよ、ではお聞きなさい。よく注意なさい。わたくしは説きましょう。」

 「どうぞ、お説きください」、と火に事えるバラモン・バーラドヴァーシャは師に答えた。

師は説いていった、

116 「怒りやすく恨みをいだき、邪悪にして、見せかけであざむき、誤った見解を奉じ、たくらみのある人、──かれを賤しい人であると知れ。

117 一度生まれたものを(胎生)でも、二度生まれるもの(卵生)でも、この世で生きものを害し、生きものに対するあわれみのない人、──かれを賤しい人であると知れ。

118 村や町を破壊し、包囲し、圧制者として一般に知られる人、──かれを賤しい人であると知れ。

119 村にあっても、林にあっても、他人の所有物をば、与えられないのに盗み心をもって取る人、──かれを賤しい人であると知れ。

120 実際に負債ががあるのに、返済するように督促されると、『あなたからの負債はない』といって言い逃れる人、──かれを賤しい人であると知れ。

121 実に僅かの物を欲しくて路行く人を殺害して、僅かの物を奪い取る人。──かれを賤しい人であると知れ。

122 証人として尋ねられたとき、自分のために、他人のため、また財のために、偽りを語る人、──かれを賤しい人であると知れ。

123 或いは暴力を用い、或いは相愛して、親族または友人の妻と交わる人、──かれを賤しい人であると知れ。

124 己れは財豊かであるのに、年老いて衰えた母や父を養わない人、──かれを賤しい人であると知れ。

125 母・父・兄弟・姉妹或いは義母を打ち、またはことばで罵る人、──かれを賤しい人であると知れ。

126 相手の利益となることを問われたのに不利益を教え、隠し事をして語る人、──かれを賤しい人であると知れ。

127 悪事を行なっておきながら、『誰もわたしのしたことを知らないように』と望み、隠し事をする人、──かれを賤しい人であると知れ。

128 他人の家に行っては美食をもてなされながら、客として来た時には、返礼としてもてなさない人、──かれを賤しい人であると知れ。

129 バラモンまたは<道の人>、または他の<もの乞う人>を嘘をついてだます人、──かれを賤しい人であると知れ。

130 食事のときが来たのに、バラモンまたは<道の人>をことばて罵り食を与えない人、──かれを賤しい人であると知れ。

131 この世に迷妄に覆われ、わずかの物が欲しくて、事実でないことを語る人──かれを賤しい人と知れ。

132 自分をほめたたえ、他人を軽蔑し、みずからの慢心のために卑しくなった人、──かれを賤しい人であると知れ。

133 人を悩まし、欲深く、悪いことを欲し、ものおしみをし、あざむいて(徳がないのに敬われようと欲し)、恥じ入る心のない人、──かれを賤しい人であると知れ。

134 目ざめた人(ブッダ)をそしり、或いは出家・在家のその弟子(仏弟子)をそしる人、──かれを賤しい人であると知れ。

135 実際は尊敬さるべき人ではないのに尊敬さるべき人(聖者)であると自称し、梵天を含む世界の盗賊である人、──かれこそ実に最下の賤しい人である。
わたしがそなたたちに説き示したこれらの人々は、実に<賤しい人>と呼ばれる。

136 生まれによって賤しい人となるのではない。生まれによってバラモンとなるのではない。行為によって賤しい人ともなり、行為によってバラモンともなる。

137 わたしは次にこの実例を示すが、これによってわが説示を知れ。チャンダーラ族の子で犬殺しのマータンガという人は、世に知られた令名の高い人であった。

138 かれマータンガはまことに得がたい最上の名誉を得た。多くの王族やバラモンたちはかれのところに来て奉仕した。

139 かれは神々の道、塵汚れを離れた大道を登って、情欲を離れて、ブラフマン(梵天)の世界に赴いた。(賤しい)生まれ、ヴェーダの文句に親しむバラモンたちも、しばしば悪い行為を行なっているのが見られる。

140 ヴェーダ読誦者の家に生まれ、ヴェーダの文句に親しむバラモンたちも、しばしば悪い行為を行っているのが見られる。

141 そうすれば、現世においては非難せられ、来世においては悪いところに生まれる。(身分の高い)生れも、かれらが悪いところに生まれまた非難されるのを防ぐことはできない。

142 生まれによって賤しい人となるのではない、生まれによってバラモンとなるのではない。行為によって賤しい人となり、行為によってバラモンともなる。


このように説かれたときに、火に事えるバラモン・バーラドヴァーシャは、師にいった、
「すばらしいことです。ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです、ゴータマさま。あたかも倒れた者をおこすように、覆われたものを開くように方角に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色を見るであろう』といって暗夜に灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで法を明らかにされました。ですから、わたしは、ゴータマさまに帰依したてまつる。また真理と修行僧のつどいに帰依したてまつる。ゴータマさまは、わたくしを在俗信者として受けいれてください。今日以降命の続く限り帰依します。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<8、慈しみ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
143 究極の理想に通じた人が、この平安の境地に達してなすべきことは、次のとおりである。能力あり、直く、正しく、ことばやさしく、柔和で、思い上がることのない者であらねばならぬ。

144 足ることを知り、わずかの食物で暮し、雑務少く、生活もまた簡素であり、諸々の感官が静まり、聡明で、高ぶることなく、諸々の(ひとの)家で貪ることがない。

145 他の識者の非難を受けるような下劣な行いを、決してしてはならない。一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。

146 いかなる生物生類であっても、怯えているものでも強剛なものでも、悉く、長いものでも、大きいものでも、中ぐらいのものでも、短いものでも、微細なものでも、粗大なものでも、

147 目に見えるものでも、見えないものでも、遠くに住むものでも、近くに住むものでもすでに生まれたものでも、これから生まれようと欲するものでも、一切の生きとし生けるものは、幸せであれ。

148 何びとも他人を欺いてはならない。たといどこにあっても他人を軽んじてはならない。悩まそうとして怒りの想いをいだいて互いに他人に苦痛を与えることを望んではならない。

149 あたかも、母が已が独り子を命を賭けて護るように、そのように一切の生きとし生れるものどもに対しても、無量の(慈しみの)意を起すべし。

150 また全世界に対して無量の慈しみの意を起こすべし。上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき(慈しみを行うべし)。

151 立ちつつも、歩みつつも、坐しつつも、臥つつも、眠らないでいる限りは、この(慈しみの)心づかいをしっかりとたもて。
この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。

152 諸々の邪まな見解にとらわけず、戒を保ち、見るはたらきを具えて、諸々の欲望に関する貪りを除いた人は、決して再び母胎に宿ることがないであろう。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<9、雪山に住む者>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
153 七岳という神霊(夜叉)がいった、「今日は十五日のウポーサタである。みごとな夜が近づいた。さあ、われわれは世にもすぐれた名高い師ゴータマ(ブッダ)にお目にかかろう。」

154 雪山に住む者という神霊(夜叉)がいった、「このように立派な人のこころは一切の生きとし生けるものに対してよく安立しているのだろうか。望ましいものに対しても、望ましくないものに対しても、かれの意欲はよく制されているのであろうか?」

155 七岳という神霊は答えた、「このように立派なかれ(ブッダ)のこころは、一切の生きとし生けるものに対してよく安立している。また望ましいものに対しても、望ましくないものに対しても、かれの意欲はよく制されている。」

156 雪山に住む者という神霊がいった、「かれは与えられないものを取らないであろうか? かれは生きものを殺さないように心がけているであろうか? かれは怠惰から遠ざかっているであろうか? かれは精神の統一をやめないであろうか?」

157 七岳という神霊は答えた、「かれは与えられないものを取らない。かれは生きものを殺さないように心がけている。かれは怠惰から遠ざかっている。目ざめた人(ブッダ)は精神の統一をやめることができない。」

158 雪山に住む者という神霊がいった、「かれは嘘をつかないであろうか? 粗暴なことばを発しないであろうか? 中傷の悪口を言わないだろうか? くだらぬおしゃべりを言わないだろうか?」

159 七岳という神霊は答えた、「かれは嘘をつかない。粗暴なことばを発しな。また中傷の悪口を言わない。 くだらぬおしゃべりを言わない。」

160 雪山に住む者という神霊がいった、「かれは欲望の享楽に耽らないだろうか? その心は濁っていないだろうか? 迷妄を越えているであろうか? 諸々のことがらを明らかに見とおす眼をもっているだろうか?」

161 七岳という神霊は答えた、「かれは欲望の享楽に耽らない。その心は濁っていない。迷妄を越えている。目ざめた人として諸々のことがらを明らかに見とおす眼をもっている。」

162 雪山に住む者という神霊がいった、「かれは明知を具えているだろうか? かれの行いは全く清らかであろうか? かれの煩悩の汚れは消滅しているであろうか? かれはもはや再び世に生まれるということがないであろうか?」

163 七岳という神霊は答えた、「かれは明知を具えている。またかれの行いは清らかである。かれのすべての煩悩の汚れは消滅している。かれはもはや再び世に生まれるということがない。」

163a (雪山に住む者という神霊がいった)、「聖者の心は行動とことばとをよく具現している。明知と行いとを完全に具えているかれを汝が讃嘆するのは、当然である。」

163b 「聖者の心は行動とことばとをよく具現している。明知と行いとを完全に具えているかれに、そなたが随喜するのは、当然である。」

164 (七岳という神霊がいった)、「聖者の心は行動とことばとをよく具現している。さあ、われらは明知と行いとを完全に具えているゴータマに見えよう。」

165 (雪山に住む者という神霊がいった)、「かの聖者は羚羊のような脛があり、痩せ細って、聡明であり、小食で、貪ることなく、森の中で静かに瞑想している、来たれ、われらはゴータマ(ブッダ)に見えよう。

166 諸々の欲望をかえりみることなく、あたかも獅子のように象のように独り行くかれに近づいて、われらは尋ねよう、──死の縛めから解き放たれる道を。」

167 (その二つの神霊がいった)、「説き示す人、説き明かす人、あらゆることがらの究極をきわめ、怨みと恐れを越えた目ざめた人、ゴータマに、われらは問おう。」

168 雪山に住む者という神霊がいった、「何があるとき世界は生起するのですか? 何に対して親しみ愛するのですか? 世間の人々は何ものに執著しており、世間の人々は何ものに悩まされているのですか?」

169 師は答えた、「雪山に住むものよ。六つのものがあるとき世界が生起し、六つのものに対して親しみ愛し、世界は六つのものに執著しており、世界は六つのものに悩まされている。」

170 「それによって世間が悩まされる執著とは何であるか? お尋ねしますが、それからの出離の道を説いてください。どうしたら苦しみから解き放たれるのでしょうか。」

171 「世間には五種の欲望の対象があり、意(の対象)が第六であると説き示されている。それらに対する貪欲を離れたならば、すなわち苦しみから解き放たれる。

172 世間の出離であるこの道が汝らに如実に説き示された。このことを、われは汝らに説き示す、──このようにするならば、苦しみから解き放たれるのである。」

173 「この世において誰が激流を渡るのでしょうか? この世において誰が大海を渡るのでしょうか? 支えなくよるべのない深い海に入って、誰が沈まないのでしょうか?」

174 「常に戒を身にたもち、智慧あり、よく心を統一し、内省し、よく気をつけている人こそが、渡りがたい激流を渡り得る。

175 愛欲の想いを離れ、一切の結び目(束縛)を越え、歓楽による生存を滅しつくした人──、かれは深海のうちに沈むことがない。」

176 (雪山に住む者という神霊がいった)、「深い智慧があり、微妙な意義を見、何ものをも有せず、欲の生存に執著せず、あらゆることがらについて解脱し、天の路を歩みつつあるかの大仙人を見よ。

177 世に名高く、微妙な意義を見、智慧をさずけ、欲望の起る根源に執著せず、一切を知り、よく聡明であり、気高い路を歩みつつあるかの大仙人を見よ。

178 今日われわれは美しい[太陽]を見、美しく晴れた朝に逢い、気もちよく起き上がった。激流をのり越え、煩悩の汚れのなくなった<覚った人>にわれらは見えたからである。

179 これらの千の神霊どもは、神通力あり、誉れたかきものどもであるが、かれらはすべてあなたに帰依します。あなたはわれらの無上の師であります。

180 われらは、村から村へ、山から山へめぐり歩もう、──覚った人をも、真理のすぐれた所以をも礼拝しつつ。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<10、アーラブァカという神霊>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしか聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はア-ラヴィー国のアーラヴァカという神霊(夜叉)の住居に住みたもうた。そのときアーラヴァカ神霊は師のいるところに近づいて、
師にいった、「道の人よ、出てこい」と。「よろしい、友よ」といって師は出てきた。

(また神霊はいった)、「道の人よ、入れ」と。「よろしい、友よ」といって、師は入った。

ふたたびアーラヴァカ神霊は師にいった、「道の人よ、出てこい」と。「よろしい、友よ」といって師は出て行った。

(また神霊はいった)、「道の人よ、入れ」と。「よろしい、友よ」といって師は入った。三たびまたアーラヴァカ神霊は師にいった、「道の人よ、出てこい」と。よろしい、友よ」といって師は出てきた。

(また神霊はいった)、「道の人よ。入れ」と。「よろしい、友よ」といって師は入った。

四たびまたアーラヴァカ神霊は師にいった、「道の人よ、出てこい」と。

(師は答えた)、「では、わたしはもう出て行きません、汝のなすべきことをなさい」と。

 (神霊がいった)、「道の人よ、わたしは汝に質問しよう。もしも汝がわたしに解答できないならば、汝の心を乱し、汝の心臓を裂き、汝の両足をとらえてガンジス河の向こうの岸に投げつけよう。」

(師は答えた)、「友よ。神々・悪魔・梵天を含む世界において、道の人・バラモン・神々・人間を含む生けるものどものうちで、わが心を乱し、わが心臓を裂き、わか両足をとらえてガンジス河の向こうの岸に投げつけ得るような人を、実にわたしは見出さない。友よ。

 汝が聞きたいと欲することを、何でも聞け」と。そこでアーラヴァカ神霊は、師に次の詩をもって呼びかけた。──

181 「この世で人間の最高の富は何であるか? いかなる善行が安楽をもたらすのか? 実に味の中での美味は何であるか? どのように生きるのが最上の生活であるというのか?」

182 「この世では信仰が人間の最上の富である。徳行に篤いことは安楽をもたらす。実に真実が味の中で美味である。知慧によって生きるのが最高の生活であるという」

183 「ひとはいかにして激流を渡るのであるか? いかにして海を渡るのであるか? いかにして苦しみを越えるのであろうか? いかにして全く清らかとなるのであるか?」

184 「ひとは信仰によって激流を渡り、精励によって海を渡る。勤勉によって苦しみをを超え、知慧によって全く清らかとなる。」

185 「ひとはいかにして智慧を得るのであろうか? いかにして財を獲るのであるか? いかにして名声を得るのであるか? いかにして交友を結ぶのであるか? どうすれば、この世からかの世に赴いたときに憂いがないのであろうか?」

186 [師いわく、──]「諸々の尊敬さるべき人が安らぎを得る理法を信じ、精励し、聡明であって、教えを聞こうと熱望するならば、ついに智慧を得る。

187 適宜に事をなし、忍耐づよく努力する者は財を得る。
誠実をつくして名声を得、
何ものかを与えて交友を結ぶ。

188 信仰あり在家の生活を営む人に、誠実、真理、堅固、施与というこれら四種の徳があれば、かれは来世に至って憂えることがない。

189 もしもこの世に誠実、自制、施与、耐え忍びよりもさらに勝れたものがあるならば、さあ、それら他のものをも広く<道の人>、バラモンどもに問え。」

190 [神霊いわく、──]「いまやわたしは、どうして道の人、バラモンどもに広く問う要がありましょうか。わたしは今日<来世のためになること>を覚り得たのですから。

191 ああ、目ざめた方がア-ラヴィーに住むためにおいでになったのは、実はわたくしのためをはかってのことだったのです。わたしは今日、何に施与すれば大いなる果報が得られるかということを知りました。

192 わたしは、村から村へ、町から町へめぐり歩こう、──覚った人を、また真理のすぐれた所以を、礼拝しつつ。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<11、勝利>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
193 或いは歩み、或いは立ち、或いは坐り、或いは臥し、身を屈め、或いは伸ばす、──これは身体の動作である。

194 身体は、骨と筋とによってつながれ、深皮と肉とで塗られ、表皮に覆われていて、ありのまま見られることがない。

195 身体は腸に充ち、胃に充ち、肝臓の塊・膀胱・心臓・肺臓・腎臓・脾臓あり、

196 鼻汁・粘液・汗・脂肪・血・関節液・胆汁・膏がある。

197 またその九つの孔んらはねつねに不浄物が流れ出る。眼からは目やに、耳からは耳垢、

198 鼻からは鼻汁、口からは或るときは胆汁を吐き、或るときは痰を吐く。全身からは汗と垢とを排泄する。

199 またその頭(頭蓋骨)は空洞であり、脳髄にみちている。しかるに愚か者は無明に誘われて、身体を清らかなものだと思いなす。

200 また身体が死んで臥するときには、膨れて、青黒くなり、墓場に棄てられて、親族もこれを顧みない。

201 犬や野狐や狼やは虫類がこれをくらい、鳥や鷲やその他の生きものがこれを啄む。

202 この世において知慧ある修行者は、覚った人(ブッダ)の言葉を聞いて、このことを完全に了解する。なんとなれば、かれはあるがままに見るからである。

203 (かの死んだ身も、この生きた身のごとくであった。この生きた身も、かの死んだ身のごとくになるであろう)と内面的にも外面的にも身体に対する欲を離れるべきである。

204 この世において愛欲を離れ、知慧ある修行者は、不死・平安・不滅なるニルヴァーナの境地に達した。

205 人間のこの身は、不浄で、悪臭を放ち、(花や香を以て)まもられている。種々の汚物が充満し、ここかしこから流れ出る。

206 このような身体をもちながら、自分を偉いものだと思い、また軽蔑するならば、かれは(見る視力が無い)という以外の何だろう。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<12、聖 者>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
207 親しみ慣れることから恐れが生じ、家の生活から汚れた塵が生ずる。親しみ慣れることもなく家の生活もないならば、これが実に聖者のさとりである。

208 すでに生じた(煩悩の芽を)断ち切って、新たに植えることなく、現に生ずる(煩悩)を長ぜしめることがないならば、この独り歩む人を<聖者>と名づける。かの大仙人は平安の境地を見たのである。

209 平安の境地、(煩悩の起こる)基礎を考究して、そのたねを弁(わきま)え知って、それを愛執する心を長せしめないならば、かれは、実に生を滅ぼしつくした終極を見る聖者であり、妄想をすてて(迷える者の)部類に赴かない。

210 あらゆる執著の場所を知りおわって、そのいずれをも欲することなく、貪りを離れ、欲のない聖者は、作為によって求めることがない。かれは彼岸に達しているからである。

211 あらゆるものにうち勝ち、あらゆるものを知り、いとも聡明で、あらゆる事物に汚されることなく、あらゆるものを捨て、妄執が滅びて解脱した人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

212 智慧の力あり、戒と誓いをよく守り、心がよく統一し、瞑想(禅定)を楽しみ、落ち着いて気をつけていて、執著から脱して、荒れたところなく、煩悩の汚れのない人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

213 独り歩み、怠ることのない聖者は、非難と賞賛とに心を動かさず、音声に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、水に汚されない蓮のように、他人に導かれることなく、他人を導く人、──諸々の賢者は、かれを(聖者)であると知る。

214 他人がことばを極めてほめたりそしったりしても、水浴場における柱のように泰然とそびえ立ち、欲情を離れ、諸々の感官をよく静めている人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

215 梭のように真直ぐにみずから安立し、諸々の悪い行為を嫌い、正と不正とをつまびらかに考察している人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

216 自己を制して悪をなさず、若いときでも、中年でも、聖者は自己を制している。かれは他人に悩まされることなく、また何びとをも悩まさない。諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

217 他人から与えられたもので生活し、[容器の]上の部分からの食物、中ほどからの食物、残りの食物を得ても、(食を与えてくれた人を)ほめることなく、またおとしめて罵ることもないならば、諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

218 婬欲の交わりを断ち、いかなるうら若き女人にも心をとどめず、驕りまたは怠りを離れ、束縛から解脱している聖者──かれを諸々の賢者は(真の)<聖者>であると知る。

219 世間をよく理解して、最高の真理を見、激流を超え海をわたったこのような人、束縛を破って、依存することなく、煩悩の汚れのない人、──諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。

220 両者は住所も生活も隔たって、等しくない。在家者は妻を養うが、善く誓戒を守る者(出家者)は何ものをもわがものとみなす執著がない。在家者は、他のものの生命を害って、節制することがないが、聖者は自制していて、常に生命ある者を守る。

221 譬えば青頸の孔雀が、空を飛ぶときは、どうしても白鳥の速さに及ばないように、在家者は、世に遠ざかって林の中で瞑想する聖者・修行者に及ばない。

   <蛇の章>第一 おわる

 まとめの句

 蛇とダニヤと[犀の]角と耕す人と、チュンダと破壊と賤しい人と、慈しみを修めることと雪山に住む者とアーラヴァカと、勝利とまた聖者と、──
 これらの十二の経が「蛇の章」と言われる。



--------------------------------------------------------------------------------
【 第2 小なる章 】

--------------------------------------------------------------------------------
■□■<1,宝>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
222 ここに集まった諸々の生きものは、地上のものでも、空中のものでも、すべて歓喜せよ。そうしてこころを留めてわが説くところを聞け。

223 それ故に、すべての生きものよ、耳を傾けよ。昼夜に供物をささげる人類に、慈しみを垂れよ。それ故に、なおざりにせず。かれらを守れ。

224 この世または来世におけるいかなる富であろうとも、天界における勝れた宝であろうとも、われらの全き人(如来)に等しいものは存在しない。この勝れた宝は、目ざめた人(仏)のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

225 心を統一したサキヤムニは、(煩悩の)消滅・離欲・不死・勝れたものに到達された、──その理法と等しいものは何も存在しない。このすぐれた宝は理法のうちに存在する。この真理によって幸せであれ。

226 最も勝れた仏が讃嘆したもうた清らかな心の安定を、「ひとびとは(さとりに向かって)間をおかぬ心の安定」と呼ぶ。この(心の安定)と等しい者はほかに存在しない。このすぐれた宝は理法(教え)のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

227 善人のほめたたえる八輩の人はこれらの四双の人である。かれらは幸せ人(ブッダ)の弟子であり、施与を受けるべきである。かれらに施したならば、大いなる果報をもたらす。
この勝れた宝は<つどい>のうちにある。この真理によって幸せであれ。

228 ゴータマ(ブッダ)の教えにもとずいて、堅固な心をもってよく努力し、欲望がなく、不死に投入して、達すべき境地に達し、代償なくして得て、平安の楽しみを享けている。この勝れた宝<つどい>のうちにある。この真理によって幸せであれ。

229 城門の外に立つ柱が地の中に打ち込まれていると、四方からの風にも揺るがないように、諸々の聖なる真理を観察して見る立派な人は、これに譬えられるべきである、とわれは言う。この勝れた宝<つどい>のうちにある。この真理によって幸せであれ。

230 深い智慧ある人(ブッダ)がみごとに説きたもうた諸々の聖なる真理をはっきりと知る人々は、たとい大いになおざりに陥ることがあっても、第八の生存を受けることはない。この勝れた宝は<つどい>のうちにある。この真理によって幸せであれ。

231 [Ⅰ]自身を実在とみなす見解と[Ⅱ]疑いと[Ⅲ]外面的な戒律・誓いという三つのことがらが少しでも存在するならば、かれが知見を成就するとともに、それらは捨てられてしまう。かれは四つの悪い場所から離れ、また六つの重罪をつくるものとはなり得ない。このすぐれた宝が<つどい>のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

232 またかれが身体によって、ことばによって、またはこころの中で、たとい僅かなりとも悪い行為をなすならば、かれはそれを隠すことができない。隠すことができないということを、究極の境地を見た人は説きたもうた。このすぐれた宝が<つどい>のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

233 夏の月の初めの暑さに林の茂みでは枝が花を咲かせたように、それに譬うべき、安らぎに赴く妙なる教えを(目ざめた人、ブッダが)説きたもうた、──ためになる最高のことがらのために。このすぐれた宝が目ざめた人(ブッダ)のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

234 勝れたものを知り、勝れたものを与え、勝れたものをもたらす勝れた無上の人が、妙なる教えを説きたもうた。このすぐれた宝が<目ざめた人>(ブッダ)のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

235 古い(業)はすでに尽き、新しい(業)はもはや生じない。その心は未来に執著することなく、種子をほろぼし、それが生長する事を欲しないそれらの賢者は、灯火のように滅びる。このすぐれた宝が(つどい)のうちに存する。この真理によって幸せであれ。

236 われら、ここに集まった諸々の生きものは、地上のものでも、空中のものでも、神々と人間のつかえるこのように完成した<目ざめた人>(ブッダ)を礼拝しょう。幸せであれ。

237 われら、ここに集まった諸々の生きものは、地上のものでも、空中のものでも、神々と人間とのつかえるこのように完成した<教え>を礼拝しよう。幸せであれ。

238 われら、ここに集まった諸々の生きものは、地上のものでも、空中のものでも、神々と人間とのつかえるこのように完成した<つどい>を礼拝しよう。幸せであれ。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<2、なまぐさ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
239 「稷・ディングラカ・チーナカ豆・野菜・球根・蔓の実を善き人々から正しいしかたで得て食べながら、欲を貪らず、偽りを語らない。

240 よく炊がれ、よく調理されて、他人から与えられた純粋で美味な米飯の食物を舌鼓うって食べる人は、なまぐさを食うのである。カッサパよ。

241 梵天の親族(バラモン)であるあなたは、おいしく料理された鳥肉とともに米飯を味わって食べながら、しかも<わたしはなまぐさものを許さない>と称している。カッサパよ、わたしはあなたにこの意味を尋ねます。あなたの言う<なまぐさ>とはどんなものですか。」

242 「生物を殺すこと、打ち、切断し、縛ること、盗むこと、嘘をつくこと、詐欺、だますこと、邪曲を学習すること、他人の妻に親近すること、──これがなまぐさである。肉食することが<なまぐさい>のではない。

243 この世において欲望を制することなく、美味を貪り、不浄の(邪悪な)生活をまじえ、虚無論をいだき、不正の行いをなし、頑迷な人々、──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。

244 粗暴・残酷であって、陰口を言い、友を裏切り、無慈悲で、極めて傲慢であり、ものおしみする性で、なんびとにも与えない人々、──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。

245 怒り、驕り、強情、反抗心、偽り、嫉妬、ほら吹くこと、極端の傲慢、不良の徒と交わること、──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。

246 この世で、性質が悪く、借金を踏み倒し、密告をし、法廷で偽証し、正義を装い、邪悪を犯す最も劣等な人々、──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。

247 この世でほしいままに生きものを殺し、他人のものを奪って、かえってかれらを害しようと努め、たちが悪く、残酷で、粗暴で無礼な人々、──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。

248 これら(生けるものども)に対して貪り求め、敵対して殺し、常に(害を)なすことにつとめる人々は、死んでからは暗黒に入り、頭を逆さまにして地獄に落ちる、──これがなまぐさである。肉食することが(なまぐさい)のではない。

249 魚肉・獣肉(を食わないこと)も、断食も、裸体も、剃髪も、結髪も、塵垢にまみえることも、粗い鹿の皮(を着ること)も、火神への献供につとめることも、あるいはまた世の中でなされるような、不死を得るための苦行も、(ヴェーダの)呪文も、供犠も、祭祀も、季節の荒行も、それらは、疑念を超えていなければ、その人を清めることができない。

250 通路(六つの機官)をまもり、機官にうち勝って行動せよ。理法のうちに安立し、まっすぐで柔和なことを楽しみ、執著を去り、あらゆる苦しみを捨てた賢者は、見聞きしたことに汚されない。」

251 以上のことがらを尊き師(ブッダ)はくりかえし説きたもうた。ヴェーダの呪文に通じた人(バラモン)はそれを知った。なまぐさを離れて、何ものにもこだわることのない、跡を追いがたい聖者(ブッダ)は、種々の詩句を以てそれを説きたもうた。

252 目ざめた人(ブッダ)のみごとに説きたもうた──なまぐさを離れ一切の苦しみを除き去る──ことばを聞いて、(そのバラモンは、)謙虚なこころで、全き人(ブッダ)を礼拝し、即座に出家することをねがった。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<3,恥>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
253 恥じることを忘れ、また嫌って、「われは(汝の)友である」と言いながら、しかも為し得る仕事を引き受けない人、──かれを「この人は(わが)友に非ず」と知るべきである。

254 諸々の友人に対して、実行がともなわないのに、ことばだけ気に入ることを言う人は、「言うだけで実行しない人」であると、賢者たちは知りぬいている。

255 つねに注意して友誼の破れることを懸念して(甘いことを言い)、ただ友の欠点のみ見る人は、友ではない。子が母の胸にたよるように、その人によっても、他人のためにその間を裂かれることのない人こそ、友である。

256 成果を望む人は、人間に相応した重荷を背負い、喜びを生じる境地と賞讃を博する楽しみを修める。

257 遠ざかり離れる味と平安となる味とを味わって、法の喜びの味を味わっている人は、苦悩わ離れ、悪を離れている。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<4、こよなき幸せ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者>の園におられた。そのとき一人の容色麗しい神が、夜半を過ぎたころジェータ林を隈なく照らして、師のもとに近づいた。そうして師に礼して傍らに立った。そうしてその神は、師に詩を以て呼びかけた。

258 「多くの神々と人間とは、幸福を望み、幸せを思っています。最上の幸福わ説いて下さい。」

259 諸々の愚者に親しまないで、諸々の賢者に親しみ、尊敬すべき人々を尊敬すること、──これがこよなき幸せである。

260 適当な場所に住み、あらかじめ功徳を積んでいて、みずからは正しい誓願を起こしていること、──これがこよなき幸せである。

261 深い学識あり、技術を身につけ、身をつつしむことをよく学び、ことばがみごとであること、──これがこよなき幸せである。

262 父母につかえること、妻子を愛し護ること、仕事に秩序あり混乱せぬこと、──これがこよなき幸せである。

263 施与と、理法にかなった行いと、親族を愛し護ることと、非難を受けない行為、──これがこよなき幸せである。

264 悪をやめ、悪を離れ、飲酒をつつしみ、徳行をゆるがせにしないこと、──これがこよなき幸せである。

265 尊敬と謙遜と満足と感謝と(適当な)時に教えを聞くこと、──これがこよなき幸せである。

266 耐え忍ぶこと、ことばのやさしいこと、諸々の(道の人)に会うこと、適当な時に理法について聞くこと──これがこよなき幸せである。

267 修養と、清らかな行いと、聖なる真理を見ること、安らぎ(ニルヴァーナ)を体得すること、──これがこよなき幸せである。

268 世俗のことがらに触れても、その人の心が動揺せず、憂いなく、汚れを離れ、安穏であること、──これがこよなき幸せである。

269 これらのことを行うならば、いかなることに関しても敗れることがない。あらゆることについて幸福に達する。──これがこよなき幸せである。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<5、スーチローマ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はガヤー(村)のタンキク石床におけるスーチローマという神霊(夜叉)の住居におられた。そのときカラという神霊とスーチローマという神霊に言った、「かれは<道の人>である」と。(スーチローマという神霊は言った)、
かれは真の<道の人>であるか、或いは似而非の<道の人>であるかを、わたしが知らないうちは、かれは真の<道の人>ではなくて、似而非の<道の人>である。」

 そこでスーチローマという神霊は、師のもとに至り、そうして身を師に近づけた。ところが師は身を退けた。そこでスーチローマという神霊は師にいった、「<道の人>よ。汝はわたしを恐れるのか。」(師いわく)、「友よ。わたしは汝を恐れているのではない。しかし汝に触れることは悪いのだ。」(スーチローマという神霊はいった)、「<道の人>よ。わたしは汝に質問しよう。もしも汝がわたしに解答しないならば、汝の心を乱し、汝の心臓を裂き、汝の両足をとらえてガンジス河の向こう岸に投げつけよう。」

 (師は答えた)、「友よ。神々・悪魔・梵天を含む世界において、道の人・バラモン・神々・人間を含む生けるものどものうちで、わが心を乱し、わが心臓を裂き、わが両足をとらえてガンジス河の向こう岸に投げつけ得るような人を、実にわたしは見ない。友よる汝が聞きたいと欲することを、何でも聞け。」

 そこでスーチローマという神霊は、次の詩を以て、師に呼びかけた。──

270 貪欲と嫌悪とはいかなる原因から生じるのであるか。好きと嫌いと身の毛もよだつこと(戦慄)とはどこから生ずるのであるか。諸々の妄想はどこから起こって、心を投げうつのであるか?──あたかもこどもらが鳥ほ投げて棄てるように。

271 貪欲と嫌悪とは自身から生ずる。好きと嫌いと身の毛もよだつこととは、自身から生ずる。諸々の妄想は、自身から生じて心を投げうつ、──あたかもこどもらが鳥ほ投げて棄てるように。

272 それらは愛執から起こり、自身から現われる。あたかもバニヤンの新しい若木が枝から生ずるようなものである。それらが、ひろく諸々の執著していることは、譬えば、つる草が林の中にはびこっているようなものである。

273 神霊よ、聞け。それらの煩悩がいかなる原因にもとずいて起こるかを知る人々は、煩悩を除きさる。かれらは、渡りがたく、未だかって渡った人のいないこの激流を渡り、もはや再び生存をうけることがない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<6、理法にかなった行い>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
274 理法にかなった行い、清らかな行い、これが最上の宝であると言う。たとい在家から出て家なきに入り、出家の身となったとしても、

275 もしもかれが荒々しいことばを語り、他人を苦しめ悩ますことを好み、獣(のごとく)であるならば、その人の生活はさらに悪いものとなり、自分の塵汚れを増す。

276 争論を楽しみ、迷妄の性質に蔽われている修行僧は、目ざめた人(ブッダ)の説きたもうた理法を、説明されても理解しない。

277 かれは無明に誘われて、修養をつんだ他の人を苦しめ悩まし、煩悩が地獄に赴く道であることを知らない。

278 実にこのような修行僧は、苦難の場所に陥り、母胎から他の母胎へと生まれかわり、暗黒から暗黒へと赴く。死後には苦しみを受ける。

279 あたかも糞坑が年をへると糞に充満したようなものであろう。不潔な人は、実に清めることがむずかしい。

280 修行僧らよ。このような出家修行僧を、実は、<家にたよっている人、邪まな欲望あり、邪まな思いあり、邪まな行いをなし、悪いところにいる人>であると知れ。

281 汝らはすべて一致協力して、かれを斥けよ。籾殻を吹き払え。屑を取り除け。

282 次いで、実は<道の人>であると思いなしている籾殻どもを除き去れ。──悪を欲し、悪い行いをなし、悪いところにいるかれらを吹き払って。

283 みずからは清き者となり、互いに思いやりをもって、清らかな人々と共に住むようにせよ。そこで、聡明な者どもが、ともに仲よくして、苦悩を終滅せしめるであろう。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<7、バラモンにふさわしいこと>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者>の園におられた。そのときコーサラ国に住む、多くの、大富豪であるバラモンたち──かれらは老いて、年長け、老いぼれて、年を重ね、老齢に達していたが──は師のおられるところに近づいた。そうして師と会釈した。喜ばしい思い出に関する挨拶のことばを交わしたのち、かれらは傍らに坐した。

 そこで大富豪であるバラモンたちは師に言った、「ゴータマ(ブッダ)さま。そもそも今のバラモンは昔のバラモンたちの守っていたバラモンの定めにしたがっているでしょうか?」[師は答えた]、「バラモンたちよ。今のバラモンたちは昔のバラモンたちの守ったバラモンの法に従ってはいない。」「では、ゴータマさそは、昔のバラモンたちの守ったバラモンの法をわれらに話してください。──もしもゴータマさまにお差支えがなければ。」「では、バラモンたちよ、お聞きなさい、よく注意なさい。わたしは話してあげましょう。」「どうぞ」と、大富豪であるバラモンたちは、師に答えた。

 師は次のことを告げた。──

284 昔の仙人たちは自己をつつしむ苦行者であった。かれは五種の欲望の対象をすてて、自己の(真実の)理想を行った。

285 バラモンたちには家畜もなかったし、黄金もなかったし、穀物もなかった。しかしかれらはヴェーダ読誦を財産ともなし、穀物ともなし、ブラフマンを倉として守っていた。

286 かれらのために調理せられ家の戸口に置かれた食物、すなわち信仰心をこめて調理せられた食物、を求める(バラモンたち)に与えようと、かれら(信徒)は考えていた。

287 豊かに栄えていた地方や国々の人々は、種々に美しく染めた衣服や臥床や住居をささげて、バラモンたちに敬礼した。

288 バラモンたちは法によって守られていたので、かれらを殺してはならず、うち勝ってもならなかった。かれらがかれらが家々の戸口に立つのを、なんびとも決して妨げなかった。

289 かれら昔のバラモンたちは四十八年間、童貞の清浄行を行った。知と行とを求めていたのであった。

290 バラモンたちは他の(カーストの)女を娶らなかった。かれらはまたその妻を買うこともなかった。ただ相愛して同棲し、相和合して楽しんでいたのであった。

291 (同棲して楽しんだのではあるけども)、バラモンたちは、(妻に近づき得る)時を除いて月経のために遠ざかったときは、その間は決して婬欲の交わりを行わなかった。

292 かれらは、不婬の行と戒律と正直と温順と苦行と柔和と不傷害と耐え忍びとをほめたたえた。

293 かれらのうちで勇猛堅固であった最上のバラモンは、実に婬欲の交わりを夢に見ることさえもなかった。

294 この世における聡明な性の或る人々は、かれの行いにならいつつ、不婬と戒律と耐え忍びとをほめたたえた。

295 米と玩具と衣服とバターと油とを乞い、法に従って集め、それによって祭祀をととのえ行った。かれらは、祭祀を行うときにも、決して牛を殺さなかった。

296 母や父や兄弟や、また他の親族のように、牛はわれらの最上の友である。牛からは薬が生ずる。

297 それから(牛から生じた薬)は食料となり、気力を与え、皮膚に光沢を与え、また楽しませてくれる。(牛に)このような利益のあることを知って、かれらは決して牛を殺さなかった。

298 バラモンたちは、手足が優美で、身体が大きく、容色端麗で、名声あり、自分のつとめに従って、為すべきことを為し、為してはならぬことは為さないということに熱心に努力した。かれらが世の中にいた間は、この世の人々は栄えて幸福であった。

299 しかるにかれらに誤つた見解が起こった。次第に王者の栄華と化粧盛装した女人を見るにしたがって、

300 また駿馬に牽かせた立派な車、美しく彩られた縫物、種々に区画され部分ごとにほど良くつくられた邸宅や住居を見て、

301 バラモンたちは、牛の群が栄え、美女の群を擁するすばらしい人間の享楽を得たいと熱望した。

302 そこでかれはヴェーダの呪文を編纂して、かの甘蔗王のもとに赴いていった、「あなたは財宝も穀物も豊かである。祭祀を行いなさい。あなたの富は多い。祭祀を行いなさい。あなたの財産は多い。」

303 そこで戦車兵の主である王は、バラモンたちに勧められて、──馬の祀り、人間の祀り、擲棒の祀り、ヴァージャペッヤの祀り、誰にでも供養する祀り、──これらの祀りを行なって、バラモンたちに財を与えた。

304 牛、臥具、衣服、盛装化粧した女人、またよく造られた駿馬に牽かせる車、美しく彩られた縫物──、

305 部分ごとによく区画されている美事な邸宅に種々の穀物をみたして、(これらの)財をバラモンたちに与えた。

306 そこでかれらは財を得たのであるが、さらにそれを蓄積することを願った。かれらは欲に溺れて、さらに欲念が増長した。そこでかれらはヴェーダの呪文を編纂して、再び甘蔗王に近づいた。

307 「水と地と黄金と財と穀物とが生命あるひとびとの用具であるように、牛は人々の用具である。祭祀を行いなさい。あなたの富は多い。祭祀を行いなさい。あなたの財産は多い。」

308 そこで戦車兵の主である王は、バラモンたちに勧められて、幾百千の多くの牛を犠牲のために屠らせた。

309 牛は、脚を以ても、何によっても決して(他のものを)害うことがなくて、羊に等しく柔和で、瓶をみたすほど乳を搾らせてくれる。しかるに王は、角をとらえて、刃を以てこれを屠らせた。

310 刃が牛におちるや、そのとき神々と祖霊と帝釈天と阿修羅と羅刹たちは、「不法なことだ!」と叫んだ。

311 昔は、欲と飢えと老いという三つの病いがあっただけであった。ところが諸々の家畜を祀りのために殺したので、九十八種の病いが起った。

312 このように(殺害の)武器を不法に下すということは、昔から行われて、今に伝わったという。何ら害のない(牛が)殺される。祭祀わ行う人は理法に背いているのである。

313 このように昔からのこのつまらぬ風俗は、識者の非難するものである。人はこのようなことを見るごとに、祭祀実行者を非難する。

314 このように法が廃れたときに、隷民(シュードラ)と庶民(ヴァイシヤ)との両者が分裂し、また諸々の王族がひろく分裂して仲たがいし、妻はその夫を蔑むようになった。

315 王族も、梵天の親族(バラモン)も、並びに種姓(の制度)によって守られている他の人々も、生れる誇る論議を捨てて、欲望に支配される至った、と。

 このように説かれたときに、大富豪であるバラモンたちは、師にいった、「すばらしいことです! ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです! ゴータマさま。あたかも倒れた者を起こすように、覆われているものを開くように、方向に迷った者を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中で灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで理法を明らかにされた。ここで、われらはゴータマさまに帰依したてまつる。また真理と修行僧のつどいに帰依したてまつる。ゴータマさまは、われわれを在俗信者として、受け入れてください。今日から命の続く限り帰依いたします。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<8、船>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
316 ひとがもしも他人から習って理解を知るならば、あたかも神々がインドラ神(帝釈天)を敬うがごとくになすべきである。学識の深いその(師)は、尊敬されれば、その人に対して心からよろこんで、真理を顕示する。

317 思慮ある人は、そのことを理解し傾聴して、理法にしたがった教えを順次に実践し、このような人に親しんで怠ることがなとならば、識者・弁え知る者・聡明なる者となる。


318 未だことがらを理解せず、嫉妬心のある、くだらぬ人・愚者に親しみつかえるならば、ここで真理(理法)を弁え知ることなく、疑いを超えないで、死に至る。

319 あたかも人が水かさが多く流れの疾い河に入ったならば、かれは流れにはこばれ、流れに沿って過ぎ去るようなものである。かれはどうして他人を渡すことができるであろうか。

320 それと同じく、真理(理法)を弁え知らず、学識の深い人にことがらの意義を聞かないならば、みずから知らず、疑いを超えていない人が、どうして他人の心を動かすことができるであろうか。

321 堅牢な船に乗って、橈と舵とを具えているならば、操縦法を知った巧みな経験者は、他の多くの人々をそれに乗せて渡すように、

322 それと同じく、ヴェーダ(真理の知識)に通じ、自己を修養し、多く学び、動揺しない(師)は、実に(みずから)知っているで、傾聴し侍坐しようという気持をお越した他の人々の心を動かす。

323 それ故に、実に聡明にして学識の深い立派な人に親しめ。ものごとを知って実践しつつ、真理を理解した人は、安楽を得るであろう。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<9、いかなる戒めを>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
324 いかなる戒めをまもり、いかなる行いをなし、いかなる行為を増大せしめるならば、人は正しく安立し、また最上の目的を達し得るのであろうか。

325 長上を敬い、嫉むな。諸々の師に見えるのに適当な時を知り、法に関する話しを聞くのに正しい時機を知れ。みごとに説かれたことを謹んで聞け。

326 強情をなくし謙虚な態度で、時に応じて師のもとに行け。ものごとと真理と自制と清らかな行いとを心に憶い、かつ実行せよ。

327 真理を楽しみ、真理を喜び、真理に安住し、真理の定めを知り、真理をそこなうことばを口にするな。みごとに説かれた真実にもとずいて暮らせ。

328 笑い、だじゃれ、悲泣、嫌悪、いつわり、詐欺、貪欲、高慢、激昂、粗暴なことば、汚濁、耽溺をすてて、驕りを除去し、しっかりとした態度で行え。

329 みごとに説かれたことばは、聞いてそれを理解すれば、精となる。聞きかつ知ったことは、精神の安定を修すると、精になる。人が性急であってふらついているならば、かれには知慧も学識も増大することがない。

330 聖者の説きたもうた真理を喜んでいる人々は、ことばでも、こころでも、行いでも、最上である。かれらは平安と柔和と瞑想とのうちに安立し、学識と智慧との真髄に達したのである。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<10、精励>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
331 起てよ、座れ。眠って汝らに何の益があろう。矢に射られて苦しみ悩んでいる者どもは、どうして眠られようか。

333 神々も人間も、ものを欲しがり、執著にとらわれている。この執著を超えよ。わずかの時を空しく過ごすことなかれ。時を空しく過ごしたひとは地獄に堕ちて悲しむからである。

334 怠りは塵垢である。怠りによって塵垢がつもる。つとめはげむことによって、また明知によって、自分にささった矢を抜け。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<11、ラーフラ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
335 [師(ブッダ)がいった]、ラーフラよ。しばしばともに住むのに慣れて、お前は賢者を軽蔑するのではないか? 諸人のために炬火をかざす人を、汝は尊敬しているか?」

336 (ラーフラは答えた)、「しばしばともに住むのに慣れて賢者を軽蔑するようなことを、わたくしは致しません。諸人のために炬火をかざす人を、わたくしは常に尊敬しています。」

以上、序の詩

337 「愛すべく喜ばしい五欲の対象をすてて、信仰心によって家から出て、苦しみを終滅せしめる者であれ。

338 善い友だちと交われ。人里はなれ奥まった騒音の少ないところに坐臥せよ。飲食に量を知る者であれ。

339 衣服と、施された食物と、(病人のための)物品と坐臥の所、──これらのものに対して欲を起こしてはならない。再び世にもどってくるな。

340 戒律の規定を奉じて、五つの五官を制し、そなたの身体を観ぜよ(身体について心を専注せよ)。切に世を厭い嫌う者となれ。

341 愛欲があれば(汚いものでも)清らかに見える。その(美麗な)外形を避けよ。(身は)不浄であると心に観じて、心をしずかに統一せよ。

342 無相ののおもいを修せよ。心にひそむ傲慢をすてよ。そうすれば汝は傲慢をほろぼして、心静まったものとして日を送るであろう。」

 実に尊き師(ブッダ)はこのようにラーフラさんにこれらの詩を以て繰返し教えられた。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<12、ヴァンギーサ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしがこのように聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はア-ラヴィーにおけるアッガーラウァ霊樹のもとにおられた。そのとき、ヴァンギーサさんの師でニグローダ・カッパという名の長老が、アッガーラウァ霊樹のもとで亡くなってから、間がなかった。そのときヴァンギーサさんは、ひとり閉じこもって沈思していたが、このような思念が心に起こった、──「わが師は実際に亡くなったんだろうか、あるいはまだ亡くなっていないのだろうか?」と。
 そこでヴァンギーサさんは、夕方に沈思から起き出て、師のいますところに赴いた。そこで師に挨拶して、傍らに坐った。傍らに坐ったヴァンギーサさんは師にいった、「尊いお方さま。わたくしがひとり閉じこもって沈思していたとき、このような思念が心に起こりました。──<わが師は実際に亡くなったのだろうか、或いはまだ亡くなっていないのだろうか?>」と。

 そこでヴァンギーサさんは座から立ち上がって、衣を左の肩にかけて右肩をあらわし、師に向かって合掌し、師にこの詩を以て呼びかけた。

343 「現世において、もろもろの疑惑を断たれた無上の智慧ある師におたずね致します。──世に知られ、名声あり、心が安らぎに帰した[ひとりの]修行者が、アッガーラウァ[霊樹のもと]で亡くなりました。

344 先生! あなたは、そのバラモンに『ニグローダ・カッパ』という名をつけられました。ひたすらに真理を見られた方よ。かれは、あなたを礼拝し、解脱をもとめ、つとめ励んでおりました。

345 サッカ(釈迦族の人、釈尊)よ、あまねく見る人よ。われらはみな、(あなたの)かの弟子のことを知ろうと望んでいます。われわれの耳は、聞こうと待ちかまえています。あなたはわれらの師です。あなたは、この上ない方です。

346 われらの疑惑を断ってください。これをわたくしに説いてください。智慧ゆたかな方よ。かれらが亡くなったのかどうかを知って、われらの間で説いてください。──千の眼ある帝釈天が神々の間で説くように。あまねく見る方よ。

347 この世で、およそ束縛なるものは、迷妄の道であり、無智を棚とし、疑いによって存するが、全き人(如来)にあうと、それらはすべてなくなくなってしまう。この(全き人)は人間のための最上の眼であります。

348 風が密雲を払いのけるように、[この人](ブッダ)が煩悩の汚れを払うのでなければ、全世界は覆われて、暗黒となるでありましょう。光輝ある人々も輝かないでありましょう。

349 聡明な人々は世を照らします。聡明な方よ。わたしは、あなたをそのような人だと思います。われらはあなたを<如実に見る人>であめと知って、みもとに近づきました。集会の中で、われらのために(ニグローダ)カッパのことを明かにしてください。

350 すみやかに、いとも妙なる声を発してください。白鳥がその頸をもたげて徐ろに鳴くように、よくととのった円やかな声を徐に発してください。われらはすべて、すなおに聞きましょう。

351 生死を残りなく捨て、悪を払い除いた(ブッダ)に請うて、真理を説いていただきましょう。諸々の凡夫は、[知ろうと欲し言おうと]欲することをなしとげることができないが、諸々の全き人(如来)たちは、慎重に思慮してなされるからです。

352 この完全な確定的な説明が、正しい智者であるあなたによって、よく持たれているのです。わたくしは、さらにこの合掌をささげます。(みずからは)知りながら(語らないで、われらを)迷わしたもうな。智慧すぐれた方よ。

353 あれこれの尊い理法を知っておられるのですから、(みずからは)知りながら[語らないで、われらを]迷わしたりなさいますな。励むことにすぐれた方よ。夏に暑熱に苦しめられた人が水をもとめるように、わたしは(あなたの)ことばを望むのです。聞く者に[ことばの雨を]降らしてください。

354 カッパ師が清らかな行いを行って達成しようとした目的は、かれにとって空しかったのでしょうか? かれは、消え滅びたのでしょうか? それとも生存の根源を残して安らぎに帰したのでしょうか? かれはどのように解脱したのでしょうか、──わたくしたちはそれを聞きたいのです。」

355 師は答えた、「かれはこの世において、名称と形態とに関する妄執を断ち切ったのである。長いあいだ陥っていた黒魔の流れを断ち切ったのである」五人の修行者の最上者であった尊き師はそのように語られた。

356 [ヴァンギーサいわく、──]「第七の仙人(ブッダ)さま。あなたのおことばを聞いて、わたしは喜びます。わたしの問いは、決してむだではありませんでした。バラモンであるあなたは、わたくしをだましません。

357 目ざめた人(ブッダ)の弟子(ニグローダ・カッパ)は、ことばで語ったとおりに実行した人でした。ひとを欺く死魔のひろげた堅固な網を破りました。

358 先生! カッパ師は執著の根元を見たのです。ああ、カッパ師は、いとも渡りがたい死魔の領域を超えたのです。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<13、正しい遍歴>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
359 「智慧ゆたかに、流れを渡り、彼岸に達し、安全な安らぎを得て、こころ安住した聖者におたずね致します。家から出て諸々の欲望を除いた修行者が、正しく世の中を遍歴するには、どのようにしたらよいのでしょうか。」

360 師はいわれた、「瑞兆の占い、天変地異の占い、夢占い、相の占いを完全にやめ、吉凶の判断をともにすてた修行者は、正しく世の中を遍歴するであろう。

361 修行者が、迷いの生活を超越し、理法をさとって、人間及び天界の諸々の享楽に対する貪欲を慎しむならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

362 修行者がかげぐちをやめ、怒りと物惜しみとを捨てて、順逆の念を離れるならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

363 好ましいものも、好ましくないものも、ともに捨てて、何ものにも執著せず、こだわらず、諸々の束縛から離脱しているならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

364 かれが、生存を構成する要素のうちに堅固に実体を見出さず、諸々の執著されるものに対する貪欲を慎しみ、こだわることなく、他人に誘かれないならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

365 ことばによっても、こころによっても、行為によっても、逆らうことなく、正しく理法を知って、ニルヴァーナの境地をもとめるならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

366 修行者が、『かれはわれを拝む』と思って高ぶることなく、罵られても心にふくむことなく、他人から食物を与えられたからとて驕ることがないならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

367 修行者が、貪りと迷いの生存(煩悩の)矢を抜いたのであれば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

368 修行者が、自分に適当なことを知り、世の中で何ものをも害うことなく、如実に理法を知っているのであるならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

369 かれにとっては、いかなる潜在的妄執も存せず、悪の根が根こそぎにされ、ねがうこともなく、求めることがないならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

370 煩悩の汚れはすでに尽き、高慢を断ち、あらゆる貪りの路を超え、みずから制し、安らぎに帰し、こころが安立しているならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

371 信念あり、学識ある賢者が、究極の境地に至る定まった道を見、諸々の仲間の間にありながら仲間に盲従せず、貪欲と嫌悪と憤怒とを慎しむならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

372 清らかな行いによって煩悩にうち克った勝者であり、覆いを除き、諸々の事物を支配し、彼岸に達し、妄執の動きがなくなって、生存を構成する諸要素を滅ぼす認識を立派に完成するならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

373 過去及び未来のものに関して(妄りなる)はからいを超え、極めて清らかな智慧あり、あらゆる変化的生存の領域から解脱しているならば、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。

374 究極の境地を知り、理法をさとり、煩悩の汚れを断ずることを明らかに見て、あらゆる<生存を構成する要素>を滅しつくすが故に、かれは正しく世の中を遍歴するであろう。」

375 「尊いお方(ブッダ)<さま。まことにこれはそのとおりです。このように生活し、みずから制する修行者は、あらゆる束縛を超えているのです。かれは正しく世の中を遍歴するでしょう。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<14、ダンミカ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたくしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はサーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者の園>におられた。そのときダンミカという在俗信者が五百人の在俗信者とともに師のおられるところに近づいた。そして師に挨拶し、かたわらに坐った。そこで在俗信者ダンミカは師に向かって詩を以て呼びかけた。

376 「智慧ゆたかなゴータマ(ブッダ)さま。わたしはあなたにお尋ねしますが、教えを聞く人は、家から出て出家する人であろうと、また在家の信者であろうと、どのように行うのが善いのですか?

377 実にあなたは神々とこの世の人々の帰趣と究極の目的とを知っておられます。奥深いことがらを見る方で、あなたに比ぶ人はいません。世人はあなたを、優れた目ざめた人(ブッダ) だと呼んでいます。

378 あなたはすっかり証りおわって、生けるものどもをあわれんで、智識と理法を説かれます。あまねく見る人よ。あなたは世の覆いを開き、汚れなくして、ひろく全世界に輝きたもう。

379 エーラーヴァナと名づける象王は、あなたが勝利者(ブッダ)であると聞いたので、あなたのもとに来ましたるかれもまたあなたと相談して、(あなたの話を)聞いて、『いいなあ』といって、喜んで去りました。

380毘沙門天王であるクヴェーラも、また教えを請おうとして、あなたに近づいてきました。賢者よ。かれに尋ねられたときにも、あなたは話をなさいました。かれもまた(あなたの話を)聞いて、喜んだ姿を示しました。

381 アージーヴィカ教徒であろうとも、ジャイナ教徒であろうとも、論争を習いとするこれらのいかなる異説の徒でも、すべて、智慧であなたを超えることはできません。立ったままでいる人が急いで走ってゆく人を追い越すことができないよえなものです。

382 論争を習いとするいかなるバラモンでも、老年であろうとも、あるいは(中年、あるしは青年の)バラモンであろうとも、またそのほか『われこそは論客である』と自負している人々でも、すべてあなたから<ためになることがら>を得ようと望んでいるのです。

383 先生! あなたがみごとに説きたもうたこの教えは幽微であり、また楽しいものです。あなたにお尋ねしますが、どうぞわれらにお説きください。最高の<目ざめた方>(ブッダ)よ。

384 これらの出家修行者たち、並びに在俗信者たちは、すべて、(目ざめた人の教えを)聞こうとして、ここに集まってきたのです。けがれなき人(目ざめた人)がさとり、みごとに説いた理法を聞け。──神々がインドラ神のことばを聞くように。」

385 (師は答えた)、「修行者たちよ、われに聞け。煩悩を除き去る修行法を汝らに説いて聞かせよう。汝らすべてはそれを持て。目的をめざす思慮ある人は、出家にふさわしいそのふるまいを習い行え。

386 修行者は時ならぬのに歩き廻るな。定められたときに、托鉢のために村に行け。時ならぬのに出て歩くな、執著に縛られるからである。それ故に諸々の(目ざめた人々)は時ならぬのに出て歩くことはない。

387 諸々の色かたち・音声・味・香り・触れられるものは、ひとびとをすっかり酔わせるものである。これらのものに対する欲望を慎んで、定められたときに、朝食を得るために(村に)入れよ。

388 そうして修行僧は、定められたときに施しの食物を得たならば、ひとり退いて、ひそかに坐れよ。自己を制して、内に顧みて思い、こころを外に放ってはならぬ。

389 もしもかれが、教えを聞く人、或るは他の修行者とともに語る場合があるならば、その人にすぐれた真理を示してやれ。かんげぐちや他の誹謗することばを発してはならぬ。

390 実に或る人々は(誹謗の)ことばに反発する。かれらは浅はかな小賢しい人々をわれは称賛しない。(論争の)執著があちこちから生じて、かれらを束縛し、かれらはそこでおのが心を遠くへ放ってしまう。

391 智慧のすぐれた人(ブッダ)の弟子は、幸せな人(ブッダ) の説きたもうた法を聞いて、食物と住所と臥具と大衣の塵を洗い去るための水とを、よく気をつけて用いよ。

392 それ故に、食物と住所と臥具と大衣の塵を洗い去るための水、──これらのものに対して、修行者は執著して汚れることがない。──蓮の葉に宿る水滴[が汚されない]ようなものである。

393 次に在家の者の行うつとめを汝らに語ろう。このように実行する人し善い<教えを聞く人>(仏弟子)である。純然たる出家修行者に関する規定は、所有のわずらいある人(在家者)がこれを達成するのは実に容易ではない。

394 生きものを(みずから)殺してはならぬ。また(他人をして)殺さしめてはならぬ。また他の人々が殺害するのを容認してはならぬ。世の中の強剛な者どもでも、また怯えている者どもでも、すべての生きものに対する暴力を抑えて──。

395 次に教えを聞く人は、与えられていないものは、何ものであっても、またどこにあっても、知ってこれを取ることを避けよ。また(他人をして)取らせることなく、(他人が)取りさるのを認めるな。なんでも与えられていないものを取ってはならぬ。

396 ものごとの解った人は婬行を回避せよ。──
燃えさかる炭火の坑を回避するように。
もし不婬を修することができなければ、
(少なくとも)他人の妻を犯してはならぬ。

397 会堂にいても、団体のうちにいても、
何人も他人に向かって偽りを言ってはならぬ。
また他人をして偽りを言わせてもならぬ。
また他人が偽りを語るのを容認してはならぬ。
すべて虚偽を語ることを避けよ。

398 また飲酒を行ってはならぬ。
この(不飲酒の)教えを喜ぶ在家者は、他人をして飲ませてもならぬ。他人が酒を飲むのを容認してもならぬ。──
これは終に人を狂酔せしめるものであると知って──。

399 けだし諸々の愚者は酔いのために悪事を行い、
また他人の人々をして怠惰ならしめ、(悪事を)なさせる。
この禍いの起るもとを回避せよ。
それは愚人の愛好するところであるが、しかしひちを狂酔せしめ迷わせるものである。

400 (1)生きものを害してはならぬ。(2)与えられないものを取ってはならぬ。(3)嘘をついてはならぬ。(4)酒を飲んではならぬ。(5)婬事たる不浄の行いをやめよ。(6)夜に時ならぬ食事をしてはならぬ。

401 (7)花かざりを着けてはならぬ。芳香を用いてはならぬ。(8)地上に床を敷いて伏すべし。これこそ実に八っの項目より成るウポーサタ(斎戒)であるという。
苦しみを修滅せしめるブッダが宣示したもうたものである。

402 そうしてそれぞれ半月の第八日、第十四日、第十五日にウポーサタを修せよ。八つの項目より成る完全なウポーサタを、きよく澄んだ心で行え。また特別の月においてもまた同じ。

403 ウポーサタを行なった<ものごとの解った人>は次に、きよく澄んだ心で喜びながら、翌朝早く食物とを適宜に修行僧の集いにわかち与えよ。

404 正しい法(に従って得た)財を以て母と父とを養え。正しい商売を行え。つとめ励んでこのように怠ることなく暮らしている在家者は、(死後に)<みずから光を放つ>という名の神々のもとに赴く。」

<小なる章>第二おわる

この章のまとめの句
 宝となまぐちと、恥と、こよなき幸せと、スーチローマと理法にかなった行いと、バラモンにふさわしいことと、船の経と、いかなる戒めを、と、精励と、ラーフラと、ヴァンギーサと正しい遍歴と、さらにダンミカと──
 これらの十四の経が「小なる章」し言われる。



--------------------------------------------------------------------------------
【 第3 大いなる章 】

--------------------------------------------------------------------------------
■□■<1、出 家>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
405 眼ある人(釈尊)はいかにして出家したのであるか、かれはどのように考えたのちに、出家を喜んだのであるか、かれの出家をわれは述べよう。

406 「この在家の生活は狭苦しく、煩わしくて、塵のつもる場所である。ところが出家は、ひろびろとした野外であり、(煩いがない)」と見て、出家されたのである。

407 出家されたのちには、身による悪行をはなれた。ことばによる悪行をもすてて、生活をすっかり清められた。

408 目ざめた人(ブッダ)はマガダ国の(首都)・山に囲まれた王舎城に行った。すぐれた相好にみちた(目ざめた)人は托鉢のためにそこへ赴いたのである。

409 (マガダ王)ビンビサーラは高殿の上に進み出て、かれを見た。すぐれた相好にみちた(目ざめた)人を見て、(侍臣に)このことを語った。

410 「汝ら、この人をみよ。美しく、大きく、清らかで、行いも具わり、眼の前を見るだけである。

411 かれは眼を下に向けて気をつけている。この人は賤しい家の出身ではないようだ。王の使者どもよ、走り追え。この修行者はどこへ行くのだろう。」

412 派遣された王の使者どもは、かれのあとを追って行った。──「この修行者はどこへ行くのだろう。かれはどこに住んでいるのだろう」と。

413 かれは、諸々の感官を制し、よくまもり、正しく自覚し、気をつけながら、家ごとに食を乞うて、その鉢を速やかにみたした。

414 聖者は托鉢を終えて、その都市の外に出て、パンダヴァ山に赴いた。──かれはそこに住んでいるのであろう。

415 [ゴータマ(ブッダ)がみずから]住所に近づいたのを見て、そこで諸々の使者はかれに近づいた。そうして一人の使者は(王城に)もどって、王に報告した、──

416 「大王さま。この修行者はパンダヴァ山の山窟の中に、また獅子のように座しています」と。

417 使者のことばを聞き終るや、そのクシャトリヤ(ビンビサーラ王)は荘厳な車に乗って、急いでパンダヴァ山に赴いた。

418 かのクシャトリヤ(王)は、車に乗って行けるところまで車を駆り、車から下りて、徒歩で赴いて、かれに近づいて坐した。

419 王は坐して、それから挨拶のことばを喜び交わした。挨拶のことばを交わしたあとで、このことを語った。──

420 「あなたは若く青春に富み、人生の初めにある若者です。容姿も端麗で、生れ貴いクシャトリヤ(王族)のようだ。

421 象の群を先頭とする精鋭な軍隊を整えて、わたしはあなたに財を与えよう。それを享受なさい。わたしはあなたの生れを問う。これを告げなさい。」

422 (釈尊がいった)、「王さま。あちらの雪山(ヒマーラヤ)の側に、一つの正直な民族がいます。昔からコーサラ国の住民であり、富と勇気を具えています。

423 姓に関しては<太陽の裔>といい、種族に関しては<シャカ族>(釈迦族)といいます。王さまよ。わたしはその家から出家したのです。欲望をかなえるためではありません。

424 諸々の欲望に憂いがあることを見て、また出離こそ安穏であると見て、つとめはげむために進みましょう。わたくしの心はこれを楽しんでいるのです。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<2、つとめはげむこと>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
425 ネーランジャラー河の畔にあって、安穏を得るために、つとめはげみ専心し、努力して瞑想していたわたくしに、

426 (悪魔)ナムチはいたわりのことばを発しつつ近づいてきて、言った、あなたは痩せてして、顔色も悪い。あなたの死が近づいた。

427 あなたが死なないで生きられる見込みは、千に一つの割合だ。きみよ、生きよ。生きたほうがよい。命があってこそ諸々の善行をもなすこともできるのだ。

428 あなたがヴェーダ学生としての清らかな行いをなし、聖火にに供物をささげてこそ、多くの功徳を積むことができる。(苦行に)つとめはげんだところで、何になろうか。

429 つとめはげむ道は、行きがたく、行いがたく、達しがたい」・・・・

430 かの悪魔がこのように語ったときに、尊師(ブッダ)は次のように告げた。
──「怠け者の親族よ、悪しき者よ。汝は(世間の)善業を求めてここに来たのだが、

431 わたしはその(世間の)善業を求める必要は微塵もない。悪魔は善業の功徳を求める人々にこそ語るがよい。

432 わたしには信念があり、努力があり、また知慧がある。このように専心しているわたしくしに、汝はどうして生命をたもつことを尋ねるのか?

433 (はげみから起る)この風は、河水の流れも涸らすであろう。ひたすら専心しているわが身の血がどうして涸渇しないであろうか。

434 (身体の)血が涸れたならば、胆汁も痰も涸れるであろう。肉が落ちると、心はますます澄んでくる。わが念いと智慧と統一した心とはますます安立するに至る。

435 わたしはこのように安住し、最大の苦痛をうけているのであるから、わが心は諸々の欲望にひかれることがない。見よ、心身の清らかなことを。

436 汝の第一の軍隊は欲望であり、第二の軍隊は嫌悪であり、第三の軍隊は飢餓であり、第四の軍隊は妄執といわれる。

437 汝の第五の軍隊はものうさ、睡眠であり、第六の軍隊は恐怖といわれる。汝の第七の軍隊は疑惑であり、汝の第八の軍隊はみせかけと強情と、

438 誤って得られた利得と名声と尊敬と名誉と、また自己をほめたたえて他人を軽蔑することである。

439 ナムチよ、これは汝の軍勢である。黒き魔(Kanha)の攻撃軍である。勇者でなければ、かれにうち勝つことができない。(勇者は)うち勝って楽しみを得る。

440 このわたくしがムンジャ草を取り去るだろうか? (敵に降参してしまうだろうか?)この場合、命はどうでもよい。わたくしは、敗れて生きながらえるよりは、戦って死ぬほうがましだ。

441 或る修行者たち・バラモンどもは、この(汝の軍隊)のうちに埋没してしまって、姿が見えない。そうして徳行ある人々の行く道をも知っていない。

442 軍勢が四方を包囲し、悪魔が象に乗ったのを見たからには、わたくしは立ち迎えてかれらと戦おう。わたくしをこの場所から退けることなかれ。

443 神々も世間の人々も汝の軍勢を破り得ないが、わたくしは智慧の力で汝の軍勢をうち破る。──焼いてない生の土鉢を石で砕くように。

444 みずから思いを制し、よく念い(注意)を確立し、国から国へと遍歴しよう。──教えを聞く人々をひろく導きながら。

445 かれらは、無欲となったわたくしの教えを実行しつつ、怠ることなく、専心している。そこに行けば憂えることのない境地に、かれは赴くであろう。」

446 (悪魔はいった)、
「われは七年間も尊師(ブッダ)に、一歩一歩ごとにつきまとうていた。しかもよく気をつけている正覚者には、には、つけこむ隙をみつけることができなかった。

447 烏が脂肪の色をした岩石の周囲をめぐって『ここに柔かいものが見つかるだろうか? 味のよいものがあるだろうか?』といって飛び廻ったようなものである。

448 そこに美味が見つからなかったので、烏はそこから飛び去った。岩石ら近づいたその烏のように、われらは厭いてゴータマ(ブッダ)を捨て去る。」

449 悲しみにうちしおれた悪魔の脇から、琵琶がパタッと落ちた。ついで、かの夜叉は意気しょう沈してそこに消え失せた。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<3、みごとに説かれたこと>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師ブッダはサーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者の園>におられた。そのとき師は諸々の<道の人>に呼びかけられた、「修行僧たちよ」と。「尊き師よ」と、<道の人>たちは師に答えた。師は告げていわれた、「修行僧たちよ。四つの特徴を具えたことばは、みごとに説かれたのである。悪しく説かれたのではない。諸々の智者が見ても欠点なく、非難されないものである。その四つとは何であるか? 道の人たちよ、ここで修行僧が、[Ⅰ]みごとに説かれたことばのみを語り、悪しく説かれたことばを語らず、[Ⅱ]理法のみを語って理にかなわぬことを語らず、[Ⅲ]好ましいことのみを語って、好ましからぬことを語らず、[Ⅳ]真理のみを語って、虚妄を語らないならば、この四つの特徴を具えていることばは、みごとに説かれたのであって、悪しく説かれたのではない。諸々の智者が見ても欠点なく、非難されないものである。」尊き師はこのことを告げた。そのあとでまた、<幸せな人>である師は、次のことを説いた。

450 立派な人々は説いた──[Ⅰ]最上の善いことばを語れ。(これが第一である。)[Ⅱ]正しい理を語れ、理に反することを語るな。これが第二である。[Ⅲ]好ましいことばを語れ。好ましからぬことばを語るな。これが第三である。[Ⅳ]真実を語れ。偽りを語るな。これが第4である。

 そのときヴァンギーサ長老は座から起ち上がって、衣を一つの肩にかけ(右肩をあらわして)、師(ブッダ)のおられる方に合掌して、師に告げていった、「ふと思い出すことがあります! 幸せな方よ」と。「思い出せ、ヴァンギーサよ」と、師は言われた。そこでヴァンギーサ長老は師の面前で、ふさわしい詩を以て師をほめ称えた。

451 自分を苦しめず、また他人を害しないことばのみを語れ。これこそ実に善く説かれたことばなのである。

452 好ましいことばのみを語れ。その言葉は人々に歓び迎えられることばである。感じの悪いことばを避けて、他人の気に入ることばのみを語るのである。

453 真実は実に不滅のことばである。これは永遠の理法である。立派な人々は、真実の上えに、ためになることの上に、また理法の上に安立しているといわれる。

454 安らぎに達するために、苦しみを終減させるために、仏の説きたもうおだやかなことばは、実に諸々のことばのうちで最上のものである。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<4、スタンダリカ・バーラドヴァージャ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はコーサラ国のスンダリカー河の岸に滞在しておらめれた。ちょうどその時に、バラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは、スンダリカー河の岸辺で聖火をまつり、火の祀りを行なった。さてバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは、聖火をまつり、火の祀りを行なったあとで、座から立ち、あまねく四方を眺めていった、──「この供物のおさがりを誰にたべさせようか。」

 バラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは、遠からぬところで尊き師(ブッダ)が或る樹の根もとで頭まで衣をまとって坐っているのを見た。見おわってから、左手で供物のおさがりをもち、右手で水瓶をもって師のおられるところに近づいた。そこで師はかれの足音を聞いて、頭の覆いをとり去った。そのときバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは「この方は頭を剃っておられる。この剃髪者である」といって、そこから戻ろうとした。そうしてかれはこのように思った、「この世では、或るバラモンたとは、頭を剃っているということもある。さあ、わたしはかれに近づいてその生れ(素姓)を聞いてみよう」と。

 そこでバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは師のおられるところに近づいた。それから師にいった、「あなたの生まれは何ですか?」と

 そこで師は、バラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャに詩を以て呼びかれた。

455 「わたしはバラモンではないし、王族の者でもない。わたしはヴァイシヤ族(庶民)の者でもないし、また他の何ものでもない。

456 わたしは家なく、重衣を着け、髭髪(ひげかみ)を剃り、こころを安らかならしめて、この世で人々に汚されることなく、歩んでいる。
 バラモンよ。あなたがわたしに姓をたずねるのは適当でない。」

457 「バラモンはバラモンと出会ったときは、『あなたはバラモンではあられませんか?』とたずねるものです。」
「もしもあなたがみずからバラモンであるというならば、バラモンでないわたしに答えなさい。わたしは、あなたに三句二十四字より成るかのサーヴィトリー讃歌のことをたずねます。」

458 「この世の中では、仙人や王族やバラモンというような人々は、何のために神々にいろいろと供物を献じたのですか?」
 (師が答えた)、「究極に達したヴェーダの達人が祭祀のときに或る(世俗の人の)献供を受けるならば、その(世俗の)人の(祭祀の行為は)効果をもたらす、とわたくしは説く。」

459 バラモンがいった、「わたくしはヴェーダの達人であるこのような立派な方にお目にかかったのですから、実にその方に対する(わたくしの)献供はきっと効果があるでしょう。(以前には)あなたのような方にお目にかからなかったので、他の人が献供の菓子(のおさがり)を食べていたのです。」

460 (師が答えた)、「それ故に、バラモンよ、あなたは求めるところあってきたのであるから、こちらに近づいて問え。恐らくここに、平安で、(怒りの)煙の消えた、苦しみなく、欲求のない聡明な人を見出すであろう。」

461 (バラモンがいった)、「ゴータマ(ブッダ) さま。わたくしは祭祀を楽しんでいるのです。祭祀を行おうと望むのです。しかしわたくしははっきりとは知っていません。あなたはわたくしに教えてください。何にささげた献供が有効であるかを言ってください。」
 (師が答えた)、「では、バラモンよ、よく聞きなさい。わたくしはあなたに理法を説きましょう。

462 生れを問うことなかれ。行いを問え。火は実にあらゆる薪から生ずる。賤しい家に生まれた人でも、聖者として道心堅固であり、恥を知って慎むならば高貴のの人となる。

463 真実もてみずから制し、(諸々の感官を)慎しみ、ヴェーダの奥義に達し、清らか行いを修めた人、──そのような人にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

464 諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、よくみずから慎んで、梭のよえに真直ぐな人々、──そのような人々にそこ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

465 貪欲を離れ、諸々の感官を静かにたもち、月がラーフの捕われから脱したように(捕われることのない)人々──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。 466 執著することなくして、常に心をとどめ、わがものと執したものを(すべて)捨て去って、世の中を歩き廻る人々、──そのよえな人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

467 諸々の欲望を捨て、欲にうち勝ってふるまい、生死のはてを知り、平安に帰し、清涼なること湖水のような<全き人>(如来)は、お供えの菓子わ受けるにふさわしい。

468 全き人(如来)は、平等なるもの(過去の目ざめた人々、諸仏)と等しくして、平等ならざる者どもから遙かに遠ざかっている。かれは無限の智慧あり、この世でもかの世でも汚れに染まることがない。<全き人>(如来)はお供えの菓子を受けるにふさわしい。

469 偽りもなく、慢心もなく、貪欲を離れ、わがものとして執著することなく、欲望をもたず、怒りを除き、こころ静まり、憂いの垢を捨て去ったバラモンである<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

470 こころの執著をすでに断って、何らとらわれるところがなく、この世についてもかの世についてもとらわれることがない<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

471 こころをひとしく静かにして激流をわたり、最上の知見によって理法を知り、煩悩の汚れを滅しつくして、最後の身体をたもっている<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

472 かれは、生存の汚れも、荒々しいことばも、除き去られ滅びてしまって、存在しない。かれはヴェーダに通じた人であり、あらゆることがらに関して解脱している<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

473 執著を超えていて、執著をもたず、慢心にとらわれている者どものうちにあって慢心にとらわれることなく、畑及び地所(苦しみの起る因縁)とともに苦しみを知りつくしている<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

474 欲望にもとづくことなく、遠ざかり離れることを見、他人の教える異なった見解を超越して、何らこだわってとらわれることのない<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

475 あれこれ一切の事物をさとって、それらが除き去られ滅びてしまって存在しないで、へいう平安に帰し、執著を滅ぼしつくして解脱している<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

476 煩悩の束縛と迷いの生存への生れかわりとが滅び去った究極の境地を見、愛欲の道を断って余すところなく、清らかにして、過ちなく、汚れなく、透明である<全き人>(如来)は、お供えの菓子を受けるにふさわしい。

477 自己によって自己を観じ(それを)認めることなく、こころが等しくしずまり、身体が真直ぐで、みずから安立し、動揺することなく、疑惑のない(全き人)(如来)は、お供えの供物を受けるにふさわしい。

478 迷妄にもとづいて起る障りは何ら存在せず、あらゆることがらについて智見あり、最後の身体をたもち、めでたい無上のさとりを得、──これだけでも人の霊(タマシイ)は清らかとなる。──(全き人)(如来)は、お供えの供物を受けるにふさわしい。」

479 「あなたのようなヴェーダの達人にお会いできたのですから、わが供物は真実の供物であれかし。梵天こそ証人としてみそなわせ。先生! ねがわくはわたくしから受けてください。先生! ねがわくはわがお供えの菓子を召し上がってください。」

480 「詩を唱えて得たものを、わたくしは食うてはならない。バラモンよ、これは正しく見る人々(目ざめた人々、諸仏)のなすきまりではない。詩を唱えて得たものを目ざめた人々(諸仏)は斥けたもう。バラモンよ。このきまりが存するのであるから、これが(目ざめた人々、諸仏の)行いのしかた(実践法)である。

481 全き者である大仙人、煩悩の汚れをほろぼし尽し悪行による悔恨の消滅した人に対しては、他の飲食をささげよ。けだしそれは功徳を積もうと望む者(福)田であるからである。」

482 「先生! わたくしのような者の施しを受け得る人、祭祀の時に探しもとめて供養すべき人、をわたくしは──あなたの教えを受けて──どうか知りたいのです。」

483 「争いを離れ、心に濁りなく、諸々の欲望を離脱し、ものうさ(無気力)を除き去った人、

484 限界を超えたもの(煩悩)を制し、生死を究め、聖者の特性を身に具えたそのような聖者が祭祀のために来たとき、

485 かれに対して眉をひそめて見下すことをやめ、合掌してかれを礼拝せよ。飲食物をささげて、かれを供養せよ。このような施しは、成就して果報をもたらす。」

486 「目ざめた人(ブッダ)であるあなたさまは、お供えの菓子を受けるにふさわしい。あなたは最上の福田であり、全世界の布施を受ける人であります。あなたにさし上げた物は、果報が大きいです。」

 そこでバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは、尊き師にいった、「すばらしいことです。ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです、ゴータマさま。あたかも倒れた者を起こすように、覆われたものを開くように、方向に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中に灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで理法を明らかにされました。だから、わたくしはゴータマさまに帰依したてまつる。また法と修行僧のつどい帰依したてまつる。わたくしはゴータマさまのもとで出家し、完全な戒律(具足戒)を受けたいものです。」

 そこでバラモンであるスンダリカ・バーラドヴァーシャは、師のもとで出家し、完全な戒律を受けた。それからまもなく、このスンダリカ・バーラドヴァーシャさんは独りで他から遠ざかり、怠ることなく精励し専心していたが、まもなく、無上の清らかな行いの究極──諸々の立派な人たち(善男子)はそれを得るために正しく家を出て家なき状態に赴いたのであるが──を現世においてみずからさとり、証し、具現して、日を送った。「生まれることは尽きた。清らかな行いはすでに完成した。なすべきことをなしおえた。もはや再びこのような生存を受けることはない」とさとった。そうしてスンダリカ・バーラドヴァーシャさんは聖者の一人となった。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<5、マーガ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたくしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ) は、王舎城の<鷲の峰>という山におられた。そのときマーガ青年は師のおられるところに赴いた。そこに赴いて師に挨拶した。喜ばしい、思い出の挨拶のことばを交したのち、かれらは傍らに坐した。そこでマーガ青年は師に言った、──
 「ゴータマ(ブッダ)さま。わたくしは実に、与える人、施主であり、寛仁にして、他人からの施しの求めに応じ、正しい法によって財を求めます。そのあとで、正しい法によって獲得して儲けた財物を、一人にも与え、二人にも与え、三人にも与え、四人にも与え、五人にも与え、六人にも与え、七人にも与え、八人にも与え、九人にも与え、十人にも与え、二十人にも与え、三十人にも与え、四十人にも与え、五十人にも与え、百人にも与え、さらに多くの人にも与えます。ゴータマさま。わたくしがこのように与え、このようにささげるならば、多くの福徳を生ずるでしょうか。」

 「青年よ。実にあなたはそのように与え、そのようにささげるならば、、多くの福徳を生ずる。誰であろうとも、実に、与える人、施主であり、寛仁にして、施しの求めに応じ、正しい法によって財わ求め、そのあとで、法によって獲得して儲けた財物を、一人にも与え、さらにつづいては百人にも与え、さらに多くの人にも与える人は、多くの福徳を生ずるのである。」

487 マーガ青年がいった、「袈裟を着け家なくして歩む寛仁なるゴータマさまに、わたくしはお尋ねします。この世で、施しの求めに応ずる在家の施主、福徳をめざして供物をささげ、他人に飲食物を与える人が、祀りを実行するときには、何者にささげた供物が清らかとなるのでしょうか。」

488 尊い師は答えた、「マーガよ。施しの求めに応ずる在家の施主、福徳をもとめ福徳をめざして供物をささげる人が、この世で他人に飲食物を与えるならば、まさに施与を受けるにふさわしい人々とともに目的を達成することになるであろう。」

489 マーガ青年はいった、「施しの求めに応ずる在家の施主、福徳をもとめ福徳をめざして供物をささげる人が、この世で他人に飲食物を与えるに当って、<まさに施与を受けるにふさわしい人々>のことをわたしに説いてください。先生!」

490 実に執著することなく世間を歩み、無一物で、自己を制した<全き人>がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささけよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

491 一切の結び・縛めを断ち、みずから慎しみ、解脱し、苦しみなく、欲求のない人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささけよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

492 一切の結び・縛めから解き放たれ、みずから慎しみ、解脱し、苦しみなく、欲求のない人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

493 貪欲と嫌悪と迷妄とを捨てて、煩悩の汚れを減しつくし、清らかな行いを修めている人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

494 偽りもなく、慢心もなく、貪欲を離れ、わがものとして執することなく、欲望をもたぬ人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

495 実に諸々の愛執に耽らず、すでに激流をわたりおわって、わがものという執著なしに歩む人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

496 この世でもかの世でも、いかなる世界についても、移りかわる生存への妄執の存在しない人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

497 諸々の欲望を捨てて、家なくして歩み、よくみずから制して、梭のように真直ぐな人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

498 欲望を離れ、諸々の感官をよく静かにたもち、月がラーフの捕われから脱したように(捕われることのない)人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

499 安らぎに帰して、貪欲を離れ、怒ることなく、この世で(生存の諸要素を)捨て去ってもはや(迷いの生存)に行く道のない人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

500 生と死とを捨てて余すところなく、あらゆる疑惑を超えた人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

501 自己を洲(よりどころ)として世間を歩み、無一物で、あらゆることに関して解脱している人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

502 『これは(わたしの)最後の生存であり、もはや再び生を享けることはない』ということを、この世で如実にしっている人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

503 ヴェーダに通じ、安らいだ心を楽しみ、落ち着いて気を着けていて、全きさとりに達し、多くの人々に帰依されている人々がいる。──そのような人々にこそ適当な時に供物をささげよ。──バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。

504 (マーガがいった)、「実にわたくしの質問はむだではありませんでした。尊き師は、まさに施与を受けるにふさわしい人々のことを、わたくしに説いてくださいました。先生! あなたはこの世ですべてのことがらを如実にしっておられます。あなたはこの理法を知っておられるからです。」

505 マーガ青年が(さらにつづけて)いった、「この世で施しの求めに応ずる在家の施主、福徳をもとめ福徳をめざして供物をささげる人が、他人に飲食を与えるに当って、どうしたならば祀りが成功成就するかということをわたくしに説いてください。先生!」

506 尊き師(ブッダ)は答えた、「マーガよ。祀りを行え。祀り実行者はあらゆる場合に心を清らしめよ。祀り実行者の専心することは祀りである。かれはここに安立して邪悪を捨てる。

507 かれは貪欲を離れ、憎悪を制し、無量の慈しみの心を起して、日夜つねに怠らず、無量の(慈しみの)心をあらゆる方角にみなぎらせる。」

508 (マーガがいった)、「誰が清らかとなり、解脱するのですか? 誰が縛せられるのですか? 何によってひとはみずから梵天界に至るのですか? 聖者よ、お尋ねしますが、わたくしは知らないのですから、説いてください。尊き師は、わたくしの<あかし>です。わたくしは今梵天をまのあたり見たのです。真にあなたはわれわれにとっては梵天に等しいかただからです。光輝ある方よ。どうしたならば、梵天界に生まれるのでしょうか?」

509 尊き師は答えた、「マーガよ。三種の条件を具えた完全な祀りを実行するそのような人は、施与を受けるにふさわしい人々を喜ばせる。施しの求めに応ずる人が、このように正しく祀りを行うならば、梵天界に生まれる、と、わたくしは説く。」

 このように説かれたときに、マーガ青年は師にいった、「すばらしいことです。ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです。ゴータマさま。あたかも倒れた者を起こすように、覆われたものを開くように、方角に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中で灯火をかかげるように、ゴータマさま種々のしかたで真理を明らかにされました。だから、わたくしはゴータマさまに帰依したてまつる。また真理と修行僧のつどいとに帰依したてまつる。ゴータマさまはわたくしを在家信者として受け入れてください。今日から命の続く限り帰依いたします。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<6、サビヤ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)は王舎城の竹園林にある栗鼠飼養の所に住んでおられた。そのとき遍歴の行者サビヤに、昔の血縁者であるが(今は神となっている)一人の神が質問を発した、──「サビヤよ。<道の人>であろうとも、バラモンであろうとも、汝が質問したときに明確に答えることのできる人がいるならば、汝はその人のもとで清らかな行いを修めなさい」と。そこで遍歴の行者サビヤは、その神からそれらの質問を受けて、次の[六師]のもとに至って質問を発した。すなわちプーラナ・カッサパ、マッカリ・ゴーサーラ、アジタ・ケーサカンバリ、パクダ・カッチャーヤナ、ベッラーッティ族の子であるサンジャヤ、ナータ族の子であるニガタとであるが、かれは<道の人>あるいはバラモンであり、衆徒をひきい、団体の師であり、有名で名声あり、教派の開祖であり、多くの人々から立派な人として崇められていた。

[しかるに]かれらは、遍歴の行者サビヤに質問されても、満足に答えることができなかった。そうして、怒りと嫌悪と憂いの色をあらわしたのみならず、かえって遍歴の行者サビヤに反問した。そこで遍歴の行者サビヤはこのように考えた、「これらの<道の人>またはバラモンであられる方々は衆徒をひきい、団体の師であり、有名で名声あり、教派の開祖であり、多くの人々から立派な人として崇められている。かれら、すなわちプーラナ・カッサパからさらについにナータ族の子であるニガンタに至るまで人々は、わたしに質問されても、満足に答えることが出来なかった。満足に答えることができないで、怒りと嫌悪と憂いの色をあらわにしたのみならず、わたしに反問した。さあ、わたしは低く劣った状態(在俗の状態)に戻って諸々の欲望を享楽することにしょう」と。

 そのとき遍歴の行者サビヤはまたこのように考えた、「ここにおられる<道の人>ゴータマもまた衆徒をひきい、団体の師であり、有名で名声あり、教派の開祖であり、多くの人々から立派な人として崇められている。さあ、わたしは<道の人>ゴータマに近づいて、これらの質問を発することにしよう」と。

 さらに遍歴の行者であるサビヤは次のように考えた、「ここにおられる<道の人>・バラモンがたは、年老いて、年長け、老いぼれて、年を重ね、老齢に達しているが、長老であり、経験を積み、出家してからすでに久しく、衆徒をひきい、団体の師であり、有名で名声あり、教派の開祖であり、多くの人々から立派な人として崇められている。すなわちプーラナ・カッサパからさらにナータ族の子ニガンダに至るまでの人々であるが、かれらはねわたくしに質問それても、満足に答えることができなかった。満足に答えられないで、怒りと嫌悪と憂いの色をあらわしたのみならず、かえってそこでわたくしに反問した。<道の人>ゴータマはわたくしの発したこれらの質問に明確に答え得るであろうか。<道の人>ゴータマは生年も若いし、出家したのも新しいことだからである」と。

 次いで遍歴の行者サビヤはこのように考えた、「<道の人>は若いからといって侮ってはならない。軽蔑してはならない。たといかれが若い<道の人>であっても、かれは大神通があり、大威力がある。さあ、わたしは<道の人>ゴータマのもとに赴いて、この質問を発してみよう」と。

 そこで遍歴の行者サビヤは王舎城に向かって順次に歩みを進め、王舎城の竹園林にある栗鼠飼養所におられる尊き師(ブッダ)のもとに赴いた。そうして、師に挨拶した。喜ばしい、思い出の挨拶のことばを交わしたのち、かれは傍らに坐した。それから遍歴の行者サビヤは師に詩を以て呼びかけた。──

510 サビヤがいった、「疑いがあり、惑いがあるので、わたくしは質問しょうと願って、ここに来ました。わたくしのためにそれを解決してください。わたくしが質問したならば、順次に、適切に、明確に答えてください。」

511 師は答えた、「サビヤよ。あなたは質問しようと願って、遠くからやって来ましたね。あなたのために、それを解決してあげましょう。あなたが質問したならば、順次に、適切に、明確に答えましょう。

512 サビヤよ。何でも心の中で思っていることを、わたくしに質問なさい。わたくしは一つ一つ質問を解決してあげましょう。」

 そのとき遍歴の行者であるサビヤはこのように考えた、「まことにすばらしいことだ。まことに珍しいことだ、──わたくしが他の<道の人>たち、バラモンたちのところでは機会さえも得られなかったのに、道の人ゴータマがこの機会を与えてくれた」と。かれは、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、師に質問した。

513 サビヤがいった、「<修行僧>とは何ものを得た人のことをいうのですか? 何によって<温和な人>となるのですか? どのようにしたならば、<自己を制した人>と呼ばれるのですか? どうして<目ざめた人>(ブッダ)と呼ばれるのですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

514 師は答えた、「サビヤよ。みずから道を修して完全な安らぎに達し、疑いを超え、生存と衰滅とを捨て、(清らかな行いに)安立して、迷いの世の再生を滅ぼしつくした人、──かれが<修行僧>である。

515 あらゆることがらに関して平静であり、こころを落ち着け、全世界のうちで何ものをも害うことなく、流れをわたり、濁りなく、情欲の昂まり増すことのない<道の人>、──かれは<温和な人>である。

516 全世界のうちで内面的にも外面的にも諸々の感官を修養し、この世とかの世とを厭(いと)い離れ、身を修めて、死ぬ時の到来を願っている人、──かれは(自己を制した人)である。

517 あらゆる宇宙時期と輪廻と(生ある者の)生と死とを二つながら思惟弁別して、塵を離れ、汚れなく、清らかで、生を滅ぼしつくすに至った人、──彼を(目ざめた人)(ブッダ)という」

 そこで、遍歴の行者であるサビヤは、師の説かれたことをよろこび、随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

518 サビヤがいった、「何を得た人を<バラモン>と呼ぶのですか? 何によって<道の人>と呼ぶのですか? どうして<沐浴をすませた者>と呼ぶのですか? どうして<竜>と呼ぶのですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

519 師が答えた、「サビヤよ。一切の悪を斥け、汚れなく、よく心をしずめ持って、みずから安立し、輪廻を超えて完全な者となり、こだわることのない人、──このような人は<バラモン>と呼ばれる。

520 安らぎに帰して、善悪を捨て去り、塵を離れ、この世とかの世とを知り、生と死とを超越した人、──このような人がきさにその故に<道の人>と呼ばれる。

521 全世界のうちで内面的にも外面的にも一切の罪悪を洗い落とし、時間に支配される神々と人間とのうちにありながら妄想分別におもむかない人、──かれを(沐浴をすませた者)と呼ぶ。

522 世間のうちにあっていかなる罪悪をもつくらず、一切の結び目・束縛を捨て去り、いかなることにもとらわれることなく解脱している人、──このような人はまさにその故に<竜>とよばける。」

 そこで、遍歴の行者サビヤは師の諸説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

523 サビヤがいった、「諸々の目ざめた人(ブッダ)は誰を<田の勝者>と呼ぶのですか? 何によって巧みなのですか? どうして<賢者>なのですか? どうして<聖者>と呼ばれるのですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

524 師が答えた、「サビヤよ。天の田・梵天の田という一切の田を弁別して、一切の田の根本の束縛から離脱した人、──このような人がまさにその故に<田の勝者>と呼ばれるのである。

525 天の蔵・人の蔵・梵天の蔵なる一切の蔵を弁別して、一切の蔵の根本の束縛から離脱した人、──このような人がまさにその故に(巧みな人)とよばれるのである。

526 内面的にも外面的にも二つながらの白く浄らかなものを弁別して、清らかな知慧あり、黒と白(善悪業)を超越した人はまさにその故に(賢者)と呼ばれる。

527 全世界のうちで内面的にも外面的にも生邪の道理を知っていて、人間と神々の崇敬を受け、執著の網を超えた人、──かれは<聖者>である。」

 そこで、遍歴の行者サビヤは師の諸説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

528 サビヤがいった、「何を得た人を<ヴェーダの達人>とよぶのですか? 何によって<知りつくした人>となるのですか? いかにして<勤め励む者>となるのですか? <育ちの良い人>とはそもそも何ですか? 先生! おたずねしますが、どうかわたくしに説明してください。」

529 師が答えた、「サビヤよ、道の人ならびにバラモンどもの有するすべてのヴェーダを弁別して、一切の感受したものに対する貪りを離れ、一切の感受を超えている人、←かれは<ヴェーダの達人>である。

530 内的には差別的<妄想とそれにもとづく名称と形態>とを究め知って、また外的には病いの根源を究め知って、一切の病いの根源である束縛から脱れている人、──そのような人が、まさにその故に<知りつくした人>と呼ばれるのである。

531 この世で一切の罪悪を離れ、地獄の責苦を超えて努め励む者、精励する賢者、──そのような人が<勤め励む者>と呼ばれるのである。

532 内面的にも外面的にも執著の根源である諸々の束縛を断ち切り、一切の執著の根源である束縛から脱れている人、──そのような人が、まさにその故に<育ちの良い人>と呼ばれるのである。」

 そこで、遍歴の行者サビヤは師の諸説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、さらに師に質問を発した。

533 サビヤがいった、「何を得た人を<学識ある人>と呼ぶのですか? 何によって<すぐれた人>となるのですか? またいかにして<行いの具わった人>となるのですか? <遍歴行者>とはそもそも何ですか? 先生! おたずねしますが、わたくしに説明してください。」

534 師が答えた、「サビヤよ。教えを聞きおわって、世間における欠点あり或いは欠点のないありとあらゆることがらを熟知して、あらゆることがらについて征服者・疑惑のない者・解脱した者、煩悩に悩まされない者を、<学識のある人>と呼ぶ。

535 諸々の汚れと執著のよりどころを断ち、智に達した人は、母胎に赴くことがない。三種想いと汚泥とを除き断って、妄想分別に赴かない、──かれを<すぐれた人>と呼ぶ。

536 この世において諸々の実践を実行し、有能であって、常に理法を知り、いかなることがらにも執著せず、解脱していて、害しようとする心の存在しない人、──かれは<行いの具わった人>である。

537 上にも下にも横にも中央にも、およそ苦しみの報いを受ける行為を回避して、よく知りつくして行い、偽りと慢心と貪欲と怒りと<名称と形態>(個体のもと)とを滅ぼしつくし、得べきものを得た人、──かれを<遍歴の行者>と呼ぶ。」

 そこで、遍歴の行者サビヤは師の諸説をよろこび随喜し、こころ喜び、楽しく、嬉しく、欣快の心を生じて、座から起ち上って、上衣を一方の肩にかけ(右肩をあらわし)、師に向かって合掌して、ふさわしい詩を以て目のあたり師を讃嘆した。

538 「智慧ゆたかな方よ。諸々の<道の人>の論争にとらわれた、名称と文字と表象とにもとづいて起った六十三種の異説を伏して、激流をわたのたもうた。

539 あなたは苦しみを滅ぼし、彼岸に達せられた方です。あなたは真の人(拝まれる人)です。あなたは完全にさとりを開かれた方です。あなたは煩悩の汚れを滅ぼされた方だと思います。あなたは光輝あり、理解あり、智慧ゆたかな方です。苦しみを滅ぼした方よ。あなたはわたくしを救ってくださいました。

540 あなたはわたくしに疑惑のあるのを知って、わたくしの疑いをはらしてくださいました。わたくしはあなたに敬礼します。聖者の道の奥をきわめた人よ。心に荒みなき、太陽の末裔よ。あなたはやさしい方です。

541 わたくしが昔いだいていた疑問をあなたははっきりと説き明してくださいました。眼ある方よ。聖者よ。まことにあなたは<さとりを開いた人>です。あなたは、妨げの覆いがありません。

542 あなたの悩み悶えは、すべて破られ断たれています。あなたは清涼となり、身を制し、堅固で、誠実に行動する方です。

543 象の中の象王であり偉大な英雄であるあなたが説くときには、すべて神々は、ナーラダ、パッバタの両[神群]とともに随喜します。

544 尊い方よ。あなたに敬礼します。最上の人よ。あなたに敬礼します。神々を含めた全世界のうちで、あなたに比べられる人はおりません。

545 あなたは覚った人です。あなたは師です。あなたは悪魔の征服者です、賢者です。あなたは煩悩の潜在的な可能力を断って、みずから[彼岸に]渡りおわり、またこの人々を渡すのです。

546 あなたは生存の要因を超越し、諸々の煩悩の汚れを滅ぼしておられます、あなたは獅子です。何ものにもとらわれず、恐れおののきを捨てておられます。

547 麗しい百蓮華が泥水に染まらないように、あなたは善悪の両者に汚されません、雄々しき人よ、両足をお伸ばしなさい。サビヤは師を礼拝します。」

 そこで、遍歴の行者サビヤは尊き師(ブッダ)の両足に頭をつけて礼して、言った、──「すばらしいことです、譬えば倒れた者を起こすように、覆われたものを開くように、方角に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るであろう』といって暗闇の中で灯火をかかげるように、ゴータマさま種々のしかたで真理を明らかにされました。ここでわたくしはゴータマ(ブッダ)さまに帰依したてまつる。また真理と修行僧のつどいとに帰依したてまつる。わたくしは師のもとで出家したいのです。完全な戒律を受けたいのです。」

 (師はいわれた)、「サビヤよ。かって異説の徒であった者が、この教えと戒律とにおいて出家しようと望み、完全な戒律を受けようと望むならば、かれは四カ月の間別に住む。四カ月たってから、もういいな、と思ったならば、諸々の修行僧はかれを出家させ、完全な戒律を受けさせて、修行僧となるようにさせる。しかしこの場合は、人によって(期間の)差異のあることが認められる。」

 「尊いお方さま。もしもかつて異説の徒であった者が、この教えと戒律とにおいて出家しようと望み、完全な戒律を受けようと望むならば、かれは四カ月の間別に住み、四カ月たってから、もういいな、と思ったならば、諸々の修行僧がかれを出家させ、完全な戒律を受けさせて、修行僧となるようにさせるのであるならば、わたくしは(四カ月ではなくて)、四年間別に住みましょう。そうして四年たってから、もういいな、と思ったならば、諸々の修行僧はわたくしを出家させて、完全な戒律を受けさせて、修行僧となるようにさせてください。」

 さて遍歴の行者サビヤは(直ちに)師のもとで出家し、完全な戒律を受けた。それからまもなく、この長者サビヤは独りで他人から遠ざかり、怠ることなく精励し専心していたが、やがて無上の清らかな行いの究極──諸々の立派に人々はそれを得るために正しく家を出て家なき状態に赴いたのであるが──を現世においてみずからさとり、証し、具現して日を送った。

「生まれることは尽きた。清らかな行いはすでに完成した。なすべきことをなしおえた。もはや再びこのような生存を受けることはない」とさとった。そうしてサビヤ長老は聖者の一人となった。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<7、セーラ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたくしが聞いたところによると、──或るとき師は大勢の修行僧千二百五十人とともにアングッタラーパ[という地方]を遍歴して、アーバナと名づけるアングッタラーパの或る町に入られた。結髪の行者ケーニヤはこういうことを聞いた、「シャカ族の子である<道の人>ゴータマ(ブッダ)は、シャカ族の家から出家して、修行僧千二百五十人の大きなつどいとともに、アングッタラーパを遍歴して、アーバナに達した。そのゴータマさまには、次のような好い名声があとずれている。──すなわち、かの師は、真の人・さとりを開いた人・明知と行いを具えた人・幸せな人・世間を知った人・無上の人・人々を調える御者・神々と人間との師・目ざめた人(ブッダ)・尊い師であるといわれる。かれは、みずからさとり、体得して、神々・悪魔・梵天を含むこの世界や<道の人>・バラモン・神々・人間を含む生けるものどもに教えを説く。
かれは、初めも善く、中ほども善く、終りも善く、意義も文字もよく具わっている教えを説き、完全円満で清らかな行いを説き明かす、と。ではそのような立派な尊敬さるべき人ら見えるのは幸せ、みごとな善いことだ。」
 そこで結髪の行者ケーニヤは師のおられるところに赴いた。そうして、師に挨拶した。喜ばしい、思い出の挨拶のことばを交わしたのち、かれは傍らに坐した結髪の行者ケーニヤに対して師は法に関する話を説いて、指導し、元気づけ、喜ばされた。結髪の行者ケーニヤは、師に法に関する話を説かれ、指導され、元気づけられ、喜ばされて、師にこのように言った、「ゴータマさまは修行僧の方々とともに、明日わたくしのささげる食物をお受けください。」

 そのように告げられて、師は結髪の行者ケーニヤに向かって言われた、「ケーニヤよ。修行僧のつどいは大勢で、千二百五十人もいます。またあなたはバラモンがたを信奉しています。」

 結髪の行者ケーニヤは再び師に言った、「ゴータマさま。修行僧の方々は大勢で、千二百五十人もいるし、またわたくしはバラモンがたを信奉していますが、しかしゴータマさまは修行僧の方々とともに、明日わたくしのささげる食物をお受けください。」

 師は結髪の行者ケーニヤに再び言われた、「ケーニヤよ。修行僧のつどいは大勢で、千二百五十人もいます。またあなたはバラモンがたを信奉しています。」

 結髪の行者ケーニヤは三たび師に言った、「ゴータマさま。修行僧のつどいは大勢で、千二百五十人もいるし、またわたくしはバラモンがたを信奉していますが、しかしゴータマさまは修行僧の方々とともに、明日わたくしのささげる食物をお受けください。」師は沈黙によって承諾された。

 そこで結髪の行者ケーニヤは、師が承諾されたのを知って、座から起って、自分の庵に赴いた。それから、友人・朋輩・近親・親族に告げていった、「友人・朋輩・近親・親族の皆さん。わたくしのことばをお聞きなさい。わたくしは<道の人>ゴータマを修行僧の方々とともに、明日の食事に招待しました。だから皆さんは、身を動かしてわたくしに手伝ってください。」

 結髪の行者ケーニヤの友人・朋輩・近親・親族は、「承知しました」と、かれに答えて、或る者は竈の坑を掘り、或る者は薪を割り、或る者は器を洗い、或る者は水瓶を備えつけ、或る者は座席を設けた。また結髪の行者ケーニヤはみずから(白い帳を垂れた)円い集会場をしつらえた。

 ところでそのときセーラ・バラモンはアーバナに住んでいたが、かれは三ヴェーダの奥義に達し、語彙論・活用論・音韻論・語源論(第四のアタルヴァ・ヴェーダと)第五としての史詩に達し、語句と文法に通じ、順世論や偉人の観相に通達し、三百人の少年にヴェーダの聖句を教えていた。そのとき結髪の行者ケーニヤはセーラ・バラモンを信奉していた。

 ときにセーラ・バラモンは三百人の少年に取り巻かれていたが、(長く坐っていたために生じた疲労を除くために)膝を伸ばす散歩をし、あちこち歩んでいたが、結髪の行者ケーニヤの庵に近づいた。そこでセーラ・バラモンは、ケーニヤの庵に属する結髪の行者たちが、或る者は竈の坑を掘り、或る者は薪を割り、或る者は器を洗い、或る者は水瓶を備えつけ、或る者は座席を設け、また結髪の行者ケーニヤはみずから円い集会場をしつらえているのを見た。見てから結髪の行者ケーニヤに問うた、「ケーニヤさんは息子の嫁取りがあるのでしょうか? あるいは息女の嫁入りがあるのでしょうか? 大きな祭祀が近く行われるのですか? あるいはマガダ王セーニヤ・ビンビサーラが軍隊とともに明日の食事に招待されたのですか?」

 「セーラよ。わたくしには息子の嫁取りがあるのでもなく、息女の嫁入りがあるのでもなく、マガダ王セーニヤ・ビンビサーラが軍隊とともに明日の食事に招かれているのでもありません。そうではなくて、わたくしは近く大きな祭祀を行うことになっています。シャカ族の子・道の人ゴータマ(ブッダ)は、シャカ族の家から出家して、アングッタラーパ国を遊歩して、大勢の修行僧千二百五十人とともにアーバナに達しました。そのゴータマさまには次のような好い名声がおとずれている。──すなわち、かの師は、真の人・さとりを開いた人・明知と行いを具えた人・幸せな人・世間を知った人・無上の人・人々を調える御者・神々と人間との師・目ざめた人(ブッダ)・尊き師であるといわれる。わたくしはあの方を修行僧らとともに明日の食事に招きました。」

 「ケーニヤさん。あなたはかれを<目ざめた人>(ブッダ)と呼ぶのか?」
 「セーラさん。わたくしはかれを<目ざめた人>と呼びます。」
 「ケーニヤさん。あなたはかれを<目ざめた人>と呼ぶのか?」
 「セーラさん。わたくしはかれを<目ざめた人>と呼びます。」

 そのときセーラ・バラモンは心に思った。「<目ざめた人>という語を聞くことは、世間においてはむずかしいのである。ところでわれわれの聖典の中に偉人の相が三十二伝えられている。それを具えている偉人にはただ二つの途があるのみで、その他の途はありえない。[第一に]もしもかれが在家の生活を営むならば、かれは転輪王となり、正義を守る正義の王として四方を征服して、国土人民を安定させ、七宝を具有するに至る。すなわちかれは輪という宝・象という宝・馬という宝・珠という宝・資産者という宝・及び第七に指揮者という宝が現われるのである。またかれには千人以上の子があり、みな勇敢で雄々しく、外敵をうち砕く。かれは、四海の果てるに至るまで、この大地を武力によらず刀剣を用いずに、正義によって征服して支配する。[第二に]しかしながら、もしもかれが家から出て出家者となるならば、真の人・覚りを開いた人となり、世間における諸々の煩悩の覆いをとり除く」と。

 「ケーニヤさん。では真の人・覚りを聞いた人であられるゴータマさまは、いまどこにおられるのですか?」

 かれがこのように言ったときに、結髪の行者ケーニヤは、右腕を差し伸ばして、セーラ・バラモンに告げていった、「セーラさん。この方角に当って一帯の青い林があります。(そこにゴータマさまはおられるのです)。」

 そこでセーラ・バラモンは三百人の少年とともに師のおられるところに赴いた。そのときセーラ・バラモンはそれらの少年たちに告げていった、「きみたちは(急がすに)小股に歩いて、響きを立てないで来なさい。諸々の尊き師は獅子のように独り歩む者であり、近づきがたいからです。そうしてわたしが<道の人>ゴータマと話しているときに、きみたちは途中でことばを挿んではならない。きみたちはわたしの話が終るのを待て。」

 さてセーラ・バラモンは尊き師のおられるところに赴いた。そこで、師に挨拶した。喜ばしい、思い出の挨拶のことばを交わしたのち、かれは傍らに坐した。それから、セーラ・バラモンは師の身に三十二の<偉人の相>があるかどうかを探した。セーラ・バラモンは、師の身体に、ただ二つの相を除いて、三十二の偉人の相が殆んど具わっているのを見た。ただ二つの<偉人の相>に関しては、(それらがはたして師にあるかどうかを)かれは疑い惑い、(<目ざめた人(ブッダ)>)であるということを)信用せず、信仰しなかった。その二つとは体の膜の中におさめられた隠所と広長舌相とである。

 そのとき師は思った、「このセーラ・バラモンはわが身に三十二の偉人の相を殆んど見つけているが、ただ二つの相を見ていない。ただ体の膜の中におさめられた隠所と広長舌相という二つの偉人の相に関しては、(それらがはたしてわたくしの身にあるかどうかを)かれは疑い惑い、(目ざめた人(ブッダ)であるということを)信用せず、信仰してしない」と。

 そこで師は、セーラ・バラモンが師の体の膜の中におさめられた隠所を見得るような神通を示現した。次に師は舌を出し、舌で両耳孔を上下になめまわし、両耳孔を上下になめまわし、前の額を一面に舌で撫でた。

 そこでセーラ・バラモンは思った、──「道の人ゴータマは三十二の偉人の相を完全に身に具えていて、不完全ではない。しかしわたしは、『かれがブッダであるか否か』ということをまだ知らない。ただわたしは、年老い齢高く師またはその師であるバラモンたちが『諸々の<尊敬さるべき人、完全な覚りを開いた人>は、自分が讃嘆されるときには、自身を示現する』と語るのを聞いたことがある。さあ、わたしは、適当な詩を以て、<道の人>ゴータマ(ブッダ)をその面前において讃嘆しましょう」と。そこでセーラ・バラモンはふさわしい詩を以て尊き師をその面前において讃嘆した。──

548 「先生! あなたは身体が完全であり、よく輝き、生れも良く、見た目も美しい。黄金の色があり、歯は極めて白い。あなたは精力ある人です。

549 実に、生れの良い人の具えるすがた・かたちは、すべて、偉人の相として、あなたの身体のうちにあります。

  550 あなたは、眼が清らかに、容貌も美しく、(身体は)大きく、真っ直ぐで、光輝あり、<道の人>の群の中にあって、太陽のように輝いています。

551 あなたは見るも美しい修行者(比丘)で、その膚は黄金のようです。このように容色が優れているのに、どうして<道の人>となる必要がありましょうか。

552 あなたは転輪王(世界を支配する帝王)となって、戦車兵の主となり、四方を征服し、ジャンブ州(全インド)の支配者となるべきです。

553 クシャトリヤ(王侯たち)や地方の王どもは、あなたに忠誠を誓うでしょう。ゴータマ(ブッダ)よ。王の中の王としてね人類の帝王として、統治をなさってください。」

554 師(ブッダ)は答えた、「セーラよ。わたくしは王ではありますが、無上の真理の王です。真理によって輪をまわすのです。──(だれも)反転しえない輪を。」

555 セーラ・バラモンがいった、「あなたは<完全にさとった者>であると、みずから称しておられます。ゴータマ(ブッダ)よ。あなたは『われは<無上の真理の王>であり、法によって輪をまわす』と説いておられます。

556 では、誰が、あなたの将軍なのですか? 師の相続者である弟子は、誰ですか? あなたがまわされたこの<真理の輪>を、誰が(あなたに)つづいてまわすのですか?」

557 師が答えた、「セーラよ。わたしがまわした輪、すなわち無上の<真理の輪>(法輪)を、サーリプッタがまわす。かれは<全き人>につづいて出現した人です。

558 わたしは、知らねばならぬことをすでに知り、修むべきことをすでに修め、断つべきことをすでに断ってしまった。それ故に、わたしは<さとった人>(ブッダ)である。バラモンよ。

559 わたしに対する疑惑をなくせよ。バラモンよ。わたしを信ぜよ。もろもろの<さとりを開いた人>に、しばしば見えることは、いともむずかしい。

560 かれは(さとりを開いた人々)が、しばしば世に出現することは、そなたらにとって、いとも得がたいことであるが、わたしは、その<さとった人>なのである。バラモンよ、わたしは(煩悩の)矢を抜き去る最上の人である。

561 わたしは神聖な者であり、無比であり、悪魔の軍勢を撃破し、あらゆる敵を降服させて、なにものをも恐れることなしに喜ぶ。」

562 (セーラは弟子どもに告げていった)、──「きみたちよ。眼ある人の語るところを聞け。かれは(煩悩の)矢を断った人であり、偉大な健き人である。あたかも、獅子が林の中で吼えるようなものである。

563 神聖な者、無比なる者、悪魔の軍勢を撃破する者、を見ては、だれが信ずる心をいだかないであろうか。たとい、色の黒い種族の生れの者でも、(信ずるであろう)。

564 従おうと欲する者は、われにわれに従え。また従いたくない者は、去れ。わたしもすぐれた智慧ある人のもとで出家しましょう。」

565 (セーラの弟子どもが言った)、──「もしもこの<完全にさとった人>の教えを、先生が喜ばれるのでしたら、わたくしたちもまた、すぐれた智慧ある人のもとで、出家しましょう。」

566 (セーラは言った)、──「これら三百人のバラモンたちは、合掌してお願いしています。『先生! わたくしたちは、あなたのみもとで、清らかな行いを実践しましょう。』

567 師(ブッダ)が答えた──「セーラよ。清らかな行いが、みごとに説かれている。それは目のあたり、即時に果報をもたらす。怠りなく道を学ぶ人が、出家して(清らかな行いを修めるのは)空しくはない」

 セーラ・バラモンは仲間とともに師のもとで出家して、完全な戒律を受けた。

 ときに、結髪の行者ケーニヤは、その夜が過ぎてから、自分の庵で味のよい硬軟の食物を用意させて、師に時の来たことを告げて、「ゴータマ(ブッダ) さま。時間です。食事の用意ができました」と言った。そこで師は午前中に内衣を着け、重衣をきて、鉢を手にとって、結髪の行者ケーニヤの庵に赴いた。そうして、修行僧のつどいとともに、あらかじめ設けられた席についた。それから結髪の行者ケーニヤは、ブッダを初め修行僧らに、手ずから、味のよい硬軟の食物を給仕して、満足させ、あくまでもてなした。そこで結髪の行者ケーニヤは、師が食事を終り鉢から手を離したときに、みずから一つの低い座を占めて、傍らに坐した。そうして結髪の行者ケーニヤに、師は次の詩を以て、喜びの意を表した。──

568 火への供養は祭祀のうちで最上のものである。サーヴィトリー[讃歌]はヴェーダの詩句のうちで最上のものである。王は人間のうちでは最上の者である。大洋は、諸河川のうちで最上のものである。

569 月は、諸々の星のうちで最上のものである。太陽は、輝くもののうちで最上のものである。修行僧の集いは、功徳を望んで供養を行う人々にとって最上のものである。

 師はこれらの詩を唱えて結髪の行者ケーニヤに喜びの意を示して、座から起って、去って行かれた。

 そこでセーラさんは、自分の仲間とともに、独りで他人から遠ざかり、怠ることなく、精励し専心していたが、まもなく──諸々の立派な人々がそれらを得るために正しく家を出て家なきに赴く目的であるところの──無上の清らかな行いの究極を現世においてみずからさとり、得し、具現していた。「(迷いの生存のうちに)生まれることは消滅した。清らかな行いはすでに完成した。なすべきことをなしおえた。もはや再びこのような生存を受けることはない」とさとったそしてセーラさんとその仲間とは、聖者の一人一人となった。

 そののちセーラさんはその仲間とともに師のおられるところに赴いた。そうして、衣を一方の(左の)肩にかけて[右肩を洗わして]、師に向かって合掌し、次の詩を以て師に呼びかけた。──

570 「先生! 眼ある方よ。今から八日以前に、われらはあなたに帰依しましたが、七日のあいだに、われらはあなたの教えの中で身をととのえました。

571 あなたは覚った方(ブッダ)です。あなたは師です。あなたは悪魔を征服した聖者です。あなたは煩悩の潜在的な可能力を断って、みずから渡りおわり、またこの人々を渡してくださいます。

572 あなたは生存の素因を超越し、諸々の煩悩の汚れを滅ぼしておられます。あなたは執著することのない獅子のようです。恐れおののきを捨てておられます。

573 これら三百人の修行僧は、合掌して立っています。健き人よ、足をお伸ばしください。諸々の竜(行者)をして師を拝ませましょう。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<8、矢>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
574 この世における人々の命は、定まった相なく、どれだけ生きられるかも解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

575 生まれたものどもは、死を遁れる道がない。老いに達しては、死ぬ。実に生ある者どもの定めは、このとうりである。

576 熟した果実は早く落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

577 たとえば、陶工のつくった土の器が終りにはすべて破壊されてしまうように、人々の命もまたそのとうりである。

578 若い人も壮年の人も、愚者も賢者も、すべて死に屈服してしまう。すべての者は必ず死に至る。

579 かれらは死に捉えられてあの世に去って行くが、父もその子を救わず親族もその親族を救わない。

580 見よ。見まもっている親族がとめどもなく悲嘆にくれているのに、人は屠所に引かれる牛のように、一人ずつ、連れ去られる。

581 このように世間の人々は死と老いとによって害われる。それ故に賢者は、世のなりゆきを知って、悲しまない。

582 汝は、来た人の道を知らず、また去った人の道を知らない。汝は(生と死の)両端を見きわめないで、わめいて、いたずらになき悲しむ。

583 迷妄にとらわれて自己を害なっている人が、もしもなき悲しんでなんらかの利を得ることがあるならば、賢者もそうするがよかろう。

584 泣き悲しんでは、心の安らぎは得られない。ただかれにはますます苦しみが生じ、身体がやつれるだけである。

585 みずから自己を害いながら、身は痩せ醜くなる。そうしたからとて、死んだ人々はどうにもならない。嘆き悲しむのは無益である。

586 人が悲しむのをやめないならば、ますます苦悩を受けることになる。亡くなった人のことを嘆くならば、悲しみに捕らわれてしまったのだ。

587 見よ。他の(生きている)人々はまた自分のつくった業にしたがって死んで行く。かれら生あるものどもは死に捕らえられて、この世で慄えおののいている。

588 ひとびとがいろいろと考えてみても、結果は意図とは異なったものとなる。壊れて消え去るのは、このとうりである。世の成りゆくさまを見よ。

589 たとい人が百年生きようとも、あるいはそれ以上生きようとも、終には親族の人々すら離れて、この世の生命を捨てるに至る。

590 だから(尊敬されるべき人)の教えを聞いて、人が死んで亡くなったのを見ては、「かれはもうわたしの力の及ばぬものなのだ」とさとって、嘆き悲しみを去れ。

591 たとえば家に火がついているのを水で消し止めるように、そのように知慧ある聡明な賢者、立派な人は、悲しみが起こったのを速やかに滅ぼしてしまいなさい。──譬えば風が綿を吹き払うように。

592 已が悲嘆と愛執と憂いとを除け。已が楽しみを求める人は、已が(煩悩の)矢を抜くべし。

593 (煩悩の)矢を抜き去って、こだわることなく、心の安らぎを得たならば、あらゆる悲しみを超越して、悲しみなき者となり、安らぎに帰する。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<9、ヴァーセッタ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
わたくしが聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)はイッチャーナンガラ[村]のイッチャーナンガラ林に住んでおられた。そのとき、多くの著名な大富豪であるバラモンたちがイッチャーナンガラ村に住んでいた。すなわちチャンキンというバラモン、タールッカというバラモン、ポッカラサーティというバラモン、ジャーヌッソーニというバラモン、トーデーヤというバラモン及びその他の著名な大富豪であるバラモンたちであった。
 そのときヴァーセッタとバーラドヴァーシャという二人の青年が(久しく坐していたために生じた疲労を除くために)膝を伸ばすためにそぞろ歩きをあちこちで行っていた。

 かれらはたまたま次のような議論を始めた、「きみよ。どうしたらバラモンとなれるのですか?」

 バーラドヴァーシャ青年は次のように言った。「きみよ。父かたについても母かたについても双方ともに生れ(素姓)が良く、純粋な母胎に宿り、七世の祖先に至るまで血統に関しては未だかって爪弾きされたことなく、かって非難されたことがないならば、まさにこのことによってバラモンであるのである。」

 ヴァーセッタ青年は次のように言った、「きみよ。ひとが戒律をまもり徳行を身に具えているならば、まさにこのことによってバラモンであるのである。」

 [しかし]バーラドヴァーシャ青年はヴァーセッタ青年を説得することができなかったし、またヴァーセッタ青年はバーラドヴァーシャ青年を説得することができなかった。そこでヴァーセッタ青年はバーラドヴァーシャ青年に告げて言った、「バーラドヴァーシャよ。シャカ族の子である<道の人>ゴータマ(ブッダ)は、シャカ族の家から出家して、ここにイッチャーナンガラ[村]のイッチャーナンガラ林のうちに住んでいる。そのゴータマさまには次のような好い名声があとずれている。──すなわち、かの師は、尊敬さるべき人・目ざめた人・明知と行いとを具えた人・幸せな人。世間を知った人・無上の人・人々を調える御者・神々と人間との師・目ざめた人(ブッダ)・尊き師であるといわれる。バーラドヴァーシャさん。さあ行こうよ。<道の人>ゴータマのいるところに行こう。そこへ行ったら、<道の人>ゴータマにこのことがらを尋ねよう。そうして<道の人>ゴータマがわれわれに解答してくれたとおりに、われわれはそれを承認しよう。」「そうしましょう」と、バーラドヴァーシャ青年はヴァーセッタ青年に答えた。

 そこでヴァーセッタ青年とバーラドヴァーシャ青年とは、師のいますところに赴いた。そうして、師に挨拶した。喜ばしい、思い出についての挨拶のことばを交したのち、かれは傍らに坐した。そこでヴァーセッタ・バラモンは次の詩を以て師に呼びかけた。──

594 「われら両人は三ヴェーダの学者であると、(師からも)認められ、みずからも称しています。わたくしはポッカラサーティの弟子であり、この人はタールッカの弟子です。

595 三ヴェーダに説かれていることがらを、われわれは完全に知っています。われわれはヴェーダの語句と文法とに精通し、ヴェーダ読誦については師に等しいのです。

596 ゴータマよ。そのわれわれが生れの如何を論議して、論争が起りました。『生れによってバラモンなのである』とバーラドヴァーシャは語りますが、わたくしは『行為によってバラモンとなるのである』と言います。眼ある方よ。こういうわけなのだと了解してください。

597 われら両人は互いに相手を説得することができないのです。そこで、<目ざめた人>(ブッダ)としてひろく知られているあなたさまにたずねるために、やって来ました。

598 人々が満月に向って近づいて合掌し礼拝し敬うように、世人はゴータマを礼拝し敬います。

599 世間の眼として出現したもうたゴータマに、われらはおたずねします。生まれによってバラモンであるのでしょうか。あるいは行為によってバラモンとなるのでしょうか? われわれには解りませんから、話してください、──われわれがバラモンの何たるかを知りうるように。」

600 師が答えた、「ヴェーダよ。そなたらのために、諸々の生物の生れ(種類の)区別を、順次にあるがままに説明してあげよう。それらの生れは、いろいろと異なっているからである。

601 草や木にも(種類の区別のあることを)知れ。しかしかれらは(「われは草である」とか、「我等は木である」とか)言い張ることはないかれらの特徴は生まれにもとづいている。かれらの生まれはいろいろと異なっているからである。

602 次に蛆虫や蟋蟀から蟻類に至るまでのものにも(種類の区別のあることを)知れ。かれらの特徴は生れにもとづいているのである。かれらの生れは、いろいろと異っているからである。

603 小さいものでも、大きなものでも、四足獣にも、(種類の区別のあることを)知れ。かれらの特徴は生れにもとづいているのである。かれらの生れは、いろいろと異っているからである。

604 腹を足としていて背の長い匍うものにも(種類の区別のあることを)知れ。かれらの特徴は生れにもとづいている。かれらの生れは、いろいろと異っているからである。

605 次に、水の中に生まれ水に棲む魚どもにも、(種類の区別のあることを)知れ。かれらの特徴は生れにもとづいている。かれらの生れは、いろいろと異なっているからである。

606 次に、翼を乗物として虚空を飛ぶ鳥どもにも、(種類の区別のあることを)知れ。かれらの特徴は生れにもとづいている。かれらの生れは、いろいろと異っているからである。

607 これらの生類には生まれにもとづく特徴はいろいろと異なっているが、人類にはそのように生まれにもとづく特徴がいろいろと異なっているということはない。

608 髪についても、頭についても、耳についても、眼についても、口についても、鼻についても、唇についても、眉についても、

609 首についても、肩についても、腹についても、背についても、臀についても、胸についても、隠所についても、交合についても、

610 手についても、足についても、指についても、脛につていも、腿についても、容色についても、音声についても、他の生類の中にあるような、生まれにもとづく特徴(の区別)は(人類のうちには)決して存在しない。

611 身を禀けた生きものの間ではそれぞれ区別があるが、人間の間ではこの区別は存在しない。人間のあいだで区別表示が説かれるのは、ただ名称によるのみ。

612 人間のうちで、牧牛によって生活する人があれば、かれは農夫であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

613 人間のうちで、種々の技能によって生活する人があれば、かれは職人であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

614 人間のうちで売買をして生活する人があれば、かれは商人であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

615 人間のうちで他人に使われて生活する者があれば、かれは傭人であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

616 人間のうちで盗みをして生活する者があれば、かれは盗賊であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

617 人間のうちで武術によって生活する者があれば、かれは武士であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

618 人間のうちで司祭の職によって生活する者があれば、かれは司祭者であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

619 人間のうちで村や国を領有する者があれば、かれは王であって、バラモンではないと知れ。ヴァーセッタよ。

620 われは、(バラモン女の)胎から生まれ(バラモンの)母から生まれた人をバラモンと呼ぶのではない。かれは(きみよ、といって呼びかける者)といわれる。かれは何か所有物の思いにとらわれている。無一物であって執著のない人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

621 すべての束縛を断ち切り、怖れることなく、執著を超越して、とらわれることのない人、──かれをわたしは<バラモン>と呼ぶ。

622 紐と革帯と綱とを、手綱ともども断ち切り、門をとざす閂(障礙)を減じて、目ざめた人(ブッダ)、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

623 罪がないのに罵られ、なぐられ、拘禁されるのを堪え忍び、忍耐の力あり、心の猛き人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

624 怒ることなく、つつしみあり、戒律を奉じ、欲を増すことなく、身をととのえ、最後の身体に達した人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

625 蓮葉の上の露のように、錐の尖の芥子のように、諸々の欲情に汚されない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

626 すでにこの世において自己の苦しみの滅びたことを知り、重荷をおろし、とらわれのない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

627 明らかな智慧が深くて、聡明で、種々の道に通達し、最高の目的を達した人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

628 在家者・出家者のいずれとも交わらず、住家がなくて遍歴し、欲の少い人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

629 強くあるいは弱い生きものに対して暴力を加えることなく、殺さず、また殺させることのない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

630 敵意ある者どもの間にあって敵意なく、暴力を用いる者どもの間にあって心おだやかに、執著する者どもの間にあって執著しない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

631 芥子粒が錐の尖端から落ちたように、愛著と憎悪と高ぶりと隠し立てとが脱落した人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

632 粗野ならず、ことがらをはっきりと伝える真実のことばを発し、ことばによって何人の感情をも害することのない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

633 この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうとも粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、すべて与えられていない物を取らない人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

634 現世を望まず、来世をも望まず、欲求もなくて、とらわれのない人、──かれをわたしはバラモンと呼ぶ。

635 こだわりあることなく、さとりおわって、疑惑なく、不死の底に達した人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

636 この世の禍福いずれにも執著することなく、憂いなく、汚れなく、清らかな人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

637 曇りのない月のように、清く、澄み、濁りがなく、歓楽の生活の尽きた人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

638 この傷害・険道・輪廻(さまよい)・迷妄を超えて、渡りおわって彼岸に達し、瞑想し、興奮することなく、執著がなくて、心安らかな人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

639 この世の欲望を断ち切り、出家して遍歴し、欲望の生活の尽きた人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

940 この世の愛執を断ち切り、出家して遍歴し、愛執の生活の尽きた人、──かれをわたくしは<バラモン>と呼ぶ。

641 人間の絆を捨て、天界の絆を超え、すべての絆をはなれた人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

642 <快楽>と<不快>とを捨て、清らかに涼しく、とらわれることなく、全世界にうち勝った健き人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

643 生きとし生ける者の生死をすべて知り、執著なく、幸せな人、覚った人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

644 神々も天の伎楽神(ガンダルヴァ)たちも人間もその行方を知り得ない人、煩悩の汚れを減しつくした人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

645 前にも、後にも、中間にも、一物をも所有せず、すべて無一物で、何ものをも執著して取りおさえることのない人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

646 牡牛のように雄々しく、気高く、英雄・大仙人・勝利者・欲望のない人・沐浴した者・覚った人(ブッダ)、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

647 前世の生涯を知り、また天上と地獄とを見、生存を減し尽くしに至った人、──かれをわたしは(バラモン)と呼ぶ。

648 世の中で名とし姓として付けられているものは、名称にすぎない。(人の生まれた)その時その時に付けられて、約束の取り決めによってかりに設けられて伝えられているのである。

649 (姓名は、かりに付けられたものにすぎないということを)知らない人々にとっては、誤った偏見が長い間ひそんでいる。知らない人々はわれらに告げていう、『生れによってバラモンなのである』と。

650 生まれによって(バラモン)となるのではない。生まれによって(バラモンならざる者)となるのでもない。行為によって(バラモン)なのである。行為によって(バラモンならざる者)なのである。

651 行為によって農夫となるのである。行為によって職人となるのである。行為によって商人となるのである。行為によって傭人となるのである。

652 行為によって盗賊ともなり、行為によって武士ともなるのである。行為によって司祭者ともなり、行為によって王ともなる。

653 賢者はこのようにこの行為を、あるがままに見る。かれらは縁起を見る者であり、行為(業)とその報いとを熟知している。

654 世の中は行為によって成り立ち、人々は行為によって成り立つ。生きとし生ける者は業(行為)に束縛されている。--進み行く車が轄に結ばれているように。

655 熱心な修行と清らかな行いと感官の制御と自制と、これによって<バラモン>となる。
 これが最上のバラモンの境地である。

656 三つのヴェーダ(明知)を具え、心安らかに、再び世に生まれることのない人は、諸々の識者にとっては、梵天や帝釈[と見なされる]のである。ヴァーセッタよ。このとおりであると知れ。」

 このように説かれたので、ヴァーセッタ青年とバーラドヴァーシャ青年とは師に向って言った、「すばらしいことです。ゴータマ(ブッダ)さま。すばらしいことです。ゴータマさま。譬えば、倒れた者を起こすように、覆われたものを開くように、方角に迷った者に道を示すように、あるいは『眼ある人々は色やかたちを見るように』といって暗夜に灯火をかかげるように、ゴータマさまは種々のしかたで理法を明らかにされました。いまわたくしはゴータマさまと真理と修行僧のつどいに帰依したてまつる。ゴータマさまはわたくしたちを、在俗信者として受けいれてください。わたくしたちは、今日から命の続く限り帰依いたします。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<10、コーカーリヤ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしか聞いたところによると、──或るとき尊き師(ブッダ)は、サーヴァッティー市のジェータ林、<孤独な人々に食を給する長者の園>におられた。そのとき修行僧コーカーリヤは師のおられるところに赴いた。そうして、師に挨拶して、傍らに坐した。それから修行僧コーカーリヤは師に向っていった、「尊き師(ブッダ)よ。サーリプッタとモッガラーナとは邪念があります。悪い欲求にとらわれています。」
 そう言ったので、師(ブッダ)は修行僧コーカーリヤに告げて言われた、「コーカーリヤよ、まあそういうな。コーカーリヤよ、まあそういうな。サーリプッタとモッガラーナとを信じなさい。サーリプッタとモッガラーナとは温良な性の人たちだ。」

 修行僧コーカーリヤは再び師にいった、「尊き師よ。わたくしは師を信じてお頼りしていますが、しかしサーリプッタとモッガラーナとは邪念があります。悪い欲求にとらわれています。」

 師は再び修行僧コーカーリヤに告げて言われた、「コーカーリヤよ、まあそういうな。コーカーリヤよ、サーリプッタとモッガラーナとを信じなすい。サーリプッタとモッガラーナとは温良な性の人たちだ。」

 修行僧コーカーリヤは三たび師にいった、「尊き師よ。わたくしは師を信じてお頼りしていますが、しかしサーリプッタとモッガラーナとは邪念があります、悪い欲求にとらわれています。」

 師は三たび修行僧コーカーリヤに告げて言われた、「コーカーリヤよ、まあそういうな。コーカーリヤよ、サーリプッタとモッガラーナとを信じなすい。サーリプッタとモッガラーナとは温良な性の人たちだ。」

 そこで修行僧コーカーリヤは座から起って、師に挨拶して、右まわりをして立ち去った。修行僧コーカーリヤが立ち去ってからまもなく、かれの全身に芥子粒ほどの腫物が出てきた。(初めは)芥子粒ほどであったものが、(次第に)小豆ほどになった。小豆ほどであったものが、大豆ほどになった。大豆ほどであったものが、棗の核ほどになった。棗の核ほどあったものが、棗の果実ほどになった。棗の果実ほどあったものが余甘子ほどになった。余甘子ほどであったものが、未熟な木爪の果実ほどになった。未熟な木爪の果実ほどであっものが、熟した木爪ほどになった。熟した木爪ほどになったものが破裂し、膿と血とが迸り出た。そこで修行僧コーカーリヤはその病苦のために死去した。修行僧コーカーリヤは、サーリプッタとモッガラーナとに対して敵意をいだいていたので、死んでから紅蓮地獄に生まれた。

 そのときサハー(老婆)世界の主・梵天は、夜半を過ぎた頃に、麗しい容色を示して、ジェータ林を隈なく照らして、師のおられるところに赴いた。そうして師に敬礼して傍らに立った。そこでサハー世界の王である梵天は師に告げていった。「尊いお方さま。修行僧コーカーリヤは死去しました。修行僧コーカーリヤは、サーリプッタとモッガラーナとに対して敵意をいだいていたので、死んでから紅蓮地獄に生まれました。」サハー世界の主・梵天はこのように言った。このように言ってから、師に敬礼し、右まわりをして、その場で消え失せた。

 さて、その夜が明けてから、師は、諸々の修行僧に告げて言われた、「諸々の修行僧らよ。昨夜サハー世界の主である梵天が、夜半を過ぎた頃に、麗しい容色を示して、ジェータ林を隈なく照らして、わたくしのいるところに来た。それからわたくしに敬礼して傍らに立った。さうしてサハー世界の主である梵天は、わたくしに告げていった。『尊いお方さま。修行僧コーカーリヤは死去しました。修行僧コーカーリヤは、サーリプッタとモッガラーナとに対して敵意をいだいていたので、死んでから紅蓮地獄に生まれました』と。サハー世界の主である梵天はこのように言った。そうして、師を敬礼し、右まわりして、その場で消え失せた。」

 このように説かれたときに、一人の修行僧が師に告げていった、「尊いお方さま。紅蓮地獄における寿命の長さは、どれだけなのですか?」

 「修行僧よ。紅蓮地獄における寿命は実に長い。それを、幾年であるとか、幾百年であるとか、幾千年であるとか、幾十万年であるとか、数えることはむずかしい。」

 「尊いお方さま。しかし譬喩を以て説明することがでまるでしょう。」

 「修行僧よ。それはできるのです」といって、師は言われた、「たとえば、コーサラ国の枡目ではかつて二十カーリカの胡麻の積荷(一車輌分)があって、それを取り出すとしょう、ついで一人の人が百年を過ぎるごとに胡麻を一粒ずつ取り出すとしよう。その方法によって、コーサラ国の枡目ではかって二十カーリカの胡麻の積荷(一車輌分)が速やかに尽きたとしても、一つのアッブタ地獄はまだ尽きるに至らない。二十のアッブダ地獄は一つのニラッブダ地獄[の時期]に等しい。二十のニラッブダ地獄は一つのアババ地獄[の時期]に等しい。二十のアババ地獄は一つのアハハ地獄[の時期]に等しい。二十のアハハ地獄は一つのアタタ地獄[の時期]に等しい。二十のアタタ地獄は一つの黄蓮地獄[の時期]に等しい。二十の黄蓮地獄は一つの白睡蓮地獄[の時期]に等しい。二十の白睡地獄は一つの青蓮地獄[の時期]に等しい。二十の青蓮地獄は一つの白蓮地獄[の時期]に等しい。二十の紅蓮地獄[の時期]に等しい。ところで修行僧コーカーリヤは、サーリプッタおよびモッガラーナに対して敵意をいだいていたので、紅蓮地獄に生まれたのである。」

 師はこのように言われた。幸せな人である師は、このことを説いてから、さらに次のように言われた。──

657 人が生まれたときには、実に口の中には斧が生じている。愚者は悪口を言って、その斧によって自分を斬り割くのである。

658 毀るべき人を誉め、また誉むべき人を毀る者、──かれは口によって禍をかさね、その禍のゆえに福楽を受けることができない。

659 賭博で財を失う人は、たとい自身を含めて一切を失うとも、その不運はわずかなものである。しかし立派な聖者に対して悪意をいだく人の受ける不運は、まことに重いのである。

660 悪口を言いまた悪意を起して聖者をそしる者は、十万と三十六のニラップダの[巨大な年数のあいだ]また五つのアッブダの[巨大な年数のあいだ]地獄に赴く。

661 嘘を言う人は地獄に墜ちる。また実際にしておきながら゜わたしはしませんでした」と言う人もまた同じ。両者とも行為の卑劣な人々であり、死後にはおの世で同じような運命を受ける(地獄に墜ちる)。

662 害心なく清らかで罪汚れのない人を憎むかの愚者には、必ず悪(い報い)がもどってくる。風に逆らって微細な塵を撒き散らすようなものである。

663 種々なる貪欲に耽る者は、ことばで他人をそしる。──かれ自身は、信仰心なく、ものおしみして、不親切で、けちで、やたらにかげ口を言うのだが。

664 口穢く、不実で、卑しい者よ。生きものを殺し、邪悪で、悪行をなす者よ。不劣を極め、不吉な、でき損いよ。この世であまりおしゃべりするな。お前は地獄に落ちる者だぞ。

665 お前は塵を播いて不利を招き、罪をつくりながら、諸々の善人を非難し、また多くの悪事をはたらいて、長いあいだ深い坑(地獄)に陥る。

666 けだし何者の業も滅びることはない。それは必ずもどってきて、(業をつくった)主がそれを受ける。愚者は罪を犯して、来世にあってはその身に苦しみを受ける。

667 (地獄に墜ちた者は)、鉄の串を突きさされるところに至り、鋭い刃のある鉄の槍に近づく。さてまた灼熱した鉄丸のような食物を食わされるが、それは、(昔つくった業に)ふさわしい当然なことである。

668 (地獄の獄卒どもは「捕えよ」「打て」などといって)、誰もやさしいことばをかれることなく、(温顔をもって)向ってくることなく、頼りになってくれない。(地獄に墜ちた者どもは)、敷き拡げられた炭火の上に臥し、あまねく燃え盛る火炎の中に入る。

669 またそこでは(地獄の獄卒どもは)鉄の網をもって(地獄に墜ちた者どもを)からめとり、鉄槌をもって打つ。さらに真の暗黒である闇に至るが、その闇はあたかも霧のようにひろがっている。

670 また次に(地獄に堕ちた者どもは)火炎があまねく燃え盛っている鋼製の釜にはいる。火の燃え盛るそれらの釜の中で永いあいだ煮られて、浮き沈みする。

671 また膿や血のまじった湯釜があり、罪を犯した人はその中で煮られる。かれがその釜の中でどちらの方角へ向って横たわろうとも、(膿と血とに)触れて汚される。

672 また蛆虫の棲む水釜があり、罪を犯した人はその中で煮られる。出ようにも、つかむべき縁がない。その釜の上部は内側に彎曲していて、まわりが全部一様だからである。

673 また鋭い剣の葉のついた林があり、(地獄に墜ちた者どもが)その中に入ると、手足を切断される。(地獄の獄卒どもは)鉤を引っかけて舌をとらえ、引っ張りまわし、引っ張り廻しては叩きつける。

674 また次に(地獄に墜ちた者どもは)、超え難いヴェータラニー河に至る。その河の流れは鋭利な剃刀の刃である。愚かな輩は、悪い事をして罪を犯しては、そこに陥る。

675 そこには黒犬や斑犬や黒烏の群や野狐がいて、泣きさけぶかれらを貪り食うて飽くことがない。また鷹や黒色ならぬ烏どもまでが啄む。

676 罪を犯した人が身に受けるこの地獄の生存は、実に悲惨である。だから人は、この世において余生のあるうちになすべきことをなして、忽せにしてはならない。

677 紅蓮地獄に運び去られた者(の寿命の年数)は、荷車につんだ胡麻の数ほどある、と諸々の智者は計算した。すなわちそれは五千兆年とさらに一千万の千二百倍の年である。

678 ここに説かれた地獄の苦しみがどれほど永く続こうとも、その間は地獄にとどまらなねばならない。それ故に、ひとは清く、温良で、立派な美徳をめざして、常にことばとこころをつつしむべきである



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<11、ナーラカ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 [ 序 ]
679 よろこび楽しんでいて清らかな衣をまとう三十の神々の群と帝釈天とが、恭しく衣をとって極めて讃嘆しているのを、アシタ仙は日中の休息のときに見た。

680 こころ喜び踊りあがっている神々を見て、ここに仙人は恭々しくこのことを問うた、
「神々の群が極めて満悦しているのは何故ですか?
 どうしたわけでかれらは衣をとってそれを振り廻しているのですか?

681 たとえ阿修羅との戦いがあって、神々が勝ち阿修羅が敗れたときにもそのように身の毛の振るい立つぼど喜ぶことはありませんでした。どんな稀なできごとを見て神々は喜んでいるのですか?

682 かれは叫び、歌い、楽器を奏で、手を打ち、踊っています。須弥山の頂に住まわれるあなたがたに、わたくしはおたずねします。尊き方々よ、わたくしの疑いを速かに除いてください。」

683 (神々は答えて言った)、「無比のみごとな宝であるかのボーディサッタ(菩薩、未来の仏)は、もろびとの利益安楽のために人間世界に生まれたもうたのです、──シャカ族の村に、ルンビニーの聚落に。
 だからわれらは嬉しくなって、非常に喜んでいるのです。

684 生きとし生ける者の最上者、最高の人、牡牛のような人、生きとし生けるもののうちの最高の人(ブッダ)は、ゆがて<仙人(のあつまる所)>という名の林で(法)輪を回転するであろう。──猛き獅子が百獣にうち勝って吼えるように。」

685 仙人は(神々の)その声を聞いて急いで(人間世界に)降りてきた。そのときスッドーダナ王の宮殿に近づいて、そこに坐して、シャカ族の人々に次のようにいった、
 「王子はどこにいますか。わたくしもまた会いたい。」

686 そこで諸々のシャカ族の人々は、その児を、アシタという(仙人)に見せた。──溶炉で巧みな金工が鍛えた黄金のようにきらめき幸福に光り輝く尊い児を。

687 火炎のように光り輝き、空行く星王(月)のように清らかで、雲を離れて照る秋の太陽のように輝く児を見て、歓喜を生じ、昴まく喜びでわくわくした。

688 神々は、多くの骨あり千の円輪ある傘蓋を空中にかざした。また黄金の柄のついた払子で[身体を]上下に扇いだ。
 しかし払子や傘蓋を手にとっている者どもは見えなかった。

689 カンハシリ(アシタ)という結髪の仙人は、こころ喜び、嬉しくなって、その児を抱きかかえた。──その児は、頭の上に白い傘をかざされて白色がかった毛布の中にいて、黄金の飾りのようであった。

690 相好と呪文(ヴェーダ)に通曉しているかれは、シャカ族の牡牛(のような立派な児)を抱きとって、(特相を)検べたが、心に歓喜して声を挙げた。──「これは無上の方です、人間のうちで最上の人です。」

691 ときに仙人は自分の行く末を憶うて、ふさぎこみ、涙を流した。仙人が泣くのを見て、シャカ族の人々は言った、──
 「われらの王子に障りがあるのでしょうか?」

392 シャカ族の人々が憂えているのを見て、仙人は言った、──
「わたくしは、王子に不吉の相があるのを思いつづけているのではありません。またかれに障りはないでしょう。この方は凡庸ではありません。よく注意してあげてください。

393 この王子は最高のさとりに達するでしょう。この人は最上の清浄を見、多くの人々のためをはかり、あわれむが故に、法輪をまわすでしょう。この方の清らかな行いはひろく弘まるでしょう。

394 ところが、この世におけるわたくしの余命はいくばくもありません。(この方がさとりを開かれるまえに)中途でわたくしは死んでしまうでしょう。わたくしは比なき力ある人の教えを聞かないでしょう。だから、わたくしは、悩み、悲嘆し、苦しんでいるのです。」

695 かの清らかな修行僧(アシタ仙人)はシャカ族の人々に大きな喜びを起させて、宮廷から去っていった。かれは自分の甥(ナーラカ)をあわれんで、比なま力ある人の教えに従うようにすすめた。──

696 「もしもお前が後に『目ざめた人あり、さとりを開いて、真理の道を歩む』という声を聞くならば、そのときそこへ行ってかれの教えをたずね、その師のもとで清らかな行いを行え。」

697 その聖者は、人のためをはかる心あり、未来における最上の清らかな境地を予見していた。その聖者に教えられて、かねて諸々の善根を積んでいたナーラカは、勝利者(ブッダ)を待望しつつ、みずからの感官をつつしみまもって暮らした。

698 <すぐれた勝利者が法輪をまわしたもう>との噂を聞き、アシタという(仙人)の教えのとおりになったときに、出かけていって、最上の人である仙人(ブッダ)に会って信仰の心を起し、いみじき聖者に最上の聖者の境地をたずねた。

 序文の詩句は終った。

699 [ナーラカは尊師にいった]、「アシタの告げたこのことばはそのとおりであるということを了解しました。故に、ゴータマよ、一切の道理の通達者(ブッダ)であるあなたにおたずねします。

700 わたくしは出家の身となり、托鉢の行を実践しようと願っているのですが、おたずねします。聖者よ、聖者の境地、最上の境地を説いてください」。

701 師(ブッダ)はいわれた、「わたくしはあなたに聖者の境地を教えてあげよう。これは行いがたく、成就し難いものである。さあ、それをあなたに説いてあげようるしっかりとして、堅固であれ。

702 村にあっては、罵られても、敬礼されても、平然とした態度で臨め。(罵られても)こころに怒らないように注意し、(敬礼されても)冷静に、高ぶらずにふるまえ。

703 たとい園林のうちにあっても、火炎の燃え立つように種々のものが現れ出てくる。
婦女は聖者を誘惑する。婦女をしてかれを誘惑させるな。

704 婬欲のことがらを離れ、さまざまの愛欲をすてて、弱いものでも、強いものでも、諸々の生きものに対してね敵対することなく、愛著することもない。

705 『かれもわたしと同様であり、わたしもかれと同様である』と思って、わがみに引きくらべて、(生きるものを)殺してはならなぬ。また他人をして殺させてはならない。

706 凡夫は欲望と貪りと執著しているが、眼ある人はそれを捨てて道を歩め。この(世の)地獄を超えよ。

707 腹をへらして、食物を節し、小欲であって、貪ることなかれ。かれは貪り食う欲望に厭きて、無欲であり、安らぎに帰している。

708 その聖者は托鉢にまわり歩いてから、林のほとりにおもむき、樹の根もとにとどまって座につくべきである。

709 かれは思慮深く、瞑想に専念し、林のほとりで楽しみ、樹の根もとで瞑想し、大いにみずから満足すべきである。

710 ついで夜が明けたならば、村里のほとりに去るべきである。(信徒から)招待を受けても、また村から食物をもらってきても、決して喜んではならない。

711 聖者は、村に行ったならば、家々を荒々しくガサツに廻ってはならない。話をするな。わざわざ策して食を求めることばを発してはならない。

712 『(施しの食べ物を)得たのは善かった』『得なかったのもまた善かった』と思って、全き人はいずれの場合にも平然として還ってくる。あたかも(果実をもとめて)樹のもとに赴いた人が、(果実を得ても得なくても、平然として)帰ってくるようなものである。

713 かれは鉢を手にして歩き廻り、唖者ではないのに唖者と思われるようにするためだ。施物が少なかったらとて軽んじてはならぬ。施してくれる人を侮ってはならない。

714 道の人(ブッダ)は高く或いは低い種々の道を説き明かしたもうた。重ねて彼岸に至ることはないが、一度で彼岸に至ることもない。

715 (輪廻の)流れを断ち切った修行僧には執著が存在しない。なすべき(善)となすべからざる(悪)とを捨て去っていて、かれは煩悶が存在はない。」

716 師がいわれた、
「「あなたに聖者の道を説こう。──(食をとるには)剃刀の刃の譬えのように用心せよ。舌で上口蓋を抑え、腹についてはみずから食を節すべし。

717 心が沈んでしまってはいけない。またやたらに多くのことを考えてはいけない。腥い臭気なく、こだわることなく、清らかな行いを究極の理想とせよ。

718 独り坐することと<道の人>に奉仕することを学べ。聖者の道は独り居ることであると説かれている。独り居てこそ楽しめるであろう。

719 そうすればかれは十方に光輝くであろう。欲望をすてて瞑想している諸々の賢者の名声を聞いたならば、わが教えを聞く者はますます恥を知り、信仰を起すべきである。

720 そのことを深い淵の河水と浅瀬の河水とについて知れ。河低の浅い小川の水は音を立てて流れるが、大河の水は音を立てないで静かに流れる。

721 欠けている足りないものは音を立てるが、満ち足りたものは全く静かである。愚者は半ば水を盛った水瓶のようであり、賢者は水の満ちた湖のようである。

722 <道の人>が理法にかない意義あることを多く語るのは、みずから知って教えを説くのである。

723 しかしみずから知って己れを制し、みずから知っているのに多くのことを語らないならば、かれは聖者として聖者の行にかなう。かれは聖者として聖者の行を体得した。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<12、二種の観察>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 わたしが聞いたところによると、──或るとき尊師はサーヴァッティーの[郊外にある]東園にあるミガーラ(長者)の母の宮殿のうちにとどまっておられた。そのとき尊師(ブッダ)はその定期的集会(布薩)の日、十五日、満月の夜に、修行僧(比丘)の仲間に囲まれて屋外に住しておられた。さて尊師は仲間が沈黙しているのを見まわして、かれらに告げていわれた、──
 修行僧たちよ。善にして、尊く、出離を得させ、さとりにみちびく諸々の真理がある。そなたたちが、『善にして、尊く、出離を得させ、さとりにみちびく諸々の真理を聞くのは、何故であるか』と、もしもだれかに問われたならば、かれに対しては次のように答えねばならぬ。──『二種ずつの真理を如実に知るためである』と。しからば、そなたたちのいう二種とは何であるか、というならば、『これは苦しみである。これは苦しみの原因である』というのが、一つの観察[法]である。『これは苦しみの消滅に至る道である』というのが、第二の観察[法]である。修行僧たちよ。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。

 ──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないこと(不還)である。──

 尊師はこのように告げられた。そえして、幸せな師(ブッダ)は、さらにまた次のように説かれた。

724 苦しみを知らず、また苦しみの生起するもとを知らず、また苦しみのすべて残りなく滅びるところをも、また苦しみの消滅に達する道をも知らない人々、──

725 かれらは心の解脱を欠き、また智慧の解脱を欠く。かれらは(輪廻を)終滅させることができない。かれは実に生と老いとを受ける。

726 しかるに、苦しみを知り、また苦しみの生起するもとを知り、また苦しみのすべて残りなく滅びるところを知り、また苦しみの消滅に達する道を知った人々、──

727 かれらは、心の解脱を具現し、また智慧の解脱を具現する。かれらは(輪廻を)終滅させることができる。かれらは生と老いとを受けることがない。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて素因に縁って起るのである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら素因が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちいずれか一つの果報が期待される。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師(ブッダ)は、さらにまた次のように説かれた。

728 世間には種々なる苦しみがあるが、それらは生存の素因にもとずいて生起する。実に愚者は知らないで生存の素因をつくり、くり返し苦しみを受ける。それ故に、知り明らめて、苦しみの生ずる原因を観察し、再生の素因をつくるな。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することがでまるのか?』と、もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『どんな苦しみが生ずるのでも、すべて無明に縁って起るのである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら無明が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存にもどらないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

729 この状態から他の状態へと、くり返し生死輪廻に赴く人々は、その帰趣(行きつく先)は無明にのみ存する。

730 この無明とは大いなる迷いであり、それによって永いあいだこのように輪廻してきた。しかし明知に達した生けるものどもは、再び迷いの生存に戻ることがない。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなれけばならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて潜在的形成力に縁って起るのである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら潜在的形成力が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種(の観察法)を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

731 およそ苦しみが生ずるのは、すべて潜在的形成力を縁(原因)として起るのである。諸々の潜在的形成力が消滅するならば、もはや苦しみの生ずることもない。

732 「苦しみは潜在的形成力の縁から起るものである」と、この災いを知って、一切の潜在的形成力が消滅し、(欲など)相を止めたならば、苦しみは消滅する。このことを如実に知って、

733 正しく見、正しく知った諸々の賢者・ヴェーダの達人は、悪魔の繋縛にうち勝って、もはや迷いの生存に戻ることがない。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて識別作用(識)に縁って起るのである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら識別作用が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待される。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はそらにまた次のように説かれた。

734 およそ苦しみが生ずるのは、すべて識別作用に縁って起るのである。識別作用が消滅するならば、もはや苦しみが生起するということはあり得ない。

735 「苦しみは識別作用に縁って起るのである」と、この禍いを知って、識別作用を静まらせたならば、修行者は、快をむさぼることなく、安らぎに帰しているのである。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて接触に縁って起るのである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら接触が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待される。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」

師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

736 接触にとらわれ、生存の流れにおしながされ、邪道を歩む人々は、束縛の消滅は遠いかなたにある。

737 しかし接触を熟知し理解して、平安を楽しむ人々は、実に接触がほろびるが故に、快を感ずることなく、安らぎに帰している。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて感受に縁って起るものである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら諸々の感受が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待される。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

738 楽であろうと、苦であろうと、悲苦悲楽であろうとも、内的にも外的にも、およそ感受されたものはすべて、

739 「これは苦しみである」と知って、滅び去るものである虚妄の事物に触れるたびごとに、衰滅することを認め、このようにしてそれらの本性を識知する。諸々の感受が消滅するが故に、修行僧は快を感ずることにく、安らぎに帰している。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、妄執(愛執)に縁って起るのである』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら妄執が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せに師はさらにまた次のように説かれた。

740 妄執を友としている人は、この状態からの状態へと永い間流転して、輪廻を超えることができない。

741 妄執は苦しみの起る原因である、とこの禍いを知って、妄執を離れて、執著することなく、よく気をつけて、修行僧は遍歴すべきである。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて執著に縁って起るのである。』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら諸々の執著が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

742 執著に縁って生存が起る。生存せる者は苦しみを受ける。生れた者は死ぬ。これが苦しみの起る原因である。

743 それ故に諸々の賢者は、執著が消滅するが故に、正しく知って、生まれの消滅したことを熟知して、再び迷いの生存にもどることがない。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて起動に縁って起るのである。』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら諸々の起動が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

744 およそ苦しみが起るのは、すべて起動を縁として起る。諸々の起動が消滅するならば、苦しみの生ずることもない。

745 「苦しみは起動の縁から起る」と、この禍いを知って、一切の起動を捨て去って、起動のないことにおいて解脱し、

746 生存に対する妄執を断ち、心の静まった修行僧は、生をくり返す輪廻を超える。かれはもはや生存を受けることがない。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて食料に縁って起るのである。』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら諸々の食料が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、或いは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

747 およそ苦しみが起るのは、すべて食料を縁として起る。諸々の食料が消滅するならば、もはや苦しみの生ずることもない。

748 「苦しみは食料の縁から起る」と、この禍いを知って、一切の食料を熟知して、一切の食料にたよらない、

749 諸々の煩悩の汚れの消滅の故に無病の起ることを正しく知って、省察して(食料を)受用し、理法に住するヴェーダの達人は、もはや(迷いの生存者のうちに)数えられることがない。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『およそ苦しみが生ずるのは、すべて動揺に縁って起るのである。』というのが、一つの観察[法]である。『しかしながら諸々の動揺が残りなく離れ消滅するならば、苦しみの生ずることがない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

750 およそ苦しみが起るのは、すべて動揺を縁として起る。諸々の動揺が消滅するならば、もはや苦しみの生ずることもない。

751 「苦しみは動揺の縁から起る」と、この禍いを知って、それ故に修行僧は(妄執の)動揺を捨て去って、諸々の潜在的形成力を制止して、無動揺・無執著で、よく気をつけて、遍歴すべきである。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『従属するものは、たじろぐ。』というのが、一つの観察[法]である。『従属しない者は、たじろかない』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

752 従属することのない人はたじろがない。しかし従属することのある人は、この状態からあの状態へと執著していて、輪廻を超えることがない。

753 「諸々の従属の中に大きな危険がある」と、この禍いを知って、修行僧は、従属することなく、執著することなく、よく気をつけて、遍歴すべきである。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『物理的領域よりも非物質的領域のほうが、よりいっそう静まっている』というのが、一つの観察[法]である。『非物質的領域よりも消滅のほうが、よりいっそう静まっている』というのが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

754 物質的領域に生まれる諸々の生存者と非物質的領域に住む諸々の生存者とは、消滅を知らないので、再びこの世の生存に戻ってくる。

755 しかし物質的領域を熟知し、非物質的領域に安住し、消滅において解脱する人々は、死を捨て去ったのである。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『神々と悪魔とともなる世界、道の人(沙門)・バラモン・神々・人間を含む諸々の生存者<これは真理である>と考えたものを、諸々の聖者は<これは虚妄である>と如実に正しい智慧をもってよく観ずる』というのが、一つの観察[法]である。『神々と悪魔とともなる世界、道の人・バラモン・神々・人間を含む諸々の生存者<これは虚妄である>と考えたものを、諸々の聖者は<これは真理である>と如実に正しい智慧をもってよく観ずる』──これが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

756 見よ、神々並びに世人は、非我なるものを我と思いなし、<名称と形態>(個体)に執著している。「これこそ真実である」と考えている。

757 或ものを、ああだろう、こうだろう、と考えても、そのものは異なったものとなる。何となれば、その(愚者の)その(考え)は虚妄なのである。過ぎ去るものは虚妄なるものであるから。

758 安らぎは虚妄ならざるものである。諸々の聖者はそれを真理であると知る。かれらは実に真理をさとるが故に、快をむさぼることなく平安に帰しているのである。

 「修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、もしもだけかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。どうしてであるか? 『神々と悪魔とともなる世界、道の人(沙門)・バラモン・神々・人間を含む諸々の生存者<これは安楽である>と考えたものを、諸々の聖者は<これは苦しみである>と如実に正しい智慧をもってよく観ずる』というのが、一つの観察[法]である。『神々と悪魔とともなる世界、道の人・バラモン・神々・人間を含む諸々の生存者<これは苦しみである>と考えたものを、諸々の聖者は<これは安楽である>と如実に正しい智慧をもってよく観ずる』──これが第二の観察[法]である。このように二種[の観察法]を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している修行僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。──すなわち現世における<さとり>か、あるいは煩悩の残りがあるならば、この迷いの生存に戻らないことである。」──

 師(ブッダ)はこのように告げられた。そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

759 有ると言われる限りの、色かたち、音声、味わい、香り、触れられるもの、考えられるものであって、好ましく愛すべく意に適うもの、──

760 それらは実に、神々並びに世人には「安楽」であると一般に認められている。また、それらが滅びる場合には、かれらはそれを「苦しみ」であると等しく認めている。

761 自己の身体(=個体)を断滅することが「安楽」である、と諸々の聖者は見る。(正しく)見る人々のこの(考え)は、一切の世間の人々と正反対である。

762 他の人々が「安楽」であると称するものを、諸々の聖者は「苦しみ」であると言う。他の人々が「苦しみ」であると称するものを、諸々の聖者は「安楽」であると知る。解し難き真理を見よ。無知なる人々はここに迷っている。

763 覆われた人々には闇がある。(正しく)見ない人々には暗黒がある。善良な人々には開顕される。あたかも見る人々に光明のあるようなものである。理法がなにであるかを知らない獣(のような愚人)は、(安らぎの)近くにあっても、それを知らない。

764 生存の貪欲にとらわれて、生存の流れにおし流され、悪魔の領土に入っている人々には、この真理は実に覚りがたい。

765 諸々の聖者以外には、そもそも誰がこの境地を覚り得るのであろうか。この境地を正しく知ったならば、煩悩の汚れのない者となって、まどかな平安に入るであろう。

 師(ブッダ)はこのように説かれた。修行僧たちは悦んで師の諸説を歓喜して迎えた。実にこの説明が述べられたときに、六十人の修行僧は執著がなくなって、心が汚れから解脱した。

[二種の観察]まとめの句

 真理(諦)と、生存の素因と、無名と、諸々の形成力と、第五に識別作用と、接触と、感受されるものと、妄執と、執著と、起動と、諸々の食と、動揺における震動と、物質的領域と、真理と苦とで、十六である。

<大いなる章>第三おわる

まとめの句

 出家と、つとめはげむことと、みごとに説かれたことと、スンダリカと、マーガと、サビヤと、セーラと、矢と、ヴァーセッタと、コーカーリヤと、ナーラカと、二種の観察と──

 これらの十二の経が「大いなる章」と言われる。



--------------------------------------------------------------------------------
【 第4 八つの詩句の章 】

--------------------------------------------------------------------------------
■□■<1,欲望>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
766 欲望をかなえたいと望んでいる人が、もしもうまくゆくならば、かれは実に人間の欲するものを得て、心に喜ぶ。

767 欲望をかなえたいと望み貪欲の生じた人が、もしも欲望をはたすことができなくなるならば、かれは、矢に射られたかのように悩み苦しむ。

768 足で蛇の頭を踏まないようにするのと同様に、よく気をつけて諸々の欲望を回避する人は、この世で執著をのり超える。

769 ひとが、田畑・宅地・黄金・牛馬・奴婢・傭人・婦女・親類、その他いろいろの欲望を貪り求めると、

770 無力のように見えるもの(諸々の煩悩)がかれにうち勝ち、危い災難がかれをふみにじる。それ故に苦しみがかれにつき従う。あたかも壊れた舟に水が侵入するように。

771 それ故に、人は常によく気をつけていて、諸々の欲望を回避せよ。船のたまり水を汲み出すように、それらの欲望を捨て去って、激しい流れを渡り、彼岸に到達せよ。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<2、洞窟についての八つの詩句>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
772 窟(自体)のうちにとどまり、執著し、多くの(煩悩)に覆われ、迷妄のうちに沈没している人、──このような人は、実に<遠ざかり離れること>(厭離)から遠く隔たっている。実に世の中にありながら欲望を捨て去ることは、容易ではないからである
773 欲求にもとづいて生存の快楽にとらわれている人々は、解脱しがたい。他人が解脱させてくれるのではないからである。かれらは未来をも過去をも顧慮しながら、これらの(目の前の)欲望または過去の欲望を貪る。

774 かれらは欲望を貪り、熱中し、溺れて、吝嗇で、不正になずんでいるが、(死時には)苦しみにおそわれて悲嘆する、──「ここで死んでから、われわれはどうなるのだろうか」と。

775 だから人はここにおいて学ぶべきである。世間で「不正」であると知られているどんなことであろうとも、そのために不正を行なってはならない。「ひとの命は短いものだ」と賢者たちは説いているのだ。

776 この世の人々が、諸々の生存に対する妄執にとらわれ、ふるえたいるのを、わたしは見る。下劣な人々は、種々の生存に対する妄執を離れないで、死に直面して泣く。

777 (何ものかを)わがものであると執著して動揺している人々を見よ。(かれらのありさまは)ひからびた流れの水の少ないところにいる魚のようなものである。これを見て、「わかもの」という思いを離れて行うべきである。──諸々の生存に対して執著することなしに。

778 賢者は、両極端に対する欲望を制し、(感官と対象との)接触を知りつくして、貪ることなく、自責の念にかられるような悪い行いをしないで、見聞することがらに汚されない。

779 想いを知りつくして、激流を渡れ。聖者は、所有したいという執著に汚されることなく、(煩悩の)矢を抜き去って、勤め励んで行い、この世もかの世も望まない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<3、悪意についての八つの詩句>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
780 実に悪意をもって(他人を)誹る人々もいる。また他人から聞いたことを真実だと思って(他人を)誹る人々もいる。誹ることばが起こっても、聖者はそれに近づかない。だから聖者は何ごとにも心の荒むことがない。

781 欲にひかれて、好みにとらわれている人は、どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。かれは、みずから完全であると思いなしている。かれは知るにまかせて語るであろう。

782 人から尋ねられたのではないのに、他人に向かって、自分が戒律や道徳を守っていると言いふらす人は、自分で自分のことを言いふらすのであるから、かれは「下劣な人」である。と真理に達した人々は語る。

783 修行僧が平安となり、心が安静に帰して、戒律に関して「わたしはこのようにしている」といって誇ることがないならば、世の中のどこにいても煩悩のもえ盛ることがないのであるから、かれは<高貴な人>である、と真理に達した人々は語る。

784 汚れた見解をあらかじめ設け、つくりなし、偏重して、自分のうちにのみ勝れた実りがあると見る人は、ゆらぐものにたよる平安に執著しているのである。

785 諸々の事物に関する固執(はこれこれのものであると)確かに知って、自己の見解に対する執著を超越することは、容易ではない。故に人はそれらの(偏執の)住居のうちにあって、ものごとを斥け、またこれを執る。

786 邪悪を掃い除いた人は、世の中のどこにいても、さまざまな生存に対してあらかじめいだいた偏見が存在しない。邪悪を掃い除いた人は、いつわりと驕慢とを捨て去っているが、どうして(輪廻に)赴くであろうか?かれはもはやたより近づくものがないのである。

787 諸々の事物に関してたより近づく人は、あれこれの議論(誹り、噂さ)を受ける。(偏見や執著に)たより近づくことのない人を、どの言いがかりによって、どのように呼び得るであろえか? かれは執することもなく、捨てることもない。かれはこの世にありながら一切の偏見を掃い去っているのである。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<4、清浄についての八つの詩句>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
788 「最上で無病の、清らかに人をわたくしは見る。人が全く清らかになるのは見解による」と、このように考えることを最上であると知って、清らかなことを観ずる人は、(見解を、最上の境地に達し得る)智慧である。
789 もしも人が見解によって清らかになり得るのであるならば、あるいはまた人が知識によって苦しみを捨て得るのであるならば、それは煩悩にとらわれている人が(正しい道以外の)他の方法によっても清められることになるであろう。このように語る人を「偏見ある人」と呼ぶ。

790 (真の)バラモンは、(正しい道の)ほかには、見解・伝承の学問・戒律・道徳・思想のうちのどれによっても清らかになるとは説かない。かれは禍福に汚されることなく、自我を捨て、この世において(禍福の因を)つくることがない。

791 前の(師など)を捨てて後の(師など)にたより、煩悩の動揺に従っている人々は、執著をのり超えることがない。かれらは、とらえては、また捨てる。猿が枝をとらえて、また放つようなものである。

792 みずから誓戒をたもつ人は、思いに耽って、種々多様なことをしようとする。しかし智慧ゆたかな人は、ヴェーダ(実践的認識)によって知り、真理を理解して、種々多様なことをしようとしない。

793 かれは一切の事物について、見たり学んだり思索したことを制し、支配している。このように観じ、覆われることなしにふるまう人を、この世でどうして妄想分別させることができようか。

794 かれははからいをなすことなく、(何物かを)特に重んずることもなく、「これこそ究極の清らかなことだ」と語ることもない。結ばれた執著のきずなをすて去って、世間の何ものについても願望を起すことがない。

795 (真の)バラモンは、(煩悩の)範囲をのり超えていてる。かれが何ものかを知りあるいは見ても、執著することがない。かれは欲を貪ることなく、また離欲を貪ることもない。かれは(この世ではこれが最上のものである)と固執することもない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<5、最上についての八つの詩句>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
796 世間では、人は諸々の見解のうちで勝れているとみなす見解を「最上のも」のであると考えて、それよりも他の見解はすべて「つまらないものである」と説く。それ故にかれは諸々の論争を超えることがない。

797 かれ(=世間の思想家)は、見たこと・学んだこと・戒律や道徳・思索したことについて、自分の奉じていることのうちのみすぐれた実りを見、そこで、それだけに執著して、それ以外の他のものをすべてつまらぬものであると見なす。

798 ひとが何か或ものに依拠して「その他のものはつまらぬものである」と見なすならば、それは実にこだわりである、と<真実に達した人々>は語る。それが故に修行者は、見たこと・学んだこと・思索したこと、または戒律や道徳にこだわってはならない。

799 智慧に関しても、戒律や道徳に関しても、世間において偏見をかまえてはならない。自分を他人と「等しい」と示すことなく、他人より「劣っている」とか、或いは「勝れている」とか考えてはならない。

800 かれは、すでに得た(見解)[先入見]を捨て去って執著することなく、学識に関しても特に依拠することをしない。人々は(種々異なった見解に)分かれているが、かれは実に党派に盲従せず、いかなる見解をもそのまま信ずることがない。

801 かれはここで、両極端に対し、種々の生存に対し、この世についても、来世についても、願うことがない。諸々の事物に関して断定を下して得た固執の住居は、かれには何も存在しない。

802 かれはこの世において、見たこと、学んだこと、あるいは思索したことに関して、微塵ほどの妄想をも構えていない。いかなる偏見をも執することのないそのバラモンを、この世においてどうして妄想分別させることができるであろうか?

803 かれらは、妄想分別をなすことなく、(いずれか一つの偏見を)特に重んずるということもない。かれらは、諸々の教義のいすれかをも受け入れることもない。バラモンは戒律や道徳によって導かれることもない。このような人は、彼岸に達して、もはや還ってこない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<6、老 い>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
804 ああ短いかな、人の生命よ。百歳にたっせずせして死す。たといそれよりも長く生きたとしても、また老衰のために死ぬ。

805 人々は「わがものである」と執著した物のために悲しむ。(自己の)所有しているものは常住ではないからである。この世のものはただ変滅するものである、と見て、在家にとどまってはならない。

806 人が「これはわがものである」と考える物、──それは(その人の)死によって失われる。われに従う人は、賢明にこの理を知って、わかものという観念に屈してはならない。

807 夢の中で会った人でも、目がさめたならば、もはやかれを見ることができない。それと同じく、愛したひとでも死んでこの世を去ったならば、もはや再び見ることはできない。

808 「何の誰それ」という名で呼ばれ、かつては見られ、また聞かれた人でも、死んでしまえば、ただ名が残って伝えられるだけである。


809 わがものとして執著したものを貪り求める人々は、憂いと悲しみと慳(モノオシ)みとを捨てることがない。それ故に諸々の聖者は、所有を捨てて行って安穏(アンノン)をみたのである。

810 遠ざかり退いて行する修行者は、独り離れて座所に親しみ近づく。迷いの生存の領域のうちに自己を現さないのが、かれにふさわしいことであるといわれる。

811 聖者はなにものにもとどこおることなく、愛することもなく、憎むこともない。悲しみも慳(モノオシ)みもかれを汚すことがない。譬えば(蓮の)葉の上の水が汚されないようなものである。

812 たとえば蓮の上の水滴、あるいは蓮華の上の水が汚されないように、それと同じく聖者は、見たり学んだり思索したどんなことについても、汚されることがない。

813 邪悪を掃い除いた人は、見たり学んだり思索したどんなことでも特に執著して考えることがない。かれは他のものによって清らかになろうとは望まない。かれは貪らず、また嫌うこともない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<7、ティッサ・メッテイヤ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
814 ティッサ・メッテイヤさんがいった、──「きみよ。婬欲の交わりに耽る者の破滅を説いてください。あなたの教えを聞いて、われらも独り離れて住むことを学びましょう。」

815 師(ブッダ)は答えた、「メッテイヤよ。婬欲の交わりに耽る者は教えを失い、邪まな行いをする。これはかれのうちにある卑しいことがらである。

816 かって独りで暮していたのに、のちに婬欲の交わりに耽る人は、車が道からはずれたようなものである。世の人々はかれを『卑しい』と呼び、また『凡夫』と呼ぶ。

817 かってかれのもっていた名誉も名声も、すべて失われる。このことわりを見たならば、婬欲の交わりを断つことを学べ。

818 かれは諸々の(欲の)想いに囚われて、困窮者のように考えこむ。このような人は、他人からのとどく非難の声を聞いて恥いってしまう。

819 そうして他人に詰られたときには虚言に陥る。すなわち、[自らを傷つける]刃(悪行)をつくるのである。これがかれの大きな難所である。

820 独りでいる修行をまもっていたときは一般に賢者と認められていた人でも、もしも婬欲の交わりに耽ったならば、愚者のように悩む。

821 聖者はこの世で前後にこの災いのあることを知り、独りでいる修行を堅くまもれ。婬欲の交わりに耽ってはならない。

822 (俗事から)離れて独り居ることを学べ。これは諸々の聖者にとって最上のことがらである。(しかし)これだけで『自分が最上の者だ』と考えてはならない。──かれは安らぎに近づいているのだが。

823 聖者は諸々の欲望を顧みることなく、それを離れて修行し、激流を渡りおわっているので、諸々の欲望に束縛されている人々はかれを羨むのである。」──



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<8、パスーラ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
824 かれらは「ここにのみ清らかさがある」と言い張って、他の諸々の教えが清らかでないと説く。「自分が依拠しているもののみを善である」と説きながら、それぞれ別々の真理に固執している。

825 かれらは論議を欲し、集会に突入し、相互に他人を<愚者である>と烙印し、他人(師など)をかさに着て、論争を交わす。──みずから真理に達したものであると称しながら、自分が称賛されるようにと望んでいる。

826 集会の中で論争に参加した者は、称賛されようと欲して、おずおずしている。そうして敗北してはうちしおれ、(論敵の)あらさがしをしているのに、(他人から)論難されると、怒る。

827 諸々の審判者がかれの所論に対し「汝の議論は敗北した。論破された」というと、論争に敗北した者は嘆き悲しみ、「かれはわたしを打ち負かした」といっい悲泣する。

828 これらの論争が諸々の修行者の間に起ると、これらの人々には得意と失意とがある。ひとはこれを見て論争をやめるべきである。称賛を得ること以外には他に、なんの役にも立たないからである。

829 あるいはまた集会の中で議論を述べて、それについて称賛されると、心の中に期待したような利益を得て、かれはそのために喜んで、心が高ぶる。

830 心の高ぶりというものは、かれの害われる場所である。しかるにかれは慢心・増上慢心の言をなす。このことわりを見て、論争してはならない。諸々の熟達せる人々は、「それによって清浄が達成される」とは説かないからである。

831 たとえぱ王に養われてきた勇士が、相手の勇士を求めて、喚声を挙げて進んでゆくようなものである。勇士よ。かの(汝にふさわしい、真理に達した人の)いるところに到れ。相手として戦うべきものは、あらかじめ存在しないのである。

832 (特殊な)偏見を固執して論争し、「これのみが真実である」と言う人々がいるならば、汝はかれに言え、──「論争が起っても、汝と対論する者はここにいない」と。

833 またかれらは対立を離脱して行い、一つの見解を[他の]諸々の偏見と抗争させない人々なのであるが、かれらに対して、あなたは何を得ようとするのか? パスーラよ。かれらの間で、「最上のもの」として固執されたものは、ここには存在しないのである。

834 さてあなたは(「自分こそ勝利を得るであろう」と)思いをめぐらし、心中にもろもろの偏見を考えて、邪悪を掃い除いた人(ブッダ)と論争しようと、やって来られたが、あなたも実にそけだけならば、それを実現することは、とてもできない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<9、マーガンディヤ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
835 (師((ブッダ))は語った)、「われは(昔さとりを開こうとした時に)、愛執と嫌悪と貪欲(という三人の悪女)を見ても、かれらと婬欲の交わりをしたいという欲望さえも起らなかった。糞尿に満ちたみの(女が)そもそも何ものなのだろう。わたくしはそれに足でさえも触れたくないのだ。」

836 (マーガンディヤがいった)、「もしもあなたが、多くの王者がもとめた女、このような宝、が欲しくないならば、あなたはどのような見解を、どのような戒律・道徳・生活法を、またどのような生存状態に生まれかわることを説くのですか?」

837 師が答えた、「マーガンディヤよ。『わたくしはこのことを説く』、ということがわたくしにはない。諸々の事物に対する執著を執著であると確かに知って、諸々の偏見における(過誤を)見て、固執することなく、省察しつつ内心の安らぎをわたくしは見た。」

838 マーガンディヤがいった、「聖者さま。あなたは考えて構成された偏見の定説を固執することなしに、<内心の安らぎ>ということをお説きになりますが、そのことわりを諸々の賢人はどのように説いておられるのでしょうか?」

839 師は答えた、「マーガンディヤよ。『教義によって、学問によって、戒律や道徳によって清らかになることができる』とは、私は説かない。『教義がなくても、学問がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができる』とも説かない。それらを捨て去って、固執することなく、こだわることなく、平安であって、迷いの生存を願ってはならぬ。(これが内心の平安である。)」

840 マーガンディヤがいった、「もしも、『教義によっても、学問によっても、知識によっても、戒律や道徳によっても清らかになのことがではない』と説き、また『教義がなくても、学問がなくても、知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができない』と説くのであれば、それはばかばしい教えである、とわたくしは考えます。教義によって清らかになることができる、と或る人々は考えます。」

841 師は答えた、「マーガンディヤよ。あなたは(自分の)教義にもとづいて尋ね求めるものだから、執著したことがらについて迷妄に陥ったのです。あなたはこの(内心の平安)について微かな想いをさえもいだいていない。だから、あなたは(わたしの説を)『ばかばかしい』とみなすのです。

842 『等しい』とか『すぐれている』とか、あるいは『劣っている』とか考える人、──かれらはその思いによって論争するであろう。しかしそれらの三種に関して動揺しない人、──かれには『等しい』とか、『すぐれている』とか、(あるいは『劣っている』とか)いう思いは存在しない。

843 そのバラモンはどうして『(わが説は)真実である』と論ずるであろうか。またかれらは『(汝の説は)虚偽である』といって誰と論争するであろうか?『等しい』とか『等しくない』とかいうことのなくなった人は、誰に論争を挑むであろうか。

844 家を捨てて、住所を定めずにさまよい、村の中で親交を結ぶことのない聖者は、諸々の欲望を離れ、未来に望みをかけることなく、人々に対して異論を立てて談論をしててはならない。

845 竜(修行完成者)は諸々の(偏見)を離れて世間を遍歴するのであるから、それらに固執して論争してはならない。たとえば汚れから生える、茎に棘のある蓮が、水にも泥にも汚されないように、そのように聖者は平安を説く者であって、貪ることなく、欲望にも世間にも汚されることがない。

846 ヴェーダの達人は、見解についても、思想についても、慢心に至ることがない。かれらの本性はそのようなものではないからである。かれらは宗教的行為によっても導かれないし、また伝統的な学問によっても導かれない。

847 想いを離れた人には、結ぶ縛めが存在しない。智慧によって解脱した人には、迷いが存在しない。想いと偏見とに固執した人々は、互いに衝突しながら、世の中をうろつく。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<10、死ぬよりも前に>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
848 「どのように見、どのような戒律をたもつ人が『安らかである』と言われるのか? ゴータマ(ブッダ)よ。おたずねしますが、その最上の人のことをわたくしに説いてください。」

849 師は答えた「死ぬよりも前に、妄執を離れ、過去にこだわることなく、現在においてもくよくよと思いめぐらすことがないならば、かれは(未来に関しても)特に思いわずらうことがない。

850 かの聖者は、怒らず、おののかず、誇らず、あとで後悔するような悪い行いをなさず、よく思慮して語り、そわそわすることなく、ことばを慎しむ。

851 未来を願い求めることなく、過去を思い出して憂えることもない。[現在]感官で触れる諸々の対象について遠ざかり離れることを観じ、諸々の偏見に誘われることがない。

852 (貪欲などから)遠ざかり、偽ることなく、貪り求めることなく、慳みせず、傲慢にならず、嫌われず、両舌を事としない。

853 快いものに耽溺せず、また高慢にならず、柔和で、弁舌さわやかに、信ずることなく、なにかを嫌うこともない。

854 利益を欲して学ぶのではない。利益がなかったとしても、怒ることがない。妄執のために他人に逆らうことなく、美味に耽溺することもない。

855 平静であって、常によく気をつけていて、世間において(他人を自分と)等しいとも思わない。また自分が勝れているとも思わないし、また劣っているとも思わない。かれは煩悩の燃え盛ることがない。

856 依りかかることのない人は、理法を知ってこだわることがないのである。かれには、生存の断滅のための妄執も存在しない。

857 諸々の欲望を顧慮することのない人、──かれこそ<平安なる者>である、とわたしは説く。かれには締めの結び目は存在しない。かれはすでに執著を渡り了えた。

858 かれには、子も、家畜も、田畑も、地所も存在しない。すでに得たものも、捨て去ったものも、かれのうちには認められない。

859 世俗の人々、または道の人・バラモンどもがかれを非難して(貪りなどの過)があるというであろうが、かれはその(非難)を特にきにかけることはない。それ故に、かれは論議されても、動揺することがない。

860 聖者は貪りを離れ、慳みすることなく、『自分は勝れたものである』とも、『自分は等しいものである』とも『自分は劣ったものである』とも論ずることがない。かれは分別を受けることのないものであって、妄想分別におもむかない。

861 かれは世間において<わがもの>という所有がない。また無所有を嘆くこともない。かれは[欲望に促されて]、諸々の事物に赴くこともない。かれは実に<平安なる者>と呼ばれる。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<11、争 闘>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
862 「争闘と争論と悲しみと憂いと慳みと慢心と傲慢と悪口しは、どこから現われ出たのですか? これはどこから起ったのですか? どうか、それを教えてください。」 863 「争闘と争論と悲しみと憂いと慳(モノオシ)みと慢心し傲慢と悪口とは愛し好むものにもとづいて起る。争闘と争論とは慳みに伴い、争論が生じたときに、悪口が起る。」

864 「世間において、愛し好むものは何にもとづいて起るのですか。また世間にははびこる貪りは何にもとづいて起るのですか? また人が来世に関していだく希望とその成就とは、何にもとづいて起るのですか?」

865 「世の中で愛し好むもの及び世の中にはびこる貪りは、欲望にもとづいて起る。また人が来世に関していだく希望と成就とは、それにもとづいて起る。」

866 「さて世の中で欲望は何にもとづいて起るのですか? また(形而上学的な)断定は何から起るのですか? 怒りと虚言と疑惑と及び<道の人>(沙門)の説いた諸々のことがらは、何から起るのですか?」

867 「世の中で<快><不快>と称するものに依って、欲望が起る。諸々の物質的存在には正起と消滅とのあることを見て、世の中には<外的な事物にとらわれた>断定を下す。

868 怒りと虚言と疑惑、──これらのことがらも、(快と不快との)二つがあるときに現れる。疑惑ある人は知識の道に学べ。<道の人>は、知って、諸々のことがらを説いたのである。」

869 「快と不快とは何にもとづいて起るのですか? また何がないときにこれらのものが現れないのですか? また生起と消滅ということの意義と、それの起るもととなっているものを、われに語ってください。」

870 「快と不快とは、感官による接触にもとづいて起る。感官の接触が存在しないときには、これらのものも起こらない。生起と消滅ということの意義と、それの起るもととなっているもの(感官による接触)を、われは汝に告げる。」

871 「世の中で感覚による接触は何にもとづいて起るのですか? また所有欲は何から起るのですか? 何ものが存在しないときに、<わがもの>という我執が存在しないのですか?

872 「名称と形態とに依って感官による接触が起る。諸々の所有欲は欲求を縁として起る。欲求がないときには、<わかもの>という我執も存在しない。形態が消滅したときには<感官による接触>ははたらかない。」

873 「どのように修行した者にとって、形態が消滅するのですか? 楽と苦とはいかにして消滅するのですか? どのように消滅するのか、その消滅するありさまを、わたくしに説いてください。わたくしはそれを知りたいものです。──わたくしはこのように考えました。」

874 「ありのままに想う者でもなく、誤って想う者でもなく、想いなき者でもなく、想いを消滅した者でもない。──このように理解した者の形態は消滅する。

875 「われらがあなたにおたずねしたことを、あなたはわれわれに説き明かしてくださいました。われらは別のことをあなたにおたずねしましょう。どうか、それを説いてください。
──この世における或る賢者たちは、『この状態だけが、霊(タマシイ)の最上の清浄の境地である』とわれらに語ります。しかしまた、それよりも以上に、『他の(清浄の境地)がある』と説く人々もいるのでしようか?」

876 「この世において或る賢者たちは、『霊の最上の清浄の境地はこれだけのものである』と語る。さらにかれらのうちの或る人々は断滅を説き、(精神も肉体も)残りなく消滅することのうち(最上の清浄の境地がある)と、巧みに語っている。

877 かの聖者は、『これらの偏見はこだわりがある』と知って、諸々のこだわりを塾考し、知った上で、解脱せる人は論争におもむかない。思慮ある賢者は種々なる変化的生存を受けることがない。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<12、並ぶ応答─小篇>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
878 (世の学者たちは)めいめいの見解に固執して、互いに異なった執見をいだいて争い、(みずから真理への)熟達者であると称して、さまざまに論ずる。──「このように知る人は真理を知っている。これを非難する人はまだ不完全な人である」と。

879 かれらはこのように異なった執見をいだいて論争し、「論敵は愚者であって、真理に達した人でない」と言う。これらの人々はみな「自分こそ真理に達した人である」と語っているが、これらのうちで、どの説が真理なのであろうか?

880 もしも論敵の教えを承認しない人が愚者であって、低級な者であって、智慧の劣った者であるならば、これらの人々はすべて(各自の)偏見を固執しているのであるから、かれらはすべて愚者であり、ごく智慧の劣った者であるということになる。

881 またもし自分の見解によって清らかとなり、自分の見解によって、真理に達した人、聡明な人となるのであるのならば、かれらのうちには知性のない者はだれもいないことになる。かれらの見解は(その点で)等しく完全であるから。

882 諸々の愚者が相互に他人に対していうことばを聞いて、わたくしは「これは真実である」とは説かない。かれらは各自の見解を真実であるとみなしたのだ。それ故にかれらは他人を「愚者」であると決めつけるのである。

883 或る人々が「真理である、真実である」と言うところのその(見解)をば、他の人々が「虚偽である、虚妄である」と言う。このようにかれらは異なった執見をいだいて論争する。何故に諸々の<道の人>は同一の事をを語らないのであろうか?

884 真実は一つであって、第二のものは存在しない。その(真理)を知った人は、争うことがない。かれらはめいめい異なった真理をほめたたえあっている。それ故にもろもろの<道の人>は同一の事を語らないのである。

885 みずから真理に達した人であると自称して語る論者たちは、何故に種々異なった真理を説くのであろうか? かれは多くの種々異なった真理を(他人から)聞いたのであるか? あるいはまたかれらは自分の思索に従っているのであろうか?

886 世の中には、多くの異なった真理が永久に存在しているのではない。ただ永久のものだと想像しているだけである。かれらは、諸々の偏見にもとづいて思索考研を行って、「(わが説は)真理である」「(他人の説は)虚妄である」と二つのことを説いているのである。

887 偏見や伝承の学問や戒律や誓いや思想や、これらに依存して(他の説を)蔑視し、(自己の学説の)断定的結論に立って喜びながら、「反対者は愚人である、無能な奴だ」という。

888 反対者を(愚者)であると見なすとともに、自己を<真理に達した人>であるという。かれはみずから自分を<真理に達した人>であると称しながら、他人を蔑視し、そのように語る。

889 かれは過った妄見を以てみたされ、驕慢によって狂い、自分は完全なものであると思いなし、みずからの心のうちでは自分を賢者だと自認している。かれのその見解は、(かれによれば)そのように完全なものだからである。

890 もしも、他人が自分を(「愚劣だ」と)呼ぶが故に、愚劣となるのであれば、その(呼ぶ人)自身は(相手と)ともに愚劣な者となる。また、もしも自分でヴェーダの達人・賢者と称しているのであれば、諸々の、<道の人>のうちには愚者は一人も存在しないことになる。

891 「この(わが説)以外の他の教えを宣説する人々は、清浄に背き、<不完全な人>である」と、一般の諸々の異説の徒はこのようにさまざまに説く。かれは自己の偏見に耽溺して汚れに染まっているからである。

892 ここ(わが説)にのみ清浄があると説き、他の諸々の教えには清浄がないと言う。このように一般の諸々の異説の徒はさまざまに執著し、かの自分の道を堅くまもって論ずる。

893 自分の道を堅くたもって論じているが、ここに他の何びとを愚者であると見ることができようぞ。他(の説)を、「愚者である」、「不浄の教えである」、と説くならば、かれはみずから確執をもたらすであろう。

894 一方的に決定した立場に立ってみずから考え量りつつ、さらにかれは世の中で論争をなすに至る。一切の(哲学的)断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<13、並ぶ応答─長篇>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
895 これらの偏見を固執して、「これのみが真理である」と宣説する人々、──かれらはすべて他人からの非難を招く。また、それについて(一部の人々から)称賛を博するだけである。

896 (たとえ称賛を得たとしても)それは僅かなものであって、平安を得ることができない。論争の結果は(称賛と非難との)二つだけである、とわたしは説く。この道理を見ても、汝らは、無論争の境地を安穏であると観じて、論争をしてはならない。

897 すべて凡俗の徒のいだく、これらの世俗的見解に、智者は近づくことがない。かれは、見たり聞いたりしたことがらについて「これだ」と認め知ることがないから、こだわりがない。かれはそもそもどんなこだわりに赴くのであろうか?

898 戒律を最上のものと仰いでいる人々は、「制戒によって清浄が得られる」と説き、誓戒を受けている。「われわれはこの教えで学びましょう。そうすれば清浄が得られるでしょう」といって、<真理に達した者>と称する人々は、流転する迷いの生存に誘きこまれる。

899 もしもかれが戒律や誓戒を破ったならば、かれは(戒律や誓戒の)つとめにそむいて、おそれおののく。(それのみならず)かれは「こうしてのみ清浄が得られる」ととなえて望み求めている。たとえば隊商からはぐれた(商人が隊商をもとめ)、家から旅立った(旅人が家をもとめる)ようなものである。

900 一切の戒律や誓いをも捨て、(世間の)罪過あり或いは罪過なき(宗教的)行為をも捨て、「清浄である」とか「不浄であると」とかいってねがい求めることもなく、それらにとらわれずに行え。──安らぎを固執することもなく。

901 あるいは、ぞっとする苦行にもとづき、あるいは見たこと、学んだこと、思索したことにもとづき、声を高くして清浄を讃美するが、妄執を離れていないので、移りかわる種々なる生存のうちにある。

902 ねがい求める者は欲念がある。また、はからいのあるときには、おののきがある。この世において死も生も存しない者、──かれは何を怖れよう、何を欲しよう。

903 或る人々が「最高の教えだ」と称するものを、他の人々は「下劣なものである」と称する。これらのうちで、どれが真実の説であるのか? ──かれはすべて自分らこそ真理に達した者である称しているのであるが。

904 かれらは自分の教えを「完全である」と称し、他人の教えを「下劣である」という。かれらはこのように互いに異った執見をいだいて論争し、めいめい自分の仮説を「真実である」と説く。

905 もしも他人に非難されているが故に下劣なのであるというならば、諸々の教えのうちで勝れたものは一つもないことになろう。けだし世人はみな自己の説を堅く主張して、他人の教えを劣ったものだと説いているからである。

906 かれらは自分の道を称賛するように、自己の教えを尊重している。しからば一切の議論がそのとおり真実であるということになるであろう。かれらはそれぞれ清浄となれるからである。

907 (真の)バラモンは、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて断定をして固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。他の教えを最も勝れたものだと見なすこともないからである。

908 「われは知る。われは見る。これはそのとうりである」という見解によって清浄になることができる、と或る人々は理解している。たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるだろう。かれらは、正しい道を踏みはずして、他人によって清浄となると説く。

909 見る人は名称と形態とを見る。また見てはそれらを(常住または安楽であると)認めるであろう。見たい人は、多かれ少かれ、それらを(そのように)見たらよいだろう。真理に達した人々は、それ(を見ること)によって清浄になるとは説かないからである。

910 (「われは知る」「われは見る」ということに)執著とて論ずる人は、みずから構えた偏見を尊重しているので、かれを導くことは容易ではない。自分の依拠することがらのみ適正であると説き、そのことがらに(のみ)清浄(となる道)を認める論者は、そのように(一方的に)見たのである。

911 バラモンは正しく知って、妄想分別におもむかない。見解に流されず、知識にもなずまない。かれは凡俗のたてる諸々の見解を知って、心にとどめない。──他の人々はそれに執著しているのだが。──

912 聖者はこの世で諸々の束縛を捨て去って、論争が起こったときにも、党派にくみすることがない。かれは不安な人々のうちにあっても安らけく、泰然として、執することがない。──他の人々はそれに執著しているのだが。──

913 過去の汚れを捨てて、新しい汚れをつくることなく、欲におもむかず、執著して論ずることもない。賢者は諸々の偏見を離脱して、世の中に汚されることなく。自分を責めることもない。

914 見たり、学んだり、考えたりしたどんなことについてでも、賢者は一切の事物に対して敵対することがない。かれは負担をはなれて解放されている。かれははからいをなすことなく、快楽に耽ることなく、求めることもない。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<14、迅 速>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
915 [問うていわく──]「・・・・修行者はどのように観じて、世の中のものを執することなく、安らいに入るのですか?」

916 師(ブッダ)は答えた、「<われは考えて、有る>という<迷わせる不当な思惟>の根本をすべて制止せよ。内に存するいかなる妄執をもよく導くために、常に心して学べ。

917 内的にでも外的にでも、いかなることがらをも知りぬけ。しかしそれによって慢心を起こしてはならない。それが安らいであるとは真理に達した人々は説かないからである。

918 これ(慢心)によって『自分は勝れている』と思ってはならない。『自分は劣っている』とか、また『自分は等しい』とか思ってはならない。いろいろの質問を受けても、自己を妄想せずにおれ。

919 修行者は心のうちが平安となれ。外に静穏を求めてはならない。内面的に平安となった人には取り上げられるものは存在しない。どうして捨てられるものがあろうか。

920 海洋の奥深いところでは波が起こらないで、静止しているように、静止して不動であれ。修行者は何ものについても欲念をもり上げてはならない。」

921[質問者はいわく]、「眼を開いた人は、みずから体験したことがら、危難の克服、を説いてくださいました。ねがわくは正しい道を説いてください。戒律規定や、精神安定の法をも説いてください。」

922 [師いわく]、「眼で見ることを貪ってはならない。卑俗な話から耳を遠ざけよ。味に耽溺してはならない。世間における何ものをも、わかものであるとみなして固執してはならない。

923 苦痛を感じるときがあっても、修行者は決して悲嘆してはならない。生存を貪り求めてはならない。恐ろしいものに出会っても、慄(フル)えてはならない。

924 食物や飲料や堅い食べものや衣服を得ても、貯蔵してはならない。またそれらがえられないからとて心配してはならない。

925 こころを安定させよう。うろついてはならないるあとで後悔するようなことをやめよ。怠けてはならなぬ。そうして修行者は閑静な座所・臥所に住むべきである。

926 多く眠ってはならぬ。熱心に努め、目ざめているべきである。ものぐさと偽りと談笑と遊戯と婬欲の交わりと装飾とを捨てよ。

927 わが徒は、アタルヴァーダの呪法と夢占いと相の占いとを行ってはならない。鳥獣の声を占ったり、懐妊術や医術を行ったりしてはならない。

928 修行者は、非難されても、くよくよしてはならない。称讃されても、高ぶってはならない。貪欲と慳みと怒りと悪口を除き去れ。

929 修行者は、売買に従事してはならない。決して誹謗をしてはならない。また村の人々と親しく交わってはならない。利益を求めて人々に話しかけてはならない。

930 また修行者は高慢であってはならない。また(自分の利益を得るために)遠廻しに策したことばを語ってはならない。傲慢であってはならない。不和をもたらす言葉を語ってはならない。 931 虚言をなすことなかれ、知りながら詐りをしないようにせよ。また生活に関しても、知識に関しても、戒律や道徳に関しても、自分が他人よりもすぐれていると思ってはならない。

932 諸々の出家修行者やいろいろ言い立てる世俗人に辱しめられ、その(不快な)ことばを多く聞いても、あらあらしいことばを以て答えてはならない。立派な人々は敵対的な返答をしないからである。

し 933 修行者はこの道理を知って、よく弁えて、つねに気をつけて学べ。諸々の煩悩の消滅した状態が「安らぎ」であると知って、ゴータマ(ブッタ)の教えにおいて怠ってはならない。

934 かれは、みずから勝ち、他にうち勝たれることがない。他人から伝え聞いたのではなくて、みずから証する理法を見た。それ故に、かの師(ブッタ)の教えに従って、怠ることなく、つねに礼拝して、従い学べ。」

──このように師(ブッダ) はいわれた。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<15、武器を執ること>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
935 殺そうと争闘する人々を見よ。武器を執って打とうとしたことから恐怖が生じたのである。わたくしがぞっとしてそれを厭い離れたその衝撃を宣べよう。

936 水の少ないところにいる魚のように、人々が慄えているのを見て、また人々が相互に抗争しているのを見て、わたくしに恐怖が起った。

937 世界はどこでも堅実ではない。どの方角でもすべて動揺している。わたくしは自分のよるべき住所を求めたのであるが、すでに(死や苦しみなどに)とりつかれていないところを見つけなかった。

938 (生きとし生けるものは)終極においては違逆に会うのを見て、わたくしは不快になった。またわたくしはその(生けるものどもの)心の中に見がたき煩悩の矢が潜んでいるのを見た。

939 この(煩悩の)矢に貫かれた者は、あらゆる方角をかけめぐる。この矢を抜いたならば、(あちこちを)駆けめぐることもなく、沈むこともない。

940 そこで次に実践のしかたが順次に述べられる。──世間における諸々の束縛の絆にほだされてはならない。諸々の欲望を究めつくして、自己の安らぎを学べ。

941 聖者は誠実であれ。傲慢でなく、詐りなく、悪口を言わず、怒ることなく、邪まな貪りと慳みとを超えよ。

942 安らぎを心がける人は、眠りとものぐさとふさぎこむ心とにうち勝て。怠惰を宿らせてはならぬ。高慢な態度をとるな。

943 虚言をつくように誘き込まれるな。美しいすがたに愛著を起すな。また慢心を知りつくしてなくすようにせよ。粗暴になることなく、ふるまえ。

944 古いものを喜んではならない。また新しいものに魅惑されてはならない。滅びゆくものを悲しんではならない。牽引する者(妄執)にとらわれてはならない。

945 わたくしは、(牽引する者のことを)貪欲、ものすごい激流と呼び、吸い込む欲求と呼び、はからい、捕捉と呼びね超えがたい欲望の汚泥であるともいう。

946 バラモンである聖者は、真実から離れることなく、陸地(安らぎ)に立っている。かれは一切を捨て去って、「安らぎになった人」と呼ばれる。

947 かれは智者であり、ヴェーダの達人である。かれは理法を知りおわって、依りかかることがない。かれは世間において正しくふるまい、世の中で何びとをも羨むことがない。

948 世間における諸々の欲望を超え、また克服しがたい執著を超えた人は、流されず、束縛さけず、悲しむことなく、思いこがれることもない。

949 過去にあったもの(煩悩)を涸渇せしめよ。未来には汝に何ものも有らぬようにせよ。中間においても汝が何ものをも執しないならば、汝は「安らかな人」としてふるまうことであろう。

950 名称と形態について、<わがものという思い>の全く存在しない人、また(何ものかが)ないからといって悲しむことのない人、──かれは実に世の中にあっても老いることがない。

951 「これはわがものである」また「これは他人のものである」というような思いが何も存在しない人、──かれは(このような)<わがものという観念>が存しないから、「われになし」といって悲しむことがない。

952 苛酷なることなく、貪欲なることなく、動揺して煩悩に悩まされることなく、万物に対して平等である。──動じない人について問う人があれば、その美点をわたくしは説くであろう。

953 動揺して煩悩に悩まされることなく、叡智ある人にとっては、いかなる作為も存在しない。かれはあくせくした営みから離れて、至るところに安穏を見る。

954 聖者は自分が等しい者どものうちにいるとも言わないし、劣った者のうちにいるとも、勝れた者のうちにいるとも言わない。かれは安らいに帰し、取ることもなく、捨てることもない。

 ──と師は説かれた。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<16、サーリプッタ>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
955 サーリプッタさんが言った、──
「わたくしは未だ見たこともなく、また誰からも聞いたこともない。──このようにことば美わしき師(ブッダ)、衆の主がトゥシタ天から来りたもうたことを。

956 眼ある人(ブッダ)は、神々及び世人が見るように、一切の暗黒を除去して、独りで(法)楽をうけられた。

957 こだわりなく、偽りなく、このような範たる人として来りたもうた師・目ざめた人(ブッダ)であるあなたのもとに、これらの束縛ある多くの者どものために問おうとして、ここに参りました。

958 修行者は世を厭うて、人のいない座所や樹下や墓地を愛し、山間の洞窟の中におり、

959 または種々の座所のうちにいるのであるが、そこにはどんなに恐ろしいことがあるのだろう。──修行者は音のしないところに坐臥していても、それらを恐れて震えてはならないのだが。

960 未到の地におもむく人にとっては、この世にどれだけの危難があることだろう。──修行者は辺鄙なところに坐臥していても、それらの危難にうち克たなければならないのだが。

961 熱心につとめる修行者には、いかなることばを発すべきか? ここでかれのふるまう範囲はいかにあるべきか? かれのまもる戒律や誓いはどのようなものなのですか?

962 心を安定させ気を落ち着けている賢者は、どのような学脩を身に受けて、自分の汚れを吹き去るのですか? ──譬えば鍛冶工が銀の垢を吹き去るように。」

963 師(ブッダ)は答えた、
「サーリプッタよ。世を厭い、人なき所に坐臥し、さとりを欲する人が楽しむ境地および法にしたがって実践する次第を、わたくしの知り究めたところによって、そなたに説き示そう。

964 しっかりと気をつけ分限を守る聡明な修行者は、五種の恐怖におじけてはならない。すなわち襲いかかる虻と蚊と爬虫類と四足獣と人間(盗賊など)に触れることである。

965 異った他の教えを奉ずる輩を恐れてはならない。──たといかれらが多くの恐ろしい危害を加えるのを見ても。──また善を追求して、他の諸々の危難にうち勝て。

966 病いにかかり、餓えに襲われても、また寒冷や酷暑をも耐え忍ぶべきである。かの<家なま人>は、たといそれらに襲われることがいろいろ多くても、勇気をたもって、堅固に努力をなすべきである。

967 盗みを行なってはならぬ。虚言を語ってはならぬ。弱いものでも強いものでも(あらゆる生きものに)慈しみを以て接せよ。心の乱れを感ずるときには、「悪魔の仲間」であると思って、これを除き去れ。

968 怒りと高慢とに支配されるな。それらの根を掘りつくしておれ。また快いものも不快なものも、両者にしっかりと、うち克つべきである。

969 智慧をまず第一に重んじて、善を喜び、それらの危難にうち勝て。奥まった土地に伏す不快に堪えよ。次の四つの憂うべきことに堪えよ。

970 すなわち『わたしは何を食べようか』『わたしはどこで食べようか』『(昨夜は)わたしは眠りづらかった』『今夜はわたしはどこで寝ようか』──家を捨て道を学ぶ人は、これら(四つの)憂いに導く思慮を抑制せよ。

971 適当な時に食物と衣服とを得て、ここで(少量に)満足するために、(衣食の)量を知れ。かれは衣食に関して恣ままならず、慎しんで村を歩み、罵られてもあらあらしいことばを発してはならない。

972 眼を下に向けて、うろつき廻ることなく、瞑想に専念して、大いにめざめておれ。心を平静にして、精神の安定をたもち、思いわずらいと欲のねがいと悔恨とを断ち切れ。

973 他人からことばで警告されたときには、心を落ちつけて感謝せよ。ともに修行する人々に対する荒んだ心を断て。善いことばを発せよ。その時にふさわしくないことばを発してはならない。人々をそしることを思ってはならぬ。

974 またさらに、世間には五つの塵垢がある。よく気をつけて、それらを制するためにつとめよ。すなわち色かたちと音声と味と香りと触れられるものに対する貪欲を抑制せよ。

975 修行僧は、よく気をつけて、心もすっかり解脱して、これらのものに対する欲望を抑制せよ。かれは適当な時に理法を正しく考察し、心を統一して、暗黒を滅ぼせ。」
 ──と師(ブッダ)はいわれた。

<八つの詩句の章>第四おわる

まとめの句
 欲望と、洞窟と、悪意と清浄と、最上と、老いと、メッテイヤとバスーラと、マーガンディヤと、死ぬよりも前にと、争闘と、二つの<並ぶ応答>と、迅速と、武器を執ることと、サーリプッタの質問とで、十六になる。
 これらの経はすべて<八つの詩句の章>である。


--------------------------------------------------------------------------------
【 第5 彼岸にいたる道の章 】

--------------------------------------------------------------------------------
■□■<1、 序  >■□■
--------------------------------------------------------------------------------
976 明呪(ヴェーダ)に通じた一バラモン(バーヴァリ)は、無所有の境地を得ようと願って、コーサラ族の美しい都から、南国へとやってきた。

977 かれはアッサカとアラカと(両国の)中間の地域を流れるゴーダーヴァリー河の岸辺に住んでいた、──落穂を拾い木の実を食って。

978 その河岸の近くに一つの豊かな村があった。そこから得た収益によってかれは大きな祭りを催した。

979 かれは、大きな祭りをなし終って、自分の庵にもどった。かれがもどってきたときに、他の一人のバラモンがやってきた。

980 足を傷め、のどが渇き、歯がよごけ、頭は塵をあびて、かれは、(庵室の中の)かれ(バーヴァリ)に近づいて、五百金を乞うた。

981 バーヴァリはかれを見て、座席を勧め、かれが快適であるかどうか、健康であるかどうか、をたずね、次のことばを述べた。

982 「わたくしがもっていた施物はすべて、わたしが施してしまいました。バラモンよ。どうかおゆるしください。わたくしには五百金がないのです。」

983 「わたくしが乞うているのに、あなたが施してくださらないならば、いまから七日の後に、あなたの頭は七つに裂けてしまえ。」

984 詐りをもうけた(そのバラモン)は、(呪詛の)作法をして、恐ろしいことを告げた。かれのその(呪詛の)ことばを聞いて、バーヴァリは苦しみ悩んだ。

985 それは憂いの矢に中てられて、食物もとらないで、うちしおれた。もはや、心がこのような気持では、心は瞑想を楽しまなかった。

986 バーヴァリが恐れおののき苦しみ悩んでいるのを見て、(庵室を護る)女神は、かれのためを思って、かれのもとに近づいて、次のように語った。

987 「かれは頭のことを知っていません。かれは財を欲しがっている詐欺者なのです。頭のことも、頭の落ちることも、かれは知っていないのです。」

988 「では、貴女は知っておられるのでしょう。お尋ねしますが、頭のことも、頭の落ちることをも、わたくしに話してください。われらは貴女のおことばを聞きたいのです。」

989 「わたしだってそれを知っていませんよ。それについての知識はわたしにはありません。頭のことも、頭の落ちることも、諸々の勝利者(ブッダ) が見そなわしておられます。」

990 「ではこの地上において頭のことと頭の裂け落ちることとを、誰が知っておられるのでですか? 女神さま。どうかわたしに話してください。」

991 「むかしカピラヴァットゥの都から出て行った世界の指導者(ブッダ)がおられまするかれは甘蔗王のの後裔であり、シャカ族の子で、世を照す。

992 バラモンよ。かれは実に目ざめた人(ブッダ)であり、あらゆるものの極致に達し、一切の神通と力とを得、あらゆるものを見通す眼をもっている。あらゆるものの消滅に達し、煩いをなくして解脱しておられます。

993 かの目ざめた人(ブッダ)、尊き師、眼ある人は、世に法を説きたもう。そなたは、かれのもとに赴いて、問いなさい。かれは、それを説明するでしょう。」

994 <目ざめた人>という語を聞いてバーヴァリは歓喜した。かれの憂いは薄らいだ。かれは大いに喜んだ。

995 かのバーヴァリはこころ喜び、歓喜し、感動して、熱心に、かの女神に問うた。
「世間の主は、どの村に、またどの町に、あるいはとせの地方にいらっしゃるのですか?
そこへ行って最上の人である正覚者をわれわれは礼拝しましょう。」

996 勝利者・智慧豊かな人・いとも聡明な人・荷をおろした人・汚れない人・頭のおちることを知っている人・牛王のような人であるかのシャカ族の子(ブッダ)は、コーラサ国の都であるサーヴァッティーにまします。」

997 そこでかれは(ヴェーダの)神呪に通達した諸々の弟子・バラモンたちに告げていった、
「来たれ、学生どもよ。われは、そなたらに告げよう。わがことばを聞け。

998 世間に出現すること常に稀有であるところの、かの<目ざめた人>(ブッダ)として命名ある方が、いま世の中に現れたもうた。そなたらは急いでサーヴァッティーに赴いて、かの最上の人に見えよ。」

999 「では(師)バラモンよ。かれを見て、どうして<目ざめた人>(ブッダ)であると知り得るのでしょう? われらはどうしたらそれを知り得るか、それを教えてください。われらは知らないのです。」

1000 諸々の神呪(ヴェーダ)の中に、三十二の完全な偉人の相が伝えられ、順次に一つ一つ説明されている。

1001 肢体にこれらの三十二の偉人の相のある人、──かれには二つの前途があるのみ。第三の途はありえない。

1002 もしもかれが、<転輪王>として家にとどまるならば、この大地を征服するであろう。刑罰によらず、武器によらず、法によって統治する。

1003 またもしもかれが家から出て家なきに入れば、蔽いを開いて、無上なる<目ざめた人>(ブッダ)、尊敬さるべき人となる。

1004 (わが)生れと、姓と、身体の特徴と、神呪(習ったヴェーダ)と、また弟子たちと、頭のことと、頭も裂け落ちることとを、ただ心の中で(口に出さずに)かれに問え。

1005 もしもかれが、見るはたらきの障礙のない<目ざめた人>(ブッダ)であるならば、心の中で問われた質問に、ことばを以て返答するであろう。」

1006 バーヴァリのことばを聞いて、弟子である十六人のバラモン──アジタと、ティッサ・メッテイヤと、プンナカと、およびメッタグーと、

1007 ドーカタと、ウパシーヴァと、ナンダと、およびヘーマカと、トーデイヤとカッパとの両人と、賢者ジャトゥカンニンと、

1008 バドラーヴダと、ウダヤと、ポーサーラというバラモンと、聡明なるモーガラーシャと、大仙人ピンギヤと、──

1009 かれらはすべて、それぞれ衆徒を率い、全世界に命名があり、瞑想を行い、瞑想を楽しむ者で、しっかりと落ち着いていて、前世に宿善を植えた人々であった。

1010 髪を結い羚羊皮をまとったかれは、すべてバーヴァリを礼し、またかれに右まわりの礼をして、北方に向って出発した。

1011 ムラカの(首都)パティターナに入り、それから昔の[都]マーヒッサティへ、またウッジェーニーへ、コ゜ーナッダ、ブェーディサへ、ヴァナサというところへ、

1012 またコーサンビーへ、サーケータへ、最高の都サーヴァッティーに行った。(ついで)セータヴィヤへ、カピラヴァットゥへ、タシナーラーの宮殿へ(行った)。

1013 さらに享楽の都市パーヴァーへ、ヴェーサーリーへ、マガダの都(王舎城)へ、またうるわしく楽しい(石の霊地)に達した。

1014 渇した人が冷水を求めるように、また商人が大きな利益を求めるように、暑熱に悩まされている人が木陰を求めるように、かれらは急いで(尊師ブッダのまします)山に登った。

1015 尊き師(ブッダ)はそのとき僧衆に敬われ、獅子が林の中で吼えるように修行僧(比丘)らに法を説いておられた。

1016 光を放ちおわった太陽のような、円満になった十五夜の月のような目ざめた人(ブッダ)をアジタは見たのであった。

1017 そこで(アジタは)師(ブッダ)の肢体に円満な相好のそなわっているのを見て、喜んで、傍らに立ち、こころの中で(ブッダにつぎのように)質問した。──

1018 「(わが師バーヴァリの)生年について語れ。(バーヴァリの)姓と特徴とを語れ。神呪(ヴェーダ)に通達していることを語れ。(師)バラモンは幾人に教えているのか?」

1019 (師はいわれた)、「かれの年齢は百二十歳である。かれの姓はバーヴァリである。かれの肢体には三つの特徴がある。かれは三ヴェーダの奥義に達している。

1020 偉人の特徴と伝説と語彙と儀規とに達し、五百人(の弟子)に教授し、自分の教説の極致に通達している。」

1021 (アジタいわく)、「妄執を断じた最高の人よ。バーヴァリのもつ諸々の特徴の詳細を説いてください。わたくしに疑いを残さないでください。」

1022 [師いわく]、「かれは舌を以てかれの顔を蔽う。かれの両眉の中間に柔い白い毛(百毫) がある。かれの隠所は覆いに隠されている。学生ょ、(かれの三つの特徴を)このように知れ。」

1023 質問者がなにも声を出して聞いたのでないのにね(ブッダが)質問に答えたもうたのを聞いて、すべての人は感激し、合掌して、じっと考えた。──

1024 いかなる神が心の中でそれらの質問をしたのだろか? ──神か、梵天か、またはスジャーの夫なる帝釈天か? ──また[尊師は]誰に答えたもうたのだろう?

1025 (アジタがいった)、「バーヴァリは頭のことについて、また頭の裂け落ちることについて質問しました。先生! それを説明してください。仙人さま! われらの疑惑を除いてください。」

1026 (ゴータマ・ブッタは答えた)、「無明が頭であると知れ。明知が信仰と念いと精神統一と意欲と努力とに結びついて、頭を裂け落とさせるものである。」

1027 そこで、その学生は大いなる感激をもって狂喜しつつ、羚羊皮(の衣)を(はずして)一方の肩にかけて、(尊師の)両足に跪いて、頭をつけて礼をした。

1028 (アジタがいった)、「わが親愛なる友よ。バーヴァリ・バラモンは、かれの弟子たちとともに、心に歓喜し悦んで、あなたさま(ブッダ)の足下に礼拝します。眼あるかたよ。」

1029 (ゴータマは答えた)、「バーヴァリ・バラモンも、諸々の弟子も、ともに楽しくあれ。
学生よ、そなたもまた楽しくあれ。永く生きよ。

1030 バーヴァリにとっても、そなたにとっても、もしも疑問が起って、心に問おうと欲するならば、何でも質問なさい。」

1031 <目ざめた人>(ブッダ)に許されたので、アジタは合掌して坐して、そこで真理体現者(如来)に第一の質問をした。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<2、学生アジタの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1032 アジタさんがたずねた、
「世間は何によって覆われているのですか? 世間は何によって輝かないのですか? 世間をけがすものは何ですか? 世間の大きな恐怖は何ですか? それを説いてください。」

1033 師(ブッダ)が答えた、
「アジタよ。世間は無明によって覆われている。世間は貪りと怠惰のゆえに輝かない。欲が世間の汚れである。苦悩が世間の大きな恐怖である、とわたしは説く。」

1034 「煩悩の流れはあらゆるところに向かって流れる。その流れをせき止めるものは何ですか? その流れを防ぎ守るものは何ですか? その流れは何によって塞がれるのでしょうか? それを説いてください。」

1035 師は答えた、「アジタよ。世の中におけるあらゆる煩悩の流れをせき止めるものは、気をつけることである。(気をつけることが)煩悩の流れを防ぎまもるものでのである、とわたしは説く。その流れは智慧によって塞がれるであろう。」

1036 アジタさんがいった、「わが友よ。智慧と気をつけることと名称と形態とは、いかなる場合に消滅するのですか? おたずねしますが、このことをわたしに説いてください。」

1037 アジタよ。そなたが質問したことを、わたしはそなたに語ろう。識別作用が止滅することによって、名称と形態とが残りなく滅びた場合に、この名称と形態とが滅びる。」

1038 「この世には真理を究め明らめた人々もあり、学びつつある人もあり、凡夫もおります。おたずねしますが、賢者は、どうかかれらのふるまいを語ってください。わが友よ。」

1039 「修行者は諸々の欲望に耽ってはならない。こころが混濁していてはならない。一切の事物の真相に熟達し、よく気をつけて遍歴せよ。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<3、学生ティッサ・メッテイヤの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1040 ティッサ・メッテイヤさんがたずねた、
「この世で満足している人は誰ですか? 動揺することがないのは誰ですか? 両極端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されることがない、聡明な人は誰ですか? あなたは誰を<偉大な人>と呼ばれますか? この世で縫う女(妄執)を超えた人は誰ですか?」
1041 師(ブッダ)は答えた、「メッテイヤよ。諸々の欲望に関して清らかな行いをまもり、妄執を離れて、つねに気をつけて、究め明らめて、安らいに帰した修行者、──かれには動揺は存在しない。

1042 かれは両極端を知りつくして、よく考えて、(両極端にも)中間にも汚されない。かれを、わたしは<偉大な人>と呼ぶ。かれはこの世で縫う女(妄執)を超えている。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<4、学生プンナカの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1043 プンナカさんがたずねた、
「動揺することなく根本を達観せられたあなたに、おたずねしょうと思って、参りました。仙人や常の人々や王室やバラモンは、何の故にこの世で盛んに神々に犠牲を捧げたのですか? 先生! あなたにおたずねします。それをわたしに説いてください。」

1044 師(ブッタ)は答えた、
「プンナカよ。およそ仙人や常の人々や王族やバラモンがこの世で盛んに神々に犠牲を捧げたのは、われらの現在のこのような生存状態を希望して、老衰にこだわって、犠牲を捧げたのである。」

1045 プンナカさんがいった、
「先生! およそこの世で仙人や常の人々や王族やバラモンが盛んに神々に犠牲を捧げましたが、祭祀の道において怠らなかったかれらは、生と老衰をのり超えたのでしょうか? わが親愛なる友よ。あなたにおたずねします。それをわたしに説いてください。」

1046 師は答えた、
「プンナカよ。かれらは希望し、称賛し、熱望して、献供する。利得を得ることに縁って欲望を達成しようと望んでいるのである。供犠に専念している者どもは、この世の生存を貪って止まない。かれらは生や老衰をのり超えてはいない、とわたしは説く。」

1047 プンナカさんがいった、
「もしも供犠に専念している彼らが祭祀によっても生と老衰とを乗り越えていないのでしたら、わが親愛なる友よ、では神々と人間の世界のうちで生と老衰とを乗り越えた人は誰なのですか? 先生! あなたにお尋ねします。それをわたしに説いてください。」

1048 師は答えた、
「プンナカよ。世の中でかれこれ(の状態)を究め明らめ、世の中で何ものにも動揺することなく、安らぎに帰し、煙なく、苦悩なく、望むことのない人、──かれは生と老衰とを乗り越えた、──と、わたしは説く。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<5、学生メッタグーの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1049 メッタグーさんがたずねた、
「先生! あなたにおたずねします。このことをわたしに説いてください。あなたはヴェーダの達人、心を修養された方だとわたくしは考えます。世の中にある種々様々な、これらの苦しみは、そもそもどこから現われ出たのですか。」

1050 師(ブッタ)は答えた、
「メッタグーよ。そなたは、わたしに苦しみの生起するもとを問うた。わたしは知り得たとおりに、それをそなたに説き示そう。世の中にある種々様々な苦しみは、執著を縁として生起する。」

1051 実に知ることなくして執著をつくる人は愚鈍であり、くり返し苦しみに近づく。だから、知ることあり、苦しみの生起のもとを観じた人は、再生の素因(=執著)をつくってはならない。」

1052 「われらがあなたにおたずねしましたことを、あなたはわれらに説き明かしてくださいました。あなたに他のことをおたずねしますが、どうかそれを説いてください。どのようにしたならば、諸々の賢者は煩悩の激流、生と老衰、憂いと悲しみとを乗り越えるのでしょうか? 聖者さま。どうかそれをわたくしに説き明かしてください。あなたはこの法則をあるがままに知っておられるからです。」

1053 師が答えた、
「メッタグーよ。伝承によるのではなくて、いま眼のあたり体得されるこの理法を、わたしはそなたに解いて明かすであろう。その理法を知って、よく気をつけて行い、世間の執著を乗り越えよ。」

1054 偉大な仙人さま。わたくしはその最上の理法を受けて歓喜します。その理法を知って、よく気をつけて行い、世間の執著を乗り越えるでしょう。」

1055 師が答えた、
「メッタグーよ。上と下と横と中央とにおいて、そなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、それらに対する喜びと偏執と識別とを除き去って、変化する生存状態のうちにとどまるな。

1056 このようにして、よく気をつけ、怠ることなく行う修行者は、わかものとみなして固執したものを捨て、生や老衰や憂いや悲しみをも捨てて、この世で智者となって、苦しみを捨てるであろう。」

1057 「偉大な仙人のことばを聞いて、わたくしは喜びます。ゴータマ(ブッダ)さま。煩悩の要素のない境地がよく説き明かされました。たしかに先生は苦しみを捨てられたのです。あなたはこの理法をあるがままに知っておられるのです。

1058 聖者さま。あなたが懇切に教えみちびかれた人々もまた今や苦しみを捨てるでしょう。
竜よ。では、わたくしは、あなたの近くに来て礼拝しましょう。先生! どうか、わたくしをも懇切に教えみちびいてください。」

1059 「何ものをも所有せず、欲の生存に執著しないバラモン・ヴェーダの達人であるとそなたが知った人、──かれは確かにこの煩悩の激流をわたった。かれは彼岸に達して、心の荒びなく、疑惑もない。

1060 またかの人はこの世では悟った人であり、ヴェーダの達人であり、種々の生存に対するこの執著を捨てて、妄執を離れ、苦悩なく、望むことがない。『かれは生と老衰とを乗り越えた』とわたくしは説く。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<6、学生ドータカの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1061 ドーカンさんがたずねた、「先生! わたくしはあなたにおたずねします。このことをわたくしに説いてください。偉大な仙人さま。わたくしはあなたのおことばを頂きたいのです。あなたのお声を聞いて、自分の安らぎ(ニルヴァーナ)を学びましょう。」

1062 師(ブッダ)が答えた、「ドータカよ。では、この世でおいて賢明であり、よく気をつけて、熱心につとめよ。この(わたしの口)から出る声を聞いて、自己の安らぎを学べ。」

1063 「わたくしは、神々と人間との世界において何ものをも所有せずにふるまうバラモンを見ます。あまねく見る方よ。わたくしはあなたを礼拝いたします。シャカ族の方よ。わたくしを諸々の疑惑から解き放ちたまえ。」

1064 「ドータカよ。わたしは世間におけるいかなる疑惑者をも解脱させ得ないであろう。ただそなたが最上の真理を知るならば、それによって、そなたはこの煩悩を渡るであろう。」

1065 「バラモンさま。慈悲を垂れて、(この世の苦悩から)遠ざかり離れる理法を教えてください。わたくしはそれを認識したいのです。わたくしは、虚空のように、乱され濁ることなしに、この世において静まり、依りすがることなく行きましょう。」

1066 師は言われた、
「ドータカよ。伝承によるのではない、まのあたり体得されるこの安らぎを、そなたに説き明かすであろう。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著を乗り越えよ。」

1067 「偉大な仙人さま。わたくしはその最上の安らぎを受けて歓喜します。それを知ってよく気をつけて行い、世の中の執著を乗り越えましょう。」

1068 師は答えた、
「ドータカよ。上と下と横と中央とにおいてそなたが気づいてよく知っているものは何であろうと、──それは世の中における執著の対象であると知って、移りかわる生存への妄執をいだいてはならない」と。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<7、学生ウバシーヴァの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1069 ウバシーヴァさんがたずねた、
「シャカ族の方よ。わたしは、独りで他のものにたよることなくして大きな煩悩の激流をわたることはできません。わたしがたよってこの激流をわたり得る<よりどころ>をお説きください。あまねく見る方よ。」

1070 師(ブッダ)は言われた、「ウバシーヴァよ。よく気をつけて、無所有をめざしつつ、<なにも存在しない>と思うことによって、煩悩の激流を渡れ。諸々の欲望を捨てて、諸々の疑惑を離れ、妄執の消滅を昼夜に観ぜよ。」

1071 ウバシーヴァさんがいった、
「あらゆる欲望に対する貪りを離れね無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の<想いからの解脱>において解脱した人、──かれは退きあともどりすることがなく、そこに安住するでありましょうか?」

1072 師は答えた、「ウバシーヴァよ。あらゆる欲望に対する貪りを離れ、無所有にもとづいて、その他のものを捨て、最上の<想いからの解脱>において解脱した人、──かれは退きあともどりすることなく、そこに安住するであろう。」

1073 「あまねく見る方よ。もしもかれがそこから退きあともどりしないで多年そこにとどまるならば、かれはそこで解脱して、清涼となるのでしょうか? またそのような人の識別作用(あとまで)存在するのでしょうか?」

1074 師が答えた、「ウバシーヴァよ。たとえば強風に吹き飛ばされた火炎は滅びてしまって(火としては)数えられないように、そのように聖者は名称と身体から解脱して滅びてしまって、(生存するものとしては)数えられないのである。」

1075 「滅びてしまったその人は存在しないのでしょうか? 或いはまた常住であって、そこなわれないのでしょうか? 聖者さま。どうかそれをわたくしに説明してください。あなたはこの理法をあるがままに知っておられるからです。」

1076 師は答えた、
「ウバシーヴァよ。滅びてしまった者には、それを測る基準が存在しない。かれを、ああだ、こうだと論ずるよすがが、かれには存在しない。あらゆることがらがすっかり絶やされたとき、あらゆる論議の道はすっかり絶えてしまったのである。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<8、学生ナンダの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1077 ナンダさんがたずねた、
「世間には諸々の聖者がいる、と世人は語る。それはどうしてですか? 世人は知識をもっている人を聖者と呼ぶのですか? あるいは[簡素な]生活を送る人を聖者と呼ぶのですか?」

1078 (ブッダが答えた)、
「ナンダよ。世のなかで、真理に達した人たちは、(哲学的)見解によっても、伝承の学問によっても、知識によっても聖者とは言わない。(煩悩の魔)軍を撃破して、苦悩なく、望むことなく行う人々、──かれらこそ聖者である、とわたしは言う。」

1079 ナンダさんがいった、
「おおよそこれらの<道の人>・バラモンたちは、(哲学的)見解によって、また伝承の学問によっても、清浄になれるとも言います。先生! かれらはそれにもとずいてみずから制して修行しているのですが、はたして生と老衰とを乗り越えたのでしょうか? ・・・・」

1080 師(ブッダ)は答えた、
「ナンダよ。これらの<道の人>・バラモンたちはすべて。(哲学的)見解によって清浄になり、また伝承の学問によっても清浄になると説く。戒律や誓いを守ることによっても清浄になると説く。(そのほか)種々のしかたで清浄になるとも説く。たといかれらがそれらにもとづいてみずから制して行っていても、生と老衰とを乗り越えたのではない、とわたしは言う。」

1081 ナンダさんがいった、
「およそこれらの<道の人>・バラモンたちは、見解によって、また伝承の学問によっても清浄になれると言います。戒律や誓いを守ることによっても清浄になれると言います。(そのほか)種々のしかたで清浄になれるとも言います。聖者さま。もしあなたが『かれらは未だ煩悩の激流を乗り越えていない』と言われるのでしたら、では神々と人間の世界のうちで生と老衰を乗り越えた人は誰なのですか? 親愛なる先生! あなたにおたずねします。それをわたくしに説いてください。」

1082 師(ブッダ)は答えた、
「ナンダよ。わたしは『すべての道の人・バラモンたちが生と老衰とに覆われている』と説くのではない。この世において見解や伝承の学問や戒律や誓いをすっかり捨て、また種々のしかたをもすっかり捨てて、妄執をよく究め明かして、心に汚れのない人々──かれらは実に『煩悩の激流を乗り越えた人々である』と、わたしは説くのである。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<9、学生ヘ-マカの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1084 ヘーマカさんがたずねた、
「かってゴータマ(ブッダ)の教えよりも以前に昔の人々が『以前にはこうだった』『未来はこうなるであろう』といってわたしに説き明かしたことは、すべて伝え聞くにすぎません。それはすべて思索の紛糺(ふんきゅう)を増すのみ。わたしはかれらの説を喜びませんでした。

1085 聖者さま。あなたは、妄執を減しつくす法をわたくしにお説きください。それを知って、よく気をつけて行い、世間の執著を乗り越えましょう。」

1086 (ブッダが答えた)、「ヘーマカよ。この世において見たり聞いたり考えたり識別した快美な事物に対する欲望や貪りを除き去ることが、不滅のニルヴァーナの境地である。

1087 このことをよく知って、よく気をつけ、現世において全く煩いを離れた人々は、常に安らぎに帰している。世間の執著を乗り越えているのである」と。



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<10、学生トーデイヤの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1088 トーデイヤさんがたずねた、
「諸々の欲望のとどまることなく、もはや妄執が存在せず、諸々の疑惑を超えた人、──かれらはどのような解脱をもとめたらよいのですか?」

1089 師(ブッダ)は答えた、
トーデイヤよ。諸々の欲望のとどまることなく、もはや妄執が存在せず、諸々の疑惑を超えた人、──かれには別に解脱は存在しない。」

1090 「かれは願いのない人なのでしょうか?  あるいは何かを希望しているのでしょうか? かれは智慧があるのでしょうか? あるいは智慧を得ようとはからいをする人なのでしょうか?  シャカ族の方よ。かれは聖者であることをわたくしが知り得るように、そのことをわたくしに説明してください。あまねく見る方よ。」

1091 [師いわく]、「かれは願いのない人である。かれはなにものをも希望していない。かれは智慧のある人であるが、しかし智慧を得ようとはからいをする人ではない。トーデイヤよ。聖者はこのような人であると知れ。かれは何も所有せず、欲望の生存に執著していない。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<11、学生カッパの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1092 カッパさんがたずねた、
「極めて恐ろしい激流が到来したときに一面の水浸しのうちにある人々、老衰と死とに圧倒されている人々のために、洲(避難所、よりどころ)を説いてください。あなたは、この(苦しみ)がまたと起こらないような洲(避難所)をわたしに示してください。親しい方よ。」

1093 師(ブッダ)は答えた、「カッパよ。極めて恐ろしい激流が到来したときに一面の水浸しのうちにある人々、老衰と死とに圧倒されている人々のたの洲(避難所)を、わたしは、そなたに説くであろう。

1094 いかなる所有もなく、執著して取ることがないこと、──これが洲(避難所)にほかならない。それをニルヴァーナと呼ぶ。それは老衰と死との消滅である。

1095 このことをよく知って、よく気をつけ、現世において全く煩いを離れた人々は、悪魔に伏せられない。かれらは悪魔の従者とはならない。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<12、学生ジャトゥカンニンの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1096 ジャトゥカンニンさんがたずねた、
「わたくしは、勇士であって、欲望をもとめない人がいると聞いて、激流を乗り越えた人(ブッダ)に<欲のないこと>をおたずねしようとして、ここに来ました。安らぎの境地を説いてください。生まれつき眼のある方よ。先生! それを、あるがままに、わたくしに説いてしださい。

1097 師(ブッダ)は諸々の欲望を制してふるまわれます。譬えば、光輝ある太陽が光輝によって大地にうち克つようなものです。智慧ゆたかな方よ。智慧の少いわたくしに理法を説いてください。それをわたしは知りたいのです、──この世において生と老衰とを捨て去ることを。」

1098 師(ブッダ)は答えた、
「ジャトゥカンニンよ。諸々の欲望に対する貪りを制せよ。──出離を安穏であると見て。取り上げるべきものも、捨て去るべきものも、なにものも、そなたに存在してはならない。

1099 過去にあったもの(煩悩)を涸渇せしめよ。未来にはそなたに何ものもないようにせよ。中間においても、そなたが何ものにも執著しないならば、そなたはやすらかにふるまう人となるであろう。

1100 バラモンよ。名称と形態とに対する貪りを全く離れた人には、諸々の煩悩は存在しない。だから、かれは死に支配されるおそれがない。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<13、学生バドラーヴダの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1101 バドラーヴダさんがたずねた、
「執著の住所をすて、妄執を断ち、悩み動揺することがなく、歓喜をすて、激流を乗り越え、すでに解脱し、はからいをすてた賢明な(あなた)に切にお願いします。

1102 健き人よ。あなたのおことばを聞こうと希望して、多数の人々が諸地方から集まってきましたが、竜(ブッダ)のおことばを聞いて、人々はここから立ち去るでしょう。かれらのために善く説明してやってください。あなたはこの理法をあるがままに知っておられるのですから。」

1103 師(ブッダ)は答えた、
「バドラーヴダよ。上にも下にも横にでも中間にでも、執著する妄執をすっかり除き去れ。世の中の何ものに執著しても、それによって悪魔が人につきまとうに至る。

1104 それ故に、修行者は明らかに知って、よく気をつけ、全世界においてなにものおも執してはならない。──死の領域に愛著を感じているこの人々を<取る執著ある人々>であると観て。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<14、学生ウダヤの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1105 ウダヤさんがたずねた、
「瞑想に入って坐し、塵垢を離れ、為すべきことを為しおえ、煩悩の汚れなく、一切の事物の彼岸に達せられた(師)におたずねするために、ここに来ました。無明を破ること、正しい理解による解脱、を説いてください。」

1106 師(ブッダ)は答えた、
「ウダヤよ。愛欲と憂いとの両者を捨て去ること、沈んだ気持ちを除くこと、悔恨をやめること、

1107 平静な心がまえと念いの清らかさ、──それは真理に関する思索にもとづいて起るものであるが、──これが、無明を破ること、正しい理解による解脱、であると、わたしは説く。」

1108 「世人は何によって束縛されているのですか? 世人をあれこれ行動させるものは何ですか?何を断ずることによって安らぎ(ニルヴァーナ)があると言われるのですか?」

1109 「世人は歓喜に束縛されている。思わくが世人をあれこれ行動させるものである。妄執を断ずることによって安らぎがあると言われる。」

1110 「どのように気をつけて行っている人の識別作用が、止滅するのですか? それを先生におたずねするためにわたくしはやってきたのです。あなたのそのおことばをお聞きしたいのです。」

1111 「内面的にも外面的にも感覚的感受を喜ばない人、このようによく気をつけて行っている人、の識別作用が止滅するのである。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<15、学生ポーサーラの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1112 ポーサーラさんがたずねた、
「過去のことがらを説示し、悩み動揺することなく、疑惑を断ち、一切の事物を究めつくした(師)におたずねするために、ここに来ました。

1113 「物質的なかたちの想いを離れ、身体をすっかり捨て去り、内にも外にも『なにものにも存在しない』と観ずる人の智を、わたしはおたずねするのです。シャカ族の方よ。そのような人はさらにどのように導かれねばなりませんか?」

1114 師(ブッダ)は答えた、
「ポーサーラよ。すべての<識別作用の住するありさま>を知りつくした全き人(如来)は、かれの存在するありさまを知っている。すなわち、かれは解脱していて、そこをよりどころとしていると知る。

1115 無所有の成立するもとを知って、すなわち『歓喜は束縛である』ということを知って、それをこのとうりであると知って、それから(出て)それについてしずかに観ずる。安立したそのバラモンは、この<ありさまに知る智>が存する。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<16、学生モーガラージャの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1116 モーガラージャさんがたずねた、
「わたくしはかってシャカ族の方に二度おたずねしましたが、眼ある方(釈尊)はわたくしに説明してくださいませんでした。しかし『神仙(釈尊)は第三回目には説明してくださる』と、わたくしは聞いております。 1117 この世の人々も、かの世の人々も、神々と、梵天の世界の者どもも、誉れあるあなたゴータマ(ブッダ)の見解を知ってはいません。

1118 このように絶妙な見者におたずねしょうとしてここに来ました。どのように世間を観察する人を、死王は見ることがないのですか?」

1119 (ブッダが答えた)、
「つねによく気をつけ、自我に固執する見解をうち破って、世界が空なりと観ぜよ。そうすれば死を乗り越えることができるであろう。このように世界を観ずる人を、<死の王>は、見ることがない。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<17、学生ビンギヤの質問>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
1120 ビンギヤさんがたずねた、
「わたくしは年をとったし、力もなく、容貌も衰えています。眼もはっきりしませんし、耳もよく聞こえません。わたくしが迷ったままで途中で死ぬことのないようにしてください。どうしたらこの世において生と老衰とを捨て去ることができるのですか、そのことわりを説いてください。それをわたくしは知りたいのです。」

1121 師(ブッダ)は答えた、
「ビンギヤよ。物質的な形態があるが故に、人々が害われるのを見るし、物質的な形態があるが故に、怠る人々は(病などに)悩まされる。ビンギヤよ。それ故に、そなたは怠ることなく、物質的形態を捨てて、再び生存状態にもどらないようにせよ。」

1122 「四方と四維と上と下と、これらの十方の世界において、あなたに見られず聞かれず考えられずまた識られないものもありません。どうか理法を説いてください。それをわたくしは知りたいのです、──どうしたらこの世において生と老衰とを捨て去ることを。」

1123 師は答えた、
「ビンギヤよ。ひとびとは妄執に陥って苦悩を生じ、老いに襲われているのを、そなたは見ているのだから、それ故に、ビンギヤよ、そなたは怠ることなくはげみ、妄執を捨てて、再び迷いの生存にもどらないようにせよ。」



--------------------------------------------------------------------------------
■□■<18、一六学生の質問の結語>■□■
--------------------------------------------------------------------------------
 師(ブッダ)は、マガダ国のパーサーカ霊地にとどまっておられたとき、以上のことを説かれ、(バーヴァリの)門弟である一六人のバラモンに請われ問われる度ごとに、質問に対して解答をのべた。もしもこれらの質問の一つ一つの意義をしり、理法を知り、理法にしたがって実践したならば、老衰と死との彼岸に達するであろう。これらの教えは彼岸に達せしめるものであるから、それ故にこの法門は「彼岸にいたる道」と名づけられている。

1124 アジタと、ティッサ・メッテイヤと、プンナカと、メッタグーと、ドータカと、ウバシーヴァと、またヘーマカと、

1125 トーデーヤとカッパとの両人と、賢者なるジャトゥカンニンと、バドラーヴダと、ウダヤと、ポーサーラ・バラモンと、聡明なモーガラージャと、偉大な仙人であるピンギヤと、──

1126 これらの人々は行いの完成した仙人である目ざめた人(ブッダ)のもとにやってきて、みごとな質問を発して、ブッダなる最高の人に近づいた。

1127 かれらが質問を発したのに応じて、目ざめた人はあるがままに解答された。聖者は、諸々の質問に対して解答することによって、諸々のバラモンを満足させた。

1128 かれらは、太陽の裔である目ざめた人・眼ある者(ブッダ)に満足して、優れた智慧ある人(目ざめた人)のもとで清らかな行いを修めた。

1129 一つ一つの質問に対して<目ざめた人>が説かれたように、そのように実践する人は、此岸から彼岸におもむくことであろう。

1130 最上の道を修める人は、此岸から彼岸におもむくであろう。それは彼岸に至るための道である。それ故に<彼岸にいたる道>と名づけられる。

1131 ピンギヤさんは(バーヴァリのもとに帰って、復命して)いった、
「<彼岸に至る道>をわたくしは読誦しましょう。無垢で叡智ゆたかな人(ブッダ)は、みずから観じたとおりに説かれました。無欲で煩悩の叢林のない立派な方は、どうして虚妄を語られるでしょうか。

1132 垢と迷いを捨て去って、高慢と隠し立てとを捨てている(ブッダ)の、讃嘆を表わすことばを、さあ、わたくしは誉めたたえることにしましょう。

1133 バラモンよ。暗黒を払う<目ざめた人>(ブッダ)、あまねく見る人、世間の究極に達した人、一切の迷いの生存を超えた人、汚れのない人、一切の苦しみを捨てた人、──かれは真に<目ざめた人>(ブッダ)と呼ばれるにふさわしい人でありますが、わたくしはかれに近侍しました。

1134 たとえば鳥が疎な林を捨てて果実豊かな林に住みつくように、そのようにわたくしもまた見ることの少い人々を捨てて、白鳥のように大海に到達しました。

1135 かつてゴータマ(ブッダ)の教えよりも以前に昔の人々が『以前にはこうだった』『未来にはこうなるであろう』といってわたくしに説き明かしたことは、すべて伝え聞きにすぎません。それはすべて思索の紛糺を増すのみ。

1136 かれは独り煩悩の暗黒を払って坐し、高貴で、光明を放っています。ゴータマは智慧ゆたかな人です。ゴータマは叡智ゆたかな人です。

1137 即時に効果の見られる、時を要しない法、すなわち煩悩なき<妄執の消滅>、をわたくしに説示しました。かれに比すべき人はどこにも存在しません。」

1138 (バーヴァリがいった)、「ピンギヤよ。そなたはね智慧ゆたかなゴータマ、叡智ゆたかなかのゴータマのもとから、瞬時でも離れて住むことができるのか?

1139 かれはまのあたり即時に実現され、時を要しない法、すなわち煩悩なき<妄執の消滅>、をそなたに説示した。かれに比すべき人はどこにも存在しない。」

1140 (ピンギヤがいった)、「バラモンさま。わたくしは、智慧ゆたかなゴータマ、叡智ゆたかなかのゴータマのもとから、瞬時でも離れて住むことができません。

1141 まのあたり即時に実現される、時を要しない法、すなわち煩悩なき<妄執の消滅>、をわたくしに説示されました。かれに比すべき人はどこにも存在しません。

1142 バラモンさま。 わたくしは怠ることなく、昼夜に、心の眼を以てかれを見ています。かれを礼拝しながら夜を過ごしています。ですから、わたくしはかれから離れて住んでいるのではないと思います。

1143 信仰と、喜びと、意と、念いとが、わたくしを、ゴータマの教えから離れさせません。どちらの方角でも、智慧豊かな方のおもむかれる方角に、わたくしは傾くのです。

1144 わたくしは、もう老いて、気力も衰えました。ですから、わが身はかしこにおもむくことはできません。しかし想いを馳せて常におもむくのです。バラモンさま。わたくしの心は、かれと結びついているのです。

1145 わたくしは汚泥の中に臥してもがきながら、洲から洲へと漂いました。そうしてついに、激流を乗り超えた、汚れのない<完全にさとった人>(正覚者)にお会いしたのです。」

1146 (師ブッダが現れていった)、「ヴァッカリやバドラーヴダやアーラヴィ・ゴータマが信仰を捨て去ったように、そのように汝もまた信仰を捨て去れ。そなたは死の領域の彼岸にいたるであろう。ピンギヤよ。」

1147 (ピンギヤはいった)、「わたくしは聖者のことばを聞いて、ますます心が澄む(=信ずる)ようになりました。さとった人は、煩悩の覆いを開き、心の荒みなく、明察のあられる方です。

1148 神々に関してもよく熟知して、あれこれ一切のことがらを知っておられます。師は、疑いをいだきまた言を立てる人々の質問を解決されます。

1149 どこにも譬うべきものなく、奪い去られず、動揺することのない境地に、わたくしは確かにおもむくことでしょう。このことについて、わたくしには疑惑がありません。わたくしの心がこのように確信して了解していることを、お認めください。」

<彼岸に至る道>の章おわる

八回にわたって誦える分量ある聖典のスッタニパータ終る。




--------------------------------------------------------------------------------
【おわり】



-------------------------------------------------------------------------------

「ブッダのことば」スッタニパータ (岩波文庫) 中村元 訳 を参考にさせていただきました。
http://no-windows.blog.jp/archives/14416714.html

ほぼすべての動画形式に加え、“動画が埋め込んであるサイトすべて”に対応

「動画ゲッター」v1.2.7 「動画ゲッター」v1.2.7
あらゆる動画サイトから動画をダウンロードできるChrome拡張「動画ゲッター」がアップされています。
 「動画ゲッター」は、“YouTube”や“ニコニコ動画”をはじめとする、動画の埋め込まれたあらゆるWebページから動画ファイルをダウンロードできる「Google Chrome」用の拡張機能です。「Google Chrome」v17以降に対応するフリーソフトです。あらゆるというのがどの程度のことを表しているのかわかりませんが、Chromeの拡張機能となると期待してしまします。
 インストールすると「Google Chrome」のツールバーに本ソフトのボタンが追加されるようになっています。動画の埋め込まれたWebページを表示すると、そのページにある動画の数がボタン上へ表示される。ボタンを押すとポップアップが表示され、ページに複数の動画がある場合はダウンロードしたいものを一覧から選択して[ファイルをダウンロードする]ボタンを押せば、すぐに動画をダウンロードできます。しかも、YouTubeでは任意のフォーマットを選択できる使用になっています。
 作者によると、動画が埋め込んであるサイトすべて”に対応すると言っています。
  お釈迦さま御在世中、四十年間の膨大な御説法の中、
たとえ話をまとめて作られた「比喩経」という経典があります。
その中に、こんな話しが載っています。

  インドに、Aさんという目の不自由な方がいました。
ある日、Aさんが友人のBさんを久しぶりに訪ねて、
つもる話に花を咲かせ、ふと気付くと外は真っ暗な夜になって
いました。あわてて帰ろうとするAさんに、
Bさんは、「夜道は危ないから」と提灯を持たせようとしました。
するとAさんが、真っ赤になって怒りだしました。
「目の不自由な私に提灯が要るわけがない。悪い冗談はよしてくれ。」
「でも、あなたには要らなくても相手の人がぶつかってくると危ない。
だから持って行きなさい。」
というBさんのその言葉にAさんは納得し、素直に提灯を持って
帰ったというお話しです。

  これは一体何を教えられているのでしょうか。
目の不自由なAさんには提灯が不要ですが、目の見える人には
必要なのです。
静かに考えてみると、この世の中で生きてゆくには、
たとえ自分には不要のものでも、相手には必要なものが
数多くあります。

私達は、時には相手の側に立って、必要・不必要を考えてみる
ことが大切なことではないでしょうか。
それは品物だけではなく、たとえば笑顔です。病で寝ている人は、
とても笑顔をする心理状態にはないでしょう。
そして、病人自身に笑顔は必要でないかもしれません。
しかし、その病人を看護する家族の者や、見舞ってくれる友人には
笑顔が必要なのです。
病人が笑顔をしてくれれば、まわりの人たちはどんなに
救われるか、計り知れぬものがあります。
また病人が笑顔を浮かべるべく努力していると、その微笑みが
自分の心を引き立ててくれて、相手のための笑顔が自分のために
なることもあります。

  現代人はお互いに、俺が、俺が、と自我一辺倒で、相手の
立場に立って考えるということを忘れているようです。
その結果、政治も教育も道徳も救いようのない腐敗、混迷、
堕落を招き、いつどこから拳銃の弾が飛んでくるか分からない
ような、おぞましい社会が浮上してきています。
このような今日、約二千五百年昔にお釈迦さまが諭された、
目の不自由な人と提灯のお話しは、二千五百年という
気の遠くなるような永い時間と空間をとびこして、私達に
大きな警鐘を鳴らして下さっているような気がします。
1ヶ月弱の時間はあっという間に過ぎました。
こんな僅かな時間ですが、赤ちゃんはどんどん成長するのを目のあたりにしました。
多分来年の5月連休にまた来ると思いますが、今から楽しみです。
[img[http://proxy-2.jolicloud.com/image/web/600/m600/4fa458ac7dde414f50110fb2/]]
http://no-windows.blog.jp/archives/15025183.html

Gmail、Googleカレンダー、Google Photo、YouTubeなど、自分が利用しているさまざまなGoogleのデータが突然消えてしまったらと思うとぞっとします。特にGmailは仕事や自分の備忘録として使島しまいます。そんなときのためにバックアップをとっておきませんか。ツールなどはいりません。ウェブ上で完了することができます。使い方は簡単で、必要な項目をチェックし、指示に従い保存・ダウンロードするだけです。
ここ数日さまざまなlinuxを試している。
jolios,bodhi,lxubuntu,puppylinux...etc...
どれも様々特徴があるも、安定性という点ではMintがぬけている。
わたしの条件としてはSunJavaは欠かせることができない。
Mintはそれも含めて高評価なのである。
<<tabs tocSelect
日記 "入門篇の目次" タグ_日記
Linuxなど "応用篇の目次" タグ_Linuxなど
>>
motoji <<tag 豪ドル>>A
[[puppy]] [[linuxmint]] [[ReactOS]] [[]]
!!<<tag journal>> <<tag family>> <<tag 豪ドル>> <<tag 出来事>> <<tag 政治>> <<tag テクノロジー>> <<tag fx>> <<tag tiddlywiki>>
!!<<tag ギリシャ>> <<tag 小沢一郎>> <<tag ユーロ>> <<tag テクノロジー>> <<tag 鳩山由紀夫>> <<tag 原発>> <<tag 福島>>  <<tag tag>> 
パピーリナックスへようこそ!

パピーリナックス lupu-528JP (2012年7月)は Lucid Puppy Lnux 5.2.8.005を ベースに日本語化、 追加SFSで最新ブラウザ(seamonkey)を組み込んだものです。 また、マルチメディア性能向上のため Pmusic_Upgrade-Lucid528-005.pet を適用済み。

パピーリナックスはライブCD(のiso形式ファイル)で供給されており、このライブCDをパソコンに挿入して起動するとパピーリナックスがすぐに使えます。機種によって起動時に[Delete]キーあるいは[f・1]キー、[f・2]、[f・9]、[f・12]キーなどを押して BIOSの設定や起動メディアを選択する必要のある場合があります。 お使いのパソコンの説明書を参照ください。

また、Windows上から実行できるインストーラー付き .exe ファイルも用意されています。 CD/DVDドライブから起動できない場合、こちらを利用ください。Windows Me を除く Windows 95 から 7までで利用できます。

パピーリナックス日本語版サイトや パピーリナックス日本語フォーラムなどからも情報が得られるでしょう。

ダウンロード
lupu-528JP.iso (CD/DVD用)、 あるいは Puppy_Linux_528JP_Installer.exe (インストーラー付き Windows用実行ファイル) のどちらかを、以下いずれかのサイトからダウンロードください。
http://openlab.jp/puppylinux/download/puppy-5.2.8JP/
http://www.ring.gr.jp/archives/linux/puppylinux/puppy-5.2.8JP/
ftp://www.ring.gr.jp/pub/linux/puppylinux/puppy-5.2.8JP/
http://shino.pos.to/party/bridge.cgi?puppy/lupu/
ハードウェア条件
PC/AT互換パソコンで、CPU: Pentium MMX, RAM: 256MB, CDROM: 20倍速以上。 
ハードディスクあるいはUSBメモリ上にインストールする場合、	空きエリアが640MB以上。 

メモリーが512MBあるとかなり快適に使えます。 メモリが256MBあるいはそれ以下でも、ハードディスク上に256MB以上の個人保存ファイルを作成、あるいは仮想メモリの利用でスムースに動作します。 同じPC内で Windowsと同居している場合、メニュー>システム>「Windowsフォントと仮想メモリを使う」からWindowsを仮想を共用することができます。
パピーリナックスへようこそ!

パピーリナックス lupu-528JP (2012年7月)は Lucid Puppy Lnux 5.2.8.005を ベースに日本語化、 追加SFSで最新ブラウザ(seamonkey)を組み込んだものです。 また、マルチメディア性能向上のため Pmusic_Upgrade-Lucid528-005.pet を適用済み。

パピーリナックスはライブCD(のiso形式ファイル)で供給されており、このライブCDをパソコンに挿入して起動するとパピーリナックスがすぐに使えます。機種によって起動時に[Delete]キーあるいは[f・1]キー、[f・2]、[f・9]、[f・12]キーなどを押して BIOSの設定や起動メディアを選択する必要のある場合があります。 お使いのパソコンの説明書を参照ください。

また、Windows上から実行できるインストーラー付き .exe ファイルも用意されています。 CD/DVDドライブから起動できない場合、こちらを利用ください。Windows Me を除く Windows 95 から 7までで利用できます。

パピーリナックス日本語版サイトや パピーリナックス日本語フォーラムなどからも情報が得られるでしょう。

ダウンロード
    lupu-528JP.iso (CD/DVD用)、 あるいは Puppy_Linux_528JP_Installer.exe (インストーラー付き Windows用実行ファイル) のどちらかを、以下いずれかのサイトからダウンロードください。

        http://openlab.jp/puppylinux/download/puppy-5.2.8JP/
        http://www.ring.gr.jp/archives/linux/puppylinux/puppy-5.2.8JP/
        ftp://www.ring.gr.jp/pub/linux/puppylinux/puppy-5.2.8JP/
        http://shino.pos.to/party/bridge.cgi?puppy/lupu/

ハードウェア条件
    PC/AT互換パソコンで、CPU: Pentium MMX, RAM: 256MB, CDROM: 20倍速以上。
    ハードディスクあるいはUSBメモリ上にインストールする場合、 空きエリアが640MB以上。

    メモリーが512MBあるとかなり快適に使えます。 メモリが256MBあるいはそれ以下でも、ハードディスク上に256MB以上の個人保存ファイルを作成、あるいは仮想メモリの利用でスムースに動作します。 同じPC内で Windowsと同居している場合、メニュー>システム>「Windowsフォントと仮想メモリを使う」からWindowsを仮想を共用することができます。 

初期設定

    キーボードなどの設定

    ライブCDから起動すると、うまくいけばデスクトップと初期設定画面が現れます。 必要に応じて言語や地方時、キーボードレイアウトなどを変更してください。 初期設定は日本語、日本標準時、日本語キーボードに設定されています。 言語については日本語の他に英語が選べます。 中国語、ハングルなど他の言語は追加SFSで供給されます。

    ご使用のPCのハードウェアによってデスクトップがうまく現れないときは、 CDのブートアップメニューで「Advanced menu」を選び、「Safe mode」を試してください。 起動プロセスでキーボードを設定後、xorgwizard を実行してください。

    起動時にネットワークインターフェース(eth0)が検出され、DHCPが取得できる状況ならば、ネットワークは自動的に接続されます。 起動前にLANケーブルを接続しておいてください。
    セッション保存ファイルの指定

    パピーは基本的にはそのシステムを RAM上に読み込み動作し、 そのまま終了すると次の起動ではすべての設定が初期状態に戻ります。 継続的にパピーを使うならば、ハードディスクあるいは USBメモリなどにセッションを保存するためのファイル(lupusave あるいは pupsaveと呼ばれます)を作らねばなりません。 案内にしたがってその保存先を指定してください。 一時的にパピーを試すだけなら、「保存しない」を選んでください。
    パッケージの追加

    このパピーには追加SFSとして goffice(ワープロ Abiword、表計算 Gnumeric、ドロー InkscapeLite)と ブラウザ Seamokey が同梱されており、sfs_loadで組み込むことができます。 このSFSには flashplayerがあらかじめ内蔵されています。 今後の更新はSFSなどの形でインターネット上に公開されるでしょう。 flashplayer単体の更新は getflashによるダウンロードができます。

    SFSはダウンロード後に sfs_load(メニューのセットアップのグループにあります)で読み込んでください。 あるいはSFSパッケージを(一度)クリックし「インストール」を選んでください。右クリックでも sfs_loadが選択肢に現れます。

    追加アプリケーションは SFSのほか PETパッケージでも供給されています。 公式のPETパッケージは パピーパッケージマネージャ(メニューのセットアップのグループにあります)からインストールできます。 その他のネット上で入手できるPETパッケージはダウンロード後にそのPETパッケージを左クリックすることでインストールできます。

    PETパッケージはインストールした後に削除してかまいませんが、SFSパッケージは読み込みの後に削除すると動作しなくなるのでご注意ください。

オリジナル Lucid Puppy Lnux 5.2.8-005からの更新・変更

英語版であるオリジナルを日本語化するとともに、オリジナルではオプションとなっていたブラウザとして seamonkeyを、追加SFSとして同梱しています。 これはパピー特有のSFSというシステムを利用しています。好みにより、または更新の目的で、ブロックを組み立てるように取り外したり入れ替えたりできるようになっています。

またオリジナルに対して、主に使いやすさを主眼とした様々な修正を加えています。Live CDでは grub4dosによるグラフィカル・メニューを採用しています。 これら多くはパピーリナックス日本語化チームの成果を集成したものです。
新規

    acpid-1.0.10-3
    defaults-chooser-0.8-20120518-ja
    dir2iso-1.0
    frugalinstaller-1.5
    lang_pack_ja-1.4b 相当
    libbsd0_0.2.0-1
    nano-2.2.6-ja-4
    ncal
    pupsaveconfig-2.2.4
    rt5370sta-2.5.3-buffalo
    winfonts-3.4
    xine-plugin-1.0.2-lucid528JP
    you2pup.2.2.1

削除

    PupApps
    PupMenu
    abiword (goffice SFSへ移動)
    asunder
    didiwiki
    dillo
    e3
    fbpanel
    gecko-mediaplayer
    gnome-mplayer
    gnumeric (goffice SFSへ移動)
    inkscapelite (goffice SFSへ移動)
    mp
    mplayer
    nicoedit
    openbox
    pcd
    sylpheed

更新

    ffconvert-1.3
    ffmpeg-0.8.11-lupu528u005
    firstrun-2.1
    freememapplet_tray-2.4
    get_libreoffice-0.15
    getflash-1.0
    grub4dos-0.4.4.v1.8.0
    gtkdialog-splash-20120321
    gtkhash-0.3.0-lupu
    jwm-vsvn-579
    less-436-w5c
    network_tray-2.5
    ntfs-3g-2012.1.15
    pburn-3.6.0
    petget-20120418
    pman-2.0
    pnethood-0.6.9.i18n
    powerapplet_tray-2.5
    pmusic-2.6.2
    PupControl-2.2.i18n-ja
    pupzip
    retrovol-0.12-ja
    rox_filer-20111022-patched2-w5c
    sfs_load-1.9.6
    Startmount-0.5.5-20120627
    xarchive-0.2.8.6.i18n-w5c-ja
    xine-lib-1.1.20.1-lupu528-f0.8
    lupu528-IU002_rerwin_patch-8
    lupu528-IU002_rerwin_patch-8a-delta
    /etc/profle
    rc.country
    rc.network
    rc.sysinit
    rc.update
    remasterpup2
    ROX-rightclick
    wizardwizard
    xorgwizard
    xwin
    /root/.Xresources
TiddlyWikiのバージョン1.2.23からMacroという機能が追加されました。
Macroってなんやねんといわれても、解説が難しいのでこんな機能が使えるものなのだという感じで考えていただければ・・・と思います(マニュアルではOptionPanelのような「more exotic objects than just text」なものだと言ってますが、笑)。

Tiddlerの中で書くとありがたいものとそうでないものがあるので、その辺は皆さんの目で判断してみてください。

なお、全般的に
{{{
<<マクロ名(スペース)パラメータ>>
}}}
という書式なので、マクロ名・パラメータという記述があれば上記凡例に基づいているとお考え下さい。

!today
{{{
<<today>>
}}}
って記述すると、「<<today>>」こんな感じに表示されます。
多分、リロードすると、時分秒あたりが変わってるのではないでしょうか。

まぁ、このMacroはあまり使い道がないと思います…。
MainMenuやSiteSubtitleなどに仕込んでおくとカレンダー・時計代わりに使えるかもしれませんが。

!Tag popup
{{{
<<tag tag名>>
}}}
って記述するとこの場合は「features」というtagが振られているTiddlerをポップアップ表示させます。
ここではguidanceを振っているものを出してみましょう。<<tag guidance>>A

!New journal entry
{{{
<<newJournal "DD MMM YYYY, hh:mm">>
}}}
って記述すると、「<<newJournal "DD MMM YYYY, hh:mm">>」のようなボタンが表示されます。
クリックすると "DD MMM YYYY, hh:mm" というタイトルのついたTiddlerが生成されます。

この機能自体は日報・日記的な記述をする運用をしている場合にMainMenuなどにあると便利なMacroと言えます。
(実際にデフォルトのempty.htmlにはそう記述されていますし)

なお、日付・時刻の記述については次のようなテンプレート定義が去れています。
* DD - 月の日
* MMM - 月の文字表記。例えばJulyなど。
* MM - 月の数値表記。
* YYYY - 西暦年
* hh - 時(24時間制だと思う)
* mm - 分

!Tiddler insertion
{{{
<<tiddler TidderName>>
}}}
と記述すると、パラメータのTiddlerの内容を埋め込むことが出来ます。
例えば、ここに目次を埋め込むとこんな感じになります。
{{{
<<tiddler 目次>>
}}}
<<tiddler 目次>>
この「ススメ」においても目次のデータを細分化し、MainMenuの中にも目次の内容が同期しやすいようにしています。

なお、循環参照をすると恐ろしいことになるので、注意しましょう(回避処理は現状搭載されていません)。

!Slider
{{{
<<slider tocSlider 目次_入門篇 入門篇の目次 "入門篇の目次の表示・非表示切替">>
}}}
と記述すると、<<slider tocSlider 目次_入門篇 入門篇の目次 "入門篇の目次の表示・非表示切替">>というボタンが表示され、クリックするごとに目次の表示トグルがかかります。
パラメータは4つあります。
#表示・非表示の状態保存するcookieに使われる名称
#スライド表示するTiddlerの名前
#ボタンの表示名
#ボタンのTooltip

!tabs
{{{
<<tabs tocSelect
入門 "入門篇の目次" 目次_入門篇
応用 "応用篇の目次" 目次_応用篇
>>
}}}
<<tabs tocSelect
入門 "All tiddlers" 目次_入門篇
応用 "Tags in use" 目次_応用篇
>>
という感じで展開されます。要素として「tabのラベル▲tabのtoolTip▲展開するTiddler」を列挙することでtabを実現しているというところ。

なかなか、これだけを使用しようとしても難しいのですが。

----

ここまでいろいろ紹介してきましたが、実はこのMacroは自作が可能です。
その辺を次章[[Macroを作る]]で説明いたします。
「一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事」
tabenaiikikata

日本は、前代未聞の原発災害によって未曾有の放射能国家になってしまった。

この状態が何と3年以上も続いてきたために、数千万人以上の日本人が放射性物質を吸って食べて深刻な内部被曝状態になっている。
しかし、国家政府も大衆個人も無策のまま!

とどのつまり、私たちは、いま、政府にも、官僚にも、国会議員にも、知識人にも、医者にも…、誰にも助けてもらえない状況に置かれているのだ。(この現実をキチンと認識できるかどうかが、生死の分かれ目になる!)

こういう悲惨な状況のなかで、私達が、いま、第一に考えねばならないのは健康の問題である。
一回しか生きられない人生、先ず健康でなくては何事も始まらない。
病気になったら最後、人生は苦痛の日々になる! どうしたら良いのか?
答は一つしかない。免疫力を上げること。これだけである。
免疫力は、体内の免疫細胞(マクロファージやNK細胞)の数で決まる。

免疫力を上げるためには、どうしたらよいか?
 1)乳酸菌(特に豆乳ヨーグルト)の摂取
 2)血流をあげる運動
 3)日光浴(太陽凝視を含む)
 4)入浴
 5)少食・粗食
上の5項目を確実に実行すれば、私たちは放射能に負けない体質になり、病気にならずに、健康な人生を送れる!何も心配することはないのだ!

前回は、少食・粗食の勉強というか、理論武装のために、『人は食べなくても生きられる!』すなわち、不食の考え方、生き方について考えた。

今回は、さらに具体的に 『一日一食健康法』の実践を提案したい。その心構えが本稿には書かれている。

ただし、一箇所だけ間違った認識がある。
「病気の原因の99%は、体内に溜まった毒素です」という部分だ。
正解は、
「病気の原因の99%は、免疫力の低下です。」

それで、食後に小腸付近に集中してくる免疫細胞を、一日一食の実践によって身体全体に散らそう!というワケです。
(飯山一郎)
ここで紹介するソフト意外にも必要でしたら各自で導入してください。
ただし、無闇に導入すると不具合の原因なりますのでご注意ください。

!ブラウザ「[[Aurora 日本語 Linux版 |http://mozilla.jp/firefox/download/aurora/]]」
*圧縮ファィル解凍で導入

!ブラウザ「[[Chromium-20-Lucid.pet|http://distro.ibiblio.org/puppylinux/pet_packages-lucid/Chromium-20-Lucid.pet]]」
*PETファイルで導入

!動画再生ソフト「[[vlc-1.1.10-i686-lucid525.pet|http://distro.ibiblio.org/puppylinux/pet_packages-lucid/vlc-1.1.10-i686-lucid525.pet]]」
*PETファイルで導入

!FTPソフト「[[FileZilla_3.5.3_i586-linux-gnu.tar.bz2|http://filezilla-project.org/download.php]]」
*圧縮ファィル解凍で導入

!PDF閲覧ソフト「[[FoxitReader-1.1-Lucid.pet|http://distro.ibiblio.org/puppylinux/pet_packages-lucid/FoxitReader-1.1-Lucid.pet]]」
*PETファイルで導入

!画像閲覧ソフト「[[Picasa-3.0Beta-Lucid.pet|http://distro.ibiblio.org/puppylinux/pet_packages-lucid/Picasa-3.0Beta-Lucid.pet]]」
*PETファイルで導入

!圧縮/解凍ソフト「[[xarchiver-0.5.2-PupZip-v5.pet|http://code.google.com/p/fuzy/downloads/detail?name=xarchiver-0.5.2-PupZip-v5.pet&can=2&q=]]」
*PETファイルで導入でバージョンアップ


:つつきを読む&nbsp;&gt;&gt;&nbsp;__[[ダウンロード]]__


[[↑TOP|index.html#toptop]]
民主党の小沢一郎元代表は14日、名古屋市で大村秀章・愛知県知事のパーティーに出席し、「日本の行政の仕組み、国家の統治の仕組みを根本から変える。お互いに力を合わせ、大いなる改革に取り組もう」とあいさつし、大村氏との連携をアピールした。

 大村氏もあいさつで、統治機構改革などの方向性で「小沢氏と全く合意している」と応じた。パーティーには河村たかし名古屋市長も出席。橋下徹・大阪市長は祝電を寄せて、「国の統治の形を変えることは大阪維新の会の目指す方向と同じ。大阪と愛知が連携して日本を変えていこう」とエールを送った。 
[img[http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120514/K10051190311_1205150522_1205150529_01.jpg]]
少食を心がければ免疫力が高まり、病気にならない体に変わる

新潟大学大学院教授 安保 徹


abo01.jpg◇たくさん食べている人ほど病気になりやすい

体を鍛えるためには体操などをやればいいのですが、病気をはね返す免疫の力を鍛えるには、手っ取り早く「風邪をひく」ことです。

風邪をひくとリンパ球とウイルスとが戦うので、治ったあとには免疫が自然と高まっています。

薬を飲まずに風邪を治せば免疫は高まるのです。

実際、私は風邪の流行っている場所に行くことにしています。
ところが、私は風邪をひかない。
流行っているところへ行ってもインフルエンザにはかかりません。

なぜかというと、私たちの免疫のベース(基本)は、リンパ球が働いているだけではなくて、もっと白血球の抵抗とか、マクロファージ(貪食《どんしょく》細胞)などがあって行われているのです。

とりわけマクロファージの活性が高いと、リンパ球にウイルスを処理してもらう前の段階で、マクロファージ自身の力で治してしまいます。

ですから、風邪が流行していたのに自分はひかないとか、5年以上も風邪をひいていないというレベルの人がいるでしょう。

こういう人はマクロファージがしっかりしているわけです。

マクロファージは体の元気さといっしょなのです。

体が元気だとマクロファージも元気。

インターフェロンも出せるし、IL《インターロイキン》-12も出せる。

そうして、みんな元気になるのです。

実は、マクロファージはウイルスをやっつけたり、いろいろな細菌をやっつけたりするだけでなく、栄養処理もやっています。

ですから、栄養をたくさん摂取している人の場合、マクロファージがコレステロールなども処理して分解し、血管を掃除して、動脈硬化を防いでくれたりします。

しかし、処理能力を超えるほど食べ続けると、マクロファージは泡沫《ほうまつ》細胞となって血管壁に沈着し、ついには動脈硬化を進めます。

つまり、ごちそうをたらふく食べると、ただの栄養処理屋になってしまうのです。

マクロファージの無駄遣いをしているわけで、すごくたくさん食べている人ほど、すぐ病気になるし、すぐ風邪をひくというわけなのです。

マクロファージは過剰な栄養を摂《と》ったときには栄養処理に使われてしまうという考え方を持てば、超少食の方たちの話も理解しやすいと思います。

◇無駄なものから食べてエネルギーに変える

先日、認知症の研究会に行ってきました。

記憶を司る部位の「海馬」についての研究報告があったのですが、アミロイドたんぱくが脳にたまると、グリア細胞(脳のマクロファージはグリア細胞)が集まってきて、そのたんぱくをなんとか食べようとします。

しかし、食べきれずに脳に沈着すると、認知症につながるわけです。

いわゆる、アルツハイマー型の認知症です。

そうやって、食べきれずにアミロイドたんぱくが沈着してしまった認知症の人たちというのは、考える能力が低下しているにもかかわらず、食べる能力だけは残っています。

晩ごはんを食べたのに、30分後には「晩ごはん、まだ?」と催促する。

そして、食べるとアミロイドたんぱくを処理しきれない・・・そんな悪循環に陥るのです。

逆に、飢餓状態になったときはどうなるかというと、例えば、漂流して食べるものがない場合など、マクロファージは自分の体の構成成分を食べて栄養に変えるのです。

漂流して10日とか20日とか食べられなかった人は、筋肉や骨が細くなったりする。

ところが、そのステップで何が起こるかというと、栄養が枯渇した際に最初に食べるのは、まず老廃物を食べて、ポリープを食べて、シミを食べて、ガン細胞を食べる・・・。

そういう無駄なものから食べて処理し、エネルギーに変えるわけです。

そうして、マクロファージの働きで、ポリープが消える、ガンが治る、ということが起こるわけです。

しかし、そういう無駄なものを処理してもなおかつ飢餓状態が続くと、今度は筋肉を食べたり、骨を食べたりします。

骨を食べるので有名なのが、破骨細胞ですが、破骨細胞はマクロファージが多核になった細胞です。

マクロファージはまさに食べる力です。

このように、私たちの体では、進化したリンパ球の顆粒球までいかないレベルの、もっと原始的な防御とか、栄養処理とか、老廃物の処理は、白血球の基本であるマクロファージがやっているということがわかるでしょう。

◇たんぱく質を減らせばガンもマラリアも逃げていく

私は、少食の問題を科学的に解明しようと思い、ここ4~5年の間にやった実験があります。

最初にたんぱく質を減らす実験を始めたわけです。

実験に使うマウスは通常、25%のたんぱく質の入ったエサで飼育するのですが、たんぱく質の割合を10%、5%、0%に減らして免疫力がどう変化するのかを調べました。

すると驚くことに、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、免疫力が上がっていくことがわかったのです。

今、地球上で最もかかる人が多く、死亡する人の数も多い病気は、開発途上国ではマラリアです。

マラリアは感染者がおよそ2億人で、年間の死亡者数が300万人といわれています。

一方、先進国ではガンです。

ガンも全世界で見れば年間の死亡者数がおよそ300万人くらいなのです。

このマラリアとガンに対して、マウスがどういう抵抗性を示すのかを調べてみました。

マラリアは致死株を、ガンも確実に死に至るレベルのガン細胞を植えて、実験しました。

結論からいうと、低たんぱく食のエサにしたら抵抗力が強くなっていくことがわかりました。

それも、たんぱく質の割合を下げれば下げるほど、抵抗力が強くなっていくのです。

普通のエサを与えたマウスでは100%マラリアに感染して死ぬのが当然で、まさか致死株ですから生き延びるということは予想もしていませんでした。

しかし、たんぱく質の割合を5%、0%まで減らしたら、全部のマウスが生き延びたのです。

さらには、ガンも転移が消滅していたのです。

びっくりして、この実験を英語の論文にまとめて学会で発表したのです。

なかなか日の目は見ませんでしたが、2年がかりでアメリカで有名な『ジャーナル・オブ・パラジトロジー』と『セルラー・オブ・イムノロジー』という雑誌にそれぞれ掲載されました。

つまり、マラリアやガンでも、たんぱく質を低下させていくとみんな生き残れることを、世界のトップレベルのジャーナリズムに載せたわけです。

◇超少食者の腸の中では草食動物と同じ作用が働いている?

それともう一つ、特に人間に関してなのですが、7mにも及ぶ腸についての話です。

腸はすごく再生が速いのですが、再生して最後は脱落していきます。

ですから、便の中には腸の脱落細胞が大量にあるわけです。

したがって、あまりご飯を食べなくても便が出るという状況はあるところまでは続きます。

ところが、北海道大学医学部の解剖学教室の岩永敏彦先生が、「草食動物はほとんど、脱落する腸が腸管上皮にいるマクロファージに食べられて再利用されている」という英語の論文を出したのです。

おそらく、私たちが飢餓状態になると、無駄に体の老廃物を捨てるということをやめちゃうわけです。

無駄に出すことをやめて、マクロファージが再利用し、一つの無駄もなく再利用して、あとは消化管に棲みついた腸内細菌を栄養にして、不足分をまかなって生き続けるのではないかと、私は思っています。

超少食の実践者の方たちの体でも、このような作用が働いているのではないでしょうか。

次の仕事で、そのことを証明していきたいと考えています。

◇患者を励ますことが一番大事

病気には、その人の生き方も大きくかかわっていると思います。

超少食を実践されている人たちで、再生不良性貧血になった人や胃潰瘍ができたという人の話を聞くと、まじめですごく頑張る人、あるいは、神経質で一生懸命悩むタイプのように思われます。

おそらく独特の体の負担があったのでしょう。

そういう負担があるとマクロファージがうまく働けないのです。

マクロファージに最もダメージをかけるのは、絶望を与えることです。

一方で、病気を治すには、患者を励ますことが一番大事です。

私は本をいっぱい書いているので、電話とかeメールとかが毎日いっぱい来て、患者さんを励ましているのですが、潰瘍ができたという人には、「すぐ治るよ」と言っています。

再生不良性貧血の人には、「すごい無理をしたでしょう」「はい、無理しました」というやりとりをしています。

「楽にするように」と励ませばいいのです。

悩みでしょんぼりしていた人を励ます。

医療ではこういうことが大切なのだと思っています。
ホンダは15日、座って移動する電動二輪車「UNI―CUB」を開発したと発表した。椅子のように座り体重移動をするだけで最高時速6キロメートルで移動できる。日本科学未来館(東京・江東、毛利衛館長)と共同で実証実験に取り組む。商品化は未定としている。

 UNI―CUBは高さ74.5センチで、前後に進む車輪と後部の旋回用の車輪で駆動する。体を少し前方に倒せば、ゆっくりと前に移動する。同様に体重移動をするだけで左右に動いたり、旋回したりといった操作が容易にできる。
[img[http://www.yomiuri.co.jp/photo/20120515-765482-1-L.jpg]]
 小型端末のタッチパネルを使い、指で操作することも可能。ホンダは2009年に座って操作する電動二輪車を初めて公開し、11年にUNI―CUBの試作機を公開していた。

 13年3月まで実証実験に取り組み、日本科学未来館の説明員がデモンストレーション走行したり、館内の巡回業務に使ったりして、改良点を探る。同未来館での発表会見で、宇宙飛行士の毛利館長が試乗し、「無重力空間に戻ったような感覚だ」と話した。

!TiddlyWiki関連リンク集  http://blog.livedoor.jp/kyorecoba/archives/26481931.html
!tiddlywikiのススメ http://hsj.jp/junknews/archives/tiddlywiki_susume.html
!!<<tag マクロを使う>>
改行してただ打っているだけでも十分メモ帳として機能するわけですが、''強調したい!''とか''表組みにしたい!''とか色々表現したいこともあると思います。
とはいえ、''わざわざHTMLを書くのは面倒くさい!''というのが正直なところです。

そこでTiddlyWikiではぱっと見た感じで分かりやすく簡単な表記方法でこういったことを実現しています。

たとえば、太字にする場合は半角の単一引用符を二つ囲み「’’太字にする’’」と書いていると「''太字にする''」という風に表示してくれます。

こういう機能すら面倒な場合はさらっと「こういうことができるんだ」という風に見ていただければよいかと思います。
必要な時に使うことができれば、いいのですから。

それでは順を追ってご紹介します。詳しくはここをダブルクリックして、ソースをご覧下さい :)

!文字装飾
''太字''
==取消線==
__下線__
//斜体//
2^^3^^=8
a~~ij~~ = -a~~ji~~
@@ハイライト@@
@@color(green):着色(ここでは緑)@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):a背景色の設定もできます。@@

{{{
 <monospacedtext>固定幅な表示</monospacedtext>
 if($hogehoge != ''){
 /*
 ほげほげ
 */
 }
}}}

!水平線
文書の区切りを明示する時に。
----

!通常リスト
箇条書きなんかに使うやつです。
* 一段目
** 階層化もできます。
** 同一レベルに記述するとこんなかんじ。
* そして元に戻ります。

!番号リスト
序数を付けたリストです。
#item1
#item2
##item2.1
##item2.2
##item2.3
#item3
##item3.1
###item3.1.1
###item3.1.2

!見出し
いわゆる{{{<h2>...</h2>}}}などに相当する見出しです。五段階に対応してます。

!Header 1
!!Header 2
!!!Header 3
!!!!Header 4
!!!!!Header 5

!外部リンク
他のサイトへのリンクをする場合、[[Google|http://www.google.com/]]などと記載します。

!画像の埋込み
[img[Google|http://www.google.co.jp/images/logo_sm.gif]]なんてことも可能です。

同じフォルダにある場合はパス名は不要なようです。

!引用
JeremyRuston said:
<<<
A TiddlyWiki is like a blog because it's divided up into neat little chunks, but it encourages you to read it by hyperlinking rather than sequentially: if you like, a non-linear blog analogue that binds the individual microcontent items into a cohesive whole. I think that TiddlyWiki represents a novel medium for writing, and will promote it's own distinctive WritingStyle. This is the first version of TiddlyWiki and so, as discussed in TiddlyWikiDev, it's bound to be FullOfBugs, have many MissingFeatures and fail to meet all of the DesignGoals. And of course there's NoWarranty, and it might be judged a StupidName.
<<<

>level 1
>level 1
>>level 2
>>level 2
>>>level 3
>>>level 3
>>level 2
>level 1

!表組
|!th1111111111|!th2222222222|
|>| colspan |
| rowspan |left|
|~| right|
|bgcolor(#a0ffa0):colored| center |
|caption|c

----
[[目次]] < 2. [[早速使ってみる]] <3. [[書き方(詳細)]]  > 4. [[カスタマイズする]]
**法句経**   【ダンマパダ】真理のことば
!第一章 ひと組ずつ

1、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
もしも、汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人に付き従う。---車をひく(牛)の足跡に車輪がついてゆくように。

2、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。
もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人に付き従う---影がそのからだから離れないように。

3、「彼はわれを罵った。彼はわれを害した。彼はわれにうち勝った。彼はわれから強奪した。」という思いを抱く人には、怨みはついに息むことがない。

4、「彼はわれを罵った。彼はわれを害した。彼はわれにうち勝った。彼はわれから強奪した。」という思いを抱かない人には、ついに怨みが息む。

5、実にこの世においては、怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない。
怨みを捨ててこそ息む。これは永遠の真理である。

6、「われらは、ここにあって死ぬはずのものである。」と覚悟をしょう。---このことわりを他の人々は知ってはいない。しかし、このことわりを知る人々があれば、争いはしずまる。

7、この世のものを浄らかだと思いなして暮らし、(眼などの)感官を抑制せず、食事の節度を知らず、怠けて勤めない者は、悪魔にうちひしがれる。---弱い樹木が風に倒されるように。

8、この世のものを不浄であると思いなして暮らし、(眼などの)感官をよく抑制し、食事の節度を知り、信念あり、勤めはげむ者は、悪魔にうちひしがれない。---岩山が風にゆるがないように。

9、けがれた汚物を除いていないのに、黄褐色の法衣をまとおうと欲する人は、自制がなく真実もないのであるから、黄褐色の法衣はふさわしくない。

10、けがれた汚物を除いていて、戒律を守ることに専念している人は、自制と真実とをそなえているから、黄褐色の法衣をまとうのにふさわしい。

11、まことではないものを、まことであると見なし、まことであるものを、まことではないと見なす人々は、あやまった思いにとらわれて、ついに真実(まこと)に達しない。

12、まことであるものを、まことであると知り、まことではないものを、まことではないと見なす人は、正しい思いにしたがって、ついに真実に達する。

13、屋根を粗雑に葺いてある家には雨が漏れ入るように、心を修養していないならば、情欲が心に侵入する。

14、屋根をよく葺いてある家には雨の漏れ入ることがないように、心をよく修養してあるならば、情欲の侵入することがない。

15、悪いことをした人は、この世で憂え、来世でも憂え、ふたつのところで共に憂える。
彼は自分の行為が汚れているのを見て、憂え、悩む。

16、善いことをした人は、この世で喜び、来世でも喜び、ふたつのところで共に喜ぶ。
彼は自分の行為が浄らかなのを見て、喜び、楽しむ。

17、悪いことをなす者は、この世で悔いに悩み、来世でも悔いに悩み、ふたつのところで悔いに悩む。
「私は悪いことをしました。」といって悔いに悩み、苦難のところ(地獄など)におもむいて(罪のむくいを受けて)さらに悩む。

18、善いことをなす者は、この世で歓喜し、来世でも歓喜し、ふたつのところで共に歓喜する。
「私は善いことをしました。」といって歓喜し、幸あるところ(天の世界)におもむいて、さらに喜ぶ。


19、たとえためになることを数多く語るにしても、それを実行しないならば、その人は怠っているのである。---牛飼いが他人の牛を数えているように、かれは修行者の部類には入らない。

20、たとえためになることを少ししか語らないにしても、理法にしたがって実践し、情欲と怒りと迷妄を捨てて、正しく気をつけていて、心が解脱して、執着することの無い人は、修行者の部類に入る。

!第二章 はげみ

21、つとめ励むのは不死の境地である。怠りなまけるのは死の境涯である。
つとめ励む人々は死ぬことがない。怠りなまける人々は、死者のごとくである。

22、このことをはっきりと知って、つとめはげみを能(よ)く知る人々は、つとめはげみを喜び、聖者たちの境地を楽しむ。

23、(道に)思いをこらし、堪え忍ぶことつよく、つねに健(たけ)く奮励する、思慮ある人々は、安らぎに達する。
これは無上の幸せである。

24、こころはふるいたち、思いつつましく、行いは清く、気をつけて行動し、みずから制し、法(のり)にしたがって生き、つとめ励む人は、名声が高まる。

25、思慮ある人は、奮い立ち、つとめ励み、自制・克己によって、激流も押し流すことのできない島をつくれ。

26、智慧乏しき愚かな人々は放逸にふける。
しかし心ある人は、最上の財宝(たから)をまもるように、つとめ励むのをまもる。

27、放逸にふけるな。愛欲と歓楽に親しむな。おこたることなく思念をこらす者は、大いなる楽しみを得る。

28、賢者が精励修行によって怠惰を退けるときには、智慧の高閣(たかどの)に登り、自らは憂い無くして(他の)憂いある愚人どもを見下ろす。
____山上にいる人が地上の人々を見下ろすように。

29、怠りなまけている人々の中で、ひとりつとめはげみ、眠っている人々の中で、ひとりよく目覚めている思慮ある人は、疾くはしる馬が、足のろの馬を抜いて駆けるようなものである。

30、マガヴァー(インドラ神)は、つとめ励んだので、神々の中での最高の者となった。
つとめはげむことを人々はほめたたえる。放逸なることは常に非難される。

31、いそしむことを楽しみ放逸に恐れをいだく修行僧は、微細なものでも粗大なものでも全て心のわずらいを、焼きつくしながら歩む
____燃える火のように。


32、いそしむことを楽しみ、放逸に恐れをいだく修行僧は、堕落するはずはなく、すでにニルヴァーナの近くにいる。





!第三章 心

33、心は動揺し、ざわめき、護り難く、制し難い。英知ある人はこれを直くする____弓師が矢の弦を直くするように。

34、水の中の住処から引き出されて陸「おか」の上に投げ捨てられた魚のように、この心は、悪魔の支配から逃れようとしてもがきまわる。

35、心は、捉え難く、軽々(かろがろ)とざわめき、欲するがままにおもむく。その心をおさめることは善いことである。
心をおさめたならば、安楽をもたらす。

36、心は極めて見難く、極めて微妙であり、欲するがままにおもむく。英知ある人は守れかし。
心を守ったならば、安楽をもたらす。

37、心は遠くに行き、独り動き、形体なく、胸の奥の洞窟にひそんでいる。この心を制する人々は、死の束縛から逃れるであろう。

38、心が安住することなく、正しい真理を知らず、信念が汚されたならば、さとりの智慧は全うからず。

39、心が煩悩に汚されることなく、おもいが乱れることなく、善悪のはからいを捨てて、目ざめている人には、何も恐れることが無い。

40、この身体は水瓶のように脆いものだと知って、この心を城郭のように(堅固に)安立して、智慧の武器をもって、悪魔と戦え。勝ち得たものを守れ。____しかもそれに執着することなく。

41、ああ、この身はまもなく地上によこたわるであろう。____意識を失い、無用の木片(きぎれ)のように、投げ捨てられて。

42、憎む人が憎む人にたいし、怨む人が怨む人にたいして、どのようなことをしょうとも、邪なことをめざしている心はそれよりもひどいことをする。

43、母も父もその他親族がしてくれるよりもさらに優れたことを、正しく向けられた心がしてくれる。



第四章 花にちなんで

44、だれがこの大地を征服するであろうか?  だれが閻魔の世界と神々とともなるこの世界とを征服するであろうか?
わざに巧みな人が花を摘むように、善く説かれた真理のことばを摘み集めるのはだれであろうか?

45、学びにつとめる人こそ、この大地を征服し、閻魔の世界と神々とともなるこの世界とを征服するであろう。
わざに巧みな人が花を摘むように、学びつとめる人々こそ善く説かれた真理のことばを摘み集めるであろう。

46、この身は泡沫のごとくであると知り、かげろうのようなはかない本性のものであると、さとったならば、悪魔の花の矢を断ち切って、死王に見られないところへ行くであろう。

47、花を摘むのに夢中になっている人を、死がさらって行くように、眠っている村を、洪水が押し流して行くように、____

48、花を摘むのに夢中になっている人が、未だ望みを果たさないうちに、死に神が彼を征服する。

49、蜜蜂は(花の)色香を害(そこなわず)に、汁をとって、花から飛び去る。
聖者が村に行くときは、そのようにせよ。

50、他人の過失を見るなかれ。他人のしたこととしなかったことを見るな。
ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ。

51、うるわしく、あでやかに咲く花でも、香りの無いものがあるように、善く説かれたことばでも、それを実行しない人には実りがない。

52、うるわしく、あでやかに咲く花で、しかも香りのあるものがあるように、善く説かれたことばも、それを実行する人には、実りがある。

53、うず高い花を集めて多くの華鬘(はなかざり)をつくるように、人として生まれまた死ぬべきであるならば、多くの善いことをなせ。

54、花の香りは風に逆らっては進んで行かない。栴檀(せんだん)もタガラの花もジャスミンもみなそうである。
しかし徳のある人の香りは、風に逆らっても進んで行く。徳のある人はすべての方向に薫る。

55、栴檀、タガラ、青蓮華、ヴァッシキー____これら香りのあるものどものうちでも、徳行の香りこそ最上である。

56、タガラ、栴檀の香りは微かであって、大したことはない。しかし徳行のある人々の香りは最上であって、天の神々にもとどく。

57、徳行を完成し、つとめはげんで生活し、正しい智慧によって解脱した人々には、悪魔も近づくによし無し。

58、大道に捨てられた塵芥(ちりあくた)の山堆(やまずみ)の中から香しく麗しい蓮華が生ずるように。

59、塵芥にも似た盲(めしい)た凡夫のあいだにあって、正しくめざめた人(ブッダ)の弟子は智慧をもって輝く。



第五章 愚かな人

60、眠れない人には夜は長く、疲れた人には一里の道は遠い。
正しい真理を知らない愚かな者どもには、生死の道のりは長い。

61、旅に出て、もしも自分よりもすぐれた者か、または自分にひとしい者に出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。
愚かな者を道伴(づ)れにしてはならぬ。

62、「わたしたちには子がある。わたしには財がある。」と思って愚かな者は悩む。
しかしすでに自己が自分のものではない。 ましてどうして子が自分のものであろうか。どうして財が自分のものであろうか。

63、もしも愚者がみずから愚であると考えれば、すなわち賢者である。
愚者でありながら、しかもみずから賢者だと思う者こそ、「愚者」だと言われる。

64、愚かな者は生涯賢者に仕えても、真理を知ることが無い。匙が汁の味を知ることができないように。

65、聡明な人は瞬時(またたき)のあいだ賢者に仕えても、ただちに真理を知る。___舌が汁の味をただちに知るように。

66、あさはかな愚人どもは、自己に対して仇敵(かたき)に対するようにふるまう。悪い行いをして、苦い果実(このみ)をむすぶ。

67、もしも或る行為をした後に、それを後悔して、顔に涙を流して泣きながら、その報いを受けるならば、その行為をしたことは善くない。

68、もしも或る行為をしたのちに、それを後悔しないで、嬉しく喜んで、その報いを受けるならば、その行為をしたことは善い。

69、愚かな者は、悪いことを行っても、その報いの現れないあいだは、それを密のように思いなす。しかし、その罪の報いの現れたときには、苦悩を受ける。

70、愚かなものは、たとい毎月(苦行者の風習にならって一月に一度だけ)茅草の端につけて(極く少量の)食べ物を摂るようなことをしても、(その功徳は)真理をわきまえた人々の16分の1にも及ばない。

71、悪事をしても、その業は、しぼり立ての牛乳のように、すぐに固まることはない。(徐々に固まって熟する)その業は、灰に覆われた火のように、(徐々に)燃えて悩ましながら、愚者につきまとう。

72、愚かな者に念慮(おもい)が生じても、ついにかれには不利なことになってしまう。その念慮は彼の好運(しあわせ)を滅ぼし、かれの頭を打ち砕く。

73、愚かな者は、実にそぐわぬ虚しい尊敬を得ようと願うであろう。修行僧らのあいだでは上位を得ようとし、僧房にあっては権勢を得ようとし、他人の家に行っては供養を得ようと願うであろう。

74、「これは、わたしのしたことである。在家の人々も出家した修行者たちも、ともにこのことを知れよ。およそなすべきこととなすべからざることとについては、私の意に従え」____愚かな者はこのように思う。こうして欲求と高慢(たかぶり)とがたかまる。

75、一つは利得に達する道であり、他の一つは安らぎにいたる道である。ブッダの弟子である修行僧はこのことわりを知って、栄誉を喜ぶな。孤独の境地に励め。



第六章 賢い人

76、(おのが)罪過(つみとが)を指し示し過ちを告げてくれる聡明な人に会ったならば、その賢い人につき従え____隠してある財宝のありかを告げてくれる人につき従うように。そのような人につき従うならば、善いことがあり、悪いことは無い。

77、(他人を)訓戒せよ、教えさとせ。宜しくないことから(他人を)遠ざけよ。そうすればその人は善人に愛せられ、悪人からは疎まれる。

78、悪い友と交わるな。卑しい人と交わるな。善い友と交われ。尊い人と交われ。

79、真理を喜ぶ人は、心きよらかに澄んで、安らかに臥す。聖者の説きたまうた真理を、賢者はつねに楽しむ。

80、水道をつくる人は水をみちびき、矢をつくる人は矢を矯め、大工は木材を矯め、賢者は自己をととのえる。

81、一つの岩の塊りが風に揺るがないように、賢者は非難と賞賛とに動じない。

82、深い湖が、澄んで、清らかであるように、賢者は真理を聞いて、こころ清らかである。

83、高尚な人々は、どこにいても、執着することが無い。快楽を欲してしゃべることが無い。楽しいことに遭(あ)っても、賢者は動ずる色がない。

84、自分のためにも、他人のためにも、子を望んではならぬ。財をも国をも望んではならぬ。
邪なしかたによって自己の繁栄を願うてはならぬ。(道にかなった)行いあり、明かな知慧があり、真理にしたがっておれ。

85、人々は多いが、彼岸(かなたのきし)に達する人々は少ない。他の(多くの)人々はこなたの岸の上でさまよっている。

86、真理が正しく説かれたときに、真理にしたがう人々は、渡りがたい死の領域を超えて、彼岸(かなたのきし)にいたるであろう。

87、賢者は、悪いことがらを捨てて、善いことがらを行え。家から出て、家の無い生活に入り、楽しみ難いことではあるが、孤独(ひとりい)のうちに、喜びを求めよ。

88、賢者は欲楽をすてて、無一物となり、心の汚れを去って、おのれを浄めよ。

89、覚りのよすがに心を正しくおさめ、執着なく貪りを捨てるのを喜び、煩悩を滅ぼし尽くして輝く人は、現世において全く束縛から解きほごされている。



第七章 真人 

90、すでに(人生の)旅路を終え、憂いをはなれ、あらゆることがらにくつろいで、あらゆる束縛の絆をのがれた人には、悩みは存在しない。

91、こころをとどめている人々は努めはげむ。かれらは住居を楽しまない。白鳥が立ち去るように、かれらはあの家、この家を捨てる。

92、財を蓄えることなく、食べ物についてその本性を知り、その人々の解脱の境地は空にして無相であるならば、かれらの行く路(足跡)は知り難い。___空飛ぶ鳥の迹の知りがたいように。

93、その人の汚れは消え失せ、食べ物をむさぼらず、その人の解脱の境地は空にして無相であるならば、かれの足跡は知り難い。___空飛ぶ鳥の迹の知り難いように。

94、御者が馬をよく馴らしたように、おのが感官を静め、高ぶりをすて、汚れのなくなった___このような境地にある人を神々でさえも羨む。

95、大地のように逆らうことなく、門のしまりのように慎み深く、(深い)湖は汚れた泥がないように、___そのような境地にある人には、もはや生死の世は絶たれている。

96、正しい智慧によって解脱して、やすらいに帰した人___そのような人の心は静かである。ことばも静かである。行いも静かである。

97、何ものかを信ずることなく、作られざるもの(ニルヴァーナ)を知り、生死の絆を断ち、(善悪をなすに)よしなく、欲求を捨て去った人___かれこそ実に最上の人である。

98、村にせよ、林にせよ、低地にせよ、平地にせよ、聖者の住む土地は楽しい。

99、人のいない林は楽しい。世人の楽しまないところにおいて、愛著なき人々は楽しむであろう。かれらは快楽を求めないからである。



第八章 千という数にちなんで

100、無益な語句を千たびかたるよりも、聞いて心の静まる有益な語句を一つ聞くほうがすぐれている。

101、無益な語句よりなる詩が千もあっても、聞いて心の静まる詩を一つ聞くほうがすぐれている。

102、無益に語句よりなる詩を百もとなえるよりも、聞いて心の静まる詩を一つ聞くほうがすぐれている。

103、戦場において百万人に勝つよりも、唯だ一つの自己に克つ者こそ、じつに最上の勝利者である。

104/105、自己にうち克つことは、他の人々に勝つことよりもすぐれている。つねに行ないをつつしみ、自己をととのえている人、___このような人の克ち得た勝利を敗北に転ずることは、神も、ガンダルヴァ(天の伎楽神)も、悪魔も、梵天もなすことができない。

106、百年のあいだ、月々千回ずつ祭祀を営む人がいて、またその人が自己を修養した人を一瞬間でも供養するならば、その供養することのほうが、百年祭祀を営むよりもすぐれている。

107、百年のあいだ、月々千回ずつ祭祀を営む人がいて、またその人が自己を修養した人を一瞬間でも供養するならば、その供養することのほうが、百年祭祀を営むよりもすぐれている。

108、功徳を得ようとして、ひとがこの世で一年間神をまつり犠牲をささげ、あるいは火にささげ物をしても、その全部をあわせても、(真正なる祭りの功徳の)四分の一にも及ばない。行ないの正しい人々を尊ぶことのほうがすぐれている。

109、つねに敬礼を守り、年長者を敬う人には、四種のことがらが増大する。___すなわち、寿命と美しさと楽しみと力とである。

110、素行が悪く、心が乱れていて百年生きるよりは、徳行あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。

111、愚かに迷い、心の乱れている人が百年生きるよりは、知慧あり思い静かな人が一日生きるほうがすぐれている。

112、怠りなまけて、気力もなく百年生きるよりは、堅固につとめ励んで一日生きるほうがすぐれている。

113、物事が興りまた消え失せることわりを見ないで百年生きるよりも、事物が興りまた消え失せることわりを見て一日生きることのほうがすぐれている。

114、不死(しなない)の境地を見ないで百年生きるよりも、不死の境地を見て一日生きることのほうがすぐれている。

115、最上の真理を見ないで百年生きるよりも、最上の真理を見て一日生きるほえがすぐれている。




第九章 悪

116、善をなすのを急げ。悪から心を遠ざけよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事を楽しむ。

117、人がもしも悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪が積み重なるのは苦しみである。

118、人がもし善いことをしたならば、それを繰り返せ。善いことを心掛けよ。善いことが積み重なるのは楽しみである。

119、まだ悪の報いが熟しないあいだは、悪人でも幸運に遭うことがある。しかし悪の報いが熟したときには、悪人はわざわいに遭う。

120、まだ善い報いが熟しないあいだは、善人でもわざわいに遭うことがある。しかし善の果報が熟したときには、善人は幸福(さいわい)に遭う。

121、「その報いは私には来ないだろう」とおもって、悪を軽んずるな。水が一滴ずつ滴りおちるならば、水瓶でも満たされるのである。愚かな者は、水を少しずつでも集めるように悪を積むならば、やがてわざわいに満たされる。

122、「その報いは私には来ないであろう」とおもって、善を軽んずるな。水が一滴ずつ滴りおちるならば、水瓶でも満たされる。気をつけている人は、水を少しずつでも集めるように善を積むならば、やがて福徳に満たされる。

123、生きたいとねがう人が毒を避けるように、ひとはもろもろの悪を避けよ。

124、もしも手に傷がなければ、その人は手で毒をとり去ることもできるであろう。傷の無い人に、毒は及ばない。悪をなさない人には、悪の及ぶことがない。

125、汚れの無い人、清くて咎のない人をそこなう者がいるならば、そのわざわいは、かえってその浅はかな人に至る。風にさからって細かい塵を投げると、(その人にもどって来る)ように。

126、或る人々は[人の]胎に宿り、悪をなした者どもは地獄に墜ち、行ないの良い人々は天におもむき、汚れの無い人々は全き安らぎに入る。

127、 大空の中にいても、大海の中にいても、山の中の奥深いところに入っても、およそ世界のどこにいても、悪業から脱れることのできる場所は無い。

128、大空の中にいても、大海の中にいても、山の中の洞窟に入っても、およそ世界のどこにいても、死の脅威のない場所は無い。




第十章 暴力

129、すべての者は暴力におびえ、すべての者は死をおそれる。已が身をひきくらぺて、殺してはならぬ。殺させてはならぬ。

130、すべての者は暴力におびえ、すべての(生きもの)にとって生命は愛しい。已が身にひきくらべて、殺してはならぬ。殺させてはならぬ。

131、生きとし生ける者は幸せをもとめている。もしも暴力によって生きものを害するならば、その人は自分の幸せをもとめていても、死後には幸せが得られない。

132、生きとし生ける者は幸せをもとめている。もしも暴力によって生きものを害しないならば、その人は自分の幸せをもとめているが、死後には幸せが得られる。

133、荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。

134、こわれた鐘のように、声をあらげないならば、汝は安らぎに達している。汝はもはや怒り罵ることがないからである。

135、牛飼いが棒をもって牛どもを牧場に駆り立てるように、老いと死とは生きとし生けるものどもの寿命を駆り立てる。

136、しかし愚かな者は、悪い行ないをしておきながら、気がつかない。浅はかな愚者は自分自身のしたことによって悩まされる。___火に焼きこがれた人のように。

137、140 手むかうことなく罪咎の無い人々に害を加えるならば、次に挙げる十種の場合のうちのどれかに速やかに出会うであろう、___(1)激しい痛み、(2)老衰、(3)身体の傷害、(4)重い病い、(5)乱心、(6)国王からの災い、(7)恐ろしい告げ口、(8)親族の滅亡と、(9)財産の損失と、(10)その人の家を火が焼く。この愚かな者は、身やぶれてのちに、地獄に生まれる。

141、裸の行も、髻に結うのも、身が泥にまみれるのも、断食も、露地に臥すのも、塵や泥を身に塗るのも、蹲って動かないのも、___疑いを離れていない人を浄めることはできない。

142、 身の装いはどうあろうとも、行ない静かに、心おさまり、身をととのえて、慎みぶかく、行ない正しく、生きとし生けるものに対して暴力を用いない人こそ、<バラモン>とも、<道の人>とも、また<托鉢遍歴僧>ともいうべきである。

143 、みずから恥じて自己を制し、良い馬が鞭を気にかけないように、世の非難を気にかけない人が、この世に誰か居るだろうか?

144 、鞭をあてられた良い馬のように勢いよく努め励めよ。信仰により、戒しめにより、はげみにより、精神統一により、真理を確かに知ることにより、知慧と行ないを完成した人々は、思念をこらし、この少なからぬ苦しみを除けよ。

145 、水道をつくる人は水をみちびき、矢をつくる人は矢を矯め、大工は木材を矯め、慎しみ深い人々は自己をととのえる。




第十一章 老いること

146 、何の笑いがあろうか。何の歓びがあろうか?___世間は常に燃え立っているのに___。汝らは暗黒に覆われている。どういて燈明を求めないのか?

147 、見よ、粉飾された形体を!(それは)傷だらけの身体であって、いろいろのものが集まっただけである。病いに悩み、意欲ばかり多くて、堅固でなく、安住していない。

148 、この容色は衰えはてた。病いの巣であり、脆くも滅びる。腐敗のかたまりで、やぶれてしまう。生命は死に帰着する。

149 、 秋に投げすてられた瓢箪のような、鳩の色のようなこの白い骨を見ては、なんの快さがあろうか?

150 、 骨で城がつくられ、それに肉と血とが塗ってあり、老いと死と高ぶりとごまかしとがおさめられている。

151 、 いとも麗しい国王の車も朽ちてしまう。身体もまた老いに近づく。しかし善い立派な人々の徳は老いることがない。善い立派な人々は互いにことわりを説き聞かせる。

152 、 学ぶことの少ない人は、牛のように老いる。かれの知慧は増えない。

153 、わたくしは幾多の生涯にわたって生死の流れを無益に経めぐって来た、___家屋の作者(つくりて)をさがしもとめて___。あの生涯、この生涯とくりかえすのは苦しいことである。

154 、 家屋の作者よ! 汝の正体は見られてしまった。汝はもはや家屋を作ることはないであろう。汝の梁はすべて折れ、家の屋根は壊れてしまった。心は形成作用を離れて、妄執を滅ぼし尽くした。

155 、 若い時に、財を獲ることなく、清らかな行ないをまもらないならば、魚のいなくなった池にいる白鷺のように、痩せて滅びてしまう。

156 、 若い時に、財を獲ることなく、清らかな行ないをまもらないならば、壊れた弓のようによこたわる。___昔のことばかり思い出してかこちながら。


第十二章 自己

157 、 もしもひとが自己を愛しいものと知るならば、自己をよく守れ。賢い人は、夜の三つの区分のうちの一つだけでも、つつしんで目ざめておれ。

158 、 先ず自分を正しくととのえ、次いで他人を教えよ。そうすれば賢明な人は、煩わされて悩むひとが無いであろう。

159 、 他人に教えるとおりに、自分で行なえ___。自分をよくととのえた人こそ、他人をととのええるであろう。自己は実に制し難い。

160 、 自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 自己をよくととのえたならば、得難き主を得る。

161 、 自分がつくり、自分から生じ、自分から起った悪が知慧悪しき人を打ちくだく。___金剛石が宝石を打ちくだくように。

162 、 極めて性の悪い人は、仇敵がかれの不幸を望むとおりのことを、自分に対してなす。___蔓草(つるくさ)が沙羅の木にまといつくように。

163 、 善からぬこと、己れのためにならぬことは、なし易い。ためになること、善いことは、実に極めてなし難い。

164 、 愚かにも、悪い見解にもとづいて、真理に従って生きる真人・聖者たちの教えを罵るならば、その人は悪い報いが熟する。___カッタカという草は果実が熟すると自分自身が滅びてしまうように。

165 、 みずから悪をなすならば、みずから汚れ、みずから悪をなさないならば、みずから浄まる。浄いのも浄くないのも、各自のことがらである。人は他人を浄めることができない。

166 、 たとい他人にとっていかに大事であろうとも、(自分ではない)他人の目的のために自分のつとめをすて去ってはならぬ。自分の目的を熟知して、自分のつとめに専念せよ。




第十三章 世の中

167 、 下劣なしかたになじむな。怠けてふわふわと暮らすな。邪な見解をいだくな。世俗のわずらいをふやすな。

168 、 奮起てよ。怠けてはならぬ。善い行いのことわりを実行せよ。ことわりに従って行なう人は、この世でも、あの世でも、安楽に臥す。

169 、 善い行ないのことわりを実行せよ。悪い行ないのことわりを実行するな。ことわりに従って行なう人は、この世でも、あの世でも、安楽に臥す。

170 、 世の中は泡沫のごとしと見よ。世の中はかげろうのごとしと見よ。世の中をこのように観ずる人は、死王もかれを見ることがない。

171 、 さあ、この世の中を見よ。王者の車のように美麗である。愚者はそこに耽溺するが、心ある人はそれに執著しない。

172 、 また以前は怠りなまけていた人でも、のちに怠りなまけることが無いなら、その人はこの世の中を照らす。___あたかも雲を離れた月のように。

173 、 以前には悪い行ないをした人でも、のちに善によってつぐなうならば、その人はこの世の中を照らす。___雲を離れた月のように。

174 、 この世の中は暗黒である。ここではっきりと(ことわりを)見分ける人は少ない。網から離れた鳥のように、天に至る人は少ない。

175 、 白鳥は太陽の道を行き、神通力による者は虚空(そら)を行き、心ある人々は、悪魔とその軍勢にうち勝って世界から連れ去られる。

176 、 唯一なることわりを逸脱し、偽りを語り、彼岸の世界を無視している人は、どんな悪でもなさないものは無い。

177 、 物惜しみする人々は天の神々の世界におもむかない。愚かな人々は分かちあうことをたたえない。しかし心ある人は分かちあうことを喜んで、そのゆえに来世には幸せとなる。

178 、 大地の唯一の支配者となるよりも、全世界の主権者となるよりも、聖者の第一階梯(かいてい)(預流果)のほうがすぐれている。





第十四章 ブッダ

179 、 ブッダの勝利は敗れることがない。この世においては何人も、かれの勝利には達しえない。ブッダの境地はひろくて涯しがない。足跡をもたないかれを、いかなる道によって誘い得るであろうか?

180 誘なうために網のようにからみつき執著をなす妄執は、かれにはどこにも存在しない。ブッダの境地は、ひろくて涯しがない。足跡をもたないかれを、いかなる道によって誘い得るであろうか?

180 、 正しいさとりを開き、念いに耽り、瞑想に専中している心ある人々は世間から離れた静けさを楽しむ。神々でさえもかれを羨む。

181 、人間の身を受けることは難しい。死すべき人々に寿命があるのも難しい。正しい教えを聞くのも難しい。もろもろのみ仏の出現したもうことも難しい。

182 、 すべて悪しきことをなさず、善いことを行ない、自己の心を浄めること、___これが諸の仏の教えである。

183 、忍耐・堪忍は最上の苦行である。ニルヴァーナは最高のものであると、もろもろブッダは説きたまう。他人を害する人は出家者ではない。他人を悩ます人は<道の人>ではない。

184 、 罵らず、害わず、戒律に関しておのれを守り、食事に関して(適当な)量を知り、淋しいところにひとり臥し、坐し、心に関することにつとめはげむ。___これがもろもろのブッダの教えである。

185 、たとえ貨幣の雨を降らすとも、欲望の満足されることはない。「快楽の味は短くて苦痛である」としるのが賢者である。

186 、 天上の快楽にさえもこころ楽しまない。正しく覚った人(仏)の弟子は妄執の消滅を楽しむ。

187 、 人々は恐怖にかられて、山々、林、園、樹木、霊樹など多くのものにたよろうとする。

178 、 しかしこれは安らかなよりどころではない。これは最上のよりどころではない。それらのよりどころによってはあらゆる苦悩から免れることはできない。

190 、191 さとれる者(仏)と真理のことわり(法)と聖者の集い(僧)とに帰依する人は、正しい知慧をもって、四つの尊い真理を見る。___すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克と、(4)苦しみの終減におもむく八つの尊い道(八聖道)とを(見る)。

192 、 これは安らかなよりどころである。これは最上のよりどころである。このよりどころにたよってあらゆる苦悩から免れる。

193 、 尊い人(ブッダ)は得がたい。かれはどこにでも生れるのではない。思慮深い人(ブッダ)の生れる家は、幸福に栄える。

194 、 もろもろの仏の現われたまうのは楽しい。正しい教えを説くのは楽しい。つどいが和合しているのは楽しい。和合している人々がいそしむのは楽しい。

195 、196、 すでに虚妄な論議をのりこえ、憂いと苦しみをわたり、何ものをも恐れず、安らぎに帰した、拝むにふさわしいそのような人々、もろもろのブッダまたその弟子たちを供養するならば、この功徳はいかなる人でもそれを計ることができない。




 第十五章 楽しみ 

197、 怨みをいだいている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは大いに楽しく生きよう。
怨みをもっている人々のあいだにあって怨むこと無く、われらは暮らしていこう。

198、 悩める人々のあいだにあって、悩み無く、大いに楽しく生きよう。悩める人々のあいだにあって、悩み無く暮そう。

199、 貪っている人々のあいだにあって、患い無く、大いに楽しく生きよう。貪っている人々のあいだにあって、むさぼらないで暮らそう。

200、 われわれは一物をも所有していない。大いに楽しく生きて行こう。光り輝く神々のように、喜びを食(は)む者となろう。

201、 勝利からは怨みが起る。敗れた人は苦しんで臥す。勝敗をすてて、やすらぎに帰した人は、安らかに臥す。

202、 愛欲にひとしい火は存在しない。ばくちに負けるとしても、増悪にひとしい不運は存在しない。
このかりそめの身にひとしい苦しみは存在しない。やすにぎにまさる楽しみは存在しない。

203、 飢えは最大の病いであり、形成せられる存在(わが身)は最もひどい苦しみである。このことわりをあるがままに知ったならば、ニルヴァーナという最上の楽しみがある。

204、 健康は最高の利得であり、満足は最上の宝であり、信頼は最高の知己であり、ニルヴァーナは最上の楽しみである。

205、 孤独(ひとりい)の味、心の安らぎの味をあじわったならば、恐れも無く、罪過も無くなる、___真理の味をあじわいながら。

206、もろもろの聖者に会うのは善いことである。かれらと共に住むのはつねに楽しい。愚かなる者どもに会わないならば、心はつねに楽しいであろう。

207、 愚人とともに歩む人は長い道のりにわたって憂いがある。愚人と共に住むのは、つねにつらいことである。___仇敵とともに住むように。
心ある人と共に住むのは楽しい。___親族に出会うように。

208、 よく気をつけていて、明らかに知慧あり、学ぶところ多く、忍耐づよく、戒めをまもる、そのような立派な聖者・善き人、英知ある人に親しめよ。___月がもろもろの星の進む道にしたがうように。




 第十六章 愛するもの 

209、 道に違(たご)うたことになじみ、道に順(したが)ったことにいそしまず、目的を捨てて快いことだけを取る人は、みずからの道に沿って進む者を羨むに至るであろう。

210、 愛する人と会うな。愛する人に会わないのは苦しい。また愛しない人に会うのも苦しい。

211、 それ故に愛する人をつくるな。愛する人を失うのはわざわいである。愛する人も憎む人もいない人々には、わずらわしの絆が存在しない。

212、 愛するものから憂いが生じ、愛するものから恐れが生ずる、愛するものを離れたならば、憂いは存在しない。どうして恐れることがあろうか?

213、 愛情から憂いが生じ、愛情から恐れが生ずる。愛情を離れたならば憂いが存在しない。どうして恐れることがあろうか?

214、快楽から憂いが生じ、快楽から恐れが生じる。快楽を離れたならば憂いが存在しない。どうして恐れることがあろうか?

215、 欲情から憂いが生じ、欲情から恐れが生じる。欲情を離れたならば、憂いは存しない。どうして恐れることがあろうか。

216、 妄執から憂いが生じ、妄執から恐れが生じる。妄執を離れたならば、憂いは存しない。どうして恐れることがあろうか。

217、 徳行と見識とをそなえ、法にしたがって生き、真実を語り、自分のなすぺきことを行なう人は、人々から愛される。

218、 ことばで説き得ないもの(ニルヴァーナ)に達しようとする志を起し、意(おもい)はみたされ、諸の愛欲に心の礙げられることのない人は、(流れを上る者)とよばれる。

219、 久しく旅に出ていた人が遠方から無事に帰って来たならば、親戚・友人・親友たちはかれが帰って来たのを祝う。

220、そのように善いことをしてこの世からあの世に行った人を善業が迎え受ける。___親族が愛する人が帰って来たのを迎え受けるよえに。




 第十七章 怒 り 

221、 怒りを捨てよ。慢心を除き去れ。いかなる束縛をも超越せよ。名称と形態とにこだわらず、無一物となった者は、苦悩に追われることがない。

222、走る車をおさえるようにむらむらと起る怒りをおさえる人___かれをわれは<御者>とよぶ。他の人はただ手綱を手にしているだけである。(<御者>とよぶにはふさわしくない。)

223、 怒らないことによって怒りにうち勝て。善いことによって悪いことにうち勝て。わかち合うことによって物惜しみにうち勝て。真実によって虚言の人にうち勝て。

224、 真実を語れ。怒るな。請われたならば、乏しいなかから与えよ。これらの三つの事によって(死後には天の)神々のもとに至り得るであろう。

225、 生きものを殺すことなく、つねに身をつつしんで聖者は、不死の境地(くに)におもむく。そこに至れば、憂えることがない。

226、 ひとがつねに目ざめていて、昼も夜もつとめ学び、ニルヴァーナを得ようとめざしているならば、もろもろの汚れは消え失せる。

227、アトゥラよ。これは昔にも言うことであり、いまに始まることでもない。沈黙している者も非難され、多く語る者も非難され、すこしく語る者も非難される。世に非難されない者はいない。

228、 ただ誹られるだけの人、またただ褒められるだけの人は、過去にもいなかったし、未来にもいないであろう、現在にもいない。

229 、もしも心ある人が日に日に考察して、「この人は賢明であり、行ないに欠点がなく、知慧と徳行とを身にそなえている」といって称讃するならば、

230 、その人を誰が非難し得るだろうか? かれはジャンブーナダ河から得られる黄金でつくった金貨のようなものである。神々もかれを称讃する。梵天でさえもかれを称讃する。

231 、 身体がむらむらするのを、まもり落ち着けよ。身体について慎んでおれ。身体による悪い行ないを捨てて、身体によって善行を行なえ。

232 、 ことばがむらむらするのを、まもり落ち着けよ。ことばについて慎んでおれ。語(ことば)による悪い行ないを捨てて、語によって善行を行なえ。

233 、 心がむらむらするのを、まもり落ち着けよ。心について慎んでおれ。心による悪い行ないを捨てて、心によって善行を行なえ。

234 、 落ち着いて思慮ある人は身をつつしみ、ことばをつつしみ、心をつつしむ。このようにかれれれらは実によく己れをまもっている。




 第十八章 汚 れ 

235 、汝はいまや枯葉のようなものである。閻魔王の従卒もまた汝はいま死出の門路に立っている。しかし汝には資糧(かて)さえも存在しない。

236 、 だから、自己のよりどころをつくれ。すみやかに努めよ。賢明であれ。汚れをはらい、罪過がなければ、天の尊い処に至るであろう。

237 、 汝の生涯は終りに近づいた。汝は、閻魔王の近くにおもむいた。汝には、みちすがら休らう宿もなく、旅の資糧も存在しない。

238 、 だから、自己のよりどころをつくれ。すみやかに努めよ。賢明であれ。汚れをはらい、罪過がなければ、汝はもはや生と老いとに近づかないであろう。

239 、 聡明な人は順次に少しずつ、一刹那ごとに、おのが汚れを除くべし、___鍛冶工が銀の汚れを除くわように。

240 、 鉄から起った錆が、それから起ったのに、鉄自身を損なうように、悪をなしたならば、自分の業が罪を犯した人を悪いところ(地獄)にみちびく。

241 、 読誦しなければ聖典が汚れ、修理しなければ家屋が汚れ、身なりを怠るならば容色が汚れ、なおざりになるならば、つとめ慎しむ人が汚れる。

242 、 不品行は婦女の汚れである。もの惜しみは、恵み与える人の汚れである。悪事は、この世においてもかの世においても(つねに)汚れである。

243 、 この汚れよりもさらに甚だしい汚れがある。無明こそ最大の汚れである。修行僧らよ。この汚れを捨てて、汚れ無き者となれ。

244 、 恥をしらず、烏のように厚かましく、図々しく、ひとを責め、大胆で、心のよごれた者は、生活し易い。

245 、 恥を知り、常に清きをもとめ、執著をはなたれ、つつしみ深く、真理を見て清く暮す者は、生活し難い。

246 、247 、 生きものを殺し、虚言(いつわり)を語り、世間において与えられないものを取り、他人の妻を犯し、穀酒・果実酒に耽溺する人は、この世において自分の根本を掘りくずす人である。

248 、 人よ。このように知れ、___慎みがないのは悪いことである。
___貪りと不正とのゆえに汝がながく苦しみを受けることのないように。

249 、ひとは、信ずるところにしたがって、きよき喜びにしたがって、ほどこしをなす。だから、他人のくれた食物や飲料に満足しない人は、昼も夜も心の安らぎを得ない。

250 、 もしひとがこの(不満の思い)を絶ち、根だやしにしたならば、かれは昼も夜も心のやすらぎを得る。

251 、 情欲にひとしい火は存在しない。不利な骰(さい)の目を投げたとしても、怒りにひとしい不運は存在しない。迷妄にひとしい網は存在しない。妄執にひとしい河は存在しない。

252 、他人の過失は見やすいけれど、自己の過失は見がたい。ひとは他人の過失を籾殻のように吹き散らす。しかし自分の過失は、隠してしまう。
___狡猾な賭博師が不利な骰(さい)の目をかくしてしまうように。

253 、 他人の過失を探し求め、つねに怒りたける人は、煩悩の汚れが増大する。かれは煩悩の汚れの消滅から遠く隔っている。

254 、 虚空には足跡が無く、外面的なことを気にかけるならば、<道の人>ではない。ひとびとは汚れのあらわれをたのしむが、修行完成者は汚れのあらわれをたのしまない。

255 、 虚空には足跡が無く、外面的なことを気にかけるならば、<道の人>ではない。造り出された現象が常住であることは有り得ない。真理をさとった人々(ブッダ)は、動揺することがない。




 第十九章 道を実践する人

256 、 あらあらしく事がらを処理するからとて、公正な人ではない。賢明であって、義と不義との両者を見きわめる人。

257 、粗暴になることなく、きまりにしたがって、公正なしかたで他人を導く人は、正義を守る人であり、道を実践する人であり、聡明な人であるといわれる。

258 、 多く説くからとて、それゆえにかれが賢明なのではない。こころおだやかに、怨むことなく、恐れることのない人、___かれこそ<賢者>と呼ばれる。

259 、 多く説くからとて、それゆえにかれが道を実践している人なのではない。たとい教えを聞くことが少なくても、身をもって真理を見る人、怠って道からはずれることの無い人___かれこそ道を実践している人である。

260 、 頭髪が白くなったからとて<長老>なのではない。ただ年をとっただけならば「空しく老いぼれた人」と言われる。

261 、誠あり、徳あり、慈しみがあって、傷わず、つつしみあり、みずからととのえ、汚れを除き、気をつけている人こそ「長老」と呼ばれる。

262 、 嫉みぶかく、吝嗇(りんしょく=けち)で、偽る人は、ただ口先だけでも、美しい容貌によっても、「端正な人」とはならない。

263 、これを断ち、根絶やしにし、憎しみをのぞき、聡明である人、___かれこそ「端正な人」とよばれる。

264 、頭を剃ったからとて、いましめをまもらず、偽りを語る人は、<道の人>ではない。欲望と貪りにみちている人が、どうして<道の人>であろうか?

265 、大きかろうとも小さかろうとも悪をすべてとどめた人は、もろもろの悪を静め滅ぼしたのであるから、<道の人>と呼ばれる。

266 、 他人に食を乞うからとて、それだけでは<托鉢僧>なのではない。汚らわしい行ないをしているならば、それでは<托鉢僧>ではない。

267 、この世の福楽も罪悪も捨て去って、清らかな行ないを修め、よく思慮して世に処しているならば、かれこそ<托鉢僧>と呼ばれる。

268 、269 、 ただ沈黙しているからとて、愚かに迷い無智なる人が<聖者>なのではない。秤を手にもっているように、いみじきものを取りもろもろの悪を除く賢者こそ<聖者>なのである。かれはそのゆえに聖者なのである。この世にあって善悪の両者を(秤りにかれてはかるように)よく考える人こそ<聖者>とよばれる。

270 、生きものを害うからとて<聖者>なのではない。生きとし生けるものどもを害わないので<聖者>と呼ばれる。

271 、272 、 わたしは、出離の楽しみを得た。それは凡夫の味わい得ないものである。それは、戒律や誓いだけによっても、また博学によっても、また瞑想を体現しても、またひとり離れて臥すことによっても、得られないものである。修行僧よ。汚れが消え失せない限りは、油断するな。


 第二十章 道 

273 、 もろもろの道のうちでは<八つの部分よりなる正しい道>が最もすぐれている。もろもろの真理のうちでは<四つの句>(四諦)がもっともすぐれている。もろもろの徳のうちでは<情欲を離れること>が最もすぐれている。人々のうちで<眼ある人>(ブッダ)が最もすぐれている。

274 、これこそ道である。(真理を)見るはたらきを清めるためには、この他に道は無い。汝らはこの道を実践せよ。これこそ悪魔を迷わして(打ちひしぐ)ものである。

275 、 汝らがこの道を行くならば、苦しみをなくすことができるであろう。(棘が肉に刺さったので)矢を抜いて癒す方法を知って、わたくしは汝らにこの道を説いたのだ。

276 、汝らは(みずから)つとめよ。もろもろの如来(修行を完成した人)は(ただ)教えを説くだけである。心をおさめて、この道を歩む者どもは、悪魔の束縛から脱れるであろう。

277 、 「一切の形成されたものは無常である」(諸行無常)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

278 、 「一切の形成されたものは苦しみである」(一切皆苦)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

279 、 「一切の事物は我ならざるものである」(諸法非我)と明らかな知慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる道である。

280 、 起きるべき時に起きないで、若くて力があるのに怠りなまけていて、意志も思考も薄弱で、怠惰でものをいう人は、明らかな知慧によって道を見出すことがない。

281 、 ことばを慎しみ、心を落ち着けて慎しみ、身に悪を為してはならない。これらの三つの行ないの路を浄くたもつならば、仙人(仏)の説きたもうた道を克ち得るであろう。

282 、 実に心が統一されたならば、豊かな知慧が生じる。心が統一されないならば、豊かな知慧がほろびる。生じることとほろびることとのこの二種の道を知って、豊かな知慧が生ずるように自己をととのえよ。

283 、一つの樹をを伐るのではなくて、(煩悩の)林を伐れ。危険は林から生じる。(煩悩の)林とその下生えとを切って、林(煩悩)から脱れた者となれ。修行僧らよ。

284 、たとい僅かであろうとも、男の女に対する欲望が断たれないあいだは、その男の心は束縛されている。___乳を吸う子牛が母牛を恋い慕うように。

285 、自己の愛執を断ち切れ、___池の水の上に出て来た秋の蓮を手で断ち切るように。静かなやすらぎに至る道を養え。めでたく行きし人(仏)は安らぎを説きたもうた。

286 、 「わたしは雨期にはここに住もう。冬と夏とにはここに住もう」と愚者はこのようにくよくよと慮って、死が迫って来るのに気がつかない。

287 、 子どもや家畜のことに気を奪われて心がそれに執著している人を、死はさらって行く。___眠っている村を大洪水が押し流すように。

288 、 子も救うことができない。父も親戚もまた救うことができない。死に捉えられた者を、親族も救い得る能力がない。

289 、心ある人はこの道理を知って、戒律をまもり、すみやかにニルヴァーナに至る道を清くせよ。




 第二十一章 さまざまなこと 

290 、つまらぬ快楽を捨てることによって、広大なる楽しみを見ることができるのなら、心ある人は広大な楽しみをのぞんで、つまらぬ快楽を捨てよ。

291 、他人を苦しめることによって自分の快楽を求める人は、怨みの絆にまつわれて、怨みから免れることができない。

292 、 なすべきことを、なおざりにし、なすべからざることをなす、遊びたわむれ放逸なる者どもには、汚れが増す。

293 、 常に身体(の本性)を思いつづけて、為すべからざることを為さず、為すべきことを常に為して、心がけて、みずから気をつけている人々には、もろもろの汚れがなくなる。

294 、(「妄愛」という)母と(「われありという慢心」である)父とをほろぼし、(永久に存在するという見解と滅びて無くなるという見解という)二人の武家の王をほろぼし、(主観的機官と客観的対象とあわせて十二の領域である)国土と(「喜び貪り」という)従臣とをほろぼして、バラモンは汚れなしにおもむく。

295 、 (「妄愛」という)母と(「われありという慢心」である)父とをほろぼし、(永久に存在するという見解と滅びて無くなるという見解という)二人の、学問を誇るバラモン王をほろぼし、第五には(「疑い」という)虎をほろぼして、バラモンは汚れなしにおもむく。

296 、 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常に仏を念じている。

297 、 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常に法を念じている。

298 、ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常にサンガ(修行者のつどい)を念じている。

299 、 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、昼も夜も常に身体(の真相)を念じている。

300 、 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、その心は昼も夜も不傷害を楽しんでいる。

301 、 ゴータマの弟子は、いつもよく覚醒していて、その心は昼も夜も瞑想を楽しんでいる。

302 、 出家の生活は困難であり、それを楽しむことは難しい。在家の生活も困難であり、家に住むのも難しい。心を同じくしない人々と共に住むのも難しい。(修行僧が何かを求めて)旅に出て行くと、苦しみに遇う。だから旅に出るな。また苦しみに遇うな。

303 、 信仰あり、徳行そなわり、名声と繁栄を受けている人は、いかなる地方におもむこうとも、そこで尊ばれる。

304 、 善き人々は遠くにいても輝く、___雪を頂く高山のように。
善からぬ人々は近くにいても見えない ___夜陰に放たれた矢のように。

305 、 ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、わが身をととのえて、林のなかでひとり楽しめ。




 第二十二章  地 獄 

306 、いつわりを語る人、あるいは自分でしておきながら「わたしはしませんでした」と言う人、___この両者は死後にはひとしくなる、___来世では行ないの下劣な業をもった人々なのであるから。

307 、袈裟を頭から纒っていても、性質(タチ)が悪く、つつしみのない者が多い。かれらは、悪いふるまいによって、悪いところに(地獄)に生まれる。

308 、 戒律をまもらず、みずから慎むことがないのに国の信徒の施しを受けるよりは、火炎のように熱した鉄丸を食らうほうがましだ。

309 、 放逸で他人の妻になれ近づく者は、四つの事がらに遭遇する。___すなわち、禍をまねき、臥して楽しからず、第三に非難を受け、第四に地獄に墜ちる。

310 、 禍をまねき、悪しきところ(地獄)に墜ち、相ともにおびえた男女の愉楽はすくなく、王は重罰を課する。それ故にひとは他人のなれ近づくな。

311 、 茅草でも、とらえ方を誤ると、手のひらを切るように、修行僧の行も、誤っておこなうと、地獄にひきずりおろす。

312 、その行ないがだらしなく、身のいましめが乱れ、清らかな行ないなるものもあやしげであるならば、大きな果報はやって来ない。

313 、もしも為すべきことであるならば、それを為すべきである。それを断乎として実行せよ。行ないの乱れた修行者はいっそう多く塵をまき散らす。

314 、 悪いことをするよりは、何もしないほうがよい。悪いことをすれば、後で悔いる。単に何かの行為をするよりは、善いことをするほうがよい。なしおわって、後で悔いがない。

315 、辺境にある、城壁に囲まれた都市が内も外も守られているように、そのように自己を守れ。瞬時も空しく過ごすな。時を空しく過した人々は地獄に墜ちて、苦しみ悩む。

316 、 恥じなくてよいことを恥じ、恥ずべきことを恥じない人々は、邪な見解をいだいて、悪いところ(地獄)におもむく。

317 、恐れなくてもよいことに恐れをいだき、恐れねばならぬことに恐れをいだかない人々は、邪な見解をいだいて、悪いところ(地獄)におもむく。

318 、 避けねばならないことを避けなくてもよいと思い、避けてはならぬ(必ず為さねばならぬ)ことを避けてもよいと考える人々は、邪な見解をいだいて、悪いところ(地獄)におもむく。

319 、遠ざけるべきこと(罪)を遠ざけるべきであると知り、遠ざけてはならぬ(必らず為さねばならぬ)ことを遠ざけてはならぬと考える人々は、正しい見解をいだいた、善いところ(天上)におもむく。




 第二十三章  象

320 、 戦場の象が、射られた矢にあたっても堪え忍ぶように、われらはひとのそしりを忍ぼう。多くの人は実に性質(たち)が悪いからである。

321 、馴らされた象は、戦場にも連れて行かれ、王の乗りものとなる。世のそしりを忍び、自らをおさめた者は、人々の中にあっても最上の者である。

322 、 馴らされた騾馬は良い。インダス河のほとりの血統よき馬も良い。クンジャラという名の大きな象も良い。しかし自己をととのえた人はそれらよりもすぐれている。

323 、何となれば、これらの乗物によっては未到の地(ニルヴァーナ)に行くことはできない。そこへは、慎しみある人が、おのれ自らをよくととのえておもむく。

324 、「財を守る者」という名の象は、発情期にこめかみから液汁をしたたらせて強暴になっているときは、いかんとも制し難い。捕らえられると、一口の食物も食べない。象は象の林を慕っている。

325 、 大食いをして、眠りをこのみ、ころげまわって寝て、まどろんでいる愚鈍な人は、大きな豚のように糧を食べて肥り、くりかえし母胎に入って(迷いの生存をつづける)。

326 、 この心は、以前には、望むがままに、欲するがままに、快きがままに、さすらっていた。今やわたくしはその心をすっかり抑制しよう、___象使いが鉤をもって、発情期に狂う象を全くおさえつけるように。

327 、つとめはげむのを楽しめ。おのれの心を護れ。自己を難処から救い出せ。___泥沼に落ち込んだ象のように。

328 、 もしも思慮深く聡明でまじめな生活をしている人を伴侶として共に歩むことができるならば、あらゆる危険困難に打ち克って、こころ喜び、念いをおちつけて、ともに歩め。

329 、 しかし、もしも思慮深く聡明でまじめな生活をしている人を伴侶として共に歩むことができないならば、国を捨てた国王のように、また林の中の象のように、ひとり歩め。

330 、 愚かな者を道伴れとするな。独りで行くほうがよい。孤独(ひとり)で歩め。悪いことをするな。求めるところは少なくあれ。___林の中にいる象のように。

331 、 事がおこったときに、友だちのあるのは楽しい。(大きかろうとも、小さかろうとも)、どんなことにでも満足するのは楽しい。善いことをしておけば、命の終るときに楽しい。(悪いことをしなかったので)、あらゆる苦しみ(の報い)を除くことは楽しい。

332 、 世に母を敬うことは楽しい。また父を敬うことは楽しい。世に修行者を敬うことは楽しい。世にバラモンを敬うことは楽しい。

333 、 老いた日に至るまで戒しめをたもつことは楽しい。信仰が確立していることは楽しい。明らかな知慧を体得することは楽しい。もろもろの悪事をなさないことは楽しい。




 第二十四章 愛 執

334 、恣(ほしいまま)のふるまいをする人には愛執が蔓草(つるくさ)のようにはびこる。林の中で猿が果実を探し求めるように、(この世からかの世へと)あちこちにさまよう。

335 、この世において執著のもとであるこのうずく愛欲のなすがままである人は、もろもろの憂いが増大する。___雨が降ったあとにはビーラナ草がはびこるように。

336 、 この世において如何ともし難いこのうずく愛欲を断ったならば、憂いはその人から消え失せる。___水の滴が蓮華から落ちるように。

337 、 さあ、みんなに告げます。___ここに集まったみなさんに幸あれ。欲望の根を掘れ。___(香しい)ウシーラ根を求める人がビーラナ草を掘るように。葦が激流に砕かれるように、魔にしばし砕かれてはならない。

338 、 たとえ樹を切っても、もしも頑強な根を断たなければ、樹が再び成長するように、妄執(渇愛)の根源となる潜勢力をほろぼさないならば、この苦しみはくりかえし現われ出る。

339 、快いものに向って流れる三十六の激流があれば、その波浪は、悪しき見解をいだく人を漂わし去る。___ひの波浪とは貪欲にねざした想いである。

340 、 (愛欲の)流れは至るところに流れる。(欲情の)蔓草は芽を生じつつある。その蔓草が生じたのを見たならば、知慧によってその根を断ち切れ。

341 、 人の快楽ははびこるもので、また愛執で潤される。実に人々は歓楽にふけり、楽しみをもとめて、生れと老衰を受ける。

342 、 愛欲に駆り立てられた人々は、わなにかかった兎のように、ばたばたする。束縛の絆にしばられ愛著になずみ、永いあいだくりかえし苦悩を受ける。

343 、 愛欲に駆り立てられた人々は、わなにかかった兎のように、ばたばたする。それ故に修行僧は、自己の離欲を除き去れ。

344 、 愛欲の林から出ていながら、また愛欲の林に身をゆだね、愛欲の林から免れていながら、また愛欲の林に向って走る。その人を見よ! 束縛から脱しているのに、また束縛に向って走る。

345 、346 、 鉄や木材や麻紐でつくられた枷を、思慮ある人々は堅固な縛とは呼ばない。宝石や耳環・腕輪をやたらに欲しがること、妻や子にひかれること、___それが堅固な縛である、と思慮ある人々は呼ぶ。それは低く垂れ、緩く見えるけれども、脱れ難い。
かれらはこれをさえも断ち切って、顧みること無く、欲楽をすてて、遍歴修行する。

347 、愛欲になずんでいる人々は、激流に押し流される、___蜘蛛がみずから作った網にしたがって行くようなものである。思慮ある人々はこれをも断ち切って、顧みることなく、すべての苦悩をすてて、歩んで行く。

348 、前を捨てよ。後を捨てよ。中間を棄てよ。生存の彼岸に達した人は、あらゆることがらについて心が解脱していて、もはや生れと老いとを受けることが無いであろう。

349 、あれこれ考えて心が乱れ、愛欲がはげしくうずくのに、愛欲を淨らかだと見なす人には、愛執がますます増大する。この人は実に束縛の絆を堅固たらしめる。

350 、 あれこれの考えをしずめるのを楽しみ、つねに心にかけて、(身体などを)不浄であると観じて修する人は、実に悪魔の束縛の絆をとりのぞき、断ち切るであろう。

351 、さとりの究極に達し、恐れること無く、無我で、わずらいの無い人は、生存の矢を断ち切った。これが最後の身体である。

352 、愛欲を離れ、執著なく、諸の語義に通じ諸の文章とその脈絡を知るならば、その人は最後の身体をたもつものであり、「大いなる知慧ある人」と呼ばれる。

353 、 われはすべてに打ち勝ち、すべてを知り、あらゆることがらに関して汚されていない。すべてを捨てて、愛欲は尽きたので、こころは解脱している。みずからさとったのであって、誰を(師と)呼ぼうか。

354 、教えを説いて与えることはすべての贈与にまさり、教えの妙味はすべての味にまさり、教えを受ける楽しみはすべての楽しみにまさる。妄執をほろぼすことはすべての苦しみうち勝つ。

355 、彼岸にわたることを求める人々は享楽に害われることがない。愚人は享楽のために害われるが、享楽を妄執するがゆえに、愚者は他人を害うように自分も害う。

356 、田畑は雑草によって害われ、この世は人々は愛欲によって害われる。それ故に愛欲を離れた人々に供養して与えるならば、大いなる果報を受ける。

357 、田畑は雑草によって害われ、この世は人々は怒りによって害われる。これ故に怒りを離れた人々に供養して与えるならば、大いなる果報を受ける。

358 、 田畑は雑草によって害われ、この世は人々は迷妄によって害われる。それ故に迷妄を離れた人々に供養して与えるならば、大いなる果報を受ける。

359 、 田畑は雑草によって害われ、この世は人々は欲求によって害われる。それ故に欲求を離れた人々に供養して与えるならば、大いなる果報を受ける。




 第二十五章 修行僧 

360 、 眼について慎しむのは善い。耳について慎しむは善い。鼻について慎しむのは善い。舌について慎しむのは善い。

361 、身について慎むのは善い。ことばについて慎しむのは善い。心について慎しむのは善い。あらゆることについて慎しむのは善いことである。修行僧はあらゆることがらについて慎しみ、すべての苦しみから脱れる。

362 、 手をつつしみ、足をつつしみ、ことばをつつしみ、最高につつしみ、内心に楽しみ、心を安定統一し、ひとりで居て、満足している、___その人を<修行僧>と呼ぶ。

363 、 口をつつしみ、思慮して語り、心が浮わつくことなく、事がらと真理とを明らかにする修行僧___かれの説くところはやさしく甘美である。

364 、 真理を喜び、真理を楽しみ、真理をよく知り分けて、真理にしたがっている修行僧は、正しいことわりから墜落することがない。

365 、 (托鉢によって)自分の得たものを軽んじてはならない。他人の得たものを羨むな。他人を羨む修行僧は心の安定を得ることができない。

366 、 たとい得たものは少なくても、修行僧が自分の得たものを軽んずることが無いならば、怠ることなく清く生きるその人を、神々も称讃する。

367 、名称とかたちについて「わがもの」という想いが全く存在しないで、何ものも無いからとて憂えることの無い人、___かれこそ<修行僧>とよばれる。

368 、 仏の教えを喜び、慈しみに住する修行僧は、動く形成作用の静まった、安楽な、静けさの境地に到達するであろう。

369 、 修行僧よ。この舟から水を汲み出せ。汝が水を汲み出したならば、舟は軽やかにやすやすと進むであろう。貪りと怒りとを断ったならば、汝はニルヴァーナにおもむくであろう。

370 、五つ(の束縛)を断て。五つ(の束縛)を捨てよ。さらに五つ(のはたらき)を修めよ。五つの執著を超えた修行僧は、<激流を渡った者>とよばれる。

371 、 修行僧よ。瞑想せよ。なおざりになるな。汝の心を欲情の対象に向けるな。なおざりのゆえに鉄丸を呑むな。(灼熱した鉄丸で)焼かれるときに、「これは苦しい!」といって泣き叫ぶな。

372 、 明らかな知慧の無い人には精神の安定統一が無い。精神の安定統一していない人には明らかな知慧が無い。精神の安定統一と明らかな知慧とがそなわっている人こそ、すでにニルヴァーナの近くにいる。

373 、修行僧が人のいない空家に入って心を静め真理を正しく観ずるならば、人間を超えた楽しみがおこる。

374 、個人存在を構成している諸要素の生起と消滅とを正しく理解するに従って、その不死のことわりを知り得た人々にとって喜びと悦楽なるものを、かれは体得する。

375 、 これは、この世において明らかな知慧のある修行僧の初めのつとめである。___感官に気をくばり、満足し、戒律をつつしみ行ない、怠らないで、淨らかに生きる善い友とつき合え。

376 、 その行ないが親切であれ。(何ものでも)わかち合え。善いことを実行せよ。そうすれば、喜びにみち、苦悩を減するであろう。

377 、 修行僧らよ。ジャスミンの花が花びらを捨て落とすように、貪りと怒りとを捨て去れよ。

378 、 修行僧は、身も静か、語(ことば)も静か、心も静かで、よく精神統一をなし、世俗の享楽物を吐きすてたならば、<やすらぎに帰した人>と呼ばれる。

379 、みずから自分を励ませ。みずから自分を反省せよ。修行僧よ。自己を護り、正しい念いをたもてば、汝は安楽に住するであろう。

380 、実に自己は自分の主(あるじ)である。自己は自分の帰趨(よるべ)である。 故に自分をととのえよ。___商人が良い馬を調教するように。

381 、 喜びにみちて仏の教えを喜ぶ修行僧は、動く形成作用の静まった、幸いな、やすらぎの境地に達するであろう。

382 、たとい年の若い修行僧でも、仏の道にいそしむならば、雲を離れた月のように、この世を照らす。




 第二十六章 バラモン

383 、バラモンよ。流れを断って。勇敢であれ。諸の欲望を去れ。諸の現象の消滅を知って、作られざるもの(ニルヴァーナ)を知る者であれ。

384 、 バラモンが二つのことがら(止と観)について彼岸に達した(完全になった)ならば、かれはよく知る人であるので、かれの束縛はすべて消え失せるであろう。

385 、 彼岸もなく、此岸もなく、彼岸・此岸なるものもなく、恐れもなく、束縛もない人、___かれをわれはバラモンと呼ぶ。

386 、 静かに思い、塵垢(ちりけがれ)なく、おちついて、為すべきことをなしとげ、煩悩を去り、最高の目的を達した人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

387 、太陽は昼にかがやき、月は夜に照し。武士は鎧を着てかがやき、バラモンは瞑想に専念してかがやく。しかしブッダはつねに威力もて昼夜に輝く。

388 、 悪を取り除いたので<バラモン>(婆羅門)と呼ばれ、行ないが静かにやまっているので<道の人>(沙門)と呼ばれる。おのれの汚れを除いたので、そのゆえに<出家者>と呼ばれる。

389 、 バラモンを打つな。バラモンはかれ(打つ人)にたいして怒りを放つな。バラモンを打つものには禍がある。しかし(打たれて)怒る者にはさらに禍がある。

390 、愛好するものから心を遠ざけるならば、このことはバラモンにとって少なからずすぐれたことである。害する意(おもい)がやむにつれて、苦悩が静まる。

391 、 身にも、ことばにも、心にも、悪い事を為さず、三つのところについてつつしんでいる人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

392 、正しく覚った人(ブッダ)の説かれた教えを、はっきりといかなる人から学び得たのであろうとも、その人を恭しく敬礼せよ、___バラモンが祭の火を恭しく尊ぶように。

393 、螺髪を結んでいるからバラモンなのではない。氏姓によってバラモンなのでもない。生れによってバラモンなのでもない。真理と理法とをまもる人は、安楽である。かれこそ(真の)バラモンなのである。

394 、 愚者よ。螺髪を結うて何になるのだ。かもしかの皮をまとって何になるのだ。汝は内に密林(汚れ)を蔵して、外側だけを飾る。

395 、 糞掃衣をまとい、痩せて、血管があらわれ、ひとり林の中にあって瞑想する人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

396 、われは、(バラモン女の)胎から生れ(バラモンの)母から生れた人をバラモンと呼ぶのではない。かれは「<きみよ>といって呼びかける者」といわれる。かれは何か所有物の思いにとらわれている。無一物であって執著のな人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

397 、 すべての束縛を断ち切り、恐れることなく、執著を超越して、とらわれることの無い人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

398 、 紐と革帯と網とを、手網ともども断ち切り、門をとざす閂(かんぬき)を滅ぼして、めざめた人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

399 、罪がないのに罵られ、なぐられ、拘禁されるのを堪え忍び、忍耐の力あり、心の猛き人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

400 、怒ることなく、つつしみあり、戒律を奉じ、欲を増すことなく、身をととのえ、最後の身体に達した人、___かれをわれは<バラモン>とよぶ。

401 、 蓮葉の上の露のように、錐の尖の芥子のように、緒の欲情に汚されない人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

402 、 すでにこの世において自分の苦しみの滅びたことを知り、重荷をおろし、とらわれの無い人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

403 、 明らかな知慧が深くて、聡明で、種々の道に通達し、最後の目的を達した人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

404 、在家者・出家者のいずれとも交らず、住家がなくて遍歴し、欲の少ない人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

405 、 強くあるいは弱い生きものに対して暴力を加えることなく、殺さずまた殺させることのない人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

406 、敵意ある者どもの間にあって敵意なく、暴力を用いる者どもの間にあって心おだやかに、執著する者どもの間にあさて執著しない人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

407 、芥子粒が錐の尖端から落ちるように、愛著と憎悪と高ぶりと隠し立てとが脱落した人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

408 、 粗野ならず、ことがらをはっきりと伝える真実のことばを発し、ことばによって何人の感情をも害することのない人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

409 、 この世において、長かろうと短かろうと、微細であろうと粗大であろうとも、浄かろうとも不浄であろうとも、すべて与えられていないもの物を取らない人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

410 、現世を望まず、来世をも望まず、欲求がなくて、とらわれの無い人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

411 、 こだわりあることなく、さとりおわって、疑惑なく、不死の底に達した人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

412 、 この世の禍福いずれにも執著することなく、憂いなく、汚れなく、清らかな人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

413 、 曇りのない月のように、清く、澄み、濁りがなく、歓楽の生活の尽きた人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

414 、 この障害・険道・輪廻(さまよい)・迷妄を超えて、渡りおわって彼岸に達し、瞑想し、興奮することなく、疑惑なく、執著することなくて、心安らかな人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

415 、この世の欲望を断ち切り、出家して遍歴し、欲望の生活の尽きた人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

416 、 この世の愛執を断ち切り、出家して遍歴し、愛執の生存の尽きた人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

417 、 人間の絆を捨て、天界の絆を越え、すべての絆をはなれた人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

418 、 <快楽>と<不快>とを捨て、清らかに涼しく、とらわれることなく、全世界にうち勝った英雄、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

419 、 生きとし生ける者の生死をすべて知り、執著なく、よく行きし人、覚った人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

420 、 神々も天の伎楽神(ガンダルヴァ)たちも人間もその行方を知り得ない人、煩悩の汚れを滅ぼしつくした真人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

421 、 前にも、後にも、中間にも、一物をも所有せず、無一物で、何ものをも執著して取りおさえることの無い人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

422 、牡牛のように雄々しく、気高く、英雄・大仙人・勝利者・欲望の無い人・沐浴者・覚った人(ブッダ)、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。

423 、 前世の生涯を知り、また天上と地獄とを見、生存を滅ぼしつくすに至って、直観智を完成した聖者、完成すべきことをすべて完成した人、___かれをわれは<バラモン>と呼ぶ。





岩波書店「ブッダの真理のことば・感興のことば」中村元著より
自動壁紙チェンジャーアプリ”variety 0.4.17”がリリース

varietyはネット上で公開されているパソコンの壁紙を自動収集し設定された時間毎に変更してくれる便利なアプリです。約一年前にも記事にしていますが更に高機能になったvariety 0.4.17を紹介します。

varietyのインストール:端末から下記を実行
"

sudo add-apt-repository ppa:peterlevi/ppa
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install variety
"

最新のvarietyは日本語化されていますので高機能な設定も迷わず行えるようになっています。壁紙に時計を表示する機能も付きました。


名言や格言も表示できるようになっています。壁紙や格言集などは自分でRSSのURLを追加する事もできます。


このアプリをインストールしておけば壁紙に困る事はなくなりそうです
黒砂糖の効能

黒砂糖は、体を温め、低体温からくる不調を取り除いてくれる。
体温が上がると体内の脂肪、老廃物、糖分の燃焼が促され、
体重減少と血液浄化につながる。
「黒砂糖を摂ると太る」というのは間違いで、むしろやせてくる。

東京農業大学の栄養学の教授が
「黒砂糖の“黒糖オリゴ”という成分は血糖を下げる」
との研究結果を発表されているが、
黒砂糖が体温を上げ血糖の燃焼を促すことを考えれば当然といえる。
その上、黒砂糖には、ビタミンB1やB2などの他、鉄、亜鉛、
カルシウム、カリウム等のミネラルが豊富に含まれている。

よって、タンパク質、脂肪、炭水化物(糖)の摂りすぎ、
それを体内で燃焼、利用するために必要不可欠なビタミン、
ミネラルが不足して種々の生活習慣病を起こしている現代人にとって、
黒砂糖は格好の健康食品となる。
2003年10月31日に116歳で亡くなった世界一の長寿者だった
本郷かまとさんの大好物が黒砂糖だったのも十分に納得できる。

糖分はどれだけ摂ってもよいのか

人間の60兆個の細胞のエネルギー源は、ほぼ100%糖分に依存しています。
よって、「低血糖発作」は存在するが
「低タンパク発作」や「低脂肪発作」は存在しないわけです。
つまり、大多数の人達が「甘いもの」を好きなのは無理からぬことでしょう。
しかし、糖分を摂りすぎると、その予備軍を含めて2200万人も存在する
「糖尿病」の心配が出てきます。
しかし、「糖尿病」は、「糖尿病の摂りすぎが原因」
と短絡的に考えるのは早計にすぎます。

昭和30年頃に比べ、50数年後の今は、糖分の原料である米の摂取量が約半分、
サツマイモやジャガイモの摂取量が約10分の1と激減しているにも関わらず、
糖尿病の患者数は激増しているからです。
よって、糖尿病の原因は、高カロリー食品である肉、卵、牛乳、バター、
マヨネーズに代表される高脂肪食品の摂取過剰と、糖分を消費する最大の器官
である筋肉による労働や運動の不足が原因と考えてよいわけです。

「少食健康法」の必須食品である生姜紅茶に入れる黒砂糖は甘いので、
摂りすぎると糖尿病になるのではないか?
と心配する人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、最近、東京農業大学の栄養学の教授が
「黒砂糖はむしろ、血糖を下げる」というご研究を発表されました。
黒砂糖を何百年もの間、お茶受けにしてきた沖縄では、
糖尿病にかかる人が内地の人々に比べて少ないことを考えても、
そのご研究は正しいといえるでしょう。
ただし、黒砂糖や糖分も、食べすぎると、
本能が「食べたくない」という拒否反応を示します。
そうなる前に食べることをやめることが肝要でしょう。

主食の米をしっかり食べていれば黒砂糖も必要はないが、
朝食の代わりに黒砂糖入りの「湯」や「スマシ汁」を飲むと良い。
要するに、断食中の栄養・エネルギー補給として、
黒砂糖やハチミツは最高のサポート食品ということである。
甘い物が欲しい時にも利用すれば良いだろう。
■変化率から見た前日の通貨の強弱
!円>ドル>ポンド>ユーロ>豪ドル>NZドル
※ “>” の左側の通貨が右側の通貨より強いことを示しています。
!■本日の見通し
ギリシャ総選挙以降、何度目かのギリシャ発によるユーロ懸念が浮上しています。このままでは3日間の間に連立政権が樹立できない可能性があり、6月の総選挙の可能性も出てきています。第2党の急進左派連合はEU・IMFとの支援合意は無効と主張していますが、アムッセン理事は「ギリシャがユーロ圏に残るつもりなら再交渉は不可」と発言していることもあり、ギリシャの選択肢は支援合意を受け入れるかユーロ圏からの離脱というぎりぎりの選択になる可能性があります。もし、再選挙ということになれば、ユーロ離脱のリスクが高まるものと思われ、ユーロと資源国、新興国通貨が売られ、円、ドル、ポンドの順番で買われるものと思います。このため、本邦政府・日銀が円高に対するけん制を行わないと、足元では77円台まで円高が進むことになるのではないかと思います。

豪ドルは、昨日発表された貿易収支での赤字が拡大したこともあり、明日の雇用関連指数の悪化や追加利下げ観測で下落トレンドが続いています。特に対欧州通貨ユーロ/豪ドルやポンド/豪ドルでは下落トレンドが続いており、これらはレパトリではないかとみられます。リスク・オフからの株価も下落傾向となっているため、@@しばらく豪ドル安が続く@@ものとみられます。反転があるとすれば、ユーロ圏へのリスク懸念の後退、もしくは豪準備銀行(RBA)の利下げスタンスの変更と思いますが、どちらも可能性は低いと見られます。
!!!@@豪ドル/円は昨年12/15の安値の''76.980円''近辺までの下押しがあるかもしれません。@@
5/11 本日の戦略-豪ドルには逆風続きそう-
■変化率から見た前日の通貨の強弱
!豪ドル>NZドル>ポンド>ユーロ>ドル>円
※ ">" の左側の通貨が右側の通貨より強いことを示しています。
!■本日の見通し
昨日の豪の雇用関連指数は市場予想に反して新規雇用者数が増加しました。ただ、内容を見ていますとフルタイムが10,500人の減少、パートタイムが26,000人増加と好ましくはない状況とみられます。また、発表された中国の貿易収支では輸入の鈍化が目立っていることもあり、資源需要の減少などの懸念があるため、豪ドルの戻りは限られたものになる可能性があります。本日14:30に発表される中国の鉱工業生産や小売売上高が減少するようであれば、豪の景気減速からの追加利下げへの連想とつながるため、ドルドルの一段の下げの要因となると見られます。繰り返しとなりますが、
!!!@@豪ドル/円は昨年12/15の安値の76.980円近辺までの下押しがあるかもしれません。@@

ドル/円は五十嵐副財務大臣による牽制発言が昨日ありましたが、市場の反応は発言とほぼ同時ではなく、発言から約1時間後でした。このときドルがじょうしょうしたため、後付け材料にされた可能性が高く、本邦要人(副大臣クラス)からの牽制発言はいまのところあまり効果がないように見られます。このため、ドル/円には下落圧力が継続していると見られるため、本日22:55に発表されるミシガン大消費者信頼感指数が低下するようであればドルが売られると思われます。ただ、株価の大幅な下落がなければドルの79円割れの可能性は低と思います。

ユーロはギリシャ第3党の全ギリシャ社会主義運動(PASOK)と民主左派が歩み寄りを見せたことで、連立政権樹立の可能性が出てきました。ただ、急進左派連合は10日に発表された最新の世論調査で新民主主義党(ND)を上回ったことから、再選挙に持ち込まれる可能性もあり、ユーロ圏からはギリシャの離脱をほのめかす発言もちらほら出てきています。このため、ユーロの上値の重さが継続するものと思われますが、市場には1.29ドルの買いオーダーが多数あるとの噂もあり、ギリシャに端を発した危機でもユーロが下げ渋る場面が何度も見られていることから、大幅な下落に発がならないものと思います。 

[img[http://blog.uedaharlowfx.jp/photos/uncategorized/2012/05/11/blog20120511_01.png]]